函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

ciliegio② イタリアン蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20191104133128j:image

ちっ、俺としたことが。

こんなに早く来ちまうとは。

ヤキが回ったか…

次郎は独りごちた。

 

次郎は先週このイタリアン蕎麦バルciliegioに来たばかりだったが、非番の今日も結局悩んだ挙句、開店に合わせて来てしまっていた。

 

まるでファンじゃねーか!!

次郎はまたしてた独りごちた。

 

カランコロン♪

まぁいい。弘前には選択肢が少ない。仕方のないことだ。

そう言い聞かせて、席に着いた。

さてと、今日は…橙魂のかぼちゃスープは前回食べたしな。

 

日替わりはアラビアータになってます。

と店員。

 

ほう。なんだそりゃ。アラビアータ?イタリアンだしな…普通の醤油蕎麦も惹かれるが…よし、じゃ、そのアラビアータを。トッピングはオールスターで。そして、また鶏めしも頼む。

 

はい、かしこまりました。

またやっちまったぜ。蕎麦はヘルシーってことで、ダイエットの神様にお赦しを請うとするか。

 

次郎は、目の前に置かれた水を一気に飲み干した。

 

ふう。二杯目をお代わりし、それを飲み干した時、鶏めしが着弾した。

f:id:hidekinghenry:20191104133113j:image

来たか。相変わらず素朴なビジュアル。しかし、大根おろしと醤油、オリーブオイル、鶏肉が素晴らしいハーモニー。今回も飯を残し蕎麦を待つとしよう。

 

はい、アラビアータお待たせしました。
f:id:hidekinghenry:20191104133100j:image

来たな。おお、アラビアータだ。タケノコも青森特有の細いやつだ。

むぅ。うまい。シャキシャキの玉ねぎ微塵切り。トマトスープに合う。
f:id:hidekinghenry:20191104133054j:image

そして…ふほ、このチーズ、こりゃ益々アラビアータだな。
f:id:hidekinghenry:20191104133117j:image

うまいぜ。チーズはトロトロ本当にアラビアータだな。

f:id:hidekinghenry:20191105174213j:image

ズルズルッ!

ズルズルッ!

 

チーズが無くならないうちに蕎麦をかき込む次郎。

ふぅ、ナイスコラボ。ここでしか味わえない味だな。

そして、このチャーシュー、分厚い。

f:id:hidekinghenry:20191104133105j:image

うーん。うまいな。上品に感じるが噛めば肉汁もしっかり出てくる。

今日は牛チャーシューもか。
f:id:hidekinghenry:20191104133109j:image

うまい。これは牛肉だな。こっちも合うか。贅沢だぜ。ははっ!
f:id:hidekinghenry:20191104133123j:image

ズルズルッ、ズルズルッ!

ズズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー。

 

ふぅ。ご馳走さんっと。

会計頼む。

はい。

1900円です。

ほらよ。釣りはいらねーよ。

次郎は、厨房の店主をチラリと見て、キッチリ1900円を金皿に叩きつけた。

 

あばよ。

また来るぜ。

 

ありがとうございましたー。

コロンカラン♪

 

次郎は車に乗り込み、岩木山方面へ走り去った。

車が走り去った後には弘前城から流れ着いた落ち葉が舞っていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191104133100j:image

ciliegio@弘前

イタリアン蕎麦。まるでスープカレー。今日はよりイタリアンなアラビアータ蕎麦をチョイス。トマトスープが蕎麦に合う。チーズも相性良く新しい風味。今日はオールスタートッピングは牛肉ロースト。

3.5次郎