読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

洋食屋富士屋

 

数値が悪いですね〜。

食生活を見直すか、薬を飲むかですね。

 

次郎は健康診断の結果、尿酸値と中性脂肪の数値が悪化し、医者から警告を受けていた。

 

く、これはまずいな。自業自得とはこのことだが、俺の人生からB級グルメをとったら何が残るってんだっ!

しかし、どうしたもんか、、、。

 

とぼとぼと歩いているといつの間にか渋谷の南口に着いていた。

 

もう7時か。夕飯の時間だな。

おお、なんとパイコー担々麺の亜須加が目の前にっ!!

 

くっ、まずいな。ぐおー、、食いてーよぅ!

ダメだダメだ、さっき言われたばかりじゃねーか。ラーメンは暫く諦めないとな。

 

次郎は泣く泣く亜須加を通り過ぎた。

 

しかし、どうするか、腹は減ったしな、、、。

おぉ、富士屋があるじゃねーか。洋食が俺を待っている。

 

次郎は駆け出した。

 

ガラガラ♪

 

地下の階段を下ると、ドアがあり、それを開けるとこじんまりとした店内が広がっていた。

次郎は着席して、メニューボードを見た。

f:id:hidekinghenry:20161018215331j:image

鉄板焼ナポリタンもいいな、いやハンバーグもいいぞ。カニクリームコロッケもいいな。サラダもうまいんだよなぁ。迷うぜ。

 

よし、にーちゃん、まずはサラダだ!小でな。

それと、ハンバーグだ!うーん、ええい、カニクリームも一つ追加だ!

 

お客様、ライスは?

 

そうだな、一つ、、、いや、ライスは無しだバカヤロー!それとウーロン茶を頼む。

 

ユリオカですね?

 

おぉ!なんだにーちゃんわかってるな!

 

次郎はライスを止めた自分を褒めていた。店員のユリオカにも密かに感激していた。

 

やはり、善行するところに善光寺ありだ!くく。にーちゃんもこれはわかるまいよ。

次郎はひとりごちた。

 

厨房では小気味好くシェフが料理をつくっている。いい感じだ。武骨だが見事な手さばきだ。

期待が膨らむな。

 

次郎は瞑想に決め込んだ。

 

 

はい、サラダです!

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20161018215346j:image 

おお、デカい、サラダSがこんなにデカいのか!腕がなるぜ。

 

次郎はサラダを貪った。

 

アンチョビとシーチキンがサラダに締りを加えてるな。こんだけ野菜を食えば罪悪感もふっとぶぜ。次郎はあっという間に平らげた。

 

すると、すぐにカニクリームコロッケが運ばれてきた。

 f:id:hidekinghenry:20161018215353j:image

これまたうまそーだな。おお、中はギッシリカニだな。クリームとのコラボがたまらないな。

 f:id:hidekinghenry:20161018215400j:image

 

そして、最後に熱々の状態で鉄板焼ハンバーグが運ばれてきた。

 f:id:hidekinghenry:20161018215415j:image

うぉ、これはすごいな、ジュージューいってるじゃねーか!

次郎は興奮した。

 

うおー、あちー、いちいちボリュームがあるな。うん、ワイルドなハンバーグだ。くそ、飯が食いたいがここは我慢だ。付け合わせの芋も今夜は自粛するぜ。わりーなにいちゃん。

 

しかし、サラダを食い過ぎて意外と腹が一杯だ。

…こうやって世の中は痩せるんだな。

 

よし、この調子でドンドン痩せるぞ!

 

ユリオカで、ですね!?

 

くそ、にいちゃん聞いてたのか、やるな。

だが合格だ。

 

また来るぜ。次郎は代金をテーブルに叩きつけ

席を立った。

 

ガラガラ♪

 

つつっ、なんだか足の指が痛いような、気のせいだな。

 

次郎は地下からの階段を駆け上がった。不穏な雲が夜空を覆っていた。

 

 

続く。

 

洋食屋富士屋@渋谷

なんでもうまいし、ボリュームもあり、安い。ハーフもクォーターも相談可。サラリーマンの味方。

3.7次郎