食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智 14

牛テールに鳥のコンフィ…

そ、それはラーメンなのか!?オヤジッ!

次郎は独りごちた。

 

今日はクリスマス。スペシャルメニューとはいっていたが…楽しみだ。

 

ガラガラ♪

いらっしゃーい。

いつものオヤジの声。次郎は食券を買った。

 

ふー。カウンターに座る。

トッピングは?

 

青唐辛子、味玉、ノリで。

はいよー。

 

次郎は口からヨダレがでるのを必死でこらえた。

 

はいよ。お待ち。

f:id:hidekinghenry:20171228000659j:image

ぬおっ!

うまそうだ。ボリュームもすごい。

ホロホロの牛テール肉に、鳥のコンフィ。

 

まずは、麺だな。

f:id:hidekinghenry:20171228000757j:image

くー、この黄色い縮れ麺。たまらんな。

そして、この牛テールの塩スープ。味は濃い目、更に牛テールのなんとも言えない味が効いている。

そして、このコンフィ。

f:id:hidekinghenry:20171228000956j:image

なんだ、これは。うまい!

フレンチかっ!柔らかく、外はカリッとしている。

あー、幸せだ。

 

メリークリスマス、ミスターローレンス…

次郎は独りごちた。

 

ごちそうさま。

あいよ。

 

また来てね。

はい、またきます。

次郎は敬語になっていた。

 

ガラガラ♪

ビュー。

ラーメンで火照った体に北風が吹き付けた。

 

気持ちいい北風だ。

 

まだまだ冬は始まったばかり。

次郎は神保町の街に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171228000659j:image

覆面智@神保町

クリスマススペシャルメニュー。牛テール出汁に鳥のコンフィ付き。塩ラーメンなのに、ごつい味。引き締まったスープに、食べ応えのある鳥肉と麺、そして味玉。絶妙なハーモニー。

4.0次郎