食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

とん久 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20180306230618j:image

さてと、今夜はとんかつが食いてーな。

次郎は高田馬場にいた。

 

仕事で花小金井を訪れた帰り、昔馴染みの高田馬場に寄った。

 

駅前のロータリー、ビッグボックスの前には、いくつかの50人規模の集団がワイワイガヤガヤしていた。

 

懐かしいな。俺も昔はあの中の一人だったか。

そして、今は一人とんかつを食べたいだけのサラリーマンになっちまったというわけか。

サラとんだな。

次郎は独りごちた。

 

さてと、そんなサラとんの今夜はと。

 

とんかつ激戦区高田馬場

中でも、成蔵、とん太、とん久の三店舗は三大巨頭と言われている。

 

久しぶりにとん久にいってみるか。

 

次郎は若かりし次郎たちを掻き分け、とん久の入っているビルに向かった。

 

うお、危ねーな。

若次郎とぶつかりそうになる老次郎。

 

は!

あの子は……

いやいや、寝ぼけたことを。

昔憧れていた先輩に瓜二つの女子大生がいた。

憧憬とは恐ろしい。

 

思い直して次郎は地下の食堂街へ降りた。

とん久は蒙古タンメンの対面にあった。蒙古タンメンのなかもとには列が出来ていた。

 

ふん。並ぶほどでもないんだがな。

次郎はとん久の暖簾をくぐった。

 

一人だ。

奥へどうぞ。

 

テーブルに着席した。

f:id:hidekinghenry:20180306212033j:image

よし。

ねーさん。

ロースとんかつ。それと白身魚のフライを追加だ。

 

ハイ。

 

ふぅ。

次郎は目を閉じた。さっきの憧れの顔が思い浮かんだ。

 

ハイ、お待たせしました。

突如沈黙は破られ、憧れの先輩は雲散霧消した。

f:id:hidekinghenry:20180306212220j:image

ボリューム満点だな。

f:id:hidekinghenry:20180306223336j:image

まずは、白身魚フライだな。

 

おお!

ぎっしりだな!

f:id:hidekinghenry:20180306223413j:image

タルタルがうまい。

 

そして、とんかつだ。

f:id:hidekinghenry:20180306223437j:image

厚すぎず、衣がクリスピー状でサクサクだ。

うまい。これはまた他のとんかつ屋と違うな。

しっかりと揚げてあり、有名店にありがちな肉が噛みきれない柔らかさということもない。

いいじゃねーか。

 

そして、

f:id:hidekinghenry:20180306223632j:image

味噌汁でホッとする、か…

 

 

ゲフッ。

 

ふー。

食ったな。

 

ジムに行く意味がねぇな。

まぁ、いい。

 

 

おい、ねーちゃん会計頼む。

2600円です。

 

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ!

キッチリ2600円をカウンターに叩きつけた。

 

 

よっと。

暖簾をくぐった次郎。まだなかもとには列が出来ている。

 

待ちぼうけの人生。

ふん。それも悪くない、か。

次郎は独りごち、高田馬場を後にした。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180306225920j:image

とん久@高田馬場

高田馬場三大とんかつのひとつ。肉は薄めで衣がクリスピー。なかなかうまい。他よりも混んでないのがいい。

 

3.6次郎