食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

味芳斎支店 中華

中華は大人数、これがセオリーだな。

次郎は独りごちた。

 

以前訪れた時は一人だったため、今回は久々に集まる昔の仲間との時間を無理やりこの店にしてしまった次郎。

 

悪く思うなよ。しかし、最後に笑うのは皆になる筈だ。

 

開始時刻に集まった面々。休日のリラックスムードが漂う。

いい感じだ。前菜の酢キャベツがおかれた。

f:id:hidekinghenry:20170820113447j:image

 

さてと、じゃあまずは、外せないものを俺が頼もう。

おい、おやじ、

ピーマンのレバー炒め、腸詰め、酢豚。牛肉飯の上だけを頼む。それと、餃子もな!

 

はいよ。

 

久しぶりの再会に会話が弾んだ。

 

はい、お待たせです。

突如、会話は破られた。

 

 

きた!中華は速い。流石だオヤジ。

次郎の胸は踊った!

f:id:hidekinghenry:20170820111901j:imagef:id:hidekinghenry:20170820111915j:imagef:id:hidekinghenry:20170820111931j:imagef:id:hidekinghenry:20170820111943j:image

ぐぉおおおお!!

どれもうまそうじゃねーか。ラー油も効いてるし、腸詰めの辛味噌もうまい、酢豚の豚肉も歯ごたえがあって、牛肉飯の上だけは、カレーみたいに濃厚でうまい。死んじまうよおやじ!

 

久しぶりの会話もそこそこに次郎は貪り始めた。

 

ムシャムシャッ

 

 

かっかっかっ。

 

ムシャムシャッ

 

かっかっかっかっ。

 

 

さてと、そろそろ二週目にいこうか。

次郎はおもむろに言った。

 

そうだね、ほんとどれもうまいねー。

 

ふん、ここは本当にうまいんだぞ。そこらの中華屋とは訳が違うんだ。次郎様の店チョイスに感謝するんだな。

次郎は心の中で呟いた。

 

おい、オヤジ!

鶏肉のカシューナッツ炒め、ニンニクの芽と豚肉の炒めもの、麻婆豆腐を頼む。

 

はいよ。

 

 

お待たせです。

程なく運ばれてきた。

スピーディーな展開。

f:id:hidekinghenry:20170820112608j:imagef:id:hidekinghenry:20170820112621j:imagef:id:hidekinghenry:20170820112634j:image

ぐぉおおおおお!!

これまた全部うまそーやないかーーー!

カシューナッツもラー油が効いていて、ニンニクの芽は塩気が強くシャキシャキで、ラー油と唐辛子の効いた麻婆豆腐は圧巻だ。これはやはり頼むべき逸品。

 

ら、ライスも二個追加で!

頼むまいと思っていたライスを投入してしまう始末。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20170820112853j:image

やってしまったー!

ライスに麻婆を鎮座。

激ウマだ。王道はやはりこれだよ明智くん。

 

次郎は会話もそこそこに貪り食べた。

 

 

ゲフッ、ふーかなり満腹だな。

一緒に頼んだ紹興酒もいいマリアージュだぜ。

やはり中華は大人数だな。

次郎は独りごちた。

 

さてと、そろそろ締めるとし…

 

 

すいませーん、チャーハンと五目ラーメンお願いしまーす。

 

はいよ。

 

なにー!!おまえら、まだ行く気か!

 

流石だよ。知らないうちに成長していたってことか。

 

次郎の腹はキュルキュルなりだしていた。

しかし、負けるわけにはいかない。

 

次郎は新たな小皿を引き寄せた。

 

はいよ。お待ち。

チャーハンとラーメンね…

 

わー、うまそー!!

 

 

大門の夜はまだまだ更けていかないようだった…

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170820112634j:imagef:id:hidekinghenry:20170820111943j:imagef:id:hidekinghenry:20170820111901j:image

味芳斎支店@大門

先日訪れた激ウマ中華。今回は友人を連れて参戦。何品も頼めてどれもうまい。しかし、ラー油系のものがやはり一番うまいかも。麻婆豆腐、鶏肉のカシューナッツ炒め、ピーマンレバー炒め、肉炒め、腸詰めは絶品だった。値段もリーズナブル。

3.9次郎