函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

清水 蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20190419025650j:image

うまい蕎麦屋はないかな…

次郎は弘前市内で車を転がしていた。

ジムに行く前に腹を満たしておきたかった。

 

まぁ食ってからジムに行ってもあまり意味がなさそうだがなぁ、しかし腹は減るもんだしな。行くしかないだろう。

 

彦庵はうまいがなぁ、このところ行ったばかりだしなぁ。

 

そんな中、蕎麦屋らしき鯔背な看板が出てきた。

 

清水…

ここの蕎麦屋、車は停まってるな。

満車で停められんな。

よし。

次郎は裏道に入った。

 

意外とスペースがないな。

む、ここに停めちまうか…

 

ふぅ。抜き足差し足忍び足…だな。

次郎は独りごちた。

 

ガラ♪

お、意外と入ってるな。まぁ12時だしな。

 

いらっしゃい。

お一人?

 

見ればわかるだろう。

どうぞ、奥に。

二人席に案内された。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20190419025646j:image

メニューはいろいろあるが、オススメはこの3つか。よし。

 

おい。

 

はい。

 

特性海彦そばで。

はい。

 

忙しく働く給仕係。

一人か…回ってなさそうだな。しかし混雑も一瞬か。ふん。

 

次郎は置かれた水をがぶ飲みし、目を瞑った。

隣からきつい津軽弁が聞こえてくる。

津軽弁はフランス語のようだと昔誰かが言った。

 

…どちらもわからんな。結論としては。

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

 

ほう。なかなかのビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20190419025650j:image

海老天、かつお、山菜、うずらの卵。綺麗だな。卵を壊して、と。

f:id:hidekinghenry:20190419025712j:image

どらどら。
f:id:hidekinghenry:20190419025715j:image

ツルツル系か。

ズルズルッ

ほ、うまい。優しい味だな。

海老天はどうだ?
f:id:hidekinghenry:20190419025709j:image

ほふほふ。

シャクッ。

衣が蕎麦つゆと絡まる。

うまいな。中はプリプリだな。

しかし、優しい味だな。もう少しキツめがいいのだがな。

 

ズルズルッ

 

ズズズ

うん、鰹節と山菜がうまいな。

 

ズルズルッ

 

ズズズ。

 

あら。あっという間に完食か。

さすが蕎麦だぜ。

次郎は独りごちた。

 

まぁジム前にはちょうどいいな。

しかし、やはり値段の設定は高めだな。弘前城も近いし仕方ないか。

 

よし、会計頼む。

はい、1300円です。

 

ほらよ。釣りはくれてやる。これで新しい蕎麦粉でも買いたしな。

 

キッチリ1300円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

ふー。暑いな。温かい汁を飲んだせいか。

 

抜き足差し足忍び足、と。

次郎は車にコッソリ乗り込んだ。

 

ブォン♪

一気にアクセルをふかし、弘前城方面に車を走らせた。

 

城の桜の蕾はようやく色づき、淡い陽光が次郎の車のボンネットに優しく反射した。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190421191916j:image

清水@弘前

老舗の蕎麦屋。淡い味つけ。年配向け。

 

3.3次郎