函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

和心亭山鷹 居酒屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20190306203947j:image

ちっ、急に降ってきやがった。

次郎は夕方6時雨の弘前駅にいた。

ふーむ、腹が減ったが、この雨か。どーするか。

弘前は鍛治町というのが飲み屋街。タクシーでワンメーターの距離。

よし、行ってみるか。

 

お客さんどこまで?

鍛治町だ。

はいよ。

 

鍛治町はどの辺?

あ?知らねーよ。中心に行ってくれ。

 

 

よくわからないところに降ろされた次郎。

ふぅ、あの野郎…まぁここがどこだかわからんが、しかし雨がひどいな。

次郎は雨を避けながら嗅覚のままに歩いていった。

む、なんだか良さそうな店だな。よし、雨だしここでいい。次郎は暖簾をくぐった。

 

ガラ♪

やってるか?店内に客は誰もいない。

この雨じゃな…

次郎は独りごちた。

 

お一人?

見ればわかるだろう。

奥のカウンターへ。

次郎は2人がけのカウンター席に座った。

ふん、誰かいてもいいのだがな。

 

絶妙なタイミングで給仕係の女がやってきた。

ご注文おきまりですか?

ふむ。

f:id:hidekinghenry:20190306203937j:imagef:id:hidekinghenry:20190306204020j:image

トマトスライス、だてきみの天ぷら、イカ刺し、焼きガキ、松坂豚の炙り焼きを頼む。

 

それと…このホタルイカは刺しと天ぷらはどっちが良いか?

 

私は天ぷらが好きですね♪

給仕係の女は答えた。

 

ほう。実力拝見といくか。よし、天ぷらで。

畏まりました。

 

ふぅ。

 

はい、オールフリーと、

お通しは湯葉、海老のお浸しです。
f:id:hidekinghenry:20190306203920j:image

ほう。美しいビジュアル。お、この湯葉うまい。柔らかくてくにゃくにゃした食感がたまらん。

 

トマトです。
f:id:hidekinghenry:20190306203951j:image

量が多いな。ほう!新鮮!塩が甘さを引き立てる。ジューシーだ。

 

はい、ホタルイカ天です。
f:id:hidekinghenry:20190306203929j:image

来たか!

f:id:hidekinghenry:20190306203924j:image

さてと。塩を付けて。

f:id:hidekinghenry:20190306203942j:image

次郎は串ごと頬張った。

おお!クニャッと柔らかく、そしてジューシーな食感。イカの甘い味が溢れてだし、それを塩が引き締める。衣がサクサクでなんとも嬉しい食感。こりゃやるな。でかした!

 

ありがとうございます♪

 

だてきみの天ぷらです。

f:id:hidekinghenry:20190306204015j:image

くお!これもうまいんだよな。

f:id:hidekinghenry:20190306203910j:image

うーむぎっしりだ。甘い!やはりうまい!

塩がこの甘さを引き立てる。衣のサクサクがホタルイカと同じで食感を楽しませてくれる。

 

イカ刺しです。

f:id:hidekinghenry:20190306204024j:image

き、綺麗だ。

一瞬どこまでも食べれらような感覚がしたが、台座の発泡スチロールだったか。

f:id:hidekinghenry:20190313072545j:image

うむ。やはり青森県イカ刺しだ。最近イカが取れなくなっていると聞くが…いやうまい。

 

焼きガキです。

f:id:hidekinghenry:20190306203933j:image

これも贅沢な。ふぉ、フレッシュ!

うーんうまいなこの店。いきなり入店したにしては当たりだ。

 

はい、お待たせしました。松坂豚の炙りです。

来た!

f:id:hidekinghenry:20190306204006j:image

ぐ!うまそう!

f:id:hidekinghenry:20190306203947j:image

でかい!塩、胡椒、大根おろし醤油、三種類選べる。有り難い。

f:id:hidekinghenry:20190306203906j:image

次郎は大根おろし醤油をたっぷりつけて豚肉を頬張った。

くぉ!うまい!柔らかい!しかし軽い歯ごたえ、パサパサ感もなくしっとりとして、こりゃうまい!板場の焼き物係の兄ちゃんがずっと焼いたいただけあるな。

塩も、うまい!くー!こりゃ当たりだ。

 

さてと…もう腹一杯だが、ここはもう一踏ん張り。

 

おい、ねーさん。

はい。

筋子のおにぎりと石川ウインナーを頼む。

はい。

給仕係のねーさんの目が一瞬見開いた気がしたが、気にしないことにした。

 

はい、おにぎりです。

おお!でかい。
f:id:hidekinghenry:20190306203915j:image

中に筋子がたっぷりだ。塩加減もちょうどいい。やはり魚貝がうまい。
f:id:hidekinghenry:20190306203957j:image

はい。石川ウインナーです♪
f:id:hidekinghenry:20190306204011j:image

おお、なんかすごい色だな。

カプッ、うむなかなか。パリパリだな。しかし腹もいっぱいだな。

 

むしゃむしゃ。

ふー。

 

むしゃむしゃ。

 

ふぅ、ご馳走さん…

腹が…

 

おい、会計頼む。

はい。

6200円です。

 

これだけ食べてそれだけか。やはり飯の物価は安いな。満足だ。

 

ほらよ。釣りはとっときな。アマゾンでパールの口紅でも買いな。

 

次郎はキッチリ6200円をカウンターに叩きつけた。

 

ラガ♪

相変わらず雨が降っている。

ううむ、鬱陶しい。まぁいいか。

腹が満たされた次郎は心にも余裕ができていた。

 

次郎は店の前から少し離れたところに待っているタクシーに向かって走り出した。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190311103203j:image

和心亭山鷹@弘前鍛治町

和風居酒屋。うまい。炙りは専門の炙り人がいる。天ぷらも刺身もいけるオールマイティ。

3.4次郎