食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

無名 ラーメン 神田

f:id:hidekinghenry:20181127212238j:image

次郎は神田にいた。

昼に人と会い、夕方。小腹が減るころだ。

うーむ。何を食うか。ガード沿いの道を歩いていると、「麺」と暖簾の下がるラーメン屋に出くわした。

 

なんでもここは、まだ人様に名を名乗って出せるラーメン屋ではない?という理由で名前のないラーメン屋らしい。

 

謙譲の美徳。

いかにも日本人の発想だ。

しかし、実際には営業している。

ふん、検索も面倒なので早く名前を決めて欲しいもんだ。

 

さてと、前置きはこれくらいにして。

醤油と塩。

初めては醤油か。

700円。良心的な値段だ。

次郎は食券を買い、カウンターの奥に座った。

f:id:hidekinghenry:20181127213156j:image

カウンターの前には先客の麺が茹でられている。なかなかいい感じだ。

 

スチャッ。

 

次郎の麺も投入された。

 

チャッ、チャッ、

 

チャッ、チャッ、チャッ、

 

はい、お待たせです。

f:id:hidekinghenry:20181127213255j:image

ほう、茹でキャベツとは珍しい。なかなかのクリエイティブ。真ん中の茶色い塊は、味噌のような魚介の塊のような…

f:id:hidekinghenry:20181127213338j:image

まずは、スープを一口啜る。

ん?あまり味がないな。ドロっとしている。

f:id:hidekinghenry:20181127213432j:image

麺は平打ち中太麺か。

f:id:hidekinghenry:20181127213501j:image

おっと。

固そうに見えたチャーシューがほろほろで崩れおちていく。

なかなかうまそうだ。

よし、この味噌を溶こう。

次郎は魚介味噌を溶いた。

みるみるスープの色が変わっていく。

f:id:hidekinghenry:20181127213626j:image

ぐお、一気に色が変わった。

どれどれ。

一気に濃厚な味わいに変わる。

これは、むしろ最初から溶いておいてもいいのではないか?

そんな疑問が浮かんだ。

 

 

しかし、そんなのかんけーねー。

 

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

次郎は麺を啜った。

 

おお!濃厚なスープに変わって麺が絡みつく。ドロっとしているもののくどくはない。むしろ旨味が増してうまい。

あっという間にラーメン は表情を変えた。

 

肉もほろほろで、茹でキャベツが濃い味のスープに合う。

ズルズルッ、ズルズルッ

 

ズズズズー♪

なかなかいい。

 

ズルズルッ。

なかなかいい。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズ、ズズズズー。

 

 

ゲフッ

ご馳走さんと。なかなかヘビーだ。

 

もう名前をつけてもいいんじゃないか…

次郎は独りごちた。

 

 

さてと、またくらぁ。

ありがとうございます したー♪

 

次郎は店を出た。先日行った味坊というラム肉の店があった。

なんだ逆側から来てわからなかったがここだったんだな。世間は狭いぜ。

神田はなかなかいい街だな。

また脚を伸ばすとしよう。

 

そう言うと、次郎は神保町方面に歩いていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181127212238j:image

無名のラーメン 屋@神田

濃い味ドロドロ系のポタージュのようなラーメン。なかなかうまい。6席しかないので昼は混むかも。名前はいつ付けるのか…

3.5次郎