函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

ラーメンショップ ラーメン 黒石市

f:id:hidekinghenry:20190419025440j:image

ここ、なんか気になるんだよな…

次郎は弘前市内から八甲田方面に車を流していた。

途中黒石市あたりで、いつも気になるラーメン屋が左手に目に入って来る。

 

ラーメンショップ

チェーン店のラーメン屋だが、そのネーミングセンスはあまり良いとはいえず、都内では勿論素通りしていた。

しかし、青森で、なぜか車がよく止まっているため、気になってしまうのだった。

 

 

えい、ままよ!今日は挑戦だ。

次郎は車を止めた。

 

いらっしゃい。

扉は開いていた。

食券機がある。

うーむ、いろいろあるが、ここはネギチャーシュー麺に餃子という最強コンボだな。900円の250円で1150円か。まぁこんなもんか。

 

奥でも、お好きなところにどーぞ。

次郎は食券をカウンターで渡し、奥の座敷に入った。

f:id:hidekinghenry:20190419025445j:image

なんだか懐かしの風情だ。

やはり、平成というよりも昭和だな。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせー。

f:id:hidekinghenry:20190419025440j:image

おお、なかなかのクリエイティブ。脂がきつそうなのがまたいい。
f:id:hidekinghenry:20190419025506j:image

スープはドロリッチ系だな。

濃いな。いいぞこりゃ。

麺は?
f:id:hidekinghenry:20190419025459j:image

卵細麺か。ちじれていれば最高だが。

ズルズルッ

次郎は勢いよく吸い込んだ。

ふん、なかなかどーして、スープと絡んでうまいな。柔らかいが、伸びてるわけではない。f:id:hidekinghenry:20190419025502j:image

このチャーシュー、いい刺しが入ってる。明らかに野獣性を予感させるぜ。

次郎はチャーシューを一枚まるごと頬張った。

おお!やはり、野獣派だ、いやナビ派か。どっちでもいいか。噛んだ時に入って来る肉汁と濃い醤油スープ。暴力的だ。

舐めていたが、これは嬉しい驚きだ。

ズルズルッ

ズズズズズズッ

 

ズルズルッ

ズズズズズズッ

 

うまい。

ズルズルッ、ズルズルッ、

ネギがまたいいな。

 

ズルズル、ズズズ、

ズズズズズズズズズー♪

ぷはー。

 

ご馳走さん、と。

いやー、うまかった。間違えなく黒石市のフィールドワークの時に寄っちまうな。

 

ふー。

暑いぜ。

バタンッ。

次郎は車に乗った。

ブロロロー♪

 

再び八甲田に向けて車を走らせた。

雪中行軍する前のいい栄養補給だったな。

まぁ、雪はもうねーか。はは。

 

軽口をたたき、次郎はアクセルを踏み込んだ。

雪解けの津軽は、少しずつ車の量が増えていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190422211438j:image

ラーメンショップ@田舎館村、黒石市

チェーン店のラーメン屋なのか、なんだかよくわからないが、味も濃く、チャーシューも分厚く食べやすい野獣性のあるラーメン屋。

安いし、味もいいので、再訪必至。

3.5次郎