函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

生姜ラーメン マニッシュ② 神田

f:id:hidekinghenry:20181230040509j:image

さてと、今年の食べ納めはどこにするかな。

次郎は迷っていた。年の瀬も差し迫ったある日、年内最後のラーメンは何にしようか迷っているのだった。

 

おやじの店覆面智は3日程前に行ったばかりだしな、うーむ、西麻布楽観も行ったばかりだしなぁ。

ううむ…

 

そう悩みながらおやじのブログをみると、ふと思い出した。おやじがうまいといっていた神田のマニッシュがあったな。たしか、うまかったはずだ…よし、そこにしよう。

 

次郎は銀座線に乗った。神田で降りると4番出口をあがり、淡路町方面に向かった。しばらく歩くと大通りに出て、そこを渡ったところに件の店、マニッシュはある。

肉バル店のあるビルの地下に降りていくと薄暗い店内が見えた。

 

いらっしゃい。

昼時の11時50分。しかし店中は空いていた。それもそのはず、既に御用納めも終わり、サラリーメンが皆無の状態だったからだ。

 

さてと、小さな食券機で、ラーメン肉増しを購入だな。

ちょうど1000円だった。

釣り…もなしか…

次郎は独りごちた。

 

食券を店員に渡し、席に着いた。そして目の前の水をがぶ飲みした。

 

店員は丁寧に仕事をしている。

大鍋に麺を入れ、その間にスープを作っていた。

 

チャッ、チャッ、チャッ、

 

チャッ、チャッ、チャッ、

 

麺を丼に入れ、茹でて味付けされたチキンを丁寧に盛り付けていく。

 

 

お待たせしました。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20181230041532j:image

見事なクリエイティブ。美しい。

f:id:hidekinghenry:20181230041556j:image

クリアな塩生姜スープ。

ズズズ。

 

うまい。やはりうまかった。

キリリとして生姜の味が口に広がる。このままスープを飲み干してしまいたい衝動にかられる。

f:id:hidekinghenry:20181230041646j:image

そして、安定の細麺。ツルツル系。スープとの相性もぴったりだ。

f:id:hidekinghenry:20181230041718j:image

そして、この鶏肉。でかい。しっかりした塩味。柔らかい。そして、量が多い。何個入っているんだ…いや贅沢だ。

 

ズズズズッ

 

ズズズズッ

 

うまい。肉と麺を同時に口に放り込む快感。スープも一緒に飲みながら麺を啜ると、口内でスープ、麺、肉の三重奏がブラームスの調べのように厳かにしかし軽快に響き出すようだ。

 

ズズズズー

 

ズルルー

 

ズズズズー

 

ズルズルー

 

ズズズズー。

 

うまい。

ぷひょー、あっという間に完食だ。危なくスープを飲み干しちまうところだったぜ。

 

いやー、いい締めになったな。

生姜のおかげで体もポカポカだ。

むしろ、汗が噴き出しちまうぜ。

 

 

ご馳走さん。また来るぜ。

ありがとうございましたー。良いお年をー。

 

おう。

次郎はコートを手に抱え、地上にでた。

 

ふぅ、しばらくはコートいらんな。

そう言うと次郎は神田駅に向かって歩きだした。

 

やばいな、この通りはラーメン屋が多い。また入っちまったら事だな。締めれなくなっちまう。まぁ、それもまた年末の一興か。

次郎はまたも独りごちた。

 

コートを持って歩く額の汗を乾かすように、一陣の北風が次郎の頬を打つのだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181230040509j:image

生姜ラーメン マニッシュ@神田

塩生姜ラーメンの店。池袋の塩そば桑ばら、巣鴨の生姜は文化の姉妹店なのかな。むしろ親店か。スッキリした塩味で濃厚な生姜のスープが特徴的。チャーシューは鶏肉。ボリュームもあり、スイスイ食べれちゃう。

3.7次郎