函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

Bistro B.V. ビストロ 新富町

f:id:hidekinghenry:20191113105956j:image

次郎は新富町に宿を取っていた。午後に銀座でアポが入っていたため、ゆっくりと起き、歩いて新富町から銀座に向かっていた。

 

ん?なんだありゃ?豚がいるな。

f:id:hidekinghenry:20191113105952j:image

歩いていると豚がいるバルのような店があった。
f:id:hidekinghenry:20191113110012j:image

ビストロか。昼は豚肉料理ばかりをだすのか。

11時27分。

ランチは11時30分からか…よし、行ってみるか。これも何かの縁だろう。

 

おい、3分前だが、やってるか?

あ、えーっと、どうぞ。

ふん、そーこなくっちゃな。

次郎は独りごちた。

 

 

次郎は開店一番の客となった。カウンターに案内された。見上げると黒板があり、夜のメニューが書いてある。意外と数は少ないな。豚料理が多いわけでもなく…まぁいいか。

f:id:hidekinghenry:20191113110009j:image

よし、豚焼き5枚で。

はい。かしこまりました。

次郎は目の前に置かれた水を飲んだ。

 

はい、セットのスープです。

f:id:hidekinghenry:20191113110713j:image

ほう。お、生姜が効いて塩味も強め。好みのタイプだ。こりゃ期待できそうだ。

 

はい、お待たせしました。豚焼きです。
f:id:hidekinghenry:20191113110002j:image

おお、なかなかのクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20191113110005j:image

かなりのボリュームだ。こりゃサラリーメンたちも喜びそうだぜ。沢山かけられた生姜ソースもうまそうだ。

 

どれ。

f:id:hidekinghenry:20191113105956j:image

ほ、ほう〜。こりゃうまそうだ。

ハム。

次郎はこの大きな豚肉を頬張った。

柔らかく、それでいて柔らかすぎず、生姜ダレが甘辛く、ピリッともしている。こりゃうまい。白飯が丁度いいぜ。

 

む、こりゃ、やるしかねーな。

とりゃ。
f:id:hidekinghenry:20191113110908j:image

うーん。間違いないな。

ほほっー。うまいなやはり。結局日本人はなんでも白飯に乗せちまう生き物なんだよな。

ハムハム。
f:id:hidekinghenry:20191113110912j:image

ハムハム。

ハムハム。

ハムハム。

 

ゲフッ。

ご馳走さん。

うまかったな。

 

おい、会計頼む。

はい。1150円です。

ほらよ。

釣りはいらねぇよ!

 

次郎はきっちり1150円を金皿に叩きつけた。

 

ふぅ、さてと、銀座はどっちだ?

あっちか。

細い路地を歩いて行く次郎。

 

次郎の後を追うように北風が一陣吹きすさんだ。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20191113163845j:image

Bistro B.V. @新富町

ランチは豚肉料理のみのビストロ。ボリュームもあり、豚焼きは満足の一品。カレーもそそられる。

 

3.4次郎