函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

勢登鮨 八食センター支店 寿司屋 八戸

 

f:id:hidekinghenry:20190924123823j:image

八戸は遠いな。

次郎はフィールドワークのため八戸にやってきていた。黒石から八甲田、奥入瀬を抜け八戸に着く頃にはたっぷり2時間半のドライブになっていた。

 

疲れたな。

ちょうど昼時だし、飯でも食うか。

確か、八食センターって市場が有名だったな。

次郎は市内を走り、八食センターについた。

 

ん?自動ドアが開かないな。

まさか、休み!?

そのまさかだった。しかし、車はたくさん駐車している。貼り紙を読むと、飲食コーナーは開いているとの記載。

あぶねぇ、九死に一生を得る、だな。

次郎は独りごちた。

敷地の奥の方へ進んでいくと、回転寿司の旗が目に入った。

ここだな。

建物の中に入ると、回転寿司、寿司屋、丼屋と三軒の寿司レストランがあった。

これは嗅覚を試されるな…一番人の入っている店は、ここだな。勢登鮨か。よし、決めた。

次郎は暖簾をくぐった。

 

いらっしゃいませ。

空いてるところどうぞ。

昼時だが今日は平日。市場は休み。

逆に空いてていいな。


f:id:hidekinghenry:20190924123831j:image

どれどれ。

次郎は席に座るとメニューを見た。f:id:hidekinghenry:20190924123806j:image

一品寿司があって、
f:id:hidekinghenry:20190924123826j:image

丼メニューと、
f:id:hidekinghenry:20190924123814j:image

寿司のセットか。
f:id:hidekinghenry:20190924123819j:image

ラーメンまであるのか。

さてと。ここは八食丼だな。それと、生赤貝を食わないわけにはいかんな。

 

おい。

ハイ。

八食丼と、生赤貝。更には、真鯛、ネギトロ、ホタテ貝ひもを。

ハイ、かしこまりました。

 

ふぅ。頼みすぎたか…まぁいい。

次郎は置かれた水を飲み干した。

 

赤貝です。

早いな。

f:id:hidekinghenry:20190924123811j:image

ほお、でかい。さすが生。

ふお、うまい。ジャキジャキとして新鮮。こりゃうまい。さすが海沿いの街。

 

はい、八食丼です。
f:id:hidekinghenry:20190924123835j:image

ほお!なかなかのクリエイティブ。

こりゃうまそうだ。

たっぷりとわさびを混ぜた醤油をかけてっと。

f:id:hidekinghenry:20190924125633j:image

こりゃ更にうまそうだ。

次郎はおもむろにマグロとイカを頬張った。

ふぅ!やはり新鮮。うまい!わさび醤油が素材を引き立てる。

ホタテは柔らかく甘い。イクラもいい。そして、やはりイカとマグロがうまいぜ。

 

はい、追加の握りね。

ほう。これまたなかなかのクリエイティブ。

f:id:hidekinghenry:20190924123802j:image

どれどれ。

貝ひももうまいな。わずかな磯の香りが鼻腔をくすぐる。鯛は淡白だがスッキリとしてうまい。ネギトロは味わい深く、食べやすい。どんどんいけるな。

 

むしゃむしゃ。

ズズズズー。

味噌汁でリフレッシュ。

むしゃむしゃ。

ズズズズ。

むしゃむしゃ。

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ。

食ったな。また食っちまった。

これもまた人生だな。

 

おい、会計頼む。

はい、2600円です。

 

ほらよ。う、しまった、金がない。

お、おい、カードは使えるか?

ハイ使えます。

危なかったぜ…ほらよ。

ピッ。

ありがとうございましたー。

 

ちっ、儀式ができねーぜ。まぁいい。

ありがとうございましたー。

またな。

 

ふぅ。さてと、行くとするか。

次郎は車に乗り、種差海岸方面へ向かった。

 

わずかに塩の匂いが漂っていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190924130428j:image

勢登鮨 八食センター支店@八戸

八食センター内にある寿司屋。新鮮な魚介類。しかしなかなかいい値段。

3.3次郎