食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

喜楽 ラーメン 渋谷

f:id:hidekinghenry:20180621195515j:image

お、次郎さん!

おお!寝屋川!

どーした?こんなところで。

次郎は、渋谷道玄坂ホテル街の手前で、後輩の寝屋川に声をかけられた。

 

まぁちょっと。

ウインク。

何だ女と待ち合わせか?

まぁ、そんなところっす。すす。

 

ふん、じゃあまたな。

 

あ、ちょっと待ってください。いま腹減ってません?

 

ん?まぁ食えないこともないな。

 

この近くにうまいラーメン屋があるんすよ。

 

おまえは、女と行くんじゃないのか?

まだ2時間あるんすよ。すよ。

 

俺を繋ぎに使うとは、いい度胸だ。

いや、うまいんすよ、そこ。まぁ付いてきて下さいよ。

 

 

しゃーねー、邪の道は蛇ってか。

次郎は独りごちた。

 

 

ラーメン喜楽。

渋谷の老舗ラーメン屋。ワンタン麺が有名らしい。そして夏場は冷やし中華も始めているらしい。

 

何名様で?

二人だ。

 

二階どうぞ。

ほう、二階もあるのか。

一階のカウンターは満席だった。

まぁ夜七時、いい時間だからな。

 

さてと、ここは…

おれは目玉のワンタン麺で。

私は冷やし中華で。

 

ほう、冷やし中華か。攻めるな。

いや、うまいんすよ。

 

寝屋川のメガネの奥の瞳が光った。

 

何があるんだ今夜は?

いやー、この前偶然飲み屋で出会った子とこの後飲みに行くことになりましてね。

 

それは友達と呼べるのか…ふん、得体の知れない男だ。だが、そこが寝屋川の魅力か。

 

再び寝屋川のメガネの奥の瞳が瞠目したように見えた。

 

はい、お待ち。

f:id:hidekinghenry:20180621201006j:image

ワンタン麺と

f:id:hidekinghenry:20180621201019j:image

冷やし中華ね。

 

おお!うまそうだな!

ですね!ですね!

 

f:id:hidekinghenry:20180621210404j:image

ズルズルッ

 

おお、腰があって、程よくスープと絡む。またこのスープ、シンプルなようで複雑な味だ。出汁が効いてる。少し油気があって、それが腹にガツリと来る。うまい。

そして、野菜もシャキシャキ。食感がいい!

 

でしょ?先輩。

 

そちらの冷やし中華もうまそうだな。

そうなんす。程よく酸っぱくてサッパリ。しかし、しっかり下味が付いてまして。

うまいっす!

 

ズルズルッ

 

ズルズルズルッ

 

ズズズズー

 

ズズズズズズズズ!

 

いやー、うまかったっすねー!

だな。でかしたぞ寝屋川。

 

どうもっす。すす。

 

二つで1650円ね。

 

ここは、俺が。

いや、いいっすよ。自分出します。

いや、いいいい。

 

次郎は寝屋川の手を振りほどき、850円を釣銭皿にたたきつけた。

 

あ、割り勘すね。

寝屋川は笑いながら800円を出す。

 

当たり前田のクラッカーだ。

 

はは、次郎さんらしいや。

 

じゃ、私はこれで。

ああ、またな。

 

寝屋川は颯爽と道玄坂に消えた。

残された次郎。

 

さてと、今夜は歩いて帰るか。

そう呟くと渋谷駅に向かって坂道を寝屋川とは逆側に下って行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180621211102j:imagef:id:hidekinghenry:20180621211116j:image

喜楽@渋谷 道玄坂

老舗のラーメン屋。一見ただ懐かしいだけの味に見えるが、味は別格。次郎はワンタン麺派。お試しアレ。

3.55次郎

 

 

 

 

 

町田家 家系ラーメン 新宿南口

f:id:hidekinghenry:20180621192733j:image

お?こんなところにラーメン家が。

次郎は独りごちた。

 

次郎は新宿南口にいた。

駅前の大通りの高架下にいくと、一転して怪しげな雰囲気の街が飛び出してくる。新宿は奥深い街だ。

 

このラーメン家…家系か。

六角や吉村、いろいろあるが、よし、ひとつお手並み拝見といくか。

 

ガラガラ♪

らっしゃい。

空いてるカウンターどうぞ。

 

全部空いとるやないか!

ふん、まぁいい。

 

さてと、ラーメンと、ネギ増しだな。

 

870円。まぁまぁするな。

 

お好みは?

麺固め、味濃いめ、油普通で。

定番だ。

 

はいよ。

 

次郎はセルフの水をがぶ飲みした。

ふー。

 

はい、おまたせシマシター。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20180621192733j:image

ほう。なかなかのビジュアル。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180621193216j:image

麺は中太つるつる系か。王道だな。

ズルズルッ

 

うまい。この麺、良くスープを連れてくるな。

スープは?

f:id:hidekinghenry:20180621193305j:image

ほう。さすが濃いめだけあるな。しかし、うまい。油っこすぎもなく、いい出汁も出てる。麺が進むな。

 

そして、チャーシューは?

f:id:hidekinghenry:20180621193355j:image

うまそうだ。

ふむ。柔らかい。口にいれると溶けそうだ。いいな。ネギもうまい。

 

こりゃ名店発見だ。

 

 

ズルズルッ

 

ズズズ、ズズズズ、ズズズズー

 

うまい。

 

ズルズル、ズズズズー

 

ふぅ。ごちそうさんと。

あっという間だったな。これはうまい証拠だ。

 

おい、うまかったぜ。またくるぁ。

はい、ありがとうございました!

 

ガラガラ♪

次郎は店を出た。時間はまだ530。

ふう、次はこのままスープカレーと行くか。

そう独りごち、歌舞伎町方面に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180621192733j:image

町田家@新宿

チェーン店ではない家系ラーメン。正統派。バランス良く、味もうまい。空いてるし穴場です。

 

3.55次郎

 

炎麻堂 麻婆豆腐 赤坂

f:id:hidekinghenry:20180605014526j:image

ふぅー。気持ちよかったな。

次郎は独りごちた。

次郎は行きつけのMr.ゴッドハンドが詐術するマッサージ屋に行っていた。

しこたま癒された後、少し腹が減った次郎。

 

赤坂をうろついていたが、午後2時。

ほとんどの店が準備中だった。

 

ちっ。

露頭に迷いそうになった次郎の目にちかちかする看板の灯りが飛び込んできた。

炎麻堂…仰々しい名前だが…麻婆豆腐か。チェーン店よりはいいな。よし、入ってみるか。

次郎は地下に降りて行った。

 

いらっしゃいませ。

1人だ。

 

奥へどうぞ。

次郎は奥のテーブルに座った。

 

麻婆豆腐定食が定番か。油淋鶏や黒酢酢豚定食もあるな。更に、餃子3個で300円、春巻き1個100円。これはいいサイドメニューだ。

 

よし、注文頼む。

はい、どうぞ。

 

麻婆豆腐定食辛さは2の標準と、餃子2個春巻き1個追加で。

はい、かしこまりました。

 

ふー。楽しみだ。

 

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180605004215j:image

おお。なかなかいい。

いい色だ。

f:id:hidekinghenry:20180605004303j:image

サイドもうまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20180605004626j:image

さてと、どらどら。

f:id:hidekinghenry:20180605004639j:image

お、そこまで辛くないな。しかし、辛さはキチンとあって、ちょうどいい。これは白飯が進むぜ。

f:id:hidekinghenry:20180605004944j:image

おお、この春巻きうまいな!はふ!

 

そして、餃子を麻婆豆腐にダイブイン!

f:id:hidekinghenry:20180605005006j:image

ぐお!うまい!してやったりだ。

 

ムシャムシャ

 

うまひ

 

ハフハフ

 

ムシャムシャ

 

ハフハフ

 

ふー。一気呵成だ。

ご馳走さん、と。

 

会計頼む。

 

 

あちらでお願いします。

 

 

1020円です。

 

ほらよ、釣りはいらねーよ。

これで新しいラー油でも買いな。

キッチリ1020円をカウンターに叩きつける次郎。

 

また来るぜ。

次郎は地上に出た。

 

ふー、あちーな。まだ六月になったばかりだと言うのに。

 

さてと、本当の閻魔でも探しに行くか。

次郎は、自転車に乗り、神宮方面に消えていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180605004215j:image

炎麻堂@赤坂

赤坂ビズタワー近くにある地下の麻婆豆腐屋。リーズナブルでサイドメニューも小ポーションから注文できる。麻婆豆腐もなかなか美味い。サラリーメンのランチに強い味方。

3.5次郎

 

 

 

 

 

 

 

むさしや オムライス 新橋

f:id:hidekinghenry:20180602164708j:image

次郎は新橋にいた。

ふー、今夜も新橋で仕事終わりか。何か食って帰るか。

 

流石に新橋駅、七時ともなればサラリーメンで溢れている。

 

うーむ、どこに行くか…

 

沢山のB級グルメ、居酒屋、焼肉屋、ラーメン屋に溢れている新橋駅周辺。

 

ニュー新橋ビルでも覗いてみるか。

 

ニュー新橋ビルに入るとすぐに飯屋が2件。唐揚げの店と洋食屋とおぼしき店。

この洋食屋、白い糸で簾をつくっているがカウンターのみで、満席。片や、唐揚げ屋には人は少ない。

よし、ここはこの洋食屋にしよう。

次郎は壁に貼ってあるメニューを見た。

一番人気はオムライスと書いてある。

700円か。よし、これだ。

 

お客様どーしましょ?

オムライス頼む。

はいよ。

 

そのやりとりをしている間に一名帰り次郎の席が空いた。

カウンターに座る次郎。

さてと。

左右の客の注文を見るといずれもハンバーグだった。

まさか、ミスったか?

ま、まぁいいか。

そう思った矢先、

 

お客様、先にお代をいただきます。

お、おう。ほらよ。700円をキッチリ渡す次郎。

これでまずかったらカウンターを壊すぞ!と心の中で凄んでみた。

 

 

ぉまちどう様です。

ゴトリ。

f:id:hidekinghenry:20180602141459j:image

おお、昔ながらの、だな。ナポリタンの量が多い。味噌汁もなんだかな。くくく。

次郎は笑っていた。

 

どれどれ

f:id:hidekinghenry:20180602141544j:image

このチキンライスもなんだか懐かしい。

お、うまい。いや、懐かしい味。昭和からの伝統の味だ。卵はフワフワだ。そして、この普通のケチャップがまたいいな。

 

ムシャムシャ。

 

うーん、このナポリタンは?

おお、また懐かしの味。少しのび気味だな。学生の時はただ量が多ければそれでよかったもんな。

 

俺は一体いくつになったのだろう…

次郎は独りごちた。

時間は残酷だ。懐かしさとともに感じる時の流れの速さに心が一瞬暗くなる。

 

ふん、詮無きことよ。

 

ムシャムシャ

 

ズルズル

 

ムシャムシャ

 

ズルズル

 

ズズズズズズー。

 

ゲフッ

ふぅ。食ったな。

 

さてと。

長居は無用だ。

 

じゃあな。

ありがとうございましたー。

 

ふー。食ったな。

流石に人が多いな新橋は。

さてと、夜はまだまだ涼しくていいな。

そう呟いて次郎は新橋の喧騒に消えていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180602181342j:image

むさしや@新橋

昔ながらの洋食屋。安い。早い。味はなかなか。次はハンバーグを。

3.4次郎

 

 

 

 

麺屋纏 ラーメン 新橋

f:id:hidekinghenry:20180601023732j:image

さ、て、と。

7時か。

 

次郎は新橋にいた。

今夜の仕事終わりは汐留だった。時刻は7時。そろそろ夕ご飯の時間だ。

 

新橋にはとんかつアオキができたらしいが、今日はそんな気分じゃねーな。

 

ん?なんだあそこは。

新橋烏森口からニュー新橋ビルをこえて左にまがったところに、ちょっとした人だかりがあった。

 

近寄ってみると、細い道に人が吸い込まれていく。次郎も覗いてみると。

f:id:hidekinghenry:20180601024242j:image

こんな細い道にラーメン屋か!これは匂うな。

麺屋纏か。

f:id:hidekinghenry:20180601024432j:image

なんだ?他の客は全員烏賊干し鶏白湯醤油ラーメンか。

よし、俺もそれにしよう。

1050円か、全部盛りだからな仕方ない。

 

 

お客様、カウンターどうぞ。

次郎は奥の席に座った。

 

 

はい、お待ちどお様です。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20180601024754j:image

なるほど。醤油味、少し濃そうだな。

f:id:hidekinghenry:20180601024852j:image

ほお。このスープ烏賊の出汁が効いてるな。

味は濃いが、脂切ってない。烏賊も具に入ってるな。

f:id:hidekinghenry:20180601025432j:image

麺は、細麺か。つるつるだな。しかし、濃い出汁には丁度いいな。合格だ。

f:id:hidekinghenry:20180601025521j:image

チャーシューは?

あっさり鶏肉か。淡白だが、悪くない。

そして、このメンマ。うまそうだな。

f:id:hidekinghenry:20180601025605j:image

うーん、醤油が効いて、柔らかくうまい。想像に違わないな。

 

 

ズルズルッ

 

ズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ゲフ

 

ご馳走さん。と。

 

はー、うまかったな。あっと言う間だ。

またな、おやじ。

 

どーもありがとうございましたー。

 

 

この時期、夜風が気持ちいいぜ。

外に出た次郎。

 

 

さてと、このまま帰るか、または…

次郎は独りごち、新橋の喧騒に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180601024754j:image

麺屋纏@新橋

烏賊の出汁の鶏白湯醤油ラーメンがイチオシ。色は濃いがそこまででもない、上品な味。チャーシューもタンパクだが悪くない。店の場所が少しわかりづらい。スープの濃い色に反して女性向きな一杯。

3.5次郎。

 

 

 

 

 

 

坂町の天丼 道頓堀

f:id:hidekinghenry:20180522013926j:image

昼は何を買うかな。

 

月曜日、次郎は道頓堀にいた。午前中に人と会う約束を終えた次郎。昼飯を食べて、午後には東京に戻る予定だった。

 

この近くになんかねーかな。

 

混雑した商店街を歩いていた次郎。脇道に怪しげだが年季の入った天丼屋が目に入った。

 

店の前には中国系の観光客がたむろしている。

邪魔だ、そこの観光客!

次郎は観光客をかき分け店の前へ躍り出た。

f:id:hidekinghenry:20180522132216j:image

気になるな。650円、安いな。

よし、ここで昼飯を食らうとしよう。

次郎は暖簾をくぐった。

 

いらっしゃい。

 

狭い店内。カウンターはわずか6席程度。先客は2人いた。

 

メニューは650円の天丼又はかき揚げ丼。そして50円で赤出の味噌汁。

よし、天丼を頼む。

はいよ。

 

 

ジュワーッ

 

衣に包まれたエビが二尾、天ぷら油に滑るようにダイブ。

 

ピリピリピリピリ♪

うーん、油の跳ねるいい音だ。

 

店内は2人の料理人。

 

1人が白飯を用意する。

先に海苔の天ぷらを白飯の上に置き、油から引き揚げられたエビを二尾更に白飯の上に置く。そして天つゆを上からたっぷりかける。

小気味良く完成される丼。

 

はいよ。

 

f:id:hidekinghenry:20180522132638j:image

ほう。シンプルな。

どれどれ。

 

サクッ

プリッ

 

おお、プリプリのエビだな。そして、このタレ、うまいな。安いからテキトーなエビかと思ったが、何気にうまい。

この衣がまたなかなか。

 

むしゃむしゃ

 

むしゃむしゃ

 

ゲフッ

 

あっという間に平らげてしまった。

長居は無用だな。

 

 

会計頼む。

650円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ。

これで新しい油でも買いな。

 

キッチリ650円を渡す次郎。

颯爽と暖簾をくぐった。

 

店を出ると別の中国系観光客がたむろしていた。

 

またか。

 

しかし道頓堀はいつのまにか外国人観光客だらけの街になっちまった。老舗は消えていくことだろう。哀しいことだ。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20180522133044j:image

次郎は商店街を通り抜け、なんば駅に向かった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180522132638j:image

坂町の天丼@道頓堀

老舗の天丼屋。メニューはシンプルに天丼とかき揚げ丼のみ。いずれも650円。サッと入ってサッと出る。粋なスタイル。味もなかなか。

3.4次郎。

 

 

 

 

がんこラーメン一条流18代 なんば

f:id:hidekinghenry:20180522004354j:image

お、これはまさか、あのがんこか!?

次郎は独りごちた。

 

なんばで仕事をしていた次郎。

早い時間に終わり、小腹が空いていた。あてもなくネットを検索していると、がんこラーメンの文字。

 

これは間違いない。あのがんこラーメンの弟子の店だ。

行くしかねーだろう。

 

次郎は、道頓堀となんばの真ん中にある縦の筋道を南下した。店のそばにいくと、よしもとなんばグランド花月が見えてくる。店はその裏手にあった。

f:id:hidekinghenry:20180521140545j:image

この黒い店構えに骨。間違いない。

特に暖簾はなく奥に入っていくと、開店間もないばかりだというのに店内はほぼ満席だった。

 

ここも客は玄人揃いだな。

f:id:hidekinghenry:20180521140707j:image

18代は塩押しか。

よし、ならば、塩ラーメン、白葱、肉増しだな。1100円か。まぁまぁいっちまうな。仕方ない。

 

空いたカウンターに座る次郎。

 

さてと。店内には一条流独特の携帯電話に対する厳しいルールが書いてあった。

これは流派通りだな。しかし、ラーメンの写真は撮っていいのか。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180522004354j:image

ほう。このビジュアル。流石一条流だな。白葱追加したのは正解だな。

 

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180522000536j:image

スッキリスープだな。塩加減は少し緩めたばかりと貼り紙があったが、それが原因だな。とはいえ丁度いいな。

 

そして、麺はと。

f:id:hidekinghenry:20180522000526j:image

流石たまご縮れ麺の細麺だな。

ズルズルッ

うまいじゃねーか。

塩出汁の味を消さず、スープを絡め取るこのバランス、天晴れだな。

 

f:id:hidekinghenry:20180522001446j:image

白葱、うまそうだ。

ほう、シャキシャキだ。こりゃ塩ラーメンに合う。やはり正解だったな。

 

そして、がんこと言えば、

f:id:hidekinghenry:20180522001548j:image

このチャーシューだ。そう、こうやってキッチリ取れずに、すぐそばからこぼれていく。このホロホロ具合。まずいわけがない。

 

うまい!やはり、これだ!

なんばでがんこに出会えた奇跡。人生いいこともあるもんだ。

 

ゲフッ

ごちそうさん、と。

 

ふー。うまかったな。

 

店を出ると、よしもと芸人の出待ちをしている女子大生や女子高生がうじゃうじゃいた。

 

ふん、暇だなお前ら。

次郎は独りごち、なんばウォークの地下街へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180522004354j:image

がんこラーメン一条流18代@なんば

がんこ一条流を受け継ぐ塩ラーメン。期待を裏切らない味。チャーシューは是非トッピングで追加して、白葱も入れて欲しい。味は玄人は30で。

3.6次郎