函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

一心 のりまきラーメン 四ツ谷三丁目

f:id:hidekinghenry:20181016161719j:image

ロージー、やっと四ツ谷ですねぇ。

次郎とゴッドハンドK、略してKは、焼き鳥屋でしこたま食べた後、腹ごなしに夜の散歩に繰り出していた。神楽坂から夏目坂を抜け、漱石の記念館を通り過ぎ、四ツ谷三丁目に近づいていた。

時刻は夜10時。

 

やっと四ツ谷ですねぇ。

とK。彼は上機嫌のようだ。

 

あれ、こんなところにラーメン屋が。

とK。

四ツ谷三丁目は昭和の雰囲気を残した古い町。昔フジテレビの社屋があったからだろうか、なんとなく当時のバブリーな面影を残している。

 

次郎とKはラーメン屋を通り過ぎ、小道の飲屋街に入った。怪しげなバーや割烹屋が軒を連ねている。

 

あ、これはがんこラーメン一条流の総本家じゃないですか!こんなところにありましたよ!

 

Kが捲したてる。

おう、そう言えばここか。しかし夜は既に閉店。残念。

しかし、ラーメンが食べたい時分ではある。

 

さっきのラーメン屋いっちゃいます??

これも何かの縁ですよロージー

 

うう、あんだけ食べたってのに、俺の胃袋はやはり宇宙だ、カオスだ、カミオカンデだ!

次郎は独りごちた。

 

よし、K行っちゃおう!!

そういうことになってしまった。

 

いらっしゃい。

大通りに面した店に先客は一人。

Kと次郎は、自慢の?のりまきラーメンの食券を購入。850円。なかなかの値段をとるな…まぁバブリーな街だ、仕方ない。

f:id:hidekinghenry:20181016162607j:imagef:id:hidekinghenry:20181016162830j:image

店は赤で統一された支那国っぽい雰囲気。女将さんが一人で切り盛りしていた。

 

程なくして、ラーメンが供された。

f:id:hidekinghenry:20181016162940j:image

おお、さすがのりまきラーメン。クリエイティブが名前そのままやないか!

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20181016163005j:image

ほう。スープは昔ながらのアッサリ醤油。夜中のラーメンにはもってこいだ。

f:id:hidekinghenry:20181016163033j:image

麺は極細麺。これはいい!どんどん吸い込んじまう。

ズルズル!

ズルズル!

 

ズズズズ!

 

うん、なかなか。

f:id:hidekinghenry:20181016163112j:image

チャーシューも昔ながらの味。懐かしいぜ。

アッサリ醤油にピタリだ。

 

ズズズズ

 

ズルズル!

ズルズル!

 

ズズズズー。

あっと言う間に無くなっちまった。

 

さすが夜のラーメン。宇宙の胃袋。

いや〜うまかったね〜。

とK。満足気である。

 

ですね。うまかったです。

だね〜。

 

さてと、行きますか。

夜の四ツ谷を再び歩き出す二人。

 

さてさて、これから赤坂御所ですねぇ〜。

誰がおわしますことやら…

Kは上機嫌だ。

 

御所の周りには警官が多く配備されている。

誰がいるのやら…まぁいっか。

 

二人はさらに青山一丁目に向かってフラフラと南下して行った。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181016161719j:image

のりまきラーメン 一心@四ツ谷三丁目

夜の締めにもってこいのラーメン屋。アッサリ醤油。極細麺で食べやすい。チャーシューもノリも懐かしい。

3.4次郎