函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

南インド料理アーンドラダイニング カレー 京橋

f:id:hidekinghenry:20191125120730j:image

次郎は京橋を歩いていた。銀座で以前働いていた会社の同僚、寝屋川と会う約束をしていた。

 

あ、次郎さん。こっちっす。すす。

お、おお。久しぶりだな寝屋川。

はい、ここのカレーうまいんすよ。すす。

f:id:hidekinghenry:20191125120716j:image

ふーん。南インドね。

そういえば、以前も銀座あたりで寝屋川と南インド料理に来たような…

 

デジャビュっすか?

心を読むなバカタレッ!

へへ。

じゃ行きましょう。

寝屋川は慣れた道を行くように店に入る。

ついていく次郎。

カランコロン♪

イラッシャイマセー♪

2人っす。すす。

どうぞー。

手近なテーブルに案内された。まだ11時過ぎ。しかし先客は2組いた。

 

さてと…どーするか…
f:id:hidekinghenry:20191125120734j:imagef:id:hidekinghenry:20191125120724j:image

ランチ・ミールスがいいんじゃないっすかね最初は。

だから、心を読むなと言ったろうバカタレが!

しかし、寝屋川、こいつ益々成長している。

次郎は内心穏やかではなかった。

 

じゃ、ランチ・ミールス二つで!

イカシコマリマシタ♪

 

どうだ寝屋川。新しい会社は?

まぁボチボチっすね。小さい会社なんで意思決定速くてイイっすよ。次郎さんも来ます?

 

いや、俺はまだ今の場所でやることがあるからなぁ。

しかし、寝屋川のこの切り替えの速さが、成長の原因だろう。

次郎ほ心の中で呟いた。

 

ハイオマタセデス♪

f:id:hidekinghenry:20191125120730j:image

ほお。多種に渡りなかなかのクリエイティブ。

次郎はメニューを見ながら左から時計回りに攻めることにした。
f:id:hidekinghenry:20191125120935j:image

ほお。この野菜のラザム。食べやすい。アッサリしてる。
f:id:hidekinghenry:20191125120931j:image

このサグ、これはスープか。なるほど。
f:id:hidekinghenry:20191125120916j:image

これは、チキンだな。うまい。これはいいな。
f:id:hidekinghenry:20191125120911j:image

これはベジタブルか。これもアッサリしてるな。
f:id:hidekinghenry:20191125120920j:image

これは、マメカレーか。これほピリ辛だな。
f:id:hidekinghenry:20191125120927j:image

これはパパドか。

おお!カリッと塩味。カレーに付けるというより箸休めだな。
f:id:hidekinghenry:20191125120924j:image

これはチャパティか。ナンじゃないんだな。

これは食べ応えあるな。ナンみたいなもんか。付けるならチキンか豆がいいな。

 

しかし、バラエティ豊かで飽きないな。

 

な?

すね。喋るの忘れちゃいますね次郎さん。

だな。

と言いながら、俺を伺っているのか!?

寝屋川よ。

お前は一体何を企んでいるんだ!?

寝屋川よ!

 

すいませーん。

パパドお代わりっす。次郎さんの分も2枚。

イカシコマリマシタ。

 

ふぅ、やられたな。

今日はお前に完敗だよ。

 

ぷはー。

食ったな。

すねー。なかなか良かったっす。

 

よし、ここは俺が。

いや、大丈夫っすよ。僕も払います。

 

おい、いくらだ?

2580円です。

ほらよ。釣りはいらねーよナマステ。

 

ナマステ!

次郎はキッチリ2580円をインド人店員に握らせた。

 

コロンカラン♪

どーしたんすか次郎さん、奢りなんて珍しい。

いや、ここは先手を打たないとな。

次郎は独りごちた。

 

さてと…

スタバにでもい来ましょう!

 

ちっまた読まれた。

こりゃ厄介だ。

 

2人は銀座の街の奥へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191125182024j:image

南インド料理アーンドラダイニング@京橋

南インドのカレー屋。アッサリ系。種類豊富でうまい。

3.4次郎