食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ラーメン 大和からのばんらい 米子

 

ふー、今日もよく働いたな。

次郎は米子にいた。仕事を終え、夕飯時。賑わっていた居酒屋に入り、米子の地魚の刺身などを食べ一杯ひっかけた。

 

しかし、何か物足りねーな。

ここで締めはやめとくか。次郎は店を出た。

さてと、やはり、我慢したからには締めはやはりラーメンだろうがっ。

次郎は独りごちた。

駅前で人気のある大和という店にやってきていた。

f:id:hidekinghenry:20180106221049j:image

ガラガラ♪

いらっしゃい。

ラーメンを。

はいよ。

次郎はカウンターに座った。メニューが飛び込んできたが後の祭りだった。

f:id:hidekinghenry:20180106221211j:image

しかし、ラーメンは450円と破格の安さだった。

どんなものが出てくることやら…

 

はいよ♪

f:id:hidekinghenry:20180106221255j:image

なかなかうまそーじゃねーか。

さてと。お、牛骨スープか。味もしっかりついている。うまいな。

麺はどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180106221228j:image

縮れ卵細麺。おれの好きなタイプだ。

ほう。うまくスープと絡んでいる。うまい。

450円でこれはいい。背脂もしつこくないし良いバランスだ。

ズルズルッ

あっという間に平らげてしまった。

 

おやじ、ここに置いとくぜ。

次郎はキッチリ450円を置いて店をでた。

 

ふー、しかし、やはり少し物足りないな。

次郎は駅に歩くすがら、ラーメン屋発祥の居酒屋ばんらいに入った。

 

いらっしゃいませ♪

一人だ。

こちらへ。

カウンターに通された。

 

おい、兄ちゃん。

醤油ラーメンとコークハイを頼む。

はいよ。

 

次郎は目を閉じた。

お待たせしました。

あっという間に着丼した。

f:id:hidekinghenry:20180106222218j:image

ほう。今度は醤油って感じだな。どれどれ?

む、なんだこの匂いは。魚か、バターか。うーん鼻にくるな。麺はどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180106222324j:image

こちらも細麺だな。悪くはない。

ゲフッ

しかし、梯子はさすがに無理だったか。既に腹一杯だ。

コークハイでお茶を濁そう。このコークハイ、うまいな。

しかし、水物で腹が一杯だ。悔しいがここでギブアップだな。

 

1050円です。

相変わらず安いなこの街は。失敗してもなんともないわ。かっかっかっ。

 

ゲフッ

 

次郎はキッチリ1050円をカウンターに叩きつけ店を出た。

 

ふぅ、流石に今夜は寝るか。

外に出ると雪がちらついていた。

冬真っ盛り。米子の夜は更けていった。

 

続く。

ラーメン大和@米子

f:id:hidekinghenry:20180106222643j:image

居酒屋ばんらい@米子

f:id:hidekinghenry:20180106222218j:image

それぞれ別の味わい。しかし、全体としては大和の勝ちだ。締めは大和で決まりだ。

 

大和3.5次郎

ばんらい3.0次郎