食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

東京トンテキ 渋谷

うっかり渋谷まできちまった。

次郎は六本木からバスに乗り、青山で降りるつもりが携帯を見ていたらいつの間にか渋谷まで来ていた。

 

まぁいい、青山よりも店はたくさんあらぁ。

切り替えの速いのが次郎様の特技よ。

次郎は独りごちた。

 

何がいいか…

渋谷は今夜も喧騒に満ちている。楽しげな声が聞こえてくる。うまそうでコスパの良さそうな店もたくさんある。

 

さてと…最近行き尽くした感はあるよな…ふと見るとたこ焼きやのとなりにあるトンテキの文字が光っているのが目に入った。

 

ほう、トンテキか…味かキツすぎるきらいがあるんだよな。しかし、行ったこともないし、店は繁盛しているしな、よし、今夜はここで勝負だ。

 

階段を上がり店に入ると、すでに待ちが2名。

どうする?やめるか…

しかし、ほどなく待ち人は奥に吸い込まれ、更に1人が会計をしている。

 

しかたない、待つとしよう。

 

お客様、お一人様ですか?

見ればわかるだろう!?ああ?

次郎はメンチを切った。

 

どうぞ。

おう。テーブル席に案内された。

さてさて、メニューはと。意外と豊富だな。

f:id:hidekinghenry:20171207210704j:imagef:id:hidekinghenry:20171207210738j:image

そそるメニューばかりだな。これはあたりか?

しかし、味がキツそうだ。よし。

 

おい、ねーちゃん。

はい。

ほうれん草と桜海老のガーリック炒め、塩もつ煮込み、豚バーグ定食だ。

 

はい、かしこまりました。

 

ふぅ。頼みすぎたか。いや人生は一度きりだ。後悔してもしかたなし。

次郎は自分を鼓舞した。

 

なかなかの混雑具合、人はひっきりなしに入ってくる。

f:id:hidekinghenry:20171207210956j:image

 

はい、 ほうれん草です。

f:id:hidekinghenry:20171207211015j:image

ほう、すごい量だな!

む、味が濃い、しかしうまい。独り者にはもってこいだ。

 

はい、塩もつ煮込みです。

f:id:hidekinghenry:20171207211107j:image

ぐお、これもでかい、そして熱い!

どれどれ。

ほう。味はスッキリだな。だがうまいな。もつも軟骨も大根もうまい。出汁もいい。

これは当たりだな。混むわけだ。

 

はい、豚バーグです。

f:id:hidekinghenry:20171207211210j:image

ぐお、でかい!さすが300グラム。

どれどれ、

f:id:hidekinghenry:20171207211231j:image

流石に箸ではきれないが、肉汁が溢れでてくるな。

ほう、豚肉なんで多少ばらばらするが食べやすい。歯ごたえもいい意味である。野獣的な味だ!トンテキソースではなくオニオンステーキソースにしたのもしつこくなくて正解だ。

 

これは、やばいな。独り飯にピッタリだ。

キャベツもたくさんあっていいな。飯もでかい。学生の需要もさぞあるだろう。

 

店は少し狭いがな。そこはご愛嬌か。

 

 

 

ゲフッ

ふー、食ったな。食い過ぎたか。

まぁいい。またプールにでもいくか。

ははっ!

 

おい、会計だねーちゃん。

あちらでございます。

 

ちっそうか。次郎は入り口のレジに立った。

2300円です。

 

コスパはまあまあか。

ほらよ、釣りはいらねーよ!

キッチリ2300円払い、次郎は颯爽と店を出…れなかった。ちっ、引き戸か!

 ぐいっ

f:id:hidekinghenry:20171207211703j:image

でかでかと。

 続く。

 

 

 

 

 

 

 

東京トンテキ@渋谷

コスパのいい、トンテキ屋。味濃いめ。しかし、おいしい。学生とサラリーマンの強い味方。病みつきになる味。

3.6次郎

 

 

中華そば大関 煮干し系

 

最近寒くなったな。

次郎は恵比寿にいた。師走の恵比寿は人でごった返していた。

 

寒いと熱くて塩辛いものが欲しくなるんだよな…

言ってから次郎は気づいた。

 

なんだ、ラーメンが食いたいのか俺は。

次郎は独りごちた。

 

さてと、となるとだ、いつものオヤジもいいが、恵比寿からはアクセスが悪いな。でも、やはり醤油系だな。

恵比寿にないもんか…

うーむ…

 

次郎はそういえば昔つなぎに行った時に、醤油・煮干し系のラーメンがあることを思い出した。

 

なんだっけかな…

次郎はググった。

 

おう、最近は便利だな。これだ、中華そば大関。煮干し系の醤油ラーメン。

 

お、駅からもそう遠くない。

 

ウィーン♪

いらっしゃい。

客はいなかった。まだ1630だからな。

さてと、わからないから普通の中華そばだな。

一瞬煮干しラーメンのほうが良いか迷ったが最初は王道だ。

 

はいよ。

次郎は水をがぶ飲みして目を閉じた。

 

チャッチャッ

 

はい、お待ち。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20171206004147j:image

おお、なかなかのビジュアルだな、チャーシューが二種類。メンマが独特だな。千切ってあって長いな。

さてと、

f:id:hidekinghenry:20171206004239j:image

細麺か。醤油には細麺だな。ほう、濃い味だ。うまい。ほのかに香る煮干し、しかし、相当煮干しが入ってそうだ。ただ、パンチ力的には煮干しラーメンでもよかったかもな。

麺はツルツルだな。

チャーシューも二種類あって味変していい。

 

ズルズルッ

 

うまくスープと麺が絡む。煮干しの荒々しさがあるが、あくまで全体としては上品だな。スープも熱くていい。

 

これは、次は煮干しラーメンだな。そそるぜ。

 

ズルズルッ、ズズズー。

 

ふぅー、アッサリいけるな。

ここは再訪できるな。あとを引く。

 

よし、また来るぜおやじ。

 

ありあしたー。

ウィーン♪

 

ふう。北風には醤油ラーメンだな。

ははっ!

 

テンションが自然とあがっていた。

さぶっ。

冬の風が次郎にまとわりつき、体温を奪い取った。

 

ふん、ラーメン食べてむしろ体は丁度いいぜ。

冬の強がりは暗くなり始めた恵比寿の街に吸い込まれるように消えて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171206004830j:image

中華そば大関@恵比寿

スッキリ醤油の煮干しラーメン。中華そばは煮干しは控え目か。しかし、バランスも良く上品、それでいて煮干しの荒々しさもある。次は煮干しラーメンを食べてみるべきか。再訪したい。

3.6次郎

 

山善 とんかつ

今日は東京農大のそばにあるとんかつの名店山の内にいこうとんかつ思っていた次郎。

そのための最寄りは三軒茶屋。そこから店の前までバスで行くのが効率的だった。

 

ふー、三軒茶屋はなんとなく心惹かれるんだよな。奥に意外な店がありそうで。

まぁ時間もあるし、少し散策するか。次郎は太子堂方面に歩いた。ごちゃごちゃとした路地にはうまそうな店構えの居酒屋がたくさんあった。その路地を抜けるとちょっとした大通りにでた。なんだか客が並んでいる店がある。

 

ん?なんだありゃ。

近づいてみると、肉屋だった。

ほう、うまそうなコロッケでも売ってるのか?特にそういうわけじゃなさそうだな。

 

む、二階にとんかつ屋がある…これは臭うぞ。

山の内のいいが、たまには嗅覚に従ってみるか。

次郎は奥の細い階段を上った。

 

う、店の外に人が並んでるな。これは名店の予感。

 

待つこと5分。次郎は席に通された。庶民的な店内で家族経営のとんかつ屋。

 

周囲を見渡すと、とんかつ、海老フライ、思い思いに注文している。

 

ほう。ボリューム満点だな。

よし、おかぁさん♪

 

はいよ。

 

上ロースとんかつ、串揚げトッピング。そしてモツ煮込みも頼む。

 

はいよ。

 

注文し終えると次郎は入れられたお茶を飲み干した。

 

ふぅ。

食べる前から3.5以上は固い予感がした。

 

はい、おまちどう。

モツね。

f:id:hidekinghenry:20171205204106j:image

おお、いい感じだな。味もしっかりしてて。脂っぽくなく、それでいて豊かな味わいだ。

ますます期待が高まる。

 

はい、おまちどう。

f:id:hidekinghenry:20171205204211j:image

ぐお!さすが上ロース。でかい。歯ごたえも、脂身の割合も申し分ない。

 

まずは、串カツか。

う、うまい。玉ねぎがまずうまい。あまい。そして、豚肉だ。柔らかくしかしながら歯ごたえがある。合格で。

 

そして、ロースだ。

次郎は少し醤油を垂らしてぱくついた。

ザクッ、じゅわ〜。

おお、肉汁がしたたる。たまらん。柔らかく衣は薄くサクサクしている。醤油を垂らすと肉の味が引き立つ。こりゃいける。

ザクッ、じゅわ〜

ソースもいける。

白飯を食わずにはいられん。

はふっ、はふっ、

 

ザクッ、じゅわ〜

 

あぁ、これを幸せと言わずして何を言うべきか…

次郎は独りごちた。

 

ふー、ご馳走さんと。

おかぁさん、会計頼む。

はいよ。2500円ね。

 

まぁもつも頼んだししかたないな。

いや、満足だ。

 

おかぁさん、ここに置いとくぜ。

釣りで口紅でも買いねぇ。

次郎はテーブルにキッチリ2500円たたきつけた。

 

階段を降りる次郎。

どん、うぉう、て、てめーあぶねーだろ!

次郎を睨みつける力士級のデブ。

 

ふん、俺もあれになっちゃーおしめぇよ。

次郎はそそくさと階段を降りた。

 

ふー、少し暗くなった三軒茶屋の街は、いよいよ細かい路地が蛇のように蠢きだす。

 

今夜は冷えるな。

次郎は足早に地下鉄の階段を降りていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171205204957j:image

山善@三軒茶屋

肉屋がやってるとんかつ屋。飛び込みで入ったがうまい。ボリュームも満点。コスパはまぁまぁ。なかなかバランスのいいとんかつ屋。

3.6次郎

シターラ インドカレー

なんだかピリっとしたものが食いてーな。
次郎は独りごちた。

たまには、スープじゃない方のカレーでも食うか。確か青山にあったはずだな。
次郎はネットを駆使して気になっていた店を探しあてた。

ふむふむ。近いな、よし。
自転車を走らせた。
んー、停めるところがねーな。まぁいい。その辺に停めちまうか。ははっ。
なぜかテンションが上がった。

小笠原会館という骨董通りにあるびるの地下に件の店はあった。
その店の目の前にはふーみんというコレまたうまそうな中華屋があった。

店構えはオシャレだった。

f:id:hidekinghenry:20171202000740j:image
どれどれ。
f:id:hidekinghenry:20171202000807j:image
ほう。まぁ入ってみるか。
ウィーン♪
一人だ。
どうぞこちらへ。
インド人なのに流暢な日本語だった。
高級店なんだな。

さてと。よし、カレー二種。バターチキンとマトンだ。ガーリックナンでな。

はい、かしこまりました。

次郎は目を閉じた。

お待たせしました。
おう速いな。

f:id:hidekinghenry:20171202000837j:image
おう、うまそうじゃねーか。ナンもでかい。
f:id:hidekinghenry:20171202000859j:imagef:id:hidekinghenry:20171202000907j:image
ほう。それぞれ味が違ってうまいな。マトンはスパイシーだな。バターチキンもバターが効いててうまい。しかし上品だ。
なかなかいいな。夜は高そうだがランチにはもってこいだな。

いかんいかん、感想を考えてる間に冷めちまう。次郎はナンを千切っては付け、千切っては付け食べた。

ふー。ご馳走さんと。
なかなかよかったな。青山のレパートリーの一つになり有る存在だ。

よし、会計だ。
1200円になります。

まぁ1000円超えは仕方ないか。ほらよ。釣りはとっときな!
ナマステ!

次郎はきっちり1200円を机に叩きつけた。

ウィーン♪

釣りの意味を考える店員、顔を傾げたが、すぐに次の客に没頭していた。

ふん、インドもなかなかいいな。

冬だというのに、スパイスで汗をかく次郎。
骨董通りはランチ帰りのサラリーメンで溢れていた。

続く。
シターラ@表参道
f:id:hidekinghenry:20171202000837j:image
上品な高級インドカレー店。味は一級。ナンもうまいがライスもうまいらしい。ランチに最適。
3.6次郎

メルシー 早稲田

ふー、結局早稲田まで来ちまったか…

 

夜飯を探して半蔵門線に乗ったものの、行き過ぎた神保町を避けると、結局九段下で東西線に乗り換え、早稲田で下車してしまった次郎。

 

駅をでて、東京らっきょブラザーズをチラ見し、ラーメン武道家を覗いて諦め、キッチンおとぼけのインド人を一瞥をくれ歩き回ること15分。

 

気がつくとある店の前に立っていた。

f:id:hidekinghenry:20171118145645j:image

大学生時代によく通ったラーメン屋。昔は一杯380円とめちゃ安かった。

次郎は郷愁に吸い込まれていった。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

どうぞ。テーブルに腰かけた。

f:id:hidekinghenry:20171119233259j:image

昔とほぼ変わらないメニュー。

ラーメンは400円か。20円の値上がりか。

 

よし、おばちゃん、ラーメン一つ頼む。

はいよ。

 

次郎は学生時代に想いを馳せた。

若かったな。若さだけが取り柄だった。大食らいだった。安い飯をしこたま食べることだけが人生の中心だった。

 

はいお待たせ。

おお、来たか!

f:id:hidekinghenry:20171119233537j:image

変わってねー。嬉しいぜ。

味はどうだ?

ズルズルッ

 

おお、変わってない。淡白な醤油味。少し化学調味料のきいた辛さがたまらん。ここにラー油をぶち込んで更に確変だ!

 

ズルズルッ

 

うまい。懐かしい。

 

ズルズル、ズズズズズズッ

 

 

ズルズルッ

 

ぷはー、一気に駆け抜けた。

 

汗が吹き出る。

なぜだか泣ける味。タオルで汗も涙も拭き取った。

 

ふー、ご馳走さん。

キッチリ400円を置いて席を立つ次郎。

 

おばちゃんありがとよ。

 

ガラガラ♪

 

外に出ると、現実が押し寄せる。

財布をしまう手に刻まれた皺の数が時の経過を物語る。

 

ふー。

また始めからやり直すかな。

次郎は独りごちた。

 

懐かしい町の匂い、懐かしい風が次郎のそばを吹き抜けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171119234049j:image

メルシー@早稲田

早稲田生のほぼ100パーセントが知っているラーメン屋。懐かしの中華そば。そして安い。たまに無性に食べたくなる。次はチャーハンもいこう。

3.6次郎

 

 

鯛塩そば灯花 曙橋

意外にさみーな。

次郎はひとりごちた。

 

次郎は夜な夜な自転車をこぎラーメン屋を探していた。渋谷方面は行き飽きていた。神保町のオヤジの店も遠い。今夜は渋谷と反対に四谷方面に向かった。

 

赤坂のあたりは公の場所が多く、折しもトランプ大統領が来日する前とあって物々しい警戒体制が引かれていた。

 

ふん、税金の無駄遣いをしやがって。それなら坂のない道をもっとつくれってんだっ!

次郎は上りに坂をせっせとのぼっていった。四谷三丁目の交差点を過ぎたあたりでラーメン屋がいくつかでてきた。

 

四谷三丁目は、覆面の師匠である大オヤジがやっている店黒塗りの店構えのがんこがあった。

覆面もはじめは大おやじとオヤジの二人で開店し、大オヤジのラーメン屋がんこは、次郎が学生時代、早稲田の街で毎日通ったラーメン屋だった。

 

しかし、すでに昼までに閉店している。

次郎は曙橋にむかって自転車を走らせた。

 

途中小さい道に入ると一軒の小綺麗なラーメン屋をみつけた。

f:id:hidekinghenry:20171112233802j:image

鯛塩そば灯花。

なんじゃそら。

ふん、つまり鯛出汁の塩ラーメンってことだな。こーいう店はアッサリしすぎてるのがデフォルトだからな。

 

まぁいい。ものは試しだ。

ガラガラ♪

らっしゃい。

一人だ。

次郎は普通の塩ラーメンの食券を買った。

 

こちらへ。

おうよ。

塩ラーメンだ。ユリオカでな。

ハイ、カシコマリマシタ。

 

小気味いいんだか悪いんだか。

店内は小綺麗で、柚子胡椒が置いてある。先客は2名。

まぁこんなもんかな。

次郎は目を閉じた。

 

チャッ、チャッ、

 

チャッ、チャッ、チャッ

 

はい。お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20171112234230j:image

 

ほう、スッキリしたスープだな。しなちくは長いままか。チャーシューは鶏肉か?まぁいい。

 

ズズズッ

 

ほう。スープはやはりアッサリだが少し動物系だな。なかなかだ。

 

ズルズルズルッ

 

麺はコシがある。うまいじゃねーか。少しスープが物足りんな。

次郎は柚子胡椒をかけた。 

 

おお、これはいいな。合う合う。

柚子胡椒で味が引き締まり、麺もスープも味が引き立ってきた。チャーシューもアッサリ目だがいけるな。

 

ズルズルズルズルッ

 

ズズズズー

 

ふー。

ごちそうさんと。

 

これで800円か。まぁこんなもんか。

もう少し野生的でもいいけどな。悪くはない。

 

またくるぜ。

ありがとうございましたーー!

 

ガラガラ♪

…風は寒いなやはり。

 

帰りは下り坂か。

ん?鍵がねぇな。

なんだささりっ放しじゃねーか。

日本はまだまだ平和だな。

このままいくとトランプにやられちまうなぁ。

次郎は独りごちた。

 

再び四谷三丁目から外苑に向かう次郎。

先ほどと同じ警官がつまらなそうに突っ立っていた。

 

ご苦労なこって。

そう呟いた声は夜空に吸い込まれていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171112234954j:image

鯛塩そば灯花@曙橋

四谷三丁目から北へしばらくすすんで左手の道を入ってしばらくいくとある塩ラーメンの店。他に味違いで二店舗あるらしい。スッキリ塩ラーメン。店内は小綺麗。味はすこし薄めだが中々。女性は入りやすいかも。

3.3次郎

 

 

民民 六本木

ふー。

遅くなっちまったな。

 

夜10時。この時間からうまいものにありつける店はそんなにはないんだよなー。

 

次郎は六本木を歩いていた。居酒屋やバーはあるものの、一人で気軽に入れる店は限られている。

 

どーしたもんか。

サラリーメンたちが街をたむろしている。酔っ払いたちは押し競饅頭しながら道を塞ぐ。

 

くっ、うっとおしいな。

グダグダしやがって。

 

赤信号だったのに早く渡りやがれ。

ふと見上げると赤信号の隣に赤い電飾看板が目に入った。

 

民民。

 

あれは、なんだまさかチェーンなのか。赤坂のはうまいらしいが六本木はどうなんだ?

 

よし、トライしてみるか。

次郎は独りごちた。

 

入り口は地下にあった。

ガラガラ♪

 

ガヤガヤッ

 

なんと、こんな広いのか。

店内は広く客は満杯でガヤガヤとうるさい。

これは期待できるな。

 

一人だ。

はい、どうぞ。

 

次郎は四人がけのテーブルに座った。

さてと、メニューはと。

f:id:hidekinghenry:20171104183300j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183315j:image

f:id:hidekinghenry:20171104183327j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183339j:image

いろいろあるな。六本木にしてはまぁリーズナブルだな。次郎は独りごちた。

 

よし、にいちゃん注文だ!

餃子、きゅうり、チャーハンだ。ぬかるなよ!

 

ハイカシコマリマシタ

 

次郎はガヤガヤとした喧騒を聴きながら目を閉じた。

 

ハイ、お待たせしました。

さすが中華速いな。

f:id:hidekinghenry:20171104183553j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183605j:image

きゅうりはと。ピリ辛でいいじゃないか。

餃子はどうだ?

ほう、うまいな。食べやすい。いくらでも入るな。

 

ハイ、チャーハンです。

f:id:hidekinghenry:20171104183654j:image

餃子にチャーハン。鉄板だな。

おお、うまいな。予想通りの味だが後を引くな。

 

むしゃむしゃ

 

ふー、どんどんいけるな。

 

むしゃむしゃ。ゲフッ。

 

ふー、あっという間に完食だな。

こんな時間に…

まぁいい。

 

おい、にいちゃん会計だ。

はい、1860円です。

 

まぁそんなもんだな。

ほらよ。キッチリだ。

 

アリガトウゴザイマシター

 

ガラガラ♪

階段を上がる次郎。

 

六本木の街の喧騒は更に盛り上がってきていた。

眠らない街か…

 

今夜はフけるとするか。

 

秋の冷たい風が次郎に吹き付けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171104183605j:imagef:id:hidekinghenry:20171104184109j:image

民民@六本木

餃子が有名な下町中華。赤坂ほど有名ではないが安くてうまい。六本木でも安心して入れるサラリーメンの味方。

3.4次郎