食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ヘンドリクス カリー バー

このところ次郎は毎日プールに通っていた。

 

毎日泳ぐようになると、泳がない日は逆に体が気持ち悪いような感覚に陥っていた。そんな感覚に嬉しさを覚え始めた次郎だった。

 

そんな中、いつも神宮のプールに行く途中に数件の気になる店があったが、自転車の下り坂は気分が良く、後ろ髪がひかれるものの通り過ぎてしまっていた。

 

 

さてと、今夜はいつもの倍も泳いだことだしな、何か食べて帰るか。

 

時刻は午後6時。

少しググってみると、いつもなんとなしに見ていたバーが、実はカレー屋らしいということに気づいた。

 

 

これは一人で入れそうだ。

行ってみるか。

次郎は独りごちた。

 

ラドウィンプス カリー バーはと…

ん?ここか?

 

なんだヘンドリクス カリー バーか。ラドウィンプスはなんだっけかな。まぁいいか。

 

夜の7時。既に店内は賑わっていた。

 

お一人?

 

あぁ。

 

じゃあこちらに。

店は夫婦で切り盛りしており、忙しそうで次郎はほっとかれた。なんだ水もでねーんだな。まぁいい。バーということか。

 

さて、黒板には小皿メニューがたくさんあり、ただのカレー屋ではなかった。

 

タンドリーチキン系も、串で丁寧に焼かれていた。

 

む、うまそうだ。店主の質実剛健な感じが伝わってくるな。

 

どうなさいます?

突如沈黙は破られた。

 

店主の妻だろうか、促され、春菊と納豆のサラダ、ラム肉の塩麹ティッカ、マサラカレー、ハイボールを注文した。

 

 

ここは、だれかと来た方がよさそうだ。

次郎は独りごちた。

 

 

隣ではおやじが若い女性を口説いていた。

 

ふん、まぁいい。

次郎は眼を閉じた。

 

はい、サラダです。

 f:id:hidekinghenry:20170515201345j:image

ほう、なかなかのボリュームだな。

どれどれ。

 

ほう。ノリと紫玉葱、春菊、納豆が口の中で弾ける。豆板醤とラー油か?ピリ辛の味が納豆にマッチする。これはうまい。ハイボールが進むな。

 

まずは、前哨戦は合格というところか。

 

相変わらず隣のジジイは若い女性を口説いていた。日本酒は飲める?

 

飲んでからどーするというのだ?あぁ?

ふん、まぁいい。

 

はい、ハーフナンです。

 

先にナンがきちまったか。

ふん。

f:id:hidekinghenry:20170515225436j:image

あ、あつ!

ナンは予想以上に熱かった。

 

ふー、舐めてると痛い目に合うな。

 

はい、キーマ・マトンカレーです。

f:id:hidekinghenry:20170515225633j:image

ほう、うまそうだ。

これはナンが生きるな。

 

 

うまいなこれは。あぁキーマカレーは肉がうまいんだよなー。ナンに合うなー。

 

はい、ラム肉のティッカです。

f:id:hidekinghenry:20170515230142j:image

うまそうだ。

いいなぁ、このタンドリー感。んー、うまいな。これはなんだか他の料理も食べたくなってきたな。

f:id:hidekinghenry:20170515231020j:image

 

君が頑張るなら力になるよ。

ありがとうございます。それにしても美味しいですねこのカレー。

 

ふん、そりゃあうまかろう。それは出世の味か、ジジイの味か。

 

まぁいい、俺はカレーに集中するのみだ。

 

ゲフッ

 

うまかったな。

これはまた来たいな。

 

3090円です。

コスパはまぁ普通だな。

 

また来るぜ。

さてと、二件目はどこにいくのかお二人さん。

 

次郎ほ自転車に乗って神宮前の坂道をあがっていった。夜風は気持ちよかったが、今夜は六本木ヒルズのタワーがやけに怪しく光って見えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170515231007j:image

 ヘンドリクス カリー バー@神宮前

カレー屋。しかし、小皿料理が充実。店主はあまりしゃべってくれないが、味は確か。誰かと来るのもいいが、駅から遠いにもかかわらず結構混んでいる人気店。

3.5次郎