函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

河童亭なお 定食 青森市

 

f:id:hidekinghenry:20200204184816j:image

ふぅ。雪だな。

次郎は青森市で車を転がしていた。

青森で郷土資料を漁った帰りだった。時刻は6時。すっかり日も落ち、静かな雪が脈々と降り続いていた。

 

このまま弘前に帰る前に、飯でも食ってくか。

そういうことにした。

 

フラフラと走っていると大きなアリーナが目の前に現れた。ふーん、こんなところにな。まぁ土地はあるからな。

 

通り過ぎようとした時、そのすぐ裏に和風の店構えがあるのを見つけて、寄ってみると、どーやらとんかつ屋のようだった。

 

4台の駐車スペースに3台が停まっている。

今夜はここだな。次郎は残り1台のスペースに車を停めた。

 

ガラ♪

はい、いらっしゃいませ。

空いてる席へどーぞ。

次郎はカウンターに座った。割と広めの店内に先客は2組。空いていた。

 

ズラリと揚げ物メニューが並んでいる。f:id:hidekinghenry:20200204184756j:image
f:id:hidekinghenry:20200204184807j:image

カキフライもいいなぁ。しかし、とんかつも食いたいしなぁ。うーむ、迷うな。

 

…よし!

女将。

ハイ。

串カツ定食を頼む。

ハイ。

 

次郎は色々入っている串カツ定食にした。

置かれていた水を二口すすった。

しんしんと冷え込む外気を思い出すと、水をがぶ飲みできなかった。

 

ふん、さすが雪国だ。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせしました。
f:id:hidekinghenry:20200204184749j:image
f:id:hidekinghenry:20200204184812j:image

おお!予想外に豪華なクリエイティブ。どれがどの串かわからんがボリューム満点だ。

そして、キャベツのドレッシングがまた洋食屋風。
f:id:hidekinghenry:20200204184800j:image

次郎はドレッシングをたっぷりキャベツにかけた。

ザクザクッ。

うまい。酸っぱさと甘さが絶妙だな。

ザクザクッ。

まずはキャベツが鉄則だな。

 

さてと。串カツを。
f:id:hidekinghenry:20200204184744j:image

ザクッ。

ほほう、チキンカツか。脂もジンワリでてきて、うまいな。衣かサックサクだな。玉ねぎも甘くてうまい。

f:id:hidekinghenry:20200204184804j:image

次は、ヒレカツか。こちらもジューシーで、やはり衣がサックサクだ。

 

この、オリジナルの玉ねぎソースの酸っぱさもまたいいな。

次はなんだ?
f:id:hidekinghenry:20200204184820j:image

ザクッ。

f:id:hidekinghenry:20200204184825j:image

おお、ホタテか!うまいなこりゃ。分厚いホタテだ。柔らかいが、歯ごたえもある。

 

サクッ。
f:id:hidekinghenry:20200204184752j:image

ほほう、こっちはエビか。ぷりっぷりで肉厚だ。こりゃうまい。

 

ザクッ。

サクサク。

ザクッ。

サクサク。

 

うまいな。

ズズズズー。

味噌汁がまた量が多くていいなぁ。

 

ズズズズ、ズズズズー♪

ご馳走さん。

 

会計を。

はい。1600円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。

それで新しいキャベツでも買いな。

 

次郎はキッチリ1600円をカウンターに叩きつけた。

 

 

ラガ♪

ふぅ。

本格的な雪はまだまだこらからか。

次郎は空を見上げ、舞い落ちる雪のかけらの群れに眼を細めた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200210092109j:image

河童亭なお@青森市

アリーナ体育館の裏にある揚げ物屋。清潔な店内。洒落た音楽。

さっくさくでカリッカリの衣で、中身はごろっごろ。

うまい

3.5次郎