函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

會水庵② 鰯・穴子料理 赤坂

f:id:hidekinghenry:20190926010307j:image

「いやー、次郎さん、この前久々に會水庵行ったんですよー。でね、定番の鰯とシラスの親子丼にしようと思ったんですけどね。

鰯が一杯食べたくなっちゃって。それで鰯丼にしたんですよー。そしたらね、なんと鰯が4匹分も入っててね、肉厚で柔らかくて、ハフハフして、脂も乗っててね。むしろ鰯丼の方が満足感が高いんじゃないかって、そう思ったんですよねー♪」

 

つ、痛つつ。う、うーん。そ、そうかい。

ぎゅるるるー♪

 

次郎はゴッドハンドの施術を受けていた。毎度バルハラに連れて行ってくれるこのマッサージ。東京に来る度に通っていた。

 

そして、今日はそのゴッドハンドが、會水庵という、穴子丼と鰯とシラスの親子丼で有名な店の話を、施術をしながらしていたのだった。

 

だ、だめだ、ゴッドハンドの説明がうまそう過ぎる。マッサージよりも會水庵の方が気になっちまう。

 

う、うう。

う、うううー。

スヤスヤZzz…

 

 

はい、お疲れ様です〜。

 

う、う〜ん。ありがとな。じゃまた。

また来てくださいね〜♪

 

次郎は挨拶もそこそこにゴッドハンドの店を出た。會水庵はゴッドハンドの施術所からほど近いところにある。

 

時は11時20分。開店の10分前。ちょうどいい頃合いだ。

 

次郎は會水庵に急いだ。

到着すると案の定、既に5人待ち。しかしこの人数なら1回転目で十分入れる。

危なかった。

 

ぎゅるるるー♪

腹も限界が近いな。

 

程なく、女将が店から出てきて暖簾を掛ける。それと同時に客が中になだれ込む。次郎もその流れに逆らわず、店に入ってすぐのカウンターの最後の席を占めた。

 

ふぅ。

 

隣の中年のおばはん2人が子供の話をしながらメニューを見て頼んでいる。

 

次郎はおばはんがメニューを置き注文する途中、半ば強引にメニューをひったくった。

 

おい、俺は鰯丼を頼む。

はいよ。

 

その間に熱いお茶が女将から渡される。

ううむ…女将、水ももらえるか。

はいよ。

女将から水が渡される。

 

やはり水だ。

まだまだ都内は暑い。本格的に涼しくなるのは10月に入ってからだ。

 

カウンター内では親父が一生懸命鰯と穴子を焼いている。

待つこと10分。件の料理が着弾した。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20190926235227j:image

おお、美しいビジュアル!!

小料理屋然としている。

そして?
f:id:hidekinghenry:20190926010303j:image

ほほう、鰯が高級魚のような装いだな。


f:id:hidekinghenry:20190926010310j:image

皮がキラキラしている。柔らかいのだが、身がしっかり入っている感じが箸の先から伝わってくる。

 

ふほほほー♪

これはうまそうなホクホク感だ。

次郎は鰯と白飯を同時に口に放り込んだ。
f:id:hidekinghenry:20190926010314j:image

はふはふ。はふはふっ。

 

う、うまい!!脂が乗っていて、柔らかいものの、身がほぐれることもなく、まとまりがある。口の中で柔らかくほどけていく身が、特製のタレと交わり、まるで穴子や鰻のような食感だ。それがこの白飯に抜群に合う。

これは当たりだ!!

次郎は独りごちた。

 

そして、このボリューム。鰯の身が4本も入って…たまらんな。

 

パクパク。むしゃむしゃ。はふはふっ。

パクパク。ハムハム。はふはふっ。

ハムハム。むしゃむしゃ。はふはふっ。

 

 

ふぅ。うまかった。ご馳走さんっと。

あっという間のクルーズだったな…

おい女将、会計だ。

 

はい。1200円です。

ほらよ。釣りはいらねぇよ。それで新しい炭でも買いな。

 

次郎はキッチリ1200円をカウンターに叩きつけた。

 

ラガラガ♪

おっと、並んでるな。早めに来て正解だったな。

店の外には、これから鰯にありつきたい奴らが列を成している。

次郎はその列をかき分け、地下鉄の赤坂駅に向かって歩いていった。

汗が噴き出す陽気は、いまだ去りそうにはなかった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190926235227j:image

會水庵@赤坂

穴子がメインの店だが、鰯が最高にうまい。シラスと鰯の親子丼もうまいが、鰯がたくさん食べたければこの鰯丼を。

3.6次郎