食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

むさしや オムライス 新橋

f:id:hidekinghenry:20180602164708j:image

次郎は新橋にいた。

ふー、今夜も新橋で仕事終わりか。何か食って帰るか。

 

流石に新橋駅、七時ともなればサラリーメンで溢れている。

 

うーむ、どこに行くか…

 

沢山のB級グルメ、居酒屋、焼肉屋、ラーメン屋に溢れている新橋駅周辺。

 

ニュー新橋ビルでも覗いてみるか。

 

ニュー新橋ビルに入るとすぐに飯屋が2件。唐揚げの店と洋食屋とおぼしき店。

この洋食屋、白い糸で簾をつくっているがカウンターのみで、満席。片や、唐揚げ屋には人は少ない。

よし、ここはこの洋食屋にしよう。

次郎は壁に貼ってあるメニューを見た。

一番人気はオムライスと書いてある。

700円か。よし、これだ。

 

お客様どーしましょ?

オムライス頼む。

はいよ。

 

そのやりとりをしている間に一名帰り次郎の席が空いた。

カウンターに座る次郎。

さてと。

左右の客の注文を見るといずれもハンバーグだった。

まさか、ミスったか?

ま、まぁいいか。

そう思った矢先、

 

お客様、先にお代をいただきます。

お、おう。ほらよ。700円をキッチリ渡す次郎。

これでまずかったらカウンターを壊すぞ!と心の中で凄んでみた。

 

 

ぉまちどう様です。

ゴトリ。

f:id:hidekinghenry:20180602141459j:image

おお、昔ながらの、だな。ナポリタンの量が多い。味噌汁もなんだかな。くくく。

次郎は笑っていた。

 

どれどれ

f:id:hidekinghenry:20180602141544j:image

このチキンライスもなんだか懐かしい。

お、うまい。いや、懐かしい味。昭和からの伝統の味だ。卵はフワフワだ。そして、この普通のケチャップがまたいいな。

 

ムシャムシャ。

 

うーん、このナポリタンは?

おお、また懐かしの味。少しのび気味だな。学生の時はただ量が多ければそれでよかったもんな。

 

俺は一体いくつになったのだろう…

次郎は独りごちた。

時間は残酷だ。懐かしさとともに感じる時の流れの速さに心が一瞬暗くなる。

 

ふん、詮無きことよ。

 

ムシャムシャ

 

ズルズル

 

ムシャムシャ

 

ズルズル

 

ズズズズズズー。

 

ゲフッ

ふぅ。食ったな。

 

さてと。

長居は無用だ。

 

じゃあな。

ありがとうございましたー。

 

ふー。食ったな。

流石に人が多いな新橋は。

さてと、夜はまだまだ涼しくていいな。

そう呟いて次郎は新橋の喧騒に消えていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180602181342j:image

むさしや@新橋

昔ながらの洋食屋。安い。早い。味はなかなか。次はハンバーグを。

3.4次郎