食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智18 栗蟹出汁 神保町

f:id:hidekinghenry:20180503000515j:image

やはり、来ちまった。というより来ない方がおかしいだろう。

次郎は神保町の覆面智に来ていた。

ゴールデンウィークの水曜日。栗蟹の出汁の悪い奴。行かないわけがなかった。

 

おはよー。

いつものようにおやじが出迎える。

11時に到着。列はできていない。チャンスだ。

 

暑い一日のため扉は開けっぱなしだった。

 

さてと、メニューは1つか。よし。

次郎は1200円のスペシャルメニューを押した。

カウンターに座り、食券をおやじに渡す。

 

肉はどーする?

いただきます。

はい、100円ね。

はい。

100円を手渡す次郎。

 

チャッチャッチャッ♪

カラカラン♪

 

チャッチャッチャッ♪

 

おやじが湯切りを行い、いろいろなトッピングを足していく。先客にラーメンが渡される。

ぐぉ、うまそうだ。

いやが応にも高まる期待感。

 

はいよ。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20180503001458j:image

くー!きたー!

すごい色だ!

f:id:hidekinghenry:20180503001654j:image

次郎は早速麺を啜った。

ズルズルッ、ズルズルッ

 

すごい蟹の味だ。麺を口の中にいれると蟹の味が強烈に広がる。

 

う、うますぎる…

やばいぞこれは。

f:id:hidekinghenry:20180503001906j:image

ぐ、またこの味玉、弾けるな。

f:id:hidekinghenry:20180503002004j:image

そして、この悪い肉。めちゃくちゃうまいな。

味が濃くて喉が乾くが、たまらないなこれは。

 

次郎は水をがぶ飲みし、麺を啜り、肉を齧った。

ズルズルッ

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

くー、蟹の風味が凄すぎるな。

 

 

ガフッ

いやー、うまかった。

 

おやじ、うまかったぜ。また来るよ。

ありがとね〜。

 

間違いなく今日は次郎のゴールデンなウィークとなった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180503002427j:image

覆面智@神保町

今日は栗蟹の出汁の悪い奴。悪い奴とは醤油ベースの出汁感の濃いラーメン。味も濃く、100円で豚肉の”悪い肉”をトッピングし、完全体として食すべし。

4.0次郎