食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ボス タイレストラン 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20181211123618j:image

うう…ピリっとしたものが食いてぇ。

午後8時。次郎は電車で高田馬場に向かう途中、無性に辛い肉が食べたくなった。

こうなると仕方ない。他のものは何も手につかなくなる。

 

次郎は車中、そばでぺちゃくちゃ喋っている体育会系大学生たちに一瞥をくれながらひたすらググった。

 

うるせぇな。

お?タイ料理か。ガパオ、うまそうだな。

よし、今夜はタイだ。

 

どこがいいんだ?ふむふむ。

目当ては三軒だな。

よししらみつぶしに当たってみるか。

 

戦略は決まった。

次郎は学生たちのぺちゃくちゃをBGMに目を閉じた。

 

 

プシュ〜

電車のドアが開くと、途中の乗客を押しのけ、一直線に改札を出た。

高田馬場駅前のビックボックスを右手に見ながらその横を上り、左に折れ、1軒目の店、ボスに着いた。

ここだな。

f:id:hidekinghenry:20181211124208j:image

幸い、この時間だ。空いているだろう。

ウィーン♪

思った通りガラガラだ。

 

いらっしゃいませ。

1人だ。

お好きなところにどうぞ。

次郎は空いてるテーブル席に座った。

f:id:hidekinghenry:20181211124307j:image

壁に掲示してあるお勧めを見た。そのあとにメニューブックを見た。

なかなか多彩だな。期待できるぞ。

 

おい!

はい。

 

トムヤムクンスープ。それと、生春巻き、そして、この挽肉炒めだ。多いか?

 

うーん、どうでしょう。

 

ま、まぁいい、それで。

はい、わかりました。

 

量がわからんが今の次郎の勢いかるすると、それはものの数ではなかった。

 

置かれた水をがぶ飲みする。

待っている間に再び壁のメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20181211124307j:image

く、この炒め春雨が気になるな。炭水化物は今のところ頼んでいないしな…うう…

 

 

おい!

はい。

 

この炒め春雨頼む。

はい、かしこまりました。

 

最初の多いかどうかなんて質問が馬鹿らしいぜ。人生は一度きりだ。

 

次郎は心の中で強がりを言った。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20181211124707j:image

おお、なかなかのビジュアル、そしてボリュームがある。これで650円か。
f:id:hidekinghenry:20181211124711j:image
f:id:hidekinghenry:20181211124704j:image

しっかり海老も入ってるな。次郎は甘だれをつけて頬張った。うむ。うまい。ぎっしり入っている。この甘だれも昔は眉をひそめたが、今は慣れてきたぜ。なかなかだ。

 

はい、トムヤムクンです。

f:id:hidekinghenry:20181211124834j:imagef:id:hidekinghenry:20181211124840j:image

ほお、ここでも温めるのか。なかなかの心遣いだ。

f:id:hidekinghenry:20181211124917j:image

出汁が効いてそうのスープだ。

うん、うまい!これよこの酸味を待っていたのよ。

f:id:hidekinghenry:20181211124947j:image

海老もしっかり入ってるな。しかし、この酸っぱさがたまらんな。

 

はい、炒め挽肉です。

f:id:hidekinghenry:20181211125034j:image

きたー!これだよ明智くん。この肉を待っていたのだよ。

f:id:hidekinghenry:20181211125059j:image

くー、うまそうだ。

この挽肉は貪り食べたくなるんだよな。

 

ぐお!うまい!ギシッとした食べ応え、溢れる肉汁、つきささる唐辛子。これだよ!明智くん!

 

はい、炒め春雨です。

f:id:hidekinghenry:20181211125211j:image

ほぉ。写真と比べるとすこし穏やかな色だ。

どうだ?

 

ほぉ、味は焼きそばだな。うまい。春雨だからヘルシーだな。ははっ!

 

むしゃむしゃ

 

ズズズズ

 

むしゃむしゃ

 

ズズズズー

 

ふぅ。

何だかんだ腹一杯だな。

やはり、多過ぎたな。腹が減ってるとつい頼んじまうんだよな。

まぁ一期一会だしな。

これがいかんのだが…

 

 

えい、ままよ。

次郎は独りごちた。

 

 

ご馳走さん。

ちょっと残しちまったが、まだまだ奥が深そうな店だ。また来るとしよう。

 

 

おい、会計頼む。

はい。

3600円です。

お、まぁリーズナブルだな。

 

 

ほらよ。釣りで新しい春雨でも仕入れな。

コップンカップ、と。

 

キッチリ3600円をテーブルに叩きつけ、次郎は席を立った。

 

ウィーン♪

 

ゲフッ。

腹一杯だな。よし、早稲田まで 1駅歩くか。

しかし、なかなかさぶいな。

冬到来か。

 

まぁ早稲田まで歩くとラーメン屋に入っちまうからな。やはり山ノ手に乗ることにしよう。

次郎はそう呟くと、JRに向かった。

 

駅前のロータリーではいくつかのサークルの学生たちが嬌声を上げている。高田馬場に昔からあるお馴染みの風景だ。

 

次郎は立ち止まり、焦点を合わせることもなく、その陰影をぼんやりと見た。

 

俺にもあんな頃があったな…

次郎は懐かしさと共に、切ない気持ちになっていた。

しばらくその影たちを見やり、次郎は再び歩き出した。

 

高田馬場駅に疲れたサラリーメンが吸い込まれていく。

次郎はその雑踏に紛れていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181211125034j:image

タイレストラン ボス@高田馬場

タイレストランはいくつもある高田馬場。その中でも屈指の味。種類も豊富でそそるメニューが多い。3、4人がベストではあるが、1人も可。

 

3.55次郎。

 

 

 

スヰートポーヅ 餃子 神保町

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

うーむ、小腹が減っちまったな。

次郎は神保町にいた。何冊か本を買い、どこか喫茶店に洒落込もうとしていた。

 

時は午後2時。

朝昼兼用で早めに飯を食べていた次郎、このまま喫茶店もいいが…カレーの名店キッチン南海は長蛇の列、喫茶店さぼうるも長蛇の列。なんだ2時だっていうのに混んでるな。

 

ん?おお、たまにはここに突っ込んでみるか。気にはなっていたが入ることのなかった、餃子屋スヰートポーヅ。昭和30年から満州で創業した店。なるほど、店名はそういうわけだった。

 

次郎は暖簾をくぐった。

いらっしゃい。

1人だ。

そこどうぞ。

入口の席に座った。

 

さてと、

f:id:hidekinghenry:20181205143924j:image

特に種類はないな。よし、餃子定食だな。

おい、おばさん。

はい。

餃子定食、ライス小で。

はいよ。

 

見ると席は満席。なかなかの盛況ぶりだ。

始めに出されたお茶を飲んでまた次郎。

目の前に座る背広の男は次郎を見ているのかと思ったが、勘違いで、次郎の遥か後方をボンヤリと見つめていた。

あまりに動かないので、まるでロボットでもいるのかと間違うほどだ。

 

 

 

はい、おまたせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

おお、シンプルな定食。

餃子、味噌汁、ご飯、御新香。

f:id:hidekinghenry:20181205144309j:image

なかなかうまそうなビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20181205144341j:image

どれどれ。肉汁どぶぁ〜系ではないが、皮も薄く食べやすい。中身もぎっしりはいっているな。

なかなかいいぞ。昼には。アッサリしてていくらでも食えるな。

 

むしゃむしゃ

パクパク

むしゃむしゃ

パクパク

 

ふー。あっという間のランデブーだ。

会計は?

奥でお願します。

と、かなり奥の厨房間際で会計だった。

780円です。

ほらよ、釣りで新しい餃子の皮でも買いな。

 

次郎は暖簾をくぐった。

ふー。腹一杯だ。

まだキッチン南海は並んでいる。

 

ご苦労なこって。

次郎は列を一瞥すると地下鉄の入口に向かって歩いて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181205143406j:image

スヰートポーヅ@神保町

老舗の餃子屋。シンプルな味。悪くない。3.4次郎

 

 

スィゥミャンマー ミャンマー料理 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20181204093918j:image

ん?こんな店あったかな。

次郎は再び栄通りにいた。ぷらぷらと歩いていると、見慣れないエスニックの店が目に留まった。

 

スィゥミャンマーミャンマー料理か。タイ系かな。

 

中を覗くと団体とミャンマー人のオッさんが飯を食っている。なかなか盛況だな。

 

よし、ここはひとつ冒険だな。

 

ガラガラ♪

イラッシャイマセー

 

1人だ。

ドウゾー

 

奥のテーブルに案内された。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20181204094244j:image
f:id:hidekinghenry:20181204094237j:image
f:id:hidekinghenry:20181204094233j:image
f:id:hidekinghenry:20181204094241j:image

うーむ。いろいろあるな。マトンカレーに惹かれるが…

よし、この野菜スープカレーとこのモヒンガーってラーメンみたいなやつだな。

ハイワカリマシタ。

 

隣のミャンマー人はアップルコンピュータを使って何か動画を見て、ブツブツ言っている。謎だ。

 

ハイ、野菜スープカレーデスー。

f:id:hidekinghenry:20181204094542j:image

スープカレーというか、カレースープだな。

f:id:hidekinghenry:20181204094619j:image

シャビシャビ系だな。お、アッサリしてて

ピリ辛でうまいな。
f:id:hidekinghenry:20181204093918j:image
f:id:hidekinghenry:20181204094623j:image
f:id:hidekinghenry:20181204094615j:image

ナス、大根、人参、そして豆か。なかなかうまいじゃないか。どんどんいける。

 

ハイ、モヒンガーネー。

f:id:hidekinghenry:20181204094756j:image

ほう。これまた似た感じだ。
f:id:hidekinghenry:20181204094801j:image

シャビシャビ系のスープ。おお、こちらはもっと酸っぱいな。タイのスープだ。

f:id:hidekinghenry:20181204094806j:image

乳麺のようだな。細い。なかなかうまいじゃないか。アッサリしててシンプルな味だ。少しカリカリした揚げ物が入っているのがうまいな。あっという間に食べちまうぞ。

ライスがサービスか。スープカレーにはつかないんだな。なんだかな。まぁいい。

 

ズルズルッ

 

ズズズズー。

 

プハー。食ったなー。というより飲んだなー。次はもっと腹を空かせて来よう。中華っぽい料理もあるし、意外と奥が深そうだ。

 

おい、会計頼む。

ハイ、1995円です。

ふん、これで頼む。釣りはいらねーよ。新しいアウンサンスーチーのカレンダーでも買いな。

 

次郎はキッチリ1995円をテーブルに叩きつけた。

 

相変わらずミャンマー人のオッさんは動画を見てブツブツ言っている。

 

達者でな。

次郎は独りごちた。

 

ラガラガ♪

ふー。いやー、腹一杯だな。

さてと、戻るとするか。

そう言うと、次郎は栄通りを高田馬場駅に向かって引き返し始めた。

 

幾人もの学生やサラリーマンとすれ違う。

この通りにはまだ掴みきれない夢だとか、やり切れなさが溢れているな。

哀愁の漂う街だ。

次郎は少し胸にこみ上げるものを感じながら栄通りを歩いていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181204094756j:imagef:id:hidekinghenry:20181204094542j:image

スィゥミャンマー高田馬場

栄通りの奥にあるミャンマー料理の店。味付けがシンプルでピリ辛。食べやすい。次は肉料理にトライしたい。なかなか良い店。

3.4次郎

 

 

洋包丁 定食屋 早稲田

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

栄通りか。懐かしいな。

次郎は独りごちた。

 

高田馬場駅を早稲田通り沿いに出て高架下の横にある裏通り。その名を栄通り。ここは次郎が学生時代に頻繁に通った通り。安い居酒屋、定食屋、ラーメン屋、怪しげな店が並び、店は変われど、今もなお通りの猥雑な雰囲気は変わらない。

 

さてと、今夜はここで飯でも食ってくか。

次郎はぷらぷらと栄通りに入り込んだ。

 

チェーン店のラーメン屋、定食屋が目に飛び込む。呼び込みや怪しげな外国人女性も立っている。

 

さてと、どーするか。

少し奥まったところにある洋包丁という定食屋が目に付いた。

f:id:hidekinghenry:20181203223425j:imagef:id:hidekinghenry:20181203223434j:image

こんな店あったか…

怪しいな。しかしどこか懐かしい。

よし、今夜はここだ。

 

うーむ、ここはポークからし焼肉だな。メンチカツもつけよう。これで770円は破格だ。

店内を覗くとしなびたサラリーマンしかいない。

ふん。お仲間だな。

 

グイ♪

はいよー!

変な挨拶だった。

 

次郎は奥に座り、食券を出す。店主らしき男性とアジア系の年季の入った女性。にこりともしない。これがまたいい。

 

店主は次郎の食券をおもむろに掴むと後ろを向き、料理を作り始めた。

 

中華鍋がいい音を奏で始める。

ソとラのハ長音か。いや、よくわからん。

f:id:hidekinghenry:20181203223724j:image

次郎はひたすら水を飲んだ。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20181203224017j:image

店主がポーク皿を渡してきて、女性は無言でライスと味噌汁を渡してくる。

ピクリとも表情が動かない。

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

なんだかグロテスクなビジュアルだ。しかし風情がある。

 

うお、黒胡椒が効きすぎてうまい。なんじゃこりゃ。このカレーパスタも懐かしい味だ。

 

お、意外にこの味噌汁うまい。コクがある。メンチカツはいかにも付け合わせにありそうな味だ。しかし、やはりこのポークばら肉、うまいな。ご飯が進んじまう。学生は大喜びだろう。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

 

ゲフッ

食ったな。なんだが、腹が一杯だ。油のせいか。学生時代を思い出すぜ。

 

ふぅ…

 

さてと、じゃあな、またくるぜ!

した!

 

また短い挨拶が飛んでくる。

グイ♪

 

ふー。あっという間に終わったな。こりゃはしごもあるな。

 

次郎はプラプラと栄通りの奥に消えていった。

まだまだ馬場の夜は終わらない。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181203223025j:image

洋包丁@高田馬場

懐かしの定食屋。学生、サラリーマンの味方。

味はなかなか。

3.4次郎

 

 

 

 

 

一番館 焼肉屋 麻布十番

f:id:hidekinghenry:20181128220556j:image

え、休みかよ!

次郎は叫んだ。

久しぶりに麻布十番の三幸園で焼肉丼を食べようと思っていた次郎。まさかのランチ休業。

 

ちっ、せっかくここまで歩いて来たってのに…

ええい、早くリカバリーしなければ。

 

次郎は麻布十番商店街を引き返した。

すると、昔からあったようだが、目に入らなかった焼肉屋一番館が目に入った。

肉は肉だが…牛すじカレー、ユッケジャン、ハラミ定食…悪くなさそうだな。

よし、ここにしてみよう。

 

グイ♪

イラッシャイマセー

 

中華系の店だったか。

どうぞー。

次郎は空いた席に座った。

f:id:hidekinghenry:20181128221014j:image

むぅ、意外とメニューがあるな。

悩むな。ハラミ定食ダブルもいいなぁ。

しかし!

ここはこれだ。

 

おい。

はい。

牛すじカレー。肉大盛りで。

はいかしこまりました。

 

言ってやった。焼肉にしなかったが、旨ければ次もある。

 

次郎は目をつむり、しばらく待った。

 

ハイ、オマタセシマシター

f:id:hidekinghenry:20181128221302j:image

お、なんと飾り気のない、暴力的なビジュアル。スープがついてるな。

 

む、うまい。肉大盛りだけあって、牛すじがゴロゴロ入っている。

うお、すごいな。ほぼ牛すじじゃねーか。

ご飯が進むぜ。

味も濃くていい。

こりゃ、次はハラミ定食もありだな!

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ

 

ふぅ。あっという間になくなっちまった。かなりのボリュームだ。

 

うまかった。こりゃ次あるな。

 

おい、会計頼む。

ハイ。1300円デス。

ほらよ、釣りはいらねーぜ。

それで、福神漬でも買い足しな。

次郎はキッチリ1300円を受け皿に叩きつけた。

 

ふぅ。

グイ♪

 

プハー。食ったなー。

午後の打ち合わせ寝ちまうなぁ。

 

コーヒーでも飲むか。

次郎は近くのスターバックスに消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181128222057j:image

一番館@麻布十番商店街

焼肉屋。ランチはいろいろやっている。手頃な値段でランチメニューは多彩。再訪ある。

3.5次郎

 

 

 

 

無名 ラーメン 神田

f:id:hidekinghenry:20181127212238j:image

次郎は神田にいた。

昼に人と会い、夕方。小腹が減るころだ。

うーむ。何を食うか。ガード沿いの道を歩いていると、「麺」と暖簾の下がるラーメン屋に出くわした。

 

なんでもここは、まだ人様に名を名乗って出せるラーメン屋ではない?という理由で名前のないラーメン屋らしい。

 

謙譲の美徳。

いかにも日本人の発想だ。

しかし、実際には営業している。

ふん、検索も面倒なので早く名前を決めて欲しいもんだ。

 

さてと、前置きはこれくらいにして。

醤油と塩。

初めては醤油か。

700円。良心的な値段だ。

次郎は食券を買い、カウンターの奥に座った。

f:id:hidekinghenry:20181127213156j:image

カウンターの前には先客の麺が茹でられている。なかなかいい感じだ。

 

スチャッ。

 

次郎の麺も投入された。

 

チャッ、チャッ、

 

チャッ、チャッ、チャッ、

 

はい、お待たせです。

f:id:hidekinghenry:20181127213255j:image

ほう、茹でキャベツとは珍しい。なかなかのクリエイティブ。真ん中の茶色い塊は、味噌のような魚介の塊のような…

f:id:hidekinghenry:20181127213338j:image

まずは、スープを一口啜る。

ん?あまり味がないな。ドロっとしている。

f:id:hidekinghenry:20181127213432j:image

麺は平打ち中太麺か。

f:id:hidekinghenry:20181127213501j:image

おっと。

固そうに見えたチャーシューがほろほろで崩れおちていく。

なかなかうまそうだ。

よし、この味噌を溶こう。

次郎は魚介味噌を溶いた。

みるみるスープの色が変わっていく。

f:id:hidekinghenry:20181127213626j:image

ぐお、一気に色が変わった。

どれどれ。

一気に濃厚な味わいに変わる。

これは、むしろ最初から溶いておいてもいいのではないか?

そんな疑問が浮かんだ。

 

 

しかし、そんなのかんけーねー。

 

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

次郎は麺を啜った。

 

おお!濃厚なスープに変わって麺が絡みつく。ドロっとしているもののくどくはない。むしろ旨味が増してうまい。

あっという間にラーメン は表情を変えた。

 

肉もほろほろで、茹でキャベツが濃い味のスープに合う。

ズルズルッ、ズルズルッ

 

ズズズズー♪

なかなかいい。

 

ズルズルッ。

なかなかいい。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、

ズズズズ、ズズズズー。

 

 

ゲフッ

ご馳走さんと。なかなかヘビーだ。

 

もう名前をつけてもいいんじゃないか…

次郎は独りごちた。

 

 

さてと、またくらぁ。

ありがとうございます したー♪

 

次郎は店を出た。先日行った味坊というラム肉の店があった。

なんだ逆側から来てわからなかったがここだったんだな。世間は狭いぜ。

神田はなかなかいい街だな。

また脚を伸ばすとしよう。

 

そう言うと、次郎は神保町方面に歩いていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20181127212238j:image

無名のラーメン 屋@神田

濃い味ドロドロ系のポタージュのようなラーメン。なかなかうまい。6席しかないので昼は混むかも。名前はいつ付けるのか…

3.5次郎

 

やまいち とんかつ 神田淡路町

f:id:hidekinghenry:20181127125901j:image

とんかつが食いてぇなぁ。

次郎はベッドの上でそんなことを考えていた。

立て込んでいた仕事がひと段落し、ゆっくり休むと、食欲が湧いてくるのだった。

 

ふぅ。

次郎は身支度を済ませると家を出た。

 

表参道駅にやってきたはいいが、さてと、どこに行くか。大門のとんかつ地区はなぁ。神田はどうだろうか。あそこなら。

三軒ほど目星を付けると次郎は新御茶ノ水に向かった。

 

 

ふぅ。さてと。ここから歩こう。千代田線は空いてていいぜ。

次郎は新御茶ノ水を降りて、小川町方面に歩いた。

 

目星をつけた一軒目、とんかつ万平。

12月3日まで休業します。

の貼り紙。

 

ち。偉そうに。

付いてないな。

 

仕方ない、もう一つに行くか。

次郎は道を渡り、淡路町方面に歩いた。

f:id:hidekinghenry:20181127131000j:image

お、あった。あれだ。11時だしな。入れるだろう。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

カウンターどうぞ。

11時開店で11時5分に来たというのに、先客が3名。やるな。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20181127131143j:image

迷うな。ここは。

おい、姉さん。

はい。

ロースとカキフライ1つ頼む。

はい、かしこまりました。

 

店主が肉を包丁の裏で叩いている。

なんだかつらそうだ。

まずはおしんこが渡された。

食べたら見ると、塩辛くてうまい。

そのうちにカラカラと美しい油の弾ける音が聴こえて来た。

来たな。この油で衣が揚がる音がたまんねーんだよな。

カウンターの上の調味料を一つ一つ確認し、らっきょを一つ頬張った。

おしんこもらっきょもなかなかいい。

 

はい、おまたせしました。

f:id:hidekinghenry:20181127131529j:image

おお!うまそう!

f:id:hidekinghenry:20181127125901j:imagef:id:hidekinghenry:20181127131623j:image

美しいクリエィブ。

さてと、まずは、キャベツにドレッシングを。

f:id:hidekinghenry:20181127131727j:image

サザンアイランドか。なかなかいい。

さてと。まずはポン酢おろしだ。

ザクザクの衣だ!それがしっとりポン酢と相まって絶妙なハーモニー。肉汁も弾ける。良く火が通っていていい。厚さも適度に厚く申し分ない。

 

そして、やはりソースだ。辛子をたっぷりつけてと。

f:id:hidekinghenry:20181127131830j:image

ザクッ、ジャワッ。

肉汁が弾ける。

うまい。

そして、 最後は醤油だ。

f:id:hidekinghenry:20181127132121j:image

ほぉ!うまい。やはり流石醤油だ。

しかし、今日はソースに軍配だな。

 

むしゃむしゃッ

ザク、ジャワッ!

 

ザクッ

牡蠣もうまいぜ。

 

 

ふぅ。

この味噌汁、赤だしだな。なかなかうまい。締めに持ってこいだ。

 

さてと、では会計頼む

1900円です。

1550円のロースと350円のカキフライか。まぁ仕方ない。

 

釣りはいらねーよ。

次郎は1900円キッチリカウンターに叩きつけた。

 

ラガラガ♪

イヤーうまかった。また来たいぜ。

さてと、今日は淡路町あたりで本でも読んでゆっくりするか。

 

次郎は喫茶店を探して淡路町を下っていった。

 

続く

f:id:hidekinghenry:20181127131529j:image

やまいち@淡路町

有名なとんかつ屋。衣はザクザク、肉はジューシー。焼き加減はメディアムウェルダン。うまい。12時は混んでて入れないかも。再訪したい。

3.7次郎