函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

とんかつ小ばやし とんかつ 梅田

f:id:hidekinghenry:20190218170837j:image

次郎はん、今日のランチはとんかつにしまひょか?

いいですねとんかつ。

 

ならついてきてくらはい。

相変わらず源さんはマイペースだ。

 

梅田は茶屋町のヌー茶屋町という商業ビルより少し阪急梅田駅側の裏道にそのとんかつ屋はあった。

 

とんかつ小ばやし。

少し高級感のある店内。

グイ♪

 

二人や。

奥どうぞ。

カウンターに案内された。

 

次郎はメニューを見た。

東京エックスは終わりました。

 

ここは、ブランド豚でとんかつを出す店のようだ。普通のとんかつも1300円で出すようだが、やはりブランド豚を食べないと意味がなさそうだった。

 

今日はブランドは奥出雲しか残ってません。

f:id:hidekinghenry:20190218170851j:image

ならば、それしかなかろうが。

 

じゃこのロース260gを。それに、卵コロッケも頼む。

 

かしこまりました。

 

強いねー、次郎はん。

わしもそれで。

 

強いと言いながら自分も同じものを喰らう源さん。

 

次郎と源さんがお茶をすすっていると運ばれてきた。

お待たせしました。奥出雲のロースです。f:id:hidekinghenry:20190218170855j:image

おお、美しい。うまそうだ。

まずはキャベツだ。

 

お、このドレッシングうまい。適度に甘辛。お代わり自由か。

次郎はまずキャベツを食べた。

そして、ドンドン食べた。

これで痩せるな。

次郎は独りごちた。

 

おい、キャベツお代わり。

あっという間のお代わり。

はい、どうぞ。

 

今度は山盛りで来た。

正解だ。

うーんうまい。

 

 

そして、いよいよとんかつだ。

うまそうだ。

塩、オリーブオイル、タルタルソース、

ソース。

四種類か。なかなか豊富だ。

 

おい。

はい。

醤油をくれ。

はい、かしこまりました。

f:id:hidekinghenry:20190218170837j:image

さてと、何からいくか…

まずは塩だな。

 

次郎はロースを一切れ塩につけて頬張った。

ほほう!ジューシーだな。塩が脂を引き締める。衣のサクサクも味わえる。

 

次はオリーブだな。そして塩とコラボだ。

うまい!オリーブの脂と塩が絶妙だ。じゅわっと広がる豚の脂がまたいい!

 

そして、醤油はどうだ?

甘めの醤油か。まぁまぁだな。

 

これはオリーブと塩が一番だな。

卵コロッケは、ソースとタルタルだな。

なかなかだ。味変にはちょうどいい。

 

むしゃむしゃ。

サクサク。

 

うん、やはり、オリーブオイルと塩だな。うまい。噛み締めると豚の脂が出てくる。

 

ゲフッ

うまかった。

 

いやー、ボリュームありまんなー。

源さんも満足の様子。

 

よし、出まひょか?

ですね。

 

 

お会計は?

別々で。

 

キッチリ別々の会計をする二人。

2800円です。

 

ほらよ。釣りはいらねぇよ。それで新しいタルタルでも研究しな。

 

次郎はキッチリ2800円を受け皿に叩きつけた。

 

グイ♪

ありがとうございましたー。

ふぅ。腹一杯だな。午後の会議、眠くなっちまうな。

 

でんなぁ。

さてと、いきまひょか。

源さんと次郎は昼時の人波を掻き分け梅田駅に向かって歩いていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190218170855j:image

とんかつ小ばやし@梅田茶屋町

梅田ではなかなかうまいとんかつ屋。少し高い。脂の乗った肉が出てくる。高いから混んでない。

3.4次郎