食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

黒須 塩蕎麦 神保町

f:id:hidekinghenry:20180312221018j:image

お、おやじ、すまん!

今日は神保町に来たってのに、別のラーメン屋に手を出しちまうぜ。

 

なんだこの後ろめたさは。別に神保町のラーメンがおやじのところだけじゃないのは当たり前田のクラッカーだってのに…

 

さてと。行くか。

次郎は神保町に来ていた。いつもの覆面智ではなく、今日は知人に紹介された黒須に行くためだった。

 

12時半過ぎ、いつもと違うA1出口から神保町を抜け出た。大通りを渡り、靖国通りから一本裏に入った静かな通りにそこはあった。

f:id:hidekinghenry:20180312215430j:image

透き通ったスープが売りの中華そば屋。

 

ガラガラ♪

席はカウンター8席程度。満席だった。中には待合用椅子があり、次郎はそこに座った。

 

次郎は食券販売機を見た。

f:id:hidekinghenry:20180312215653j:image

ふむ。迷うな。確か塩がうまいと…よし、決めた。次郎は特製塩蕎麦を押した。

 

ちょうど一人サラリーマンが出て、一席空いた。

 

どうぞ。

 

おう。

塩蕎麦を頼む。

 

はいよっ。

 

次郎は待った。透き通ったスープが低カロリーを連想させるからか女性一人客もチラホラいた。

 

バスガスバクハツ。

なんだか急に思いついて、次郎は独りごちた。

 

はいよっ、お待ち。

おお!美しい!

f:id:hidekinghenry:20180312220047j:image

底まで透き通っている。まるでカリブ海の水のようだ!!

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180312220127j:image

うお!透明じゃねーか!

 

ほう!意外と味がしっかりあるじゃねーか。鶏に…魚だしか、いや昆布か。独特の香りだ。

 

麺はどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180312220237j:image

細麺。そうだろうな。蕎麦だけあって、蕎麦粉の色で少し黒いな。

 

ズルズルッ。

なるほど、よくスープに絡む。ツルツル過ぎず、逆に食べ応えがある。合格だ。

f:id:hidekinghenry:20180312220419j:image

これは鳥肉だな。柔らかい。ホロホロだな。塩はやはり正解か。煮干しも気になるが。

 

そして、これは牛肉か?

f:id:hidekinghenry:20180312220511j:image

赤く、柔らかい。ローストビーフのようだな。

 

全体としてバランスがいい。スープもこの量だと気がつけば飲んでしまうしな。

 

後味も良い。

ここは、おやじの麺とは逆の良さがあるな。

たまにはこっちに顔をだすか。

 

すまんな、おやじ。

 

ご馳走さん。

ガラガラ♪

 

うぉっと。

出がけにまた女性客が入ってきた。

あぶなっ…

 

すいません。

 

いや、いいんだが…

 

目の覚めるような美人だった。

 

ふぅ、なんなんだ、この店は。

次郎はラーメンの汗を拭った。

 

また、来るとするか。

 

 

暖かい風。暖かい日差し。

心が浮つく季節。

 

 

春…か。

次郎は独りごち、再び靖国通りへ出た。

行き交う人の顔もまた浮ついて見えた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180312221018j:image

黒須@神保町

スッキリ鶏スープ蕎麦。味もしっかりして、後味キリリ。うまい。

3.7次郎