食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ラーメンダイニングJingu

うーん。サッパリしたな。

次郎は髪を切った。行きつけの美容室は渋谷にあった。

 

ふー、サッパリしたし、なんだか腹が減ったな。

時刻は19時30分。自転車で明治通りを滑走する次郎。壁面広告が代わる代わる次郎を通り過ぎる。なんだかチカチカするな。

通りにはお洒落な若者が闊歩している。

 

夜だと言うのに元気なこって。

次郎は独りごちた。

 

さてと、原宿あたりまで来たが、なんかねーかな。

おうそうだまた裏原あたりを探索してみるか。

次郎は自転車のハンドルを右に向け小道に逸れていった。

 

さてと、やはり服屋ばかりだな。それと、パンケーキ屋か。

今日は行列の店の閑古鳥が鳴いている。平日の夜、風も冷たく人は少な目だ。つまりそれは次郎には好都合なのだが。

 

うー、あまり惹かれる店がないなぁ。

 

お、なんだありゃ。よくみると牛骨ラーメンとあった。

なんだ"〇〇で取り上げられました"的な説明ばかりじゃねーか。

こういうのは大体見掛け倒しなんだよなー。しかし、牛骨ってのは惹かれるな。

まぁ、まずかったら残すだけのこと。

 

よし、入ろう。

カランコロン♪

 

いらっしゃーい。

店内は小洒落た雰囲気だが人はそこそこだ。お洒落なラーメン屋はあまりうまくはないんだよなぁ。次郎の嗅覚はそう告げていた。

 

まずは食券機か。うーん。全部乗せラーメンだな。一番人気の。店の実力を測るにはこれが無難だろう。

 

はいよ、全部乗せ一丁。

やる気のなさそうなねーちゃんが応じた。

ふん、まぁいい、お手並み拝見だ。

 

次郎は目を閉じた。

 

はい、お待ちどう様です。

意外と速いな。ユリオカには及ばないがな。

ほくそ笑む次郎。

お、見た目は豪華だ。

f:id:hidekinghenry:20171024022334j:image

さて、スープはと。

f:id:hidekinghenry:20171024022448j:image

ズズズッ。

ほう。濃厚だな。家系ラーメンにちかいか。及第点だな。

次は麺か。

 f:id:hidekinghenry:20171024022455j:image

ズルズルッ

ふむ、まぁまぁだな。悪くない。細さも硬さも。

さて、これが売りのローストビーフだな。

f:id:hidekinghenry:20171024022530j:image

ほう。なかなかいけるな。上品だ。

しかし、普通のチャーシューの方が俺は好きそうだ。

f:id:hidekinghenry:20171024022607j:image

やはりな。こちらの方がうまい。

メンマは太くうまい。味玉もフワトロだ。

スープといい、麺といい、トッピングといい、申し分ないな。どれもよく考えられている。

 

しかし、なんかこう、パンチがないなぁ。いろんなものを研究して作られているのだが、全体として統合した時に、統合されていないというか、バラバラに存在している、そんな感じだな。

もったいないな…

次郎独りごちた。

 

しかし、完食する次郎。

牛骨は濃厚でうまいな。

なんとも表現できん。うまいんだけどな。

 

ふー。ごちそうさんと。

じゃまたな。

 

カランコロン♪

店を出る次郎。

うーむ。なんかこう、ねぎしにでもいって牛タンが食べたいな。

 

まさかのはしごか…いかんいかん。

次郎は首を横に振った。

 

次郎は自転車に乗ると、原宿の町を青山に向かって疾走した。

まるでこれから今夜の夕飯を食べるかのように軽やかだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171024023250j:image

ラーメンダイニングJingu@原宿

有名なラーメン批評家がプロデュースした牛骨ラーメン。どれも全てが考えつくされている。味もうまい。ただ全体としての統合感がない。おしい!

3.4次郎