食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

Gradska Kavana Arsenal ドブロブニク

最後の晩餐か。

次郎は独りごちた。

 

結局今日もスルジ山に登ってしまった。昨日の景色が忘れられなかった。

夕陽に染まる街は変わらず美しい。

 f:id:hidekinghenry:20170907034454j:imagef:id:hidekinghenry:20170907034558j:image

 

さてと…

街に降りて、広場に面した広いところで食べたいなぁ。

どーするか。

いくつか探して回ったが、最終的に、一番大きな広場の総督府の建物の中の店、

Gradska Kavana Arsenal というイギリス🇬🇧風な名前のある店にした。

 

広場からの眺めも良く雰囲気がよかった。

ウェイター!

Yes Sir.

 

手始めに、スパークリングワインだな。

それと、フィッシュスープ、そしてセイラーズリゾットを頼む。

要はシーフードリゾットだな。

 

 f:id:hidekinghenry:20170907034812j:image

いい雰囲気だ。ゆっくり飲むか。

 

 

明日は帰国か…

うーむ、やりつくしたな。というより食べつくしたな。

 

ゲフッ

 

実は、スルジ山に登る前に、

昨日の行ったKamenice と Dalmatino にそれぞれ趣き、Kamenice ではオイスターとタコサラダダルマチアン風、Dalmatino でら例によってイカ墨リゾットを平らげていた。

タコサラダはビネガーが効いて、とてもさっぱりしたタコサラダだった。

f:id:hidekinghenry:20170907032751j:image

 

 

 山に登ったとはいえ所詮ケーブルカー。大した運動にはなっていない。

すでにお腹も八分目に差し掛かってていた。

 

次郎はグラスをあっさり開けた。なのでアイスティーを追加した。

f:id:hidekinghenry:20170906050342j:image

 

ふー、いい雰囲気だ。

 

Here you are, Soup.

f:id:hidekinghenry:20170907033004j:image

うまそうなフィッシュスープだ。タラとムール貝、イカが入ってるな。

あっさりしているが出汁はしっかり出ている。飲みやすいな。すぐに飲めちまうな。

 

飲み終わる頃、

Sailors risotto please.

f:id:hidekinghenry:20170907033135j:image

良いじゃねぇか。

頂こうか。

うん。うまいな。良い塩加減だ。エビとイカ、ムール貝も入ってるな。

 

やはりこの国はリゾット王国だな。炭水化物ダイエットなんかクソ食らえだな。はは。

 

テンションの上がる次郎。

店の前を日本人らしき女子二人がチラ見しながら通過した。

 

見てんじゃねーよこのクソガキ!

一人で旅行できるようになってから次郎様を見るんだな。

言ったあとで虚しさが押し寄せた。

そういえば、もうあの子は日本に着いたかな…

 

いかんいかん、もう会えないのだからな。

 

さてと、ウェイター!

会計だ。

252k

いい値段だな。

 

店を出た次郎。歴史を感じさせる街並み。それを変わらず利用する現代の人々。戦争で一度破壊された建物。今そこを次郎は歩いていた。

夜であるものの黒ではなく蒼く見える空。星が路地の隙間からささやかに瞬いている。

 

今夜でしばらくお別れだな。

次郎は独りごちた。

次郎の頬をアドリア海を渡る風か優しく撫でる。なんともいえない想いを抱かされる。

 

にゃあ♪

次郎の足下を白黒の猫がのっそりと歩いて行く。

 

またな。

次郎はそう言われたような気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170907034314j:imagef:id:hidekinghenry:20170907035018j:image

Gradska Kavana Arsenal@ドブロブニク旧市街中心部

お洒落レストラン。一番良い場所に位置している。店の反対側は港に面していてそちら側もお洒落。少し高いが味は美味しい。雰囲気は一番いい。

3.6次郎