食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智11 渡り蟹つけ麺 味噌

f:id:hidekinghenry:20171023185049p:image

お、おやじ!

渡り蟹かよ!聞いてねーよ!

 

 

朝起きて、何気なくオヤジのツイートを確認した次郎。

いつも通りのラーメンだと思っていたが、今日は台風一過を記念しての渡り蟹出し汁らしい。

これは、渡りに舟だ。

次郎は独りごちた。

 

 

早速部屋を出て、神保町に向かった。

台風一過とは言うものの、時は10月後半。風はひんやりとしていた。

 

ちょうどいいな。ラーメンを食べても余り汗をかかずに済むな。

 

ガラガラ♪

 

いらっしゃーい。

 

まだ渡り蟹は売り切れていなかった。

じゃ、渡り蟹つけめん。あつもりで!

トッピングは、青唐辛子、もやし、味玉で。

 

はいよ〜♪

f:id:hidekinghenry:20171023210606j:image

出し汁の傍に渡り蟹の出し汁鍋が…

 

これは心を掻き立てる。

 

ちゃっちゃっちゃっ

 

ちゃっちゃっちゃっ

 

くー、まだか、出るか?、もうくるか?

 

はいよ。あつもりね。

f:id:hidekinghenry:20171023210727j:image

あつもりってのはこういうことなのか。

なるほどな。

はい、スープね。

f:id:hidekinghenry:20171023210757j:image

来た、これだよ。おやじ。いい色だ。

 

ではいただくか。

f:id:hidekinghenry:20171023210833j:image

まずは、味噌スープを一口。

おぉ、味噌の味つけが絶妙だ。ほんのり蟹の匂いも漂う。蟹と味噌が見事なコラボ。そこにチャーシューと鶏肉のダイスが引き立て味を乱暴にかき混ぜる。

ぐぁ、うまい。

この縮れ麺のスープとの絡まり具合が毎度毎度うまい。

そして、モヤシとともにスープに浸して食べる。

ぐぁぁ、うまい。

ダメだこりゃ。もう解説できん。

 

ズルズルッ

 

ズズズズッ

 

ズルズルッ

 

くー、海苔がうまい。味玉が弾ける。

 

ズルズルッ

 

ズズズッ

 

ズズズズズズーッ。

プハーっ。

 

うまかったー。完食だ。

 

ゲフッ。

 

ふー、今日も快調だ。

 

おやじ、うまかったよ今日も。新しい味。

常に新しいものを探求する姿勢、見事だ。

 

ごちそうさん

ガラガラ♪

 

またきてね〜♪

 

また必ずくるよ。

次郎は独りごちた。

 

さてと、これはプールにでも行かないとな。

 

 

秋晴れの空。台風一過の禍々しい雲が千切れて空を舞う。

 

また一つ新しい季節が巡ってきたようだった。

 

 

続く。

覆面智@神保町

f:id:hidekinghenry:20171023211440j:image

渡り蟹出し汁の味噌つけ麺。

読んで字のごとく。味は最高。

醤油もよいがたまにはオヤジの味噌も良い。安定のうまさ。たまらん。

3.7次郎