食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

37 Steakhouse and Bar 六本木

次郎は昼前に六本木ヒルズにある、広告代理店に赴ていた。

 

来月からの展覧会に出展される作品を解説することが目的だった。

 

ふー、こんなハイカラなところ中々来ないからな。しかし、なんだ、緑が多くていいな。

 

折しも終わった時刻は12時40分。昼時だった。

 

さてと、昼でも食うか。しかしなぁ。ヒルズは単に高そうだ。イケてるモテリーメンもつらいもんだ。

 

次郎は欅坂をグランドハイアットあたりまで歩き、ふとしたところで牛のマークが目に入った。

 

ん?なんだありゃ。飯屋か??

うーむ、二階か…わからんが、とりあえず登ってみよう。

 

中は広いな。どんな料理が…

 

いらっしゃいませ。

気がつくと次郎の後ろには二組のモテリーメンが待っていた。押し出されるように店に入る次郎。

 

それではこちらでどうぞ。

窓から外の見えるいい席に座ってしまっていた。

 

お、おう。

仕方ない、今日はここにしよう。しかし、なんだここは。ステーキ屋なのか、なんなのか。

 

恐る恐るメニューを開く次郎。

ほう、うまそうな肉メニューがギッシリだな。意外と当たりかもしれん。

次郎は独りごちた。

 

む、ハンバーグ…肉ギッシリ系だな。うまそうだ。よし、これだ。

 

おい、マダム、このハンバーグを頼むよ。

 

ハイ、カシコマリマシタ。

店員は片言の日本語で消えていった。

 

他の客を見ると、皆外資系のモテリーメンのよような出で立ちだった。

しかし、なぜ外資系モテリーメンたちは常にチーフを入れているのか…謎は深まった。

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20171025003929j:image

ぐぉ、うまそーだ。このハンバーグは肉肉しいな。ソースもうまそうだ。

ほう、うまい。荒々しさがこのソースも良く合っている。赤ワインが欲しいところだ。

 

そして、このマッシュポテト。

うーむ、贅沢な味だ。

甘くて柔らかい。

 

うまいなここ。

正解だな。

 

むしゃむしゃっ

 

パクパクッ

 

むしゃむしゃっ

 

パクパクッ

 

んーうまい。

 

あっという間に平らげてしまった。

 

ビールも飲んじまうかな。

おい、ねーさん、ランチビールを一つ頼む。

 

はいどうぞ。

くー、うめー。

あっという間に酔っ払う次郎。

 

ふー、よし会計だ。

2330円になります。

 

よし、カードで頼む。

釣りはいらねーよ!

次郎ほカードをカウンターに叩きつけた。

 

いえ、カードですので。

 

はは、こんなこと知ってるぁ、舐めんなよ!

ち、酔いが回ったか…

ふん、そういぶかしがるなマダム。

また来るぜ!

 

店を出た次郎。

階段を降りると、グランドハイアットが見えた。

 

ふん、昔はよくあそこで…感慨深いホテルだ。しかし、今のおれには関係ない。行くぜっ。

 

歩きだす次郎。

午後の陽光が優しく次郎の背中を照らし出していた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171025003929j:image

37 Steakhouse and Bar @六本木

熟成肉の名店。ハンバーグとステーキがシグネーチャーメニュー。しかし、迷わずハンバーグ。がつっとした挽肉が力強く、素晴らしいソースも相まってモテリーメンのお昼を飾る。

3.6次郎