食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

塩そば 桑ばら

確か、あのオヤジが話してたよな、、、

 

次郎は行きつけのラーメン屋のオヤジが常連客と話をしていた池袋の塩ラーメン屋を探していた。

 

日曜の夕方の池袋は人が多く、人波にぶつかることもしばしばだった。

 

ったく、なんでこんな人がいるんだ。景気でもいいのか?あぁ?

次郎は街に向かって毒づいた。

しかし、そう言ったあとも相変わらず人にぶつかる始末だった。

 

くそ、池袋はくるもんじゃねーぜ。と声をあげている横からもまた人にぶつかった。

 

ったく。く。あーぁなんでこんな街まできちまったんだが…

 

いえ、それはうまいラーメンを食べるためです、そうだんです!

 

次郎は独りごちた。

 

おぅそろそろだな、んと、角を曲がって…

 

おぉ、あったな!

 f:id:hidekinghenry:20161121001326j:image

なんとなくうまそうな匂いがするぜっ!

おれの直感は当たるからな。

今日のタロットは死神が逆位置だった。復活の狼煙をあげるとするか。

 

次郎は暖簾をくぐった。

 

はい、いらっしゃい。よし、無難に塩らーめんだな。一つ頼む。

 f:id:hidekinghenry:20161121000553j:image

カウンターに食券を置いた。隣では常連気取りの客が店主と何かしゃべっていたが、次郎はこういう常連気取りの客が大声で話すことが嫌いなため、狭いカウンターの奥にこの常連を押し込めた。

 

ふー、おまえのような小物は奥にすっこんでろっ!社会でもきっと目立たないんだろうからな。

 

次郎はカウンター内を見たが、なんだかいろいろな紙がはってあり、それが年季が入っていて好感を持った。

うまそうな匂いがプンプンするな。佐藤たまおをビックリだぜ。

f:id:hidekinghenry:20161121000545j:image

次郎はユリオカに続くネタを探そうと四苦八苦していた。

 

はい、どうぞ。

沈黙は破られた。

 

ほう、なんとシンプルな。ほんとに塩そばだな。ま、ラーメンだけどな。

まずはスープをと。

f:id:hidekinghenry:20161121000528j:image

ズズッ

ほほう、シンプルだがしっかりと味がついてるな。うまい。当たりだ。

チャーシューも分厚いな。スッキリしたスープが麺を誘導するぞ!

ズルズルッ

麺も細麺で黄色の麺か。俺が好きなタイプだ。これはいい。さすがオヤジの知り合いの店なだけあるな。

 

ふー、うまかったなぁ。嬉しい限りだ。

 

よく見ると横の常連はまだグダグダ食べていた。

ふん、このままだと、おまえの人生は奥に押し込められたままだぜ。

 

ごちそうさん

次郎は高らかに勝利宣言をし、颯爽と暖簾をくぐった。

 

さてと、またこの人混みを掻き分けるのか…

人生は苦難の連続だ。少しは癒されたな。

日曜の夜にふさわしい一杯だった。

 

 

塩そば 桑ばら@池袋

f:id:hidekinghenry:20161121001221j:image

サンシャインの手前。塩ラーメンのみのメニュー。味はシンプルだが飽きない。しっかりと味付けされ、スープもうまい。チャーシューの分厚さも花を添える。麺も細麺でうまい。

3.6次郎