食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

赤坂一点張 炒飯

牡蠣は美味かったんだがなぁ。

次郎は独りごちた。

 

オイスターバーに行くとやはり牡蠣ばかり食べてしまい、他のものをあまりたべられない。

食べたくて行ったのに結果飽きている。大概の店は他のメニューが牡蠣料理ほど充実していない。そんなジレンマである。

 

赤坂のオイスターバーを出た次郎。

すぐそばに木造のファサードのある店がある。

扉に一点張と書いてあった。

 

ん?なんだこれは。しかも出口専用か。

気になって回り込んで見るとラーメン屋だった。しかも満席。時刻は21時30分。

 

サラリーメンが締めの一杯に集まる場所か…大概大したことないんだよな。こういう店は。

 

しかし、牡蠣料理ばかり食べていた胃は他のものを、とりわけガツンとしたものを欲していた。

 

えい、ままよ。

ガラガラ♪

次郎は重い扉を開け放った。

 

いらっしゃい。

狭いがカウンターしか空いていない。

まぁいい。

次郎は所狭しと隣のデブリーメンを押しのけて座った。

 

ラーメン屋に入ったものの、ラーメンよりも炒飯に惹かれてしまう次郎。

 

うーむ、どうするか…

 

ふと隣のデブリーメンを見ると大盛りの炒飯を幸せそうにかきこんでいる。

 

く、こりゃ炒飯だな。

 

おい、おやじ。

炒飯中盛り。それと、餃子。さらに、チャーシューだ!

 

はいよ!

 

水を入れ、次郎は目をつぶった。

 

はいお待ち。チャーシューね。

f:id:hidekinghenry:20171018125114j:image

ぐ、辛くてうまそうだな。

ぐしゃっ。

ほう。ちょうどいい硬さだ。下のモヤシと豆板醤が心地よい。うまいなこれは。

 

はい、炒飯とスープね。

うまそうだ。

む、これは、こうしたらもっとうまくなるのでは…

次郎はチャーシューを炒飯に乗せた。

おお、うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20171018125421j:image

どれどれ。

ぐおっ、うまい。炒飯にはもともとチャーシューが入っているが、更にオンするとよりニクニクしさが溢れる。

うまいぞ!

そして、更に追い豆板醤だ。

 

ぐぁ、うめー!うめーよオヤジ!

はい、餃子ね。

f:id:hidekinghenry:20171018125536j:image

お、忘れてた。デカイな!

なんじゃこりゃ。

 

ハフハフッ

 

うまいなこれも。

炒飯のスープあっさり魚出汁でいい口直しだ。

 

当たりだな。これは一軒目でもいいぞ。

 

むしゃむしゃッ

 

ズズズッ

 

むしゃむしゃッ

 

ズズズ

 

 

ゲフッ

 

 

ぐあ、口が餃子臭!

まぁ、それもいいか。

次郎は独りごちた。

 

よし、オヤジ会計だ。

2400ね。

 

ビールも飲んじまったし仕方ねーな。

ほらよ。釣りはとっときな。

次郎はキッチリ2400円をオヤジに渡し店を後にした。

 

ガラガラ♪

 

うぉう、あぶねーな!

 

店にはどんどん締めリーメン達が押し寄せる。入って来る客を押し分け赤坂駅に向かう次郎。

 

一陣の冷たい風が次郎の横をすり抜けていった。

 

さぶっ

 

秋はすぐそこまで来ていた。

 

 

続く

f:id:hidekinghenry:20171018184658j:image

f:id:hidekinghenry:20171018184607j:imagef:id:hidekinghenry:20171018184644j:image

赤坂一点張@赤坂

味噌ラーメンの店らしいが炒飯が絶品。おつまみチャーシューとともにどうぞ。ジャンキーにうまい!!サラリーメンの味方。

3.7次郎

 

 

 

 

Shanti 原宿店

 

いやー、よく泳いだ。

仕事後、時は夜9時。次郎はジムのプールで泳いでいた。

 

9時か…さてと、原宿あたりまで行ってみるか。

次郎は独りごちた。

 

自転車で明治通りのいくつかの坂を登り下りすると裏原宿に至る。

そこから怪しい店がたくさん出てくる。

次郎は古めかしい居酒屋に目を引かれて自転車を止めた。

しかし、よく見るとスープカレーの文字。

何っ!原宿にスープカレー。Shanti とある。

これは、渋谷にあるやつか、味は普通だったな。しかし、ここは何かを感じる…えい、ままよ!

次郎は店に突入した。

 

カランコロン♪

 

客はあまりいない。

ミスったか…

 

4人席に通される次郎。

f:id:hidekinghenry:20171012231858j:imagef:id:hidekinghenry:20171012231907j:image

サイドも行くか。

次郎は独りごちた。

 

おい兄ちゃん、注文だ。

はい。

 

スープカレー曼荼羅スペシャル。トッピングは納豆だ。それとキノコとベーコンだ。

 

はいかしこまりました。

 

曼荼羅スペシャルは野菜多種とチキン。

キノコとベーコンはその名の通りを炒めたもの。

 

次郎は目を閉じた。

 

はい、キノコとベーコンです。

f:id:hidekinghenry:20171012232926j:image

ほう。見た目は普通だが…おぉ、味が濃くてうまい!予想外だ!俺の嗅覚は間違ってなかったか!

 

はい、曼荼羅スペシャルです。

f:id:hidekinghenry:20171012233029j:image

f:id:hidekinghenry:20171012233034j:image

おお、これはボリューム満点だ。納豆は入れてきてほしかったがなぁ…まぁいい。

次郎は納豆をかき混ぜスープカレーに投入した。

 

さてと。

まずはスープか。

うーん、濃厚だな。うまい。

チキンはと…

むっ、ほろほろだな。うまいぞ。

人参もパプリカもシャキッとしてていい。

納豆も合格だ。

うん、これはうまい。断然原宿店だな。

掘り出しもんだ。

 

ズズズッ

 

グシャッ

 

ズズズ

 

ザクッ

 

ズズズ、ズズズ、ズズズズズズー。

 

ぷはー。うめー。良い辛さだ。スパイスが効いている。

 

ズズズズズズー。

 

ゲフッ

 

ごちそうさんと。

 

ふー、2000円か。まぁそんなもんか。

おい、兄ちゃん、会計だ。

 

2020円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ!

キッチリ2020円を置く次郎。

 

もう22時半か…

汗もかいたことだし、風呂にでも入るか。

次郎は自転車に乗り、表参道方面の坂を登っていった。額から汗が噴き出してくる。

 

秋はまだまだ遠い夜だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171012233034j:image

Shanti@原宿

渋谷店より断然うまい。ここならまた来たい。濃厚でピリッとくるスープに野菜とチキンがうまくマッチしており、箸が進む。

 

3.6次郎

 

かつ壱 目黒

…というわけで、常に危険を予測した運転をこ心がけ…$#•£€&¥@!<%#...

 

ふー、なんでこんなつまらねー講義を受けなくちゃならねーんだっ、あぁ?教えてくれよ!お天道様よぉ。

 

次郎は自動車教習所で指定のつまらない講習を受けていた。

朝から4時間、午後は3時間。なんだこのカリキュラムは。長すぎるだろっ!あぁ?教えてくれよ!お天道様よぉ。

俺様の時間をなんだと思ってやがる…

 

絶望の4時間が過ぎ、時刻は11時45分。

 

ふー、やっと前半戦が終わったな。

午後まで2時間。長い休憩だ。

しかし、目黒ならば…この機会を最大限利用させてもらうぜ。

次郎は、うだつのあがらない白髪の教官に一瞥をくれて教習所のビルを出た。

 

恵比寿駅から目黒駅方面に道を登っていくと、目黒駅周辺に食堂街が見えてくる。12時にはどっと疲れきったサラリーメンズたち、通称"オワリーメン"が街を蹂躙する。

次郎はその少し前の11時50分、講義の合間に調べておいたあるとんかつ屋に向かっていた。

10月も半ばだというのに陽射しはまだ夏の気配を漂わせている。

 

くそっ、意外に歩くな。暑いぜ。

しかし、こうやって苦難を乗り越えてこそ、うまいとんかつにありつけるってもんだ。

 

目黒駅直前の交差点のビルの地下一階にその店はあった。

 

 

しかし、すでに列が出来ている。

f:id:hidekinghenry:20171010124116j:image

く、12時前だというのに。

まぁいい、期待も膨らむってもんだ。

f:id:hidekinghenry:20171010124219j:image 

ランチメニューは3つ。

ヒレ、ロース、カツカレー。

 

お客様、何名様?メニューは?

独りだ。ロース。

即決だった。

とんかつ屋の実力はロースに現れる。

 

カウンターは所狭し。満席だった。奥のテーブルに相席させられた。

f:id:hidekinghenry:20171010124425j:image

カウンターにキャベツが多数鎮座している。夜は一品料理もあるらしい。

この雰囲気、名店の匂いがするぞ!ははっ!

次郎は独りごちた。

 

はい、おまちどぅ♪

f:id:hidekinghenry:20171010124629j:image

ぬおぉ!でかい!1100円でこのでかさか!

どれどれ、

f:id:hidekinghenry:20171010124718j:image

中もいい感じのピンクだ。

f:id:hidekinghenry:20171010124726j:image

ぶ、分厚い!!

これはきたぞ!次郎とんかつ五選にランクインか!?

 

どぼどぼっ

次郎はたっぷりととんかつソースをかけて、更にたっぷりと洋がらしを塗りたくり、一気に頬張った。

ぐしゃっ!

 

ぐぉ!

サクサクだっ!しかし肉はしっとり柔らかく、そして歯切れもいい!

うまい!

おやじ!

うまいぞ!!

 

次郎のテンションは上がった。

続く二切れ目は醤油を垂らしおもむろにに頬張った。

f:id:hidekinghenry:20171010125059j:image

ぐぉ!

醤油のさっぱりとした味がロースの脂と溶けあって絶妙なハーモニーを奏でる。

 

うごぐぁ…

こりゃたまらん。

次郎は迷わずライスを掻き込んだ。

 …

はぁはぁ、

これは戦いだ。しかし幸せな戦いだ。

 

どぼどぼっ

 

むしゃむしゃっ

 

ササッ

 

むしゃむしゃっ

 

サクっ!

むしゃむしゃっ

 

ズルズルっ。

 

ゲフッ。

 

ふー。

白飯も味噌汁も一気に駆け抜けた次郎。

1984年のロス五輪でカールルイスが100メートルトラックを当時の彼の自己ベストで駆け抜けたように、まるで体の全身がかもしかになったような気分にさせられる見事な全力疾走だった。

 

 

だ、だめだこりゃ。

午後は寝るな。

とりあえず瞼に目玉でも書いとくか。

 f:id:hidekinghenry:20171010131610j:image

なんてなっ!はは!

 

ますますテンションが上がる次郎。

午後はつまらない講義という格好の睡眠導入剤を投与された上、うだつのあがらない白髪の教官の眠狂四郎の魔剣をお見舞いされるわけだ。

 

ふんっ、望むところよ!

 

そう言いながら、すでにあくびをする次郎。

 

おい、おやじ、釣りはいらねーよ!

テーブルにきっちり1100円を叩きつけ、暖簾をくぐる次郎。

地下から地上に出ると、照りつける太陽がますます次郎の睡魔を呼び覚ます。

 

眠狂四郎が一心に剣の刃を磨いていることも知らずに、次郎はふらふらと元のビルに吸い込まれていくのだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171010130052j:image

かつ壱@目黒

食べログ100選に選ばれたとんかつ屋らしい。

衣さくさく、中はしっとり、脂ぎっしり、ボリューム最強。これで1100円という超高コスパ

オワリーメンたちのオアシス。目黒に来たら一度はおいで。

3.7次郎

 

 

 

 

 

 

こづち 恵比寿

次郎は久々に朝早く目が覚めた。

今日は休日。

一気に洗濯や掃除を片付けた。

 

ふー、これだけやってもまだ10時30分か。

気分がいいな。

 

この数日急に秋めいてきた東京。

暑さの苦手な次郎の気分も晴れやかだった。

 

さてと、これだけ早いと人気の店も並ばずに入れちまうか。

むー、そういえば、この前行った恵比寿のラーメン屋つなぎのそばにいつも混んでる定食屋があったな。

よし、今日はそこだな。

次郎はそそくさと家を出た。

 

んー、秋風が心地いいな。

自転車を漕ぐ次郎。穏やかな陽射しが次郎を包んだ。

 

広尾高校の裏を抜け、恵比寿に着いた。

おっと、ここらへんだな。

 

どこだ?むう、このへんなんだが…

 

ぬぉ、ここか。路面店にもかかわらずひっそりと店はあった。まだ満席ではないようだ。

f:id:hidekinghenry:20171003130847j:image

日替わりが500円!!安い。

なるほど、行列の理由はこれか。

ハンバーグ定食が850円。これはふつーだな。

 

店に入ると20席ほどカウンターがあり、残りは3席。11時20分だというのに混んでるな。

 

次郎は空いているカウンターに座った。

f:id:hidekinghenry:20171003131050j:image

さてと、やはり、ハンバーグか。

 

おい、おやじ、ハンバーグ定食1つ。

それに、ハムエッグもな!

これで結局1250円か。つい頼んじまった。

次郎は独りごちた。

 

ユリ…

はい、ハンバーグお待ち。

 

は、速い。ユリオカを言い終える前に来やがった。できるな。

f:id:hidekinghenry:20171003131317j:image

ぬお、ごつい。熱々だ。

煮込みハンバーグだな。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20171003131349j:image

肉ぎっしりだな。

んー、懐かしい味だ、味も濃くて飯がすすむなこれは。

 

はい、ハムエッグね。

f:id:hidekinghenry:20171003131424j:image

ぐお、予想以上にでかい。そして卵二個。半熟。こりゃたまらん。

次郎は半熟卵をこぼさないように口に放り込んだ。

うほほっ!溶ける。醤油と相まってうまい。たまらん。

次郎はハンバーグとハムエッグを交互に食べた。

f:id:hidekinghenry:20171003131559j:image

 たまらん。

 

ムシャムシャ。

ザグザグ。

ムシャムシャ。ザグザグ。

ズズズッ。

 

ゲフッ。

ふー、腹一杯だ。飯は食いきれん。まぁいい。

 

おい、おやじ会計だ。ほらよ。釣りはいらねぇよ!

キッチリ1250円を手渡した。

 

ふー、まだ20分しか経っていねー。タイムトラベルか。提供も速ければ食うのも速くなる。比例の法則だな。

ふんっ。

 

オチのつかない展開に苦笑いしながら店を出た次郎。まだ11時50分。

恵比寿のサラリーメン達がぞくぞくと湧いて出てくるころだった。

 

ふんっ、日替わりの500円に甘んじるようなオワリーメンにはならないようにしないとな。

 

次郎は颯爽と自転車に乗って走り出した。

ぐお、鍵をはずすのを忘れていた。

危うく自転車ごと前転しそうになった。

 

ちっ見せもんじゃねーよオワリーメン!すっこんでろ!!

 

 

次郎は恥ずかしさを気取られないように急いで体制を立て直し、代官山方面へ走り去った。

 

ふぅー。ここまでくればもう大丈夫だろう。

穏やかな陽光も一度自転車を漕ぐと汗が出てくる。

 

まだまだ夏の残り香を感じる10月の昼下がりだった。

 

 

続く。

こづち@恵比寿

f:id:hidekinghenry:20171003132505j:image

f:id:hidekinghenry:20171003132509j:image

恵比寿駅から徒歩3分。小綺麗な恵比寿にあって学生街にあるような定食屋。コスパから昼時は大混雑。時間を外していくのがよさそう。なんでもそれなりにうまい。サイドメニューの目玉焼きもオススメ。

3.6次郎 

 

鴻 スープカレー

それはグロテスクなまでに暗闇の中だった。

山縣来栖はその闇の中にぽつんと佇む一軒の洋館を見つけた。

 

ふーむ、これから殺人が起こりそうな気配だ。

パタリ。次郎は本を閉じると、腕時計に目をやった。

むぅ、12:45か…そろそろ昼飯でも食うかな。次郎は喫茶店の席を立ち上がった。

 

今日は神保町に本を探し求めていた次郎。昼は神保町で取ることに決めていた。しかし、いつものオヤジのラーメンは今日はやめておきたいところ、目の前に鴻というレトロな看板が目に入った。

f:id:hidekinghenry:20170927132440j:image

よく見るとスープカレーを出す店あの鴻らしい。

ほぅ、こんなところに鴻か。よし、決めた。今日はここだな。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませー。

 

む、暗い。そして間口が狭い。

なんと靴をぬぐのか。

 

ま、まぁいい。

中にもう一枚扉があった。

ガラガラ♪

 

む、更に暗い。

まるでグロテスクなまでの暗闇だった。

f:id:hidekinghenry:20170927132734j:image

なんだここは、飲み屋か。

どうやら夜は飲み屋のようだった。

メニューを見る次郎。

f:id:hidekinghenry:20170927132841j:image

だいたい千円前後か。

ん?カウンターに置いてある特別メニューに目がいった。

f:id:hidekinghenry:20170927132922j:image

豚しゃぶカレーか。いいな。サラッといけそうた。よし、おい、おやじ、豚しゃぶカレーの黒で頼む。それとラッシーもな。

 

はい、かしこまりました。

 

店内のカウンターは狭く五人入るとぎゅうぎゅうだった。二階にも席がありそうだった。

さてと、何が出てくることやら。

 

 

はい、お待たせしました。

ほう、早いな意外に。

f:id:hidekinghenry:20170927133139j:image

小さなお盆にのって件のカレーが提供された。

ほう。さすがに黒いな。グロテスクなまでに…とまではいかないがな。

 

さてと、お手並み拝見だな。

 

次郎はスープを啜った。

ほう、濃厚だ。味もしっかりついている。

スープが野菜に絡みつき、それでいてシャキシャキだな。

豚肉はどうか…

ほう、あっさりして、スープとうまく絡むな。ま、しかし想定通りだな。

だが、悪くない。

 

むしゃむしゃっ

 

ズズズッ

 

むしゃむしゃっ

 

ズズズッ

 

ズズズズズズズー

 

ふー、腹一杯になるな。次はハンバーグも試したいところだ。

 

なんだか味のある店だな。おい、おやじ、会計だ。

 

はい。1200円です。

はいよ。

 

まいど。

 

カランコロン♪

 

狭い土間で靴を履く次郎。

おおぅと、押すなバカヤローがっ。

後ろのオワリーマンに怒声をかまし、店を出た次郎。

 

曇天の空は、太陽を隠してはいるものの、まだまだ残暑がきつい。

 

ふー、夏はまだまだ続きそうだな。

次郎は独りごちた。

 

恨めしそうに空を見上げ、次郎は再び神保町の街を歩き出した。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170927133941j:image

鴻@神保町

夜は飲み屋か。昼はスープカレーの店。どちらかというとカレー寄り。黒と赤の2種類のスープ。食べやすいスープカレー。味は濃い目。これといって特徴がないが、とはいえ味はなかなか。ハンバーグが正解か。

3.5次郎 

 

 

 

 

覆面智 ヤバい奴(悪い奴) 牡蠣出汁

う、うめぇよ。

やはり、うめぇよ、おやじ!

次郎は叫んだ。

 

ありがとよ♪

 

 

今日は水曜日。おやじの店では週に一度、出汁の濃いラーメンを出す日。出しを取る具材は毎月変わり、今月は三陸産沖の牡蠣だ。

 

普段水曜日は仕事がある次郎、今日は久しぶりに休みを取っていた。

 

水曜が休み、こんなチャンス滅多にない。行かないわけがないだろう。

次郎は独りごちた。

 

半蔵門線に揺られながら、次郎は、対面に座る将来の展望を欠いた疲弊したサラリーマンたち、通称オワリーメンに一瞥をくれると、手元のスマホでおやじの発信するツィートを見た。

f:id:hidekinghenry:20170920122554p:image

10時開店、バリバリ‼️

とあった。

 

なんじゃそりゃあ!バリバリって!

パチンコ屋か!ははっ。

 

次郎は肉が煮込まれる写真を見てテンションが上がった!

 

そうこうしているうちに神保町に着いた。

おまえらは一生地下鉄に揺られていろっ!

そう吐き捨てて、オワリーメンに別れを告げた。

 f:id:hidekinghenry:20170920123917j:image

ガラガラ♪

 

いらっしゃ〜い。

 

悪い奴。

 

はいよ。

小気味いいやりとり。

 

トッピングは?

 

青唐辛子、味玉、もやしで。

 

はいよ。

 

麺を茹で始めるおやじ。

ヨダレを拭う次郎。

 

チャッ、チャッ、チャッ♪

 

チャッ、チャッ、チャッ♪

 

ぐぅ、この音がたまらねぇ。

 

チャッ、チャッ、チャッ♪

 

チャッ、チャッ♪

 

はいよ。おまちど。

f:id:hidekinghenry:20170920123121j:image 

ぐぉ、なんてうまそうなんだ。濃い口の醤油、出汁もチャーシューも漬け込み豚バラ肉も、全てが醤油色だ。

 

さてと、スープから…

f:id:hidekinghenry:20170920124020j:image

む。牡蠣の味がほんのりと漂う。そしてガツッとくる豚骨醤油。たまらん。

f:id:hidekinghenry:20170920124111j:image

毎度のことながらこのちじれたまご麺がたまらん。スープを良く絡めとり、麺とスープが見事に調和する。

そして、極め付けはやはり、

f:id:hidekinghenry:20170920124229j:image

ほろほろだぁ。しっかりと味がついて見事にほろほろ。口に入れると溶ける感覚。麺とスープ、そしてこのチャーシューを一度に口に入れた時の贅沢感がハンパない。

 

完敗だよ、おやじ。

 

ズズズッ

 

ズルズルッ

 

ズズズッ

 

ズルズルッ

 

ズズズズズッ

 

ズズズー。

 

 

げふっ

完食だ。

 

うまかったよおやじ。

 

また来てね〜♪

 

ガラガラ♪

 

店を出た次郎。

時刻は12時05分。一仕事終えたサラリーメンたちが神保町の街を埋め尽くす。

一杯千円の悪い奴が昼飯に食えるビジネスメン、500円の弁当でやり過ごすオワリーメン。二極化はサラリーメンの昼飯にまで浸透している。

 

しかし、俺にはかんけーねー。

単にうまい飯を喰らうだけよ。

 

カーカーッ

次郎の背後を不気味なまでに黒い烏が飛びすさった。

 

ふんっ、一寸先は闇か。

次郎は独りごち、

そして、神保町の街を後にした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170920125259j:image

覆面智@神保町

毎週水曜日限定の味。悪い奴。出汁の濾過具合が通常よりも荒いので悪い奴らしい。出汁の濃い醤油ラーメン。普段は入らない醤油に漬け込んだ豚バラ肉と相まって憎々しさ倍増。今月は牡蠣出汁。たまらん。

3.9次郎

 

 

 

Gradska Kavana Arsenal ドブロブニク

最後の晩餐か。

次郎は独りごちた。

 

結局今日もスルジ山に登ってしまった。昨日の景色が忘れられなかった。

夕陽に染まる街は変わらず美しい。

 f:id:hidekinghenry:20170907034454j:imagef:id:hidekinghenry:20170907034558j:image

 

さてと…

街に降りて、広場に面した広いところで食べたいなぁ。

どーするか。

いくつか探して回ったが、最終的に、一番大きな広場の総督府の建物の中の店、

Gradska Kavana Arsenal というイギリス🇬🇧風な名前のある店にした。

 

広場からの眺めも良く雰囲気がよかった。

ウェイター!

Yes Sir.

 

手始めに、スパークリングワインだな。

それと、フィッシュスープ、そしてセイラーズリゾットを頼む。

要はシーフードリゾットだな。

 

 f:id:hidekinghenry:20170907034812j:image

いい雰囲気だ。ゆっくり飲むか。

 

 

明日は帰国か…

うーむ、やりつくしたな。というより食べつくしたな。

 

ゲフッ

 

実は、スルジ山に登る前に、

昨日の行ったKamenice と Dalmatino にそれぞれ趣き、Kamenice ではオイスターとタコサラダダルマチアン風、Dalmatino でら例によってイカ墨リゾットを平らげていた。

タコサラダはビネガーが効いて、とてもさっぱりしたタコサラダだった。

f:id:hidekinghenry:20170907032751j:image

 

 

 山に登ったとはいえ所詮ケーブルカー。大した運動にはなっていない。

すでにお腹も八分目に差し掛かってていた。

 

次郎はグラスをあっさり開けた。なのでアイスティーを追加した。

f:id:hidekinghenry:20170906050342j:image

 

ふー、いい雰囲気だ。

 

Here you are, Soup.

f:id:hidekinghenry:20170907033004j:image

うまそうなフィッシュスープだ。タラとムール貝、イカが入ってるな。

あっさりしているが出汁はしっかり出ている。飲みやすいな。すぐに飲めちまうな。

 

飲み終わる頃、

Sailors risotto please.

f:id:hidekinghenry:20170907033135j:image

良いじゃねぇか。

頂こうか。

うん。うまいな。良い塩加減だ。エビとイカ、ムール貝も入ってるな。

 

やはりこの国はリゾット王国だな。炭水化物ダイエットなんかクソ食らえだな。はは。

 

テンションの上がる次郎。

店の前を日本人らしき女子二人がチラ見しながら通過した。

 

見てんじゃねーよこのクソガキ!

一人で旅行できるようになってから次郎様を見るんだな。

言ったあとで虚しさが押し寄せた。

そういえば、もうあの子は日本に着いたかな…

 

いかんいかん、もう会えないのだからな。

 

さてと、ウェイター!

会計だ。

252k

いい値段だな。

 

店を出た次郎。歴史を感じさせる街並み。それを変わらず利用する現代の人々。戦争で一度破壊された建物。今そこを次郎は歩いていた。

夜であるものの黒ではなく蒼く見える空。星が路地の隙間からささやかに瞬いている。

 

今夜でしばらくお別れだな。

次郎は独りごちた。

次郎の頬をアドリア海を渡る風か優しく撫でる。なんともいえない想いを抱かされる。

 

にゃあ♪

次郎の足下を白黒の猫がのっそりと歩いて行く。

 

またな。

次郎はそう言われたような気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170907034314j:imagef:id:hidekinghenry:20170907035018j:image

Gradska Kavana Arsenal@ドブロブニク旧市街中心部

お洒落レストラン。一番良い場所に位置している。店の反対側は港に面していてそちら側もお洒落。少し高いが味は美味しい。雰囲気は一番いい。

3.6次郎