函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

彦庵 蕎麦屋 青森県弘前市

f:id:hidekinghenry:20190319023139j:image

次郎は弘前城周辺にいた。

古い建物を見ていたら、なぜか蕎麦が食べたくなった。

そういえば、不動産屋の藤子が言っていた。茂森にうまい蕎麦屋があると。

 

よし。

次郎はググった。

蕎麦処清水、彦庵…二択。

ここは、彦庵だな。

次郎は車を走らせた。

f:id:hidekinghenry:20190319023337j:image

ここだな。車はほぼ満車。直感は間違ってなかった。

 

ガラ♪

いらっしゃいませ。
f:id:hidekinghenry:20190319023329j:image

店内は綺麗だ。結構な入り。

こちらどうぞ。

案内された先のそばにメニューご所狭しと貼ってある。

f:id:hidekinghenry:20190319023345j:image

なんだ、居酒屋みたいだな。うまそうなメニューだ。迷っちまうな。

f:id:hidekinghenry:20190319023325j:image

むぅ。

よし、おい、ねーさん。

はい、お決まりですか?

 

お勧めはなんだ?

うーん、いまですと、鳥南蛮が3月一杯なので、それか鴨汁蕎麦ですね。

鴨南蛮につけながら食べる感じです。

ほう、よし、それにしよう。

それと、やはり天ぷらだ。海老一本ので。

それと、もつ煮込みが気になるが?

お勧めです。でも、竜田揚げってあまりないんでそちらのほうが今はお勧めです。

よし、それももらおうか。

はい、かしこまりました。

 

また、頼み過ぎたか。

えい、ままよ。あとは野となれなんとやらだ。

次郎は独りごちた。

 

続々と人が入ってくる。

なかなかの名店のようだ。

 

はい、もつの竜田揚げです。

f:id:hidekinghenry:20190319023320j:image

ほう。美しいクリエイティブ。

レモンをかけると、イイ匂いが弾けた。

どれどれ。

サクッ♪

お、絶妙な揚げ加減。塩の塩梅もいい。中身のクニャクニャと衣のサクサクが素晴らしいハーモニー。こりゃビールが欲しくなるぜ。

 

はい、天ぷらです。

f:id:hidekinghenry:20190319023349j:image

おお!これまた美しいクリエイティブ

海老もでかい!
f:id:hidekinghenry:20190319023333j:image

サクッ♪

やはりサクサク。うまい。塩が合うな。

かぼちゃもしめじもうまい。これはいい。

 

はい、お待たせしました。

鴨汁蕎麦です。

f:id:hidekinghenry:20190319023139j:image

ほほう!これもまた美しいクリエイティブ。f:id:hidekinghenry:20190319023353j:image

蕎麦もうまそうだ。

鴨汁もこのネギがうまいんだな。
f:id:hidekinghenry:20190319023311j:image

どれどれ。
f:id:hidekinghenry:20190319023341j:image

蕎麦は短めで取りやすい。

ズズ、ズズズ♪

柔らか目だな。うん、うまい。鴨汁がうまいな。
f:id:hidekinghenry:20190319023316j:image

鴨肉もうまそうだ。

ほほう。柔らかくて鴨汁の出汁の効いた良い味。アッサリしてピリッとした塩気。こりゃうまい。

 

ズズ

 

ズズズー

 

ズズ

 

ズズズー

 

あっという間に平らげてしまった。

 

はい、蕎麦湯です。

良いタイミング。

 

次郎は蕎麦湯を入れて鴨汁をすすった。

うん、締まる。

こりゃヤラレタな。満足だ。

 

おい、会計頼む。

はい、2630円です。

なかなか行ったなランチで。まぁいい。

ほらよ、釣りはとっときな。新しいモツでも買いな。

次郎はキッチリ2630円をレジのカウンターに叩きつけた。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ。昼から大当たりだ。今日はいいことありそうだ。

 

弘前にも春の訪れを感じさせる陽光が次郎の背中を優しく撫でていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190319023139j:image

彦庵@青森県弘前市

創作蕎麦屋。店主NYで修業したらしい。NYはよくわからないけどツマミが充実しててうまい。多種のメニューがあって面白い。なんとなくメニューが創作な感じはNY仕込み??

夜が1930と早く閉まるのが残念。

3.5次郎