函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

蕎麦柿崎 蕎麦屋 青森市

f:id:hidekinghenry:20201208123738j:image

鴨南蛮が無性に食いてぇ。

次郎は昼寝起き一番に天井を見つめながらそう思った。

善は急げ。

この人生に食べ物以外に重要なものがあろうか?

 

答は否である。

次郎は独りごちた。心なしか空気清浄機の音が一段高くなった気がした。

ふん。

次郎はベッドから置き、空気清浄機を氷の眼差しで射抜き、息の根を止めた。

 

さてと。

着替えを済ませ、青森市で評価の高そうな蕎麦屋、柿崎に向かった。

 

弘前から1時間ほど。青森市内の中心にその店はあった。裏通りの細い小道をいくと駐車場があり、そこに駐車した。

 

ガラ♬

いらっしゃい。

開店一番乗りか。かっかっか。

 

次郎はテキトーなテーブルに座るとメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20201208123755j:image
f:id:hidekinghenry:20201208123742j:image

一品料理もたくさんあるな。こりゃいい。メニューは豊富だな。

 

迷うが…

おい。

はい。

注文だ。

山芋刺し、味噌生姜おでん、天ぷら、それかーら、お、あったあった鴨南蛮だ。

 

はい、かしこまりました。

頼みすぎたか…まぁいいな。

次郎は自らに言い聞かせた。

 

 

ほどなくして山芋が提供された。

山芋です。
f:id:hidekinghenry:20201208123759j:image

ほう。たくさんはいってるな。醤油をかけて、と。
f:id:hidekinghenry:20201208123752j:image

うまそうな色だ。
f:id:hidekinghenry:20201208123734j:image

どら。おお、トロトロだ。

ハム。

シャキシャキ♬

ほほーう、こりゃうまい。シャキシャキの山芋だがトロトロも併せ持つという神プレイ。これに醤油が味に締まりをもたらす。完璧だ。

 

味噌生姜おでんです。
f:id:hidekinghenry:20201208123747j:image

おおー、これまたボリューミーでうまそうだ。

ハム。

ほほー、この少し甘い味噌に生姜が効いている。身も体もあったまること必至だな。

 

天ぷらです。
f:id:hidekinghenry:20201208123727j:image
f:id:hidekinghenry:20201208123731j:image

きたか。

ハム。サクサクッ♬

むぅ、まぁまぁかな。悪くない。サクサクしているが、すこし衣が多めか。

 

はい、鴨南蛮です。
f:id:hidekinghenry:20201208123738j:image

来たな。いい色だ。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20201208123802j:image

細麺だな。

ズルズルッ♬

おお、やはり津軽蕎麦。柔らかい。鴨は薄切りか。

ズルズルッ♬

うん、悪くない。もう少し蕎麦に腰があるといいがな。

ズルズルッ

ズズー

ズルズルッ、

ズズーー

サクサク、

ズズー、天ぷらと蕎麦つゆのコラボもいけるな。

ズルズルッ、ズズー、ズルズル、ズズー。

ズズ〜。

ふぅ、ご馳走さん。 

 

いや、満足満足。 

おい、会計頼む。

はい、あちらのレジへ。

次郎はレジに向かった。

 

4100円です。

ほらよ。あんなに食ったのにな。

釣りはいらねぇよ、それで新しいエプロンでも買いな。

次郎はキッチリ4100円を金ザラに叩きつけた。

 

ラガ♬

さぶ、夜はだいぶ冷え込むな。

車に乗り込みエンジンをかけると、車のフロントグラスが次郎の吐息で曇って見えなくなった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201208133935j:image

蕎麦柿崎@青森市

青森駅から徒歩15分ぐらいのところ。一品料理が多く、軽い居酒屋。食べ応えあり、リーズナブルで種類が多いので満足できる。

3.4次郎