食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

エチオピア カレー 神保町

f:id:hidekinghenry:20180403001210j:image

神保町。この街はカレーの聖地。そして、昔からこの聖地を背負っている店がある。

 

エチオピア

 

神保町のカレーと言えばこの名前が真っ先にあがる。

 

次郎はついにこの店に足を踏み入れた。新手のカレー屋がどんどん出現している中、いささかその印象は影を潜めていた。

f:id:hidekinghenry:20180403022329j:image

このディスプレイもどことなく昭和を感じさせる…

 

カランコロン♪

いらっしゃっい。

 

一人だ。

 

そこのカウンターへどうぞ。

意外にも店員は若目の奥様風。マスターの奥さんだろうか。まぁいい。知ったことか。

 

ビーフカレーを頼む。

辛さは?

むぅ。

f:id:hidekinghenry:20180403022624j:image

3番が辛口です。

では、3番に。

ほぼ周りの客はみんな3番だった。

 

しばらくするとサービスのジャガイモが出された。

こちらサービスです。

f:id:hidekinghenry:20180403022610j:image

むぅ。ボンディと同じだな。カレー屋にはジャガイモがデフォルトなのか…

添えられたバターをつけてジャガイモを頬張った。

おかわり自由か。味はまぁふつうだな。お代わりするまでもないか。

 

はい、ビーフカレーです。

f:id:hidekinghenry:20180403022756j:image

ほう。見事な。これが神保町をカレーの町と言わしめる権現か。

f:id:hidekinghenry:20180403022843j:image

ゴロゴロとしたビーフがうまそうだ。結構たくさん入ってるな。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180403022828j:image

よくスパイスの効いたオーソドックスなビーフカレーだ。ビーフは思ったより歯ごたえがあって、それがちょうどよくルーに混ざる。水っぽすぎず、ドロドロでもなく、ちょうどいいバランスだ。うまい。こりゃ何杯でもいけるな。そして、やはり3番は少し辛口だな。ちょうどいい。

 

うまい。

 

あっという間に平らげてしまった。

ふー、ご馳走さんと。

 

900円です。

ほらよ。釣りでバターでも買いな。

次郎はキッチリ900円をカウンター叩きつけた。

 

コロンカラン♪

 

神保町はまだまだ奥深いな。

しかし、不思議と懐かしい感じのする町だ。

次郎は独りごちた。

 

さて、新しいカレー屋でも探すか。

次郎は神保町の奥へと消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180403022756j:image

エチオピア@神保町

言わずと知れた神保町カレーの老舗。オーソドックスなカレー。野菜カレーがなんだか高いが次回のお楽しみか。ビーフカレーはゴロゴロとビーフがボリューミー。ジャガイモはお代わりできるよう。

3.6次郎