読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かつ吉

うーむ、いい天気だな。少し暑そうだが…

こんな時はテラス席でゆっくりしたいいもんだな。

 

次郎はベッドの上で早速ググってみると、ガブリというステーキ屋が渋谷にあり、そこはサラダバーがついていてテラス席もあるとのことだった。

 

ステーキにはそこまで期待できんだろうが、いってみない手はないな。

次郎は独りごちた。

 

 

青山から六本木通りに出て渋谷に向かった。途中で並木橋方面にくだって明治通りにでた。

 

件のテラス席は道を渡らねばならないが、明治通りは横断歩道が少なく結果渋谷駅近くまで来てしまっていた。

信号を待っていると、何やら弁当を買いに列をなす一段が見えた。

 

これは匂うぞ。

近づいて見ると重厚な店構えのとんかつ屋があった。かつ吉か…聞いたことあるな。どうするか…やはりテラスよりとんかつだな。

逡巡したものの、次郎はかつ吉に吸い込まれていった。

 

ガラガラ♪

 

なに!

まだ1130だというのに既に待ち人が数名おり、店内にも客が入っていた。

 

受付も重厚な雰囲気だった。

 

ふー、なんだか席が空いてそうなのになんで待つんだ?あぁ。

次郎は独りごちた。

 

程なく呼ばれカウンターに通された。大きなメニューが立てられていた。

このメニューはとん久みたいだな。

まぁいい。

ふん、結構高いな夜メニューは。

 

てごね牛カツにもひかれたが、思い切ってかつカレーにした。前日のカレーが尾をひいていた。

 

よしおやじ、かつカレーを頼む。

 

はいよ!

無料でライス大盛りにできますが?

 

いや、いい普通だ。

 

次郎は眼を閉じた。

 

 

はい、お漬物です。

おかわり自由です。

f:id:hidekinghenry:20170516120709j:image

 

なんと、お代わり自由か。これは人気になるな。どれもうまいな。ちっ、大盛りライスの誘惑が押し寄せるな。

いかんいかん。ここは、我慢だ。

 

はい、サラダです。

お代わり自由です。

f:id:hidekinghenry:20170516120817j:image

ほう、キャベツもお代わり自由か。ますますサラリーマンで混むわけだな。

 

厨房にはひっきりなしにオーダーが入る。しかし、牛カツとカツ丼ばかりでかつカレーはほとんどなかった。

 

ふと隣を見るとめちゃくちゃでかいエビフライを若いリーマンが食べていた。

ほう、あれもうまそうだ。

食べる前から不謹慎だが、再訪あるなこれは。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20170516122734j:image

赤出付きか!しかも量も多い。コスパがいいな。

どれどれ、カレーはシンプルに見えるが…

 

ほう、うまいじゃないか。味はサッパリしてるがコクもある。とんかつに合いそうだ。

お、とんかつもいい感じだな。

f:id:hidekinghenry:20170516122940j:image

塩をかけてと。とんかつをカレー以外の味で味わうのも、かつカレーの醍醐味だな。

 

脂が乗ったとんかつだ。うまい。

 

これは箸が進む君だ!

クククッ

 

サラダ、お代わり!

意識して野菜を食わないとな。

 

ムシャムシャ

 

ズズズッ

 

赤出もうまい。

 

ふー。ご飯は少し残すとしよう。

しかし、大満足だな。

 

こんな店があったとは。

 

会計だ。

 

1550円です♪

安いな、あんだけ食って。

 

ガラガラ♪

 

ぬおぉ、熱いな。いつものあそこでコーヒーでも飲むか。あの店員はいるかな…

再び自転車で漕ぎ出す次郎。

真昼の陽射しは次郎の肌を焦がした。

 

しかし、コーヒー屋に待つ何かが次郎の心も焦がし始めているようだった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170516124032j:image

 かつ吉@渋谷

昔からありそうな店構えのとんかつ屋。店内は広い。サラダと漬物がお代わり自由。とんかつもうまい。カツ丼、生姜焼きも後ろ髪が引かれる。ランチはコスパもいい。再訪必至。

3.6次郎

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘンドリクス カリー バー

このところ次郎は毎日プールに通っていた。

 

毎日泳ぐようになると、泳がない日は逆に体が気持ち悪いような感覚に陥っていた。そんな感覚に嬉しさを覚え始めた次郎だった。

 

そんな中、いつも神宮のプールに行く途中に数件の気になる店があったが、自転車の下り坂は気分が良く、後ろ髪がひかれるものの通り過ぎてしまっていた。

 

 

さてと、今夜はいつもの倍も泳いだことだしな、何か食べて帰るか。

 

時刻は午後6時。

少しググってみると、いつもなんとなしに見ていたバーが、実はカレー屋らしいということに気づいた。

 

 

これは一人で入れそうだ。

行ってみるか。

次郎は独りごちた。

 

ラドウィンプス カリー バーはと…

ん?ここか?

 

なんだヘンドリクス カリー バーか。ラドウィンプスはなんだっけかな。まぁいいか。

 

夜の7時。既に店内は賑わっていた。

 

お一人?

 

あぁ。

 

じゃあこちらに。

店は夫婦で切り盛りしており、忙しそうで次郎はほっとかれた。なんだ水もでねーんだな。まぁいい。バーということか。

 

さて、黒板には小皿メニューがたくさんあり、ただのカレー屋ではなかった。

 

タンドリーチキン系も、串で丁寧に焼かれていた。

 

む、うまそうだ。店主の質実剛健な感じが伝わってくるな。

 

どうなさいます?

突如沈黙は破られた。

 

店主の妻だろうか、促され、春菊と納豆のサラダ、ラム肉の塩麹ティッカ、マサラカレー、ハイボールを注文した。

 

 

ここは、だれかと来た方がよさそうだ。

次郎は独りごちた。

 

 

隣ではおやじが若い女性を口説いていた。

 

ふん、まぁいい。

次郎は眼を閉じた。

 

はい、サラダです。

 f:id:hidekinghenry:20170515201345j:image

ほう、なかなかのボリュームだな。

どれどれ。

 

ほう。ノリと紫玉葱、春菊、納豆が口の中で弾ける。豆板醤とラー油か?ピリ辛の味が納豆にマッチする。これはうまい。ハイボールが進むな。

 

まずは、前哨戦は合格というところか。

 

相変わらず隣のジジイは若い女性を口説いていた。日本酒は飲める?

 

飲んでからどーするというのだ?あぁ?

ふん、まぁいい。

 

はい、ハーフナンです。

 

先にナンがきちまったか。

ふん。

f:id:hidekinghenry:20170515225436j:image

あ、あつ!

ナンは予想以上に熱かった。

 

ふー、舐めてると痛い目に合うな。

 

はい、キーマ・マトンカレーです。

f:id:hidekinghenry:20170515225633j:image

ほう、うまそうだ。

これはナンが生きるな。

 

 

うまいなこれは。あぁキーマカレーは肉がうまいんだよなー。ナンに合うなー。

 

はい、ラム肉のティッカです。

f:id:hidekinghenry:20170515230142j:image

うまそうだ。

いいなぁ、このタンドリー感。んー、うまいな。これはなんだか他の料理も食べたくなってきたな。

f:id:hidekinghenry:20170515231020j:image

 

君が頑張るなら力になるよ。

ありがとうございます。それにしても美味しいですねこのカレー。

 

ふん、そりゃあうまかろう。それは出世の味か、ジジイの味か。

 

まぁいい、俺はカレーに集中するのみだ。

 

ゲフッ

 

うまかったな。

これはまた来たいな。

 

3090円です。

コスパはまぁ普通だな。

 

また来るぜ。

さてと、二件目はどこにいくのかお二人さん。

 

次郎ほ自転車に乗って神宮前の坂道をあがっていった。夜風は気持ちよかったが、今夜は六本木ヒルズのタワーがやけに怪しく光って見えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170515231007j:image

 ヘンドリクス カリー バー@神宮前

カレー屋。しかし、小皿料理が充実。店主はあまりしゃべってくれないが、味は確か。誰かと来るのもいいが、駅から遠いにもかかわらず結構混んでいる人気店。

3.5次郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

World Breakfast All Day

さてと、運動でもするか。

 

次郎は最近また医者から節制を呼びかけられたため、一念発起して運動することに決めた。

 

昼夜とうまいものばかり食べるのも、1日に自由に食べるのは一食にすることにした。五月はそれでどこまで乗り切れるか試すことにした。

 

5月に入ってから毎日プールに通っている。 

 

我ながらよくやるわ。

次郎は独りごちた。

 

しかし、今日は腹が減ったな。プールで体力を使うしな、どうするか…

 

神宮のプールにいく途中に、世界の朝食を一日中食べさせる店があった。

有名なのは知っていたが、いつも女性ばかりで混雑しているため次郎は入れずにいた。

 

たまたま、途中にその道を通るため、店内を覗いてみたところ、今日は空いていた。

 

お、チャンスだ。入ってみるか。

 

カランコロン♪

 

いらっしゃいませ。

女性の店員しかいなかった。客はカップルが1組。メニューを見ると今日はスイスの朝食がテーマだった。

しかし、パンケーキが中心であったため、次郎の好みではなかった。そのため、次郎は毎日用意されてるイングリッシュブレックファーストを注文した。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20170512212251j:image

ほう、綺麗だな。

イギリスで市販されているソースも供された。

なるほど、ケチャップ代わりというわけだな。

次郎はドボドボもハッシュポテトにふりかけた。

 

さてと、頂くか。

むしゃむしゃ。

ほう、うまいな、当たり前か。まずく作るのが難しいか。洒落てるしな。これは女性が好きそうだな。

前に座ってるおばさんはスイスの朝食をむしゃむしゃほうばっていた。

しかし、やはり女性かカップル向きか…

次郎は独りごちた。

 

ゲフッ♪

 

うまかったな。さてと、お会計頼むよねーちゃん。

 

はい。2300円です。

ふーん、チョット割高だな。

 

まぁいい。

 

カランコロン♪

次郎は店を出るとそそくさと自転車にまたがった。

 

これで1キロ遠泳はマストだな。

 

生暖かい初夏の風を切って次郎は神宮前を疾走した。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170512212224j:image

 World Breakfast All Day@外苑前

世界中の朝食を月替わりで提供するお店。一日中営業。女性客が多数で混雑している。変わり種としては面白い。

3.4次郎

カラシビ鬼金棒

ふぅ、歩き疲れたな。

 

次郎は仕事で都内を歩きまわっていた。普段から歩き慣れていない次郎には。炎天下の最中に歩き回るのはだいぶきつかった。

 

こうも歩くと腹が減るな。体力を取り戻さねばならん。

 

場所は神田。神田といえば、たくさんあるが、つけ麺で有名か…

暑いしな。ラーメンよりつけ麺だ。

 

 

次郎は駅周辺を彷徨った。

三ツ矢製麺所、麺や武蔵系の神山、やすべえ、チェーン店ばかりか。ないのか他に…

 

あ、暑い。もうどこでもいいか。

そう思ったやさき、真っ黒な店構えが目に入った。

 

おお、あれはラーメン屋か??

 

近くと。同じ店舗が二店舗連なっていた。一方がラーメンで、もう一方はつけ麺屋だっ。ラーメン屋のほうが混んでいたが、迷わずつけ麺屋に入った。

 

いらっしゃい♪

 

席は満席だった。

肉増し、もやし増しを押しつけ麺の食券を買った。

 

麺の量は?

 

中盛りで。

400グラムか、かなりあるな。まぁいい。たくさん歩いたしな。

次郎は独りごちた。

 

席が空き、カウンターに座ると水を飲み干した。

ふー。やっと落ち着いた。

 

 

はいよ、つけ麺、もやし、肉増しおまち。

 

f:id:hidekinghenry:20170508163806j:image

で、でかい。もやしが…

スープは濃くてうまそうだな。どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20170508163837j:image

おお、熱くて濃厚だ。このバラ肉がうまいな。麺を引き立てる。

 

ズルズル。うん、腰もある。いいぞ。

辛さは普通ならそれほどでもないな。

 

ズルズルッ

 

肉とスープともやしのコラボがたまらん。部屋とワイシャツと次郎だ。

次郎はコッソリ独りごちた。

 

ふん、まぁいい。

ズルズルッ

 

麺がなくならん。

 f:id:hidekinghenry:20170508164313j:image

ズルズルッ

 

 

ふー。きつい。

少し残すのが大人ってもんよ。

 

次郎は麺を少しだけ残しフィニッシュ。

 

ふー、今日はこのくらいにしといてやろう。覚えとけ!

 

次郎は敗北の眼差しを向けながら店を出た。

 

ゲフッ

 

つけ麺の量には気をつけないとな。

梅雨も来ていないというのに真夏のような日差しを浴びて、次郎は神田の駅を足早に後にした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170508163806j:image

カラシビ鬼金棒@神田

なかなか有名なつけ麺屋。ラーメン屋も隣にある。麺のコシもあり、スープは濃厚。肉増しは必須と思われる。平日の昼は列ができるらしい。なかなかうまい。

3.3次郎

麺飯食堂なかじま

f:id:hidekinghenry:20170502132250j:image

さてと、ここは酢豚らしいな。

 

次郎は勢いでデラックス定食のボタンを押した。勿論酢豚を食べるためだ。

 

ここは気にはなっていたものの、一人客が少なそうで躊躇していたのだった。

 

しかし、渋谷のこの通り沿いの飯屋も行き尽くした感がある。もうここしか残ってない。エイヤっで扉を開けた。

 

キュイ♪ (引戸だった)

 

f:id:hidekinghenry:20170502132832j:image

奥のカウンターを案内された。

 

厨房からは中華鍋とガス台の金具が勢い良く当たるカンカンという音が響いてくる。

 

…うまそうだ。

次郎は独りごちた。

 

はい、酢豚です。

f:id:hidekinghenry:20170502133035j:image

ほう、なんだかフレンチのような盛り付けだな。

さてと、ほぉ。うまいじゃねぇか。さすが酢豚の店だ。バラ肉がでかい。味も濃い味でいいな。飯が進んじまう。この腹には毒だな。クククッ。

そう言いながら次郎は白米を口に運んだ。

 

はい、濃厚塩ラーメン。

f:id:hidekinghenry:20170502133302j:image

どれどれ、オヤジのラーメンではないがと…

ほう、濃い味なのかポタージュスープだなこれは。意外な味だ。しかし、麺がうまいな。これは白飯はお預けだな。

 

ズルズルッ。

次郎はラーメンをすすった。

 

そして、最後は。

 

餃子お待たせしました。

 

やっちまった。

f:id:hidekinghenry:20170502133458j:image

しかし、ラーメンを食べたら餃子にいかない理由がない。文句あるかこの野郎。

 

くー。うまい。またしても。やってしまった。

 

兄ちゃんお勘定頼む。

 

はい、1530円です。

 

釣りはいらねー。

これで1530円か。コスパ良し、再訪必死か。

次郎はごちた。

 

カウンターにはきっちり1530円を置いて来た。

 

春の風が背中を通り抜け、気持ちいい渋谷の夜だった。

 

 続く。

f:id:hidekinghenry:20170502133814j:image

麺飯食堂なかじま@渋谷

コスパ。お一人様楽勝。どんどん箸が進む中華食堂。サラリーマンの味方。やはり酢豚か。

3.4次郎

 

 

 

 

 

 

大黒屋 天丼

う、うぅ、蒸し暑い。

 

東京は雨の直前によくあるように蒸していた。

次郎は浅草駅構内を歩いていた。

地下は湿気がこもり、週末の人出でごった返し、構内はうっとおしいほどに蒸していた。

 

うぅ、出口はどこだ…

 

ドンッ

 

うぉ、

後ろから外国人の団体客が押し合いへし合いで通り過ぎる。

 

くそっ、なんだってこんなに混んでやがるんだ!浅草は。

 

次郎は久しぶりに休日の仕事が入っていた。

くそ、あのクソジジイ。偉そうに資料を持って来いだと。何様だっ!

 

次郎は、ある大学教授に資料を届けることになっていた。

 

ちっ、しかし、もう1時か。いい時間だ。約束の時間まで1時間もあるしな。昼でも食うか。

 

さてと、浅草といえば…

うなぎ、天ぷら、麦とろ、蕎麦…なんでもござれだ。

 

しかし、駅構内と同じく街も混んでいた。

 

ちっ、雷門から離れよう。そういえば、濃い味の天丼の店があったはずだ。

次郎は浅草寺の裏道を抜けた。

 

おぉ、あった!

大黒屋。浅草の天丼で有名な店だった。

 

くっ、ひどい列だ。

優に20人は並んでいた。

 

なんだこりゃ!週末は鬼門だな。

ん?

ふと、見ると大黒屋本店の裏に別館があり、列はなかった。

 

おぉ!なんだ、別館があるじゃねーか!ははっ!あいつらはど素人だな。かっかっかっ。

次郎は喜び勇んで別館の戸を開けた。

 

ガラガラ♪

 

はい。何名様ですか?

 

一人だ。

 

どうぞ。

 

おぉ。ついてるな。

次郎は席に通された。

さてと、、、

 

えい。よくわからんが、天丼セット頼む!

 

はいよ。

 

横を見るとペルシャ系の外国人が悪戦苦闘していた。

 

ふん、日本食をなめるなよ。

次郎は独りごち、目を閉じた。

 

 

 

はい、お待ちどうさま。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20170423174951j:image

 

おお、うまそうだな。タレがたっぷりで衣がしんなりしてるな。

 

ガブッ

 

おお、べっとりしてるかと思ったが、そんなことないな!

揚げたてなためべっとりタレがかけてあっても中身はしなびておらず、絶妙だった。

ほぅ。これはいけるな。

キス、海老、かき揚げ、野菜とボリュームもすごかった。

 

満足だ。まぁいい値段だしな。

 

おばちゃん、会計だ!

 

出口になります。

 

ちっ。わかったよ。

次郎は席を立った。

隣ではまだペルシャ系が天丼に悪戦苦闘していた。

 

ふん、日本の悠久に慣れることだな。

次郎は独りごちた。

 

ガラガラ♪

 

うっとおしい雲は薄くなり、雲間から力強い初夏の陽が射していた。

 

f:id:hidekinghenry:20170424103403j:image

大黒屋@浅草

濃い味のタレがたっぷりかけてある天丼。一品と澄まし汁がついて2100円。値段は浅草価格だがうまい。

3.4次郎

 

 

 

覆面智⑧ 白えびと鯛出汁の塩ラーメン

あ、暑いな…

まだ四月だというのに。

 

次郎は住民票を取るため区役所向かったが、支所が三田線沿いにあることが判明し、三田ならばと神保町に途中下車した。

 

むしろ、遠回りだな。まぁいいか。今日はオヤジの妹のバースデー。いつもと違うラーメンが味わえるなら行かない手はないな。

次郎はひとりごちた。

f:id:hidekinghenry:20170418122950p:image

くくくっ、白えびに鯛か。うまそうだ。

 

店の前につくと、既に人が並んでいた。

f:id:hidekinghenry:20170418123036j:image

おぉ!さすが常連は耳が速いな。

 

次郎は大人しく列に並び、目を閉じた。

 

お客さん、どうぞ。

突如沈黙は破られた。

 

おぉ、弟子の兄ちゃんか。千円だな。ほらよ。持ってけドロボー!

 

次郎は店内に入りカウンターに座した。よし、オヤジ、大盛りで頼む!

 

ハイよっ。

 

小気味のいい会話に麺の湯切り音が続く♪

次郎は再び目を閉じた。

 

チャッチャッ

 

チャッチャッ

 

チャッチャッチャッチャッ

 

 

はいよ。お待ち。

再び沈黙は破られた。

 f:id:hidekinghenry:20170418123525j:image

そういえば、トッピングを言い忘れていたがいつも通り、味玉に海苔、青唐辛子が入っていた。

 

さ、さすがだオヤジ!

しかし、この豚しゃぶがまたうまそうだぜ。

 

まずはスープからだな。

いつも通りスッキリとした透明なスープだった。

む、えびだけでなく鯛の味までしっかりついてるな。えびで鯛を釣るってかっ!!

ハハッ、やるなオヤジ!

 

そして、豚しゃぶだ。

くー、うまいな。豚しゃぶも単なる肉ではなく、ちゃんと出汁の効いた味が予めついている。これはうまいはずだ。

 

ズルズルッ

 

 

ズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズー

 

ズルズルズルッ

 

ズズー

 

ズズズズズー

 

 

ふぅ。ごちそうさんと。

い、いかん、またスープを飲み干しちまった。

 

 

毎度♪

器を下げるオヤジの嬉しそうな顔を見て諦めがついた。

 

オヤジ、今日もうまかったぜ。妹さんと良い誕生日をな!

そう言い捨てて、次郎は店を出た。

 

ふぅ、俺もそろそろバースデーなんだけどな…

ボソリと呟く次郎。

 

その言葉はすぐに都会の喧騒にかき消された。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20170418123525j:image

覆面智@神保町

いうもながら味の変わるラーメン屋。今回は白えびに鯛と贅沢な出汁。いつも通りのハイクオリティ。完敗です。

 

3.8次郎