食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

とんがらし カレー 三軒茶屋

f:id:hidekinghenry:20181009134425j:image

さてと、ジムに行ったことだし、どこでランチを貪るか…

 

むぅ。そろそろ新たな店を開拓したいところだな。よし、今日はなんとなく三軒茶屋だな。

ごちゃごちゃした感じがなんとなくにふさわしいだろう。

次郎は独りごちた。

 

田園都市線三軒茶屋で下車した次郎。

今日はエスニックな気分だ。カレーかタイか…ん?なんだここは。

 f:id:hidekinghenry:20181009134720j:image

入口がわからんが、カレー屋か。

次郎は246を小道に回り込んだ。

おお、いきなり店か。道沿いにすぐカウンターのあるこじんまりとした店だった。

よし、ここで会ったが100年目。入ってみるか。

 

いらっしゃ〜い。

かなり高齢のおばあちゃんが一人で営業していた。

f:id:hidekinghenry:20181009135140j:image

メニューは3つ。ここは迷わず豚ばら軟骨カレーだな。

よし、おばちゃん、豚ばら軟骨カレー頼む。

はい。

 

おばあちゃんは一人でルーを煮、軟骨を煮込み、サフランライスを作り、サラダを盛り付けている。

 

なんとなく、タイムスリップしたような気分だ。

 

先客の会計にもまごついてるように見えた。

 

はい、どうぞ〜。

まずはライスとサラダのプレートが出てきた。

f:id:hidekinghenry:20181009135454j:imagef:id:hidekinghenry:20181009135501j:image

ビジュアルは綺麗だ。このサラダ、カレー粉がかかっている。

 

どれどれ。お、意外とシャキシャキの玉ねぎと青ネギ。フレンチドレッシングとカレー粉が合う。なかなかいいな。

 

はい、お待ちどお様。

軟骨は食べれるからねぇ。

f:id:hidekinghenry:20181009135637j:image

きたな。

f:id:hidekinghenry:20181009135725j:image

おお、このでかい軟骨。煮込んでるだけあってプルプルだな!うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20181009135759j:image

柔らかい!豚角煮のようだ。そして、このカレールー。甘いぜ。自然な甘さだ。

スパイスの良い香りが次郎の鼻孔をくすぐる。

スパイスの良い匂いだぜ。そして、トマトも効いている。優しくて深い甘さ。こりゃいい。むしろシチューのような感覚だな。

f:id:hidekinghenry:20181009140057j:image

f:id:hidekinghenry:20181009140010j:image

次郎はサフランライスをすくい、スープカレーを食べる要領で食べた。

うーん。サフランライスも優しくてこのカレーにぴったりだな。軟骨も柔らかいし、おばあちゃん家に来たようだ。

 

なんだか泣けてくるぜ。

次郎は独りごちた。

 

むしゃむしゃ。

うまいな。

 

むしゃむしゃ。

甘いぜ。

 

むしゃむしゃ。

ズズズズ。

 

ふー、ご馳走様。

おいおばちゃん。ごちそうさん

 

あ、デザートもありますよ。

お、おお、そうか。

 

はい。

オレンジのゼリーが出て来た。

あっという間に平らげる次郎。

 

よし、おあいそだ。

はい。900円です。

 

ほらよ。釣りはとっときな。

次郎はおばあちゃんにきっちり100玉9枚を手渡した。

 

またくらぁ。達者でな。

ありがとうございました〜。

 

ふん、なんだか湿っぽくなっちまったぜ。

三軒茶屋のごちゃつく街の喧騒が昭和の感覚を呼び覚ます。

もう俺にばぁちゃんはいないからなぁ。

 

次郎は、いっとき物思いにふけると、再び三軒茶屋の路地に歩き出した。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181009135637j:imagef:id:hidekinghenry:20181009135454j:image

とんがらし@三軒茶屋

おばあちゃんの作ることこと煮込まれた豚ばら軟骨のカレー。優しくて甘くてうまい。

 

3.5次郎