食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

厳哲 ラーメン 早稲田

f:id:hidekinghenry:20180901204328j:image

ほう。厳哲か。

次郎は友人から、最近ハマっているラーメン屋があると紹介された。

調べてみると、関西出身のラーメンで、週末などは創作メニューを出すタイプのラーメン屋ということだった。

 

なかなか良さそうだ。

場所は早稲田か。悪くないぜ。

 

 

よし、いってみるか。

次郎は家を出た。高田馬場から東西線に乗り換え、早稲田で下車。

 

さて。目当ての店は…新目白通り沿いか。多少歩くな。

早稲田の大隈講堂を越えて、数分行ったところにある新目白通り沿いにその店はあった。

 

 

次郎の前には家族づれが並んでいた。

ちっ、しばらく待つことになりそうだ。仕方ねぇ。

f:id:hidekinghenry:20180901210202j:image

さてと。

待つこと8分ほど。次郎は店内に入った。

食券機にお金を入れた。

 

迷うな。醤油もいいが、塩もうまそうだ。

よし、今日は鮪塩肉増しだな。1250円か。

中々の値段だな。

 

ん?この盛り合わせってボタンはなんだ?

おい、大将、この盛り合わせってのはなんだ?ああ?

 

あ、それはお酒のアテの盛り合わせです。

ほぅ。そういえば酒も出すんだったな。よし、乗った。

次郎はこの盛り合わせ700円、そしてビール700円のボタンを押した。

 

ふー、なんだか居酒屋に来てしまったようだぜ。まぁいいか。

 

次郎は食券をもってカウンターの一番奥の席に座った。

 

さてと。お手並み拝見だな。

 

お待たせしましたー。

隣の客につけ麺が提供される。麺の上に大きな秋刀魚が乗っている。

 

ほう、あれもいいな、いかん、目移りしちまうな。次郎は古典的に首を左右に振って、つけ麺のイメージを振り払った。

 

はい、まずはアテ盛り合わせとビールです。

f:id:hidekinghenry:20180902023924j:imagef:id:hidekinghenry:20180902023933j:image

おお、ビールはハートランドか。できるな。

そして、このアテ盛り合わせ。

いいじゃねーか。肉肉しい。そしてこの赤い鮪がうまそーだ。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180902024031j:image

おお、この鮪、少し蒸してあるのか?色も醤油漬けのようだな。

む、うまい。このネギとも合うぜ。酒とも合う。やはり、ビールはハートランドだ。

f:id:hidekinghenry:20180902024145j:image

このチャーシューもいいぜ。きっとラーメンに入ってくるのだろうがな。むぅ、食べ応えあるな。

もう一つのチャーシューの味付けはマヨネーズか。

f:id:hidekinghenry:20180902024235j:image

柔らかいな。マヨネーズが意外と効いてるな。別の味で、またいい。

ここは当たりの予感だ。

次郎は独りごちた。

 

次郎がアテを食べ終わり、ビールを煽っていると、メインのラーメンが登場した。

 

お待たせですー。

f:id:hidekinghenry:20180902024408j:image

お、美しい。うまそうなビジュアルだ。

f:id:hidekinghenry:20180902024443j:image

このスープ、透明でキリリとしている。それでいて鮪と豚のだし汁が効いている。

f:id:hidekinghenry:20180902024544j:image

そして、麺は細麺ツルツルタイプか。悪くない。

 

さて。

f:id:hidekinghenry:20180902024612j:image

この鮪。ほろほろだな。しかし、味は失っていない。絶妙なタイミングで茹でたな。

f:id:hidekinghenry:20180902024659j:image

このチャーシュー、うまい。さっきよりも食べやすい。いい部位なんだな。スープと絡めると更にうまい。

f:id:hidekinghenry:20180902024742j:image

お、多少部位の異なる部分を入れているようだな。多彩だ。

 

ズルズル!

 

ズズズズー。

 

むしゃむしゃ。

うまい。

こりゃいいな。チャーシューが暴力的でいい。

 

ズズズズー。

ズルズル!

 

ズズズズ、ズズズズー。

 

うまい。

 

ズルズル!ズルズル!

むしゃむしゃ。

 

ズズ、ズズズズー。

 

ふぅ。

最後に、残りのビールを一気に飲み干した。

プハー!

 

いやー、うまかった。そして、大満足だ。

おい、うまかったぜぇ。

ありがとうございます。

 

 

ガラガラ♪

いやー、いい店に巡りあえたぜ。

また来るかな。

 

夜になり、涼しくなった早稲田。リーガロイヤルホテルの先には大隈講堂がある。その横を通り過ぎた。

f:id:hidekinghenry:20180902025143j:image

俺はあの頃から成長したんだろうか…

次郎は束の間、甘酸っぱい記憶に浸り、

答えのない問いが口から勝手にこぼれ落ちた。

ふん、まぁいい。

 

 

大隈講堂のネオンが優しく次郎を照らし出していた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180902025357j:image

厳哲@早稲田

独特の味と世界観のあるラーメン。メニューがいろいろ変わるのがおもしろい。また、酒と肴がある居酒屋風なもてなし感もある。スープとその食材にこだわりがある。通ってしまいたくなる味。

3.7次郎