函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

PEPE KITCHEN ハンバーガー 弘前

 

f:id:hidekinghenry:20190709112621j:image

さてと、昼飯でも食べに行くかな。

次郎は弘前にいた。今日は休日。家事を終わらせると小腹がすいてきた。

午前10時半。

11時からやっている店を探すしかねーかな。

ふむふむ。どこもいったところばかりだな。そろそろ開拓しないとな。

 

ふーむ。

ほうほう。

へー。

ふーーむ。

よし、決めた。行ってみるか。

 

次郎は車に乗り、城東方面に向かった。大きな陸橋を降りて、駅方面の左手の小道を入り、しばらく進むとその店が見えた。

f:id:hidekinghenry:20190709112627j:image

ここだな。小洒落てるな。街とマッチしてないがな。はは。

また10時50分か…お、もうやってるな。

でかしたぞ。

次郎は車を降り店に入った。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。お一人様?

見ればわかるだろう。

こちらへどうぞ。

奥の2人席に案内された。

店内は次郎が初の客。

カリフォルニア調の明るい店内。

なかなかいい。

f:id:hidekinghenry:20190709112711j:image

どれどれ。
f:id:hidekinghenry:20190709112654j:image

ふむふむ。基本は1200円に。トッピングが各100円か。サラダ、ポテト、ドリンクがセットか。まぁまぁだな。

 

よし。

注文頼む。

はい。

ベーコンチーズバーガー。トッピングにアボガドとエッグを。

かなりボリュームがありすぎるかもしれません。

ほう。

ねらばエッグは抜いてくれ。

かしこまりました。

アイスティーを。

はい。

 

ふう。

はい、アイスティーです。

すぐに、アイスティーが運ばれてきた。

早いな。いいぞ。

 

ぐびぐび。

次郎はアイスティーを強く吸引した。

はい、サラダです。
f:id:hidekinghenry:20190709112701j:image

ほう。これも早いな。なかなかボリュームもある。

キュー。

次郎はアイスティーを半分以上吸引した。

はい、お待たせしました。ハンバーガーです。

紙に入れてお食べください。f:id:hidekinghenry:20190709112705j:image

なかなかのボリュームだ。
f:id:hidekinghenry:20190709112715j:image

ビジュアルもいい。
f:id:hidekinghenry:20190709112719j:image

さてと、紙にな。

ギッシリだな。持ちきれん。

よいさ。
f:id:hidekinghenry:20190709112658j:image

こうか。

次郎はがぶりよった。

く、下のパンしか食えん。第一の矢は失敗だ。

ガブリッ!

次は手応えがあった。

ギッシリとしたパティーが口の中に入ってくる。ベーコンの野生的な匂いが鼻腔をくすぐり、食欲を掻き立てる。そこにチーズの感触が入ってくる。

なかなかうまいな!
f:id:hidekinghenry:20190709112708j:image

すごいアボガドだ。これは正解だったな。

ガブリッ。

ふほ、アボガドの甘さがパティーとベーコンの塩辛さにマッチする。

 

ガブリッ。

 

むしゃむしゃ。

 

ガブリッ。

 

むしゃむしゃ。

 

ふー、息つく暇がないぜ。

ガブリッ。

むしゃむしゃ、むしゃむしゃ。

 

ふぅ。

あっという間にいってしまった。休む暇がなかったな。はは!

 

チュー♪

次郎はアイスティーの残り全てを吸引した。

 

ふぅ。

さてと、残るはポテトだな。

次郎は机に置いてあったケチャップをポテトにかけた。

 

ブシュッ。

ケチャップの容器はいつもこんな感じになるよな。はは。

 

ガブリッ。

一つのポーションがでかい。そしてワイルド。なかなかいい。

ブシュッ!

うお、あぶね。白いTシャツをお釈迦にするところだったぜ。

むしゃむしゃ。

ブシュッ!

むしゃむしゃ。

 

 

ふぅ。ご馳走さんと。

ちょっと手を洗いにいくか。

次郎はトイレで手を洗った。

 

さてと。

会計頼む。

はい。1300円です。

ほらよ。釣りはとっときな。ケチャップ容器を満タンにでもしとくがいい。

次郎は机に1300円をキッチリ叩きつけた。

 

コロンカロン

ふぅ。

しかし、晴れてるな。

次郎を真昼の太陽が照りつけた。

サングラスを掛け、再び車に乗る。

 

さてと、この後は青森にでもいくか。

気分はアメリカのキャンピング野郎だぜ。はは。

次郎は独りごちた。

ブロロロロー♪

 

次郎の車が店から遠ざかる。

その上から真夏の太陽が照りつけ、車体がキラリと光り輝き、そして見えなくなった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190709112621j:image

ぺぺキッチン@弘前

ハンバーガーの店。なかなかうまい。そしておしゃれ。ボリュームもあり、値段は弘前の相場からは高いが東京よりは安い。なかなかいい。

3.4次郎