函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

秋田比内や大館本館 比内地鶏店 大館

 

f:id:hidekinghenry:20201201171214j:image

今夜も次郎は大館に向け車を流していた。

大館のきりたんぽと比内地鶏にすっかりはまっちまったなぁ。今夜は比内地鶏三昧といくか。ヨダレがたれるぜ。

次郎は国道7号線を青森からまっすぐ南下した。

 

お、そろそろ大館だな。いやー、きりたんぽ屋むらさきもうまかったなぁ。

いかんいかん、目移りしちまうな。

 

お、ここだ。そこは少し寂れた商店街にぽこっと明かりのついた店だった。

ここだけ、いい感じだな。

次郎は隣の古い駐車場に車を止め、店に入った。

 

あれ?

自動ドアが壊れていて、中から店員がやってきた。

検温させていただきますね。

お、おう。

 

お一人様ですね?

見ればわかろう。

 

カウンターにどうぞ。

 

次郎はカウンターの奥に座った。

ほほう。

いきなり飛び込んで来たのは比内地鶏のモモステーキだ。
f:id:hidekinghenry:20201201171207j:image

うまそ!
f:id:hidekinghenry:20201201171158j:image
f:id:hidekinghenry:20201201171202j:image
f:id:hidekinghenry:20201201171218j:image

きりたんぽ鍋もあるし、一品も豊富。こりゃたまらんな。

 

うーむ…

こちらは、親子丼ときりたんぽ小鍋のセットが両方楽しめていいですよ。

横から女将が口を挟む。

 

なるほど。

しかし、みくびられたものだ。俺の胃袋は宇宙だと言うのに。よし、目に物みせてやるわ。

 

では、そのセットに、比内地鶏の叩き、そして、モモステーキのワサビ塩、さらには唐揚げと、がっこ。とりあえずそれで。

 

は、はい、かしこまりました。

見たか、都会の男の凄さを。

次郎は独りごちた。
f:id:hidekinghenry:20201201171210j:image

はい、がっこと比内地鶏の叩きです。
f:id:hidekinghenry:20201201171154j:image

来たな。おお、美しいがっこのビジュアル。叩きもいいな。

コリ、コリ。

うー、うまいなこのがっこ。

ぐぉし。

ほほう、叩きもしっとりとして旨味がでてくる。流石比内地鶏

 

はい、親子丼と、お鍋です。

え、先に親子丼と鍋か…し、仕方あるまい。いくしかないか。

次郎は蓋を開けた。

f:id:hidekinghenry:20201201173816j:image
f:id:hidekinghenry:20201201173827j:image

くお、旨そうだ。トロトロの卵に、比内地鶏

どら。

ふおー、口の中でトロトロと震える。甘い卵に、塩気のある地鶏。甘辛のタレがご飯に絡まってなんとも言えぬハーモニー。こりやラベルのピアノ協奏曲ばりに華やかだ。
f:id:hidekinghenry:20201201173831j:image

くお、この、きりたんぽもまた、暖かそうな顔しやがって。うまそ!
f:id:hidekinghenry:20201201173824j:image

くお!この甘辛の親子丼、とまらねぇな。

むしゃむしゃ。

 

次郎はきりたんぽをよそった。
f:id:hidekinghenry:20201201173821j:image

旨そうな顔しやがって。

ふほ、もちっとした食感に濃い目の出し汁がぴったり、出汁には比内地鶏。これまた贅沢だ。

 

はい、モモステーキです。

f:id:hidekinghenry:20201201174233j:image

くお、これまたうまそうなビジュアル。次郎はステーキを頬張った。

おお、たんぱくな食感だが、噛むと脂が口の中に弾ける。ジューシーかつさっぱり、表現のしようがないぜ。

 

むしゃむしゃ。

こりゃやばいな。

 

おい、女将。

はい。

 

唐揚げに、椎茸の肉焼き、さらにはもつの唐揚げ、ネックの串もだ。

 

は、はい。

ふん、どうだ、都会の男を舐めるなよ!

カウンター内では女性店員が串を焼いていた。

そういえば、ここは全員女性か。意外だ。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20201201174537j:image
f:id:hidekinghenry:20201201174530j:image
f:id:hidekinghenry:20201201174542j:image
f:id:hidekinghenry:20201201174534j:image

お待たせしましたー。

もろもろきたな。

うう、この唐揚げ、ジューシーやないか!うまいぞ。カリカリだ。

そして、このネックの串。脂が乗ってちょうどいい。椎茸はジューシーだし、もつの唐揚げも美味。こりゃさすがの次郎様もきつくなってきたぜ。

 

おい、女将!

はい!

 

コーラ頼む。

は、はい!

 

ふぅ。

むしゃむしゃ、むしゃむしゃ。

この店は当たりだ。

 

はい、コーラです。

来たか。

ごきゅ、ごきゅ。

次郎はコーラを一気に飲み干した。

ぷほー、染みるぜ。

 

ピロリローン♪

ん、なんだこんな時に。

次郎の携帯がなり、メッセージが映し出された。

 

大館にいるのか!?

それなら昔のきりたんぽ屋がおすすめだぞ。

トコブシ銀次

 

ふん、今夜は比内屋だよ馬鹿野郎。

しかし、そこは目をつけていた店ではある。

トコブシの野郎いい店に目をつけてやがる。

トコブシ銀次は、次郎の大学の研究室が一緒だった男で、研究室内ではグルメで有名であり、次郎のライバル的存在だった。

 

ゲフッ。

食い過ぎたか。

 

おい、女将!

は、はい!

そんなにびびるなよ。お会計だ。

はい、かしこまりました。

 

5130円です。

なに、あれだけ食べてたったの5130円。

いい店だ。

ほらよ、釣りはいらねーよ。新しい地鶏でも仕入れな。

次郎はキッチリ5130円を金皿に叩きつけた。

また来るぜ。

 

次郎は故障した自動ドアをこじ開け外に出た。

しかし、トコブシも大館に来ていたとはな。神出鬼没だ。どこかで会っちまうのかもな。

 

へへ。次郎は空を見上げた。冬の空にオリオン座が輝いていた。

どん、おおっと、気をつけやがれ!

次郎を押し除けて男が店に入っていった。

ん?

ま、まさかトコブシ

いや、まさかな。

 

次郎は再び超新星爆発で消失すると言われるベテルギウスを見つめた。

 

あと10万年以内。気の長い話だ。

キラリと件の恒星が明滅したように見えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201201173824j:image

秋田比内や大館本店@大館

大館にある秋田比内地鶏料理の有名店。小皿料理も充実しておりいろいろ楽しめる。そしてどれも比内地鶏を存分に使っており、うまい。素朴な味付けが地鶏の旨みを良く引き出している。

3.7次郎

 

 

 

 

元祖きりたんぽ むらさき きりたんぽ 大館

f:id:hidekinghenry:20201125124548j:image

10度か。まだまだあったかいな。

次郎は国道7号線を秋田方面に流していた。

大館にあるきりたんぽの店に向かっていたのだ。

 

少し前に大館出身の佐倉山道雪と名乗る陶芸家と居酒屋で出会い、この店を紹介されたのだった。

 

道雪なんて仰々しい。その名にふさわしい店を紹介できるか、お手並み拝見といこう。

 

お、ここだな。

弘前から1時間強。なかなかあるな。

 

ガラ♪

平日の昼間、人気店だが空いていた。

よし、いい感じだ。

 

いらっしゃいませ。お一人様?

見ればわかろう。

 

ではこちらにどうぞ。

いろりを囲む席に案内された。

メニューは、セットか鍋。それに一品料理と比内地鶏料理。

 

迷うが、、、ここは鍋だろう。

 

おい。

はい。

 

きりたんぽ鍋一人前…それに潤菜を。

はい、かしこまりました。

 

ふふ、お手並み拝見だ。

次郎、碗に入れられたお茶をすすった。

 

はい、お待たせしましたー。

おお、意外と早かったな。

f:id:hidekinghenry:20201125125537j:image
f:id:hidekinghenry:20201125124548j:image

おおー、これはそそるビジュアルだ。

どれ。

次郎は器にきりたんぽの具材を取り出した。
f:id:hidekinghenry:20201125125533j:image

うまそうだ。

ハム。うまい。なんだこの優しいが味のしっかりした出し汁は。比内地鶏の出汁か。

長ネギがでかい。

むしゃむしゃ。

シャキシャキとしているがきっちり出し汁が染みている。

そして、舞茸。

ふほ!

こりゃうまい。きのこの旨味が口の中で弾ける。

そして、きりたんぽ。

くお!

出汁の味がきりたんぽに良く染みて、食感はもちもち、さらには少しの焦げ目の香ばしさと硬さが複雑な食感を楽しませる。

ち、やるな道雪。

 

潤菜です。

きたか。

ふおー、このプリプリツルツル。
f:id:hidekinghenry:20201125125541j:image

ジュル♪

う、うまい。お酢と潤菜のコラボも見事だ。

 

むしゃむしゃ。

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。

おい、女将。

はい。

きりたんぽと比内地鶏、ネギを追加だ。

はい。

 

たまにのことだ。追加しない手はない。

 

はい。

お待たせしました。

きたな!

やはり旨そうだ。

 

お焦げ付けときましたよ。

 

く、味な真似を。

まさか道雪の企みではなかろうな。
f:id:hidekinghenry:20201125125546j:image

美しいきりたんぽ…の焦げ。

次郎は独りごちた。

 

むしゃむしゃ。

う、うまい!

柔らかく、もっちり、そして香ばしい焦げ目。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。投了だ。

負けたよ道雪。

こらから厳しい冬がやってくる。まさに道道雪深くなる季節だ。

 

お会計頼む。

はい。4080円です。

 

ほらよ。釣りはとっときな。

新しい地鶏を仕入れるがいい。

次郎はそう言いながら机にきっちり4080円を叩きつけた。

 

ラガ♪

ふう。食ったな。やはり炭水化物は満足感がある。今夜の夕食は抜きだな…

 

無理か。かっかっか。 

次郎は高らかに笑い、車に乗り込んだ。

 

走り去る次郎の車から一枚の黄色い銀杏の葉がゆらりと舞った。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201125124548j:image

元祖きりたんぽ むらさき@大館

有名なきりたんぽ鍋の専門店。

うまい出し汁。比内地鶏。そしてきりたんぽ。間違いない味。そして、女将の秋田弁が優しい気持ちにしてくれる。大館に来たら寄るべし!

3.7次郎

 

 

 

 

 

 

Noodle Sounds ラーメン 本郷三丁目

f:id:hidekinghenry:20201117230906j:image
さてと、次郎さん二軒目はどーしますか?

だな。

本郷三丁目の交差点で一人呟いた。

 

東大からの帰り道、一軒目に淡麗系のねむ琉というラーメン屋でラーメンを食べた後、その足で予告通り、二軒目のラーメン屋を探していた。

本郷通りの交差点を南下していくと、何やらラーメン屋らしきものが左手に見えてきた。

ホタテラーメン、Noodle Sounds?か。

うーむ…まぁ、変わり種だし、今日はここでいいか。よし。

次郎は空いているラーメン屋のドアに吸い込まれていった。

 

いらっしゃいませ。

 

入るとすぐ食券機があり、次郎は基本のラーメンを頼んだ。920円か普通のラーメンにしては少し高いな。まぁいい。

 

割と店内は混んでいた。

旨そうな予感がするな。

 

チャー、チャッチャッ♪

 

チャッチャッチャッ♪

 

湯切り音が小さく聴こえてくる。

 

お待たせしましたー。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20201117230914j:image

ほう。これはまた意外なビジュアル。

濃いのか?ポタージュ系か?
f:id:hidekinghenry:20201117230848j:image

ズズ。

次郎は一口スープを口にした。

ほほう、スープ自体は意外とあっさりだな、しかしホタテの味が濃厚に広がる。
f:id:hidekinghenry:20201117230902j:image

この玉ねぎ角切りが特徴的だ。

どれ。

サク、サクサク。

ほほーう、これはホタテの濃厚さをリフレッシュする効果がある。絶妙なバランスだ。
f:id:hidekinghenry:20201117230910j:image

メンマは太いタイプだな。いいぞ。
f:id:hidekinghenry:20201117230858j:image

チャーシューは分厚いが硬くなく、片面のみ焼き目がついている。

ハム。

悪くない。スープにも合うな。
f:id:hidekinghenry:20201117230853j:image

ほう、麺はもちもちの中太麺か。

ズルズルッ、ズルズルッ♪

ふむ。モチモチで、スープをよく引き連れてくる。これは細麺より合うな。

ズルズルッ、ズルズルズルー♪

 

うまい。こりゃあたりだ。

どうも次の一口をそそるな。

 

ズルズル、ズルズルズル〜♪

ズズズズ、ズズズズー♪

 

ズルズル、ズルズル、ズルズルズルー♪

ズズズズ、ズズズズー♪

 

ふぅ。

意外と梯子も行けたな。まだまだ東大生には負けないぜ。

次郎は独りごちた。

 

またくるぁ。

ありがとうございましたー。

 

さすがに三軒目は…ないよな。

ははは。

腹ごなしに少し歩くか。途中で旨そうなラーメン屋が無いことを祈ろう。

 

次郎はゆっくりとした足取りで、本郷通りを更に南進した。

 

冬の空に額の汗が光っていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201118181723j:image

Noodle sounds@本郷三丁目

ホタテ出し汁ラーメン。濃厚に見えてそうでもない。多量の玉ねぎが食欲をそそる。

3.55次郎

 

麺屋ねむ瑠 ラーメン 本郷三丁目

f:id:hidekinghenry:20201112132721j:image

さてと、今日は何処にありつくか…

次郎は本郷三丁目にいた。

最近東京大学のとある考古学研究室に顔を出していた。

知り合いの助教授に呼ばれてのことだ。

昼を過ぎた13時。

 

そろそろ飯にするか。

次郎はあたりをキョロついた。

 

む、なんだか雰囲気のある店構えだな。

まずはここにするか。

 

「麺屋ねむ瑠」

とあった。

 

扉は空いており、がやがやと学生が店から出てきた。

チャンス到来、だな。 

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20201112132717j:image

店に入ると食券機がある。

濃い目の烏賊煮干しラーメンか、あっさり系の赤鶏と蛤のラーメンかの2種類がグランドメニュー。

 

次郎は迷わず淡麗を押し、チャーシューをトッピングした。

ふん、チャーシューは基本だよ明智くん。

 

次郎は空いてるカウンターに座り、食券をカウンターに叩きつけた。

あっさりチャーシュー、一丁。

 

チャッチャッチャッ♪

 

チャッチャッチャッ♪♬

 

小気味良い湯切り音が聞こえてくる。

 

お待たせしました。

五分程度で着弾。
f:id:hidekinghenry:20201112132738j:image

ほう!美しいクリエイティブ。

うまそうだ。
f:id:hidekinghenry:20201112132724j:image

スッキリ淡麗醤油スープ。見た目良好!

ズズ。

あっさり、そして、スッキリだな。ちとパンチが弱いか。
f:id:hidekinghenry:20201112132733j:image

チャーシューは肩ロースか。花びらのように沢山あるのがいいな。

ハム。

柔らかくて淡麗スープに合う。

 

麺はどうだ?あ?

f:id:hidekinghenry:20201112132729j:image

細麺ストレートか。

ズズズズ、ズルズルッ、ズルズルッー♬

むう。柔らかいが芯はある。ストレート麺が淡麗醤油スープに合うな。あっという間に終わってしまいそうだ。

 

ズルズルッ、ズルズルッー♬

 

ズルズルッ、ズルズルッー♬♬

 

ズズ、ズズズズー♬♬♬

 

ふぅ。やはりあっさり完食だな。

次郎は器をカウンターの上にあげ、席を立った。

 

ふん、また来る…かはわからんがな。

次郎は店を出た。 

 

さてと、アッサリしていたし、もう一軒探してみるか。

 

まさかのラーメン梯子に挑戦してみるのも一興か。

かっかっか!

次郎は高らかに勝利宣言を行い、本郷通りを緩やかに南下して行った。

 

続く

f:id:hidekinghenry:20201113194700j:image

麺屋ねむ瑠@本郷三丁目

煮干しかハマグリか!それが問題だ。

両方かなり味が違うので、好みが分かれる。二回行く方がいいかも。本郷三丁目付近一帯はラーメン梯子ができるマニアには天国な一画。

 

3.5次郎

 

餃子荘ムロ 中華 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20201110170724j:image

町中華が食いてえなあ。

次郎は高田馬場をぶらついていた。時間は20時

早稲田大学からの帰り道、町中華を探して街を彷徨っていた。

ん?
f:id:hidekinghenry:20201110170708j:image

ムロ…ツヨシか。餃子か。いいな。よし、今夜はここだ。

ガラ♪

いらっしゃい。 

1954創業。

ほんとか?

年季は入った店内だな。

 

一人だ。

こちらどうぞ。

カウンターに座る。

f:id:hidekinghenry:20201110170729j:image

どれどれ。メニューはすくないが気になるものが多いな。

 

よし、まずはハイボールだ。それと水。

はいよ。

 

しばらくして、レモンサワーとお通しのネギ味噌が着弾した。

f:id:hidekinghenry:20201110170655j:image

うまそうだ。

うーん、冷たくてうまいレモンサワーだな。
f:id:hidekinghenry:20201110170715j:image

うーむ、餃子の餡を包む様子が小気味いい。

よし、大将。

はいよ。

骨付き唐揚げ、それと餃子、チーズと紅。

はいよ。

しばらく待つと唐揚げが着弾。

どうぞ。
f:id:hidekinghenry:20201110170705j:image

おお、うまそうだ。
f:id:hidekinghenry:20201110170741j:image

ハム。

ジュワりとくる油、サクサクの衣、ジューシーな肉と塩加減。当たりだな。

 

はい、どうぞ。餃子です。
f:id:hidekinghenry:20201110170733j:image

ほほーう。革薄めのタレがうまく絡むタイプだな。
f:id:hidekinghenry:20201110170712j:image

うまそうだ。中は唐辛子だな。

ハム。

ジュワ♪

 

ほほーう、特製の甘じょっぱいタレと、薄めの皮、餡から溢れ出る肉汁。うまい。紅、そこまで辛くないな。
f:id:hidekinghenry:20201110170719j:image

もう一つはチーズだな。

ハム。

ほほう、これもチーズのトロトロさと甘味と塩加減。うまい。

 

大将、アサリの炒め物と焼きそば。

はいよ。

 

うーん、餃子がうまい。

 

はい、浅利です。
f:id:hidekinghenry:20201110170658j:image

おお、うまそう。

うーん、この浅利、うまい。酒とみりんだな。それに味噌か。

 

はい、焼きそばです。お酢と辛子をお好みで。

なるほど。

f:id:hidekinghenry:20201110170702j:image

お、ちょっと焦げたところがうまいな。
f:id:hidekinghenry:20201110170737j:image

優しい味だ。

 

よし。酢と辛子をかけよう。

ほほーう、これは酢が味を劇的に変化させる。こりゃうまいな。

ズルズル、ズルズルッ。

うまい。

ズルズルッ、ズルズルッ。

 

ふぅ。いやー、食べ過ぎたな。

 

おい、会計頼む。

はい。6300円です。

 

ほらよ、釣りはいらねぇよ。これで新しい餡でも作りな。

次郎はカウンターにキッチリ6300円を叩きつけた。

 

ラガ♪

 

ふう、意外と寒いな。

冬を予感させる風が次郎を取り巻いた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201110230526j:image
f:id:hidekinghenry:20201110230517j:image
f:id:hidekinghenry:20201110230522j:image

餃子荘ムロ@高田馬場

町中華の老舗。餃子がうまい。骨付き豚唐揚げも浅利もうまい。リピート確定。

3.5次郎

麺屋ごとう ラーメン 駒込

f:id:hidekinghenry:20201103223549j:image

駒込か…初めて降り立ったな。

次郎は独りごちた。

 

次郎は駒込にいた。つけ麺のうまい店があるらしいと聞いたからだった。

駒込駅を南西口に降りるとすぐロータリーがある。巣鴨駅とよく似ている。

 

南方へ駅を背にして右を見ると六義園が見える。なるほどなぁ。

 

さてと。

ロータリーを抜け、小道に入った半地下に麺屋ごとうはあった。

ここだな。のぼりがあってわかりやすいな。

カランコロン♪

いらっしゃいませー。

扉を入って右手に食券の自販機がある。店内はカウンターが7.8席。ほぼ満席。

 

ラーメン、もりそば、アツモリの3種類。うーむ…ラーメンが良いのだが…つけ麺がうまいらしいしなぁ。

 

ここは間をとってアツモリにするか。 

チャーシュートッピングだな。次郎は1000円を投入。釣りはない。  

 

ふん。

お客様こちらどうぞ。

カウンターの奥に通された。  

 

厨房の中からは仕切りに湯気が出ている。

チャッチャッチャッ。

チャッチャッチャッ。

つけ麺の水切りをしている音が聞こえてくる。

 

 

はい、アツモリお待たせ。

おお、きたな。

f:id:hidekinghenry:20201103224449j:image

おお、なんだかモチモチした麺のビジュアル。

はいよ、スープね。
f:id:hidekinghenry:20201103224444j:image

ほほう。うまそうだな。

f:id:hidekinghenry:20201103223549j:image

さてと、まずは麺か。

f:id:hidekinghenry:20201103224557j:image

うーむ、ほんとモチモチだな。
f:id:hidekinghenry:20201103224600j:image

どら。

次郎はスープにアツモリの麺をくぐらせた。

ズルズルッ、ズルズルッ。  

うーん、もっちもちだな。

ズズ。

うむ、くぐらせただけではあまり味がしないが、レンゲでスープを一緒に飲めばスープの味と麺が合わさり美味ではないか。

f:id:hidekinghenry:20201103224603j:image

チャーシューもバラ肉が柔らかく食べやすい。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズ、ズズ、ズブズズー。

 

ズブズズー。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズブズズー。 

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズー。

ぷはー、かなりの量だなこの麺。 

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズブズズー。

ズズズズー、

 

ふぅ。

食ったな。

ご馳走さん。

 

ありがとうございましたー。

コロンカラン♪

いやー、食ったな、まぁなかなかだったな、しかし、やはりどんなにうまくても、ラーメンにつけ麺は勝てないな。

かっかっか。

 

次郎の笑い声が駒込にこだました。

 

f:id:hidekinghenry:20201103223549j:image

麺屋ごとう@駒込

つけ麺で有名。もりそばとアツモリがあるが、アツモリの方がうまそうたった。

3.5

 

 

 

 

 

 

 

麺創庵砂田 ラーメン 巣鴨

f:id:hidekinghenry:20201029232610j:image

ここが有名な巣鴨の商店街だな。刺抜き地蔵はどこにあるんだ?

 

次郎は巣鴨を歩いていた。

今日は生憎の雨。しかし、次郎にとっては好都合。なぜなら雨は客足を遠のかせるからだ。

これで有名店のラーメン屋の列も縮まるはずだ。

 

ここだな。

次郎は商店街を刺抜き地蔵を通り過ぎ、更に大きな神社を通り過ぎて少し歩いた先の小道を右に折れた。

 

お。

予想に反して店の前には誰もいない。

チャンス到来。

 

カランコロン♪

徐に店に入ると待ち合い席に2名分に2名座り、カウンターには席数の半分の3名が座っていた。コロナでもともとキャパのない席数が更に減っている。外待ちゼロとはラッキーだな。

 

待つ間に食券機を見ると、中華そば780円、ワンタン麺930円、日替わりセットは本日ライスがついて1000円と1150円、今日のライスは鶏節たまごかけごはんか。迷うことなくワンタン麺セットの1150円だな。別で買うと鶏節TKGは250のようだ。ルーローハン300円も気になるが売り切れか。お、チャーシュー200か。これも買おう。味卵100円か。これはいいな。

 

しめて、1450円か。

次郎は食券機に金をぶち込んだ。

 

しばらく入口付近で待つと、やがて一人帰り、待ち合い席が空いた。

更に待つこと10分、ようやく次郎に席が回ってきた。

 

食券いただきます。 

ほらよ。

次郎はいぶし銀の店主に食券を渡した。

いやがおうにも期待が高まる。

 

店主は黙々と作業をすすめている。目つきも手つきも真剣そのもの。

 

ジー

チャッチャッチャッ

 

チャッチャッチャッ

 

ごとり。

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20201029232610j:image

ほほーう。これは美しいクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20201029232654j:image

ツユが透き通った白河ラーメン。

ズズ。

ふぅ、ホッとする味だ。

f:id:hidekinghenry:20201029232658j:image

ほほう、ワンタンか、美しい。

ハム。

ほほう、皮がしっかりしてて、美味。

お次は麺だな。
f:id:hidekinghenry:20201029232709j:image

細縮れ麺か。まぁまぁだな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

お、悪くない。すこしやわらかいが。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

もっちもちの食感たな。

 

そしてチャーシューか。
f:id:hidekinghenry:20201029232714j:image

ローストしてあって、うまそうた。

ハム。

ほほーう、うまいな。チャーシュートッピング正解だ。

 

そういえば、鶏節tkgだな。うまそうなキミだ。

f:id:hidekinghenry:20201029232704j:image

どれ。

次郎は玉子にレンゲを入れ、かき混ぜた。

f:id:hidekinghenry:20201029232649j:image

ほほー、うまそうだ。

ハムハム。

ほう、鶏も鰹節の絶妙なコラボ、こりゃたまらん。

 

ハムハム。

 

ズルズルッ、ズルズルズル。

ズズズズー♪

 

いやー、うまい。白河ラーメンは味がスッキリしていい。

 

ぷはー。

ご馳走さん。

次郎が店を出る頃には外待ちが2名。雨の中待っている。

 

いやー運が良かったぜ。タッチの差だな。

次郎は独りごちた。

天気雨のような雨粒が次郎の頬を打った。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20201029235915j:image

麺創庵砂田@巣鴨

刺抜き地蔵商店街の奥にある麺創庵砂田。白河ラーメンを出す店。スープはキリリとしてシッカリしている。具材にこだわりがあり、うまい。

脂っこくなく、リピートしたくなる味。

3.7次郎