函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

ホルモンまさる 焼肉 三田

f:id:hidekinghenry:20181117001004j:image

パイセン、なんか…今食べたのに腹減っちゃいました。

次郎は南麻布を城崎先輩と歩いていた。

 

んー。じゃどっか行く?

時刻はまだ21時。2軒目にはちょうどいい。

 

城崎先輩は、しばらく九州にいた。昔は酒も飲めなかったが、いつのまにか自ら酒を注文するぐらいまで腕を上げていた。しかし、昔からの優しい性格はそのままだった。そして、サブカルに詳しかった。

 

三田なんてどーです?ホルモンとか。

んー。

いいよ。行こう。

 

そうこなくっちゃ。

次郎はいいよと言われる前かれ手を挙げタクシーを捕まえてようとしていた。

次郎はよく知ってるなぁ。

でも、先輩も東京の街には詳しいっすよね。

昔良く雑誌読んでたからね。

 

さすがサブカル先輩。

次郎はこっそりと呟いた。

 

三田の交差点でタクシーを降り、ごちゃごちゃとした路地の飲屋街に突っ込んで行った。

ドウッ

うおっ

次郎は何か人めいたものにぶつかった。しかし、それの何かを確認できることもなく人が行き交う。

ふぅ、賑やかなこった。

次郎は独りごちた。

 

サラリーメンでひしめく路地をくぐり抜け、一軒の店の前で足を止めた。

 

ホルモンまさる。安くて旨いホルモン屋。今のところ待ちは無し。予約ができないため、良い時間に行くと、必ず待たねばならない。

こりゃいけそうだ。

ガラガラ♪

二人なんだけど…

少々お待ちください。

店員は奥に引っ込み、また出てきた。

10分位待っていただきますが…

 

ふん、10分なら仕方ない。

わかったよ。

 

待つこと10分。

ガラガラ♪

どうぞ。

 

店の奥の並びの席に案内された。

上着をビニールに押し込んで丸椅子に座ると既に炭火がセットされた。

f:id:hidekinghenry:20181117001145j:image

ご注文は?

f:id:hidekinghenry:20181117154712j:image

特製トマト割りと、次郎どーすんの?

トマトサワーで。

はい。

 

どうぞ。

早いな。

f:id:hidekinghenry:20181117001149j:image

乾杯♪

グラスに塩が付いていてウマい。そして安い。

さてと、ナムル、キムチ、コプチャン、軟骨、まるちょう、カルビ。

 

はい。

 

 

程なくもやしナムルとキムチが着弾。f:id:hidekinghenry:20181117001106j:imagef:id:hidekinghenry:20181117001156j:image

なかなか旨い。そしてボリューミー。

うまいねー。

 

はい、お肉です。

f:id:hidekinghenry:20181117001201j:image

一気に来たな!
f:id:hidekinghenry:20181117001113j:image

軟骨旨そうだ。
f:id:hidekinghenry:20181117001130j:image

コプチャンもまるちょうもでかい。f:id:hidekinghenry:20181117001134j:image

そして、カルビも薄切りで旨そうだ!

まずは、まるちょうだな。

f:id:hidekinghenry:20181117001140j:image

旨そうだ。

焼き上がり、一口頬張る次郎。

うまい!脂が凄い!弾けるな。

 

うまいねー。

城崎先輩も御満悦だ。

次は軟骨だな。

f:id:hidekinghenry:20181117001101j:image

ほほー。旨そうー。

次郎は軟骨を頬張った。

おお!しっかりした塩加減でコリコリ感がたまらない。

 

うまいねー。

城崎先輩も御満悦だ。

 

コプチャン行こうよ。

先輩が焼く。
f:id:hidekinghenry:20181117001117j:image

次郎はコプチャンを頬張った。

ほほ!また脂が凄い。うまい。

 

うまいねー。

城崎先輩も御満悦だ。

そして最後に、カルビだ。

f:id:hidekinghenry:20181118015146j:image

ぐおー!あっという間に焼ける。

凄い火だ。

もういけるよ次郎。

はい。

次郎はカルビを頬張った。

ぐおー!とろける柔らかさ。うまい!!

 

うまいねー!

城崎先輩は終始御満悦だ。

 

すいません、トマト割りお代わり。

ホッピーも。

 

いゃー、腹一杯です。

だねー。

 

ゲフッ

もう食えん。

 

行きますか、パイセン。

行こっか。

 

会計頼む。

はい。

 

5430円です。

え、そんなに安いの!

流石だ。

 

ほらよ、釣りはいらねーぜ。

それで新しい炭でも買いな!

次郎はキッチリ5430円をテーブルに叩きつけた。

 

ありがとうございましたー。

ラガラガ♪

 

ふー。今夜は食べすぎたねー。

ですねー。

 

じゃ行こうか。

はい。

 

まだまだサラリーメンでごった返す三田。

 

 

お、お兄さんがた、この後は?

いやいや、大丈夫だよ。

そんなこと言わずにもう一軒。

いや、腹痛いし。

そこをなんとかもう一軒!

いやいや。

そこをなんとか!!

いやいや…

 

 

三田の夜は更けていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181118015937j:image
f:id:hidekinghenry:20181118015941j:image
f:id:hidekinghenry:20181118015947j:image
f:id:hidekinghenry:20181118015146j:image

ホルモンまさる@三田

安くて旨いホルモン屋。予約できず並ばなくてはならない。9時以降に行くべし。しかし、全部旨い。安い。特にまるちょうの脂の乗りが凄い!

3.8次郎