函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

蔵よし 和食屋 黒石市

f:id:hidekinghenry:20190424214055j:image

ふー、疲れたな。今日は良く頑張ったぜ。

次郎は黒石市でのフィールドワークを終え、帰り際の駐車場で一息ついていた。

 

空が広くて澄んでて綺麗だな。

f:id:hidekinghenry:20190424214459j:image

この天ぷらの衣のような雲を見ていたら、なんだか腹が減ったな。

よし、どこかに行くか。

次郎は黒石市内へ車を転がした。

 

意外と店が閉まってるな。まぁ今日は日曜だしな。

お、ここはやってるな。

蔵よし、か。和食屋だな。

よし、ここにしよう。

f:id:hidekinghenry:20190424214447j:image

ガラ♪

いらっしゃい。お一人?

見ればわかるだろう。

奥どうぞ。四人がけのテーブル席に案内された。

 

さてと、メニューはと。

む、たくさん品数があるな。迷っちまう。

 

む、とんかつ推しか。
f:id:hidekinghenry:20190424214438j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214509j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214512j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214451j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214455j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214507j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214443j:imagef:id:hidekinghenry:20190424214503j:image

鍋まであるな。

 

おい、女将。

はい。

何がおススメだ?

郷土料理ですと、つゆ焼きそばが有名ですね。

なんだそりは?

焼きそばをそばつゆで食べるんです。途中からソースの味と蕎麦つゆがまざって味が変わるんですよ。

 

ほう。なんだかわからんが、それをもらおう。

はい、かしこまりました。

 

それと、海老の天ぷら、マグロ刺身、そして、とんかつも頼む。

 

はい。

 

あ、やはりつゆ焼きそばはハーフにできないか?食えなそうだ。

 

確認して参ります。

頼む。

 

あの、出来るようです。特別に。

それは助かるな。

 

では、お待ちください。

 

次郎は目の前に置かれたお茶をがぶ飲みした。

そして、一緒に置いてあった水一気に飲み干した。

 

おい、女将。

はい。

水、ジョッキで頼む。

はい、かしこまりました。

 

お!、ジョッキがいけるとは、女将できるな。

次郎は独りごちた。

 

はい、つゆ焼きそばです。

それとお水です。

 

きちんとジョッキで水が出てきた。

f:id:hidekinghenry:20190424221703j:image

見た目は蕎麦だな。

f:id:hidekinghenry:20190424221729j:image

うむ、蕎麦だなスープも。

む、いや、蕎麦だな。

f:id:hidekinghenry:20190424221716j:image

これは蕎麦だな。

ズルズルッ!

お!これは焼きそばの味がする。

ソースと蕎麦つゆが微妙に絡まる。不思議な味だ。

ズルズルッ、

ズズー。

ふーむ、どっちつかずの味だな。不思議だ。

しかし悪くはない。

ズルズルッ、

ズズー、ズズズズー。

 

ふう、食っちまったな。確かに焼きそばに蕎麦だ。

 

マグロ刺身です。

f:id:hidekinghenry:20190424221724j:image

おお!赤い!美しい。

 

海老天です。

f:id:hidekinghenry:20190424221733j:image

おお、タワーだ。衣がサクサクそうだな!

 

とんかつです。

f:id:hidekinghenry:20190424221655j:image

うお!分厚っ!やばいな。

やはり、頼みすぎたな。まぁいい。気にしないことにしよう。

f:id:hidekinghenry:20190424221659j:image

どれどれ。マグロはと。
f:id:hidekinghenry:20190424221707j:image

やはり、うまい!青森はマグロだな。大間の必要もない。柔らかいが切りやすい。身が締まっている。

天ぷらは、と。
f:id:hidekinghenry:20190424221652j:image

本当に衣がサクサクだ。

おお、海老がでかい!

サクッ!

うまい!こりゃいい。

サクサク♪

うまい!

 

さてと、とんかつがでかいな!

次郎は一切れたっぷりとソースとゴマをつけて口の中に放り込んだ。

うーん、うまい。とんかつの衣がソースにまみれ、中の肉は厚いが柔らかく、すっきりした歯応えがある。

醤油もいただこう。

うーん、やはり醤油だ。、この独特の塩分。たまらん。

 

むしゃむしゃ

 

むしゃむしゃ

 

うまい。

 

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ。

なんとか食ったなー。

いやー、満足だ。

 

おい、女将、お会計頼む。

はい。

 

4500円です。まぁそんなもんだな。

ほらよ。

釣りはいらねぇよ。

新しく焼きそばソースでも買いな。

次郎はキッチリ4500円をレジの金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

もう真っ暗だな。

バタン♪

次郎は車に乗り込むとエンジンをかけた。

春も始まる頃だが、朝晩はかなり冷える黒石だ

 

次郎の吐く息は、少し白く揺らめいた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190424221659j:image

蔵よし@黒石市

リーズナブルな和食屋。つゆ焼きそばもうまいが、海老天の衣がサクサク。何を食べようか決められない時にいい。

3.5次郎