読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

カラシビ鬼金棒

ふぅ、歩き疲れたな。

 

次郎は仕事で都内を歩きまわっていた。普段から歩き慣れていない次郎には。炎天下の最中に歩き回るのはだいぶきつかった。

 

こうも歩くと腹が減るな。体力を取り戻さねばならん。

 

場所は神田。神田といえば、たくさんあるが、つけ麺で有名か…

暑いしな。ラーメンよりつけ麺だ。

 

 

次郎は駅周辺を彷徨った。

三ツ矢製麺所、麺や武蔵系の神山、やすべえ、チェーン店ばかりか。ないのか他に…

 

あ、暑い。もうどこでもいいか。

そう思ったやさき、真っ黒な店構えが目に入った。

 

おお、あれはラーメン屋か??

 

近くと。同じ店舗が二店舗連なっていた。一方がラーメンで、もう一方はつけ麺屋だっ。ラーメン屋のほうが混んでいたが、迷わずつけ麺屋に入った。

 

いらっしゃい♪

 

席は満席だった。

肉増し、もやし増しを押しつけ麺の食券を買った。

 

麺の量は?

 

中盛りで。

400グラムか、かなりあるな。まぁいい。たくさん歩いたしな。

次郎は独りごちた。

 

席が空き、カウンターに座ると水を飲み干した。

ふー。やっと落ち着いた。

 

 

はいよ、つけ麺、もやし、肉増しおまち。

 

f:id:hidekinghenry:20170508163806j:image

で、でかい。もやしが…

スープは濃くてうまそうだな。どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20170508163837j:image

おお、熱くて濃厚だ。このバラ肉がうまいな。麺を引き立てる。

 

ズルズル。うん、腰もある。いいぞ。

辛さは普通ならそれほどでもないな。

 

ズルズルッ

 

肉とスープともやしのコラボがたまらん。部屋とワイシャツと次郎だ。

次郎はコッソリ独りごちた。

 

ふん、まぁいい。

ズルズルッ

 

麺がなくならん。

 f:id:hidekinghenry:20170508164313j:image

ズルズルッ

 

 

ふー。きつい。

少し残すのが大人ってもんよ。

 

次郎は麺を少しだけ残しフィニッシュ。

 

ふー、今日はこのくらいにしといてやろう。覚えとけ!

 

次郎は敗北の眼差しを向けながら店を出た。

 

ゲフッ

 

つけ麺の量には気をつけないとな。

梅雨も来ていないというのに真夏のような日差しを浴びて、次郎は神田の駅を足早に後にした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170508163806j:image

カラシビ鬼金棒@神田

なかなか有名なつけ麺屋。ラーメン屋も隣にある。麺のコシもあり、スープは濃厚。肉増しは必須と思われる。平日の昼は列ができるらしい。なかなかうまい。

3.3次郎