函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

オステリアエノテカ ダ・サスィーノ イタリアン 弘前

f:id:hidekinghenry:20210301160646j:image

さてと、もうすぐ食べ納め、か。

次郎は独りごちた。

 

今日は弘前の有名なイタリアン、オステリアエノテカ ダ・サスィーノに来ていた。

以前から著名なこのイタリアン、次郎も知ってはいたが、弘前を去るということを決めたことで、ようやく行く気になった。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

 

予約した函館だが。

お待ちしておりました函館様。

 

予約することが珍しい次郎たが、本日の先客は無く、次郎のみの店内。

やはりコロナの波がここにも押し寄せているのか…

 

こちらへどうぞ。

次郎は用意された席にうやうやしく座った。

f:id:hidekinghenry:20210301161227j:image

お飲み物は?

ふん、まずは、シードルを。

かしこまりました。

 

店主はうやうやしく、オーダーを取り奥に下がった。

 

貸し切りだな。

次郎は独りごちた。

 

お待たせしました。シードルとアミューズでございます。

f:id:hidekinghenry:20210301161204j:image
f:id:hidekinghenry:20210301161213j:image

ほう。来たか。また小洒落たな。

生ハムメロンのような味わい。

 

続きましてマッシュルームを使った○○です。トリュフをおかけします。

 

ほう。洒落てるな。

f:id:hidekinghenry:20210301160646j:image
f:id:hidekinghenry:20210301162909j:image

ザクザクした食感とマッシュルームの味が美味。そしてトリュフの匂いが顔一杯に広がるな。

 

では、岩木山の白をいただこうか。

かしこまりました。

 

白ワインが運ばれた。青森の岩木山で取れるブドウで作られた自家製ワイン。

f:id:hidekinghenry:20210301170329j:image

色が飴色だな。

なんとなく林檎の匂いがするような気がするが、気のせいか。

 

続いて、四種のハムをお持ちしました。
f:id:hidekinghenry:20210301170259j:image

ほう。うまそうだ。

 

ふむ。上品な味のハムだ。付け合わせの果物がまたイイ。

 

パンをどうぞ。

暖かいな。おい、オリーブオイルをもらえるか?

はい、かしこまりました。

どうぞ。

f:id:hidekinghenry:20210301170307j:image

ほほー、このオリーブうまいな。

では、次の白ワインをくれ。

かしこまりました。

 

こちらでございます。
f:id:hidekinghenry:20210301163203j:image

お、うまい。爽やかだな。

 

○○でございます。

ほう。聞き取れなかったが、まぁいい。うまそうだ。

トリュフのイイ匂いだ。

f:id:hidekinghenry:20210301170326j:imagef:id:hidekinghenry:20210301163143j:image

うまいなこれ。

 

いやー、ではまた別の白を。

かしこまりました。 

こちらでございます。
f:id:hidekinghenry:20210301163231j:image

ほほー!これはスッキリとして、深い味わいもあ?、はひひ飲み干せる。うまい。

 

本日のお魚ヒラメでございます。
f:id:hidekinghenry:20210301163158j:image
f:id:hidekinghenry:20210301163209j:image

おお、皮がパリパリで中の白身はジューシーで美味。付け合わせの野菜も岩木で取れたのか。アッサリしてるようで脂が乗っている。

 

○○のムースに岩木山の野菜のペーストを乗せたものです。
f:id:hidekinghenry:20210301163151j:image
f:id:hidekinghenry:20210301170312j:image

おお、これはうまい。

ムースの甘さとこの野菜のホロ苦さが絶妙だ。台座もホロホロでうまい。

 

さてと、次は赤を頼む。

かしこまりました。
f:id:hidekinghenry:20210301163224j:image

おお、これもうまそうだな。

少し硬質な味わいだな。悪くないぞ。

 

本日のパスタでございます。
f:id:hidekinghenry:20210301170304j:image

ボロネーゼか。

この量でちょうどいいな。うまい。

リゾットでございます。上からトリュフをかけてございます。
f:id:hidekinghenry:20210301170254j:image

ほう、美しいビジュアルだ。

塩気の効いた味付け。トリュフの匂いが上品だが食欲をそそる。

 

本日のお肉料理、○○肉のステーキです。f:id:hidekinghenry:20210301163238j:image

また洒落た…

柔らかい。うまい。

 

デザートのフランボワーズのソースを固めたものをアイスの上に載せてあります。f:id:hidekinghenry:20210301170319j:image

うーん、またこのザクザク食感か。アイスの甘さと冷たさと合わさってうまいぜ。

 

食後の紅茶とお菓子です。
f:id:hidekinghenry:20210301171418j:image

ほほー、最後まで憎い演出。

 

ズズー。

うまい。

 

いやー、食ったなー。

満足だ。結局最後まで貸し切りだったな。

 

 

おい、店主、お会計頼む。

かしこまりました。

22000円でございます。

やはりあれだけ飲むとコースの11000円と合わさるといくな。

ほらよ、釣りはいらねーよ。おるぁ宵越しの銭はもたねぇ主義だ。

次郎はテーブルにキッチリ22000円を叩きつけた。

 

今宵は贅沢な夜だ。はは!

次郎の渇いた笑い声が店内に響いた。

 

 

 

続く。

 

 

 

リアエノテカ ダ・サスィーノ

f:id:hidekinghenry:20210301172444j:image
f:id:hidekinghenry:20210301172449j:image
f:id:hidekinghenry:20210301172433j:image
f:id:hidekinghenry:20210301172441j:image
f:id:hidekinghenry:20210301172437j:image

一流イタリアン。自家製、地産の食材、岩木山近くの畑で栽培している自家製のブドウを使ったワインを出してくれる店。何を食べてもうまい。量はおとなしめだが多種類あり、飽きない。岩木山のワインも楽しめる。要予約。

3.8次郎

 

 

 

 

 

えんとつ 洋食 大館

f:id:hidekinghenry:20201217182035j:image

さてと、今日はまたきりたんぽでも食べに行くか。

次郎は昼前、国道7号線を青森から南下していた。今日は大館にフィールドワークがあり、それに向かっていた。

大館に到着は昼前、丁度良い頃合い。

 

ぐお、まさかの休みか。

「昔のきりたんぽ屋」というきりたんぽ屋を目当てにしていた。

 

ふーむ、困ったな。

何も考えていなかった。

暫し悩む次郎。

 

あ、そういえば昔行こうとしたら休みだった洋食屋があったな。

確か、、、えんとつだ。

そこにしよう。

次郎は再び車を転がした。

 

お、ここだ。

混んでるな。満車に近い。まだ11時半だというのに。まぁいいか。

 

グイ♪

中は待ち人が3組ほどあった。

むぅ、回転が速いといいが。

 

いらっしゃいませ。

こちらで座ってお待ち下さい。メニューどうぞ。

次郎は店の中の小さな席で待たされた。

 

ふぅ。いろいろあるな。

確か、このホワイトソース掛けのハンバーグが推しだったよな。しかし、他も食いたいなこつなると。

 

お席空きましたのでどうぞ。

おう。

次郎はカウンターに座った。

 

よし、女将。

はい。

ハンバーグ250gホワイトソース掛けと、ステーキランチを頼む。

はいかしこまりましたー。

 

しかし、どんどん来るな、昼時とは言え繁盛している。

 

はい、ステーキランチですー。

f:id:hidekinghenry:20201217182024j:image

ジュワー♪

鉄板に焼かれた肉が踊っている。

ほほーう。

こりゃうまそうだな。
f:id:hidekinghenry:20201217182035j:image

いい感じの厚さだ。
f:id:hidekinghenry:20201217182031j:image

どれ。お、中は赤いな。

ハム。

お、うまい。このシャリアピンソース、なかなかいける。程よい塩加減、アッサリしてるが肉の味を引き立たせる。この熱々がまたいい。

ハムハム。

ハムハム。

 

はい、ハンバーグですー。
f:id:hidekinghenry:20201217182028j:image

これは、なかなかのクリエイティブだ。

どれ。
f:id:hidekinghenry:20201217182005j:image

ほほー。チーズが凄いな。卵の黄身を破れば黄色と白の鮮やかなコントラストまで。 

ハンバーグはギッシリ系。悪くない。

ホワイトソース、クドイと思いきやそうでもないな。これは腹減リーマンたちにはご馳走だろう。

 

ハムハム。

うまい。

 

ハムハム。

ハムハム。

 

ゲフッ。

いやー、食ったな。

はい、食後のアイスコーヒーです。

 

次郎はアイスコーヒーを一気に飲み干した。

うー、暑い。食べ物の熱がすごい。

 

おい、会計だ。

はい。

2200円です。

 

まぁそんなもんか。リーズナブルだ。

ほらよ。

釣りはとっときねぃ。これで新しい生クリームでも買いな。

 

次郎はキッチリ2200円を女将の掌にねじ込んだ。

 

グイ♪

ふー、食ったなー。

久しぶりに腹一杯だ。

 

さてと、今日の現場はここから30分南方か。

ブロロロー♪

次郎を乗せた車がゆっくりと7号線を滑り出していった。

 

曇天からは雪が散らついていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201217182024j:image
f:id:hidekinghenry:20201217182028j:image

えんとつ@大館 

大館では人気の洋食屋。ボリュームがあり、リーズナブル。ハンバーグもいいが、ステーキもうまい。ガツンと食べれるのが嬉しい。

3.4次郎

 

 

 

サンライズ食堂 ラーメン 浪岡

f:id:hidekinghenry:20201216105537j:image

次郎は車を転がしていた。

教授が青森の大学で講義を行うとのこと。

次郎は暇を持て余していたため、迎えを買って出ることにした。

ふん、俺もいい奴だな。

 

ちっ、車から雪を降ろすのがめんどくさいが、仕方あるまい。

 

次郎はそういうと駐車場に向かった。

ふぅ、さてと、行くか。

 

国道7号線を北上し、浪岡から空港に向かって右に折れたところで、サンライズ食堂という店が目についた。

 

ふむ、まだ1時間ぐらいあるし、寄ってくか。

ガラ♪

いらっしゃいませ。

次郎は空いてる席に座った。

 

さてと、どんなガンダムが飛び出すことやら。f:id:hidekinghenry:20201216105541j:image
f:id:hidekinghenry:20201216105206j:image

f:id:hidekinghenry:20201216110006j:image

サンライズとくればガンダムラーメンでもあるのかと思いきや、普通のラーメンだな。

 

よし、特別メニューの煮干し、あごだし?ダブルスープだな。

 

おい、このダブルスープラーメンを。

はい。

 

しばらく待つと後から客がやってくる。

まぁまぁ繁盛してるな。

 

はいお待たせです。

f:id:hidekinghenry:20201216110238j:image

ビジュアルはなかなかだな。
f:id:hidekinghenry:20201216110243j:image

どれ。ズズ。

お、意外とくどくない。悪くないな。煮干しの風味もかなり効いてるがキツくない。
f:id:hidekinghenry:20201216105537j:image

麺は細麺。わるくないな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

うまくスープに合う。柔らか目だが悪くない。f:id:hidekinghenry:20201216110251j:image

チャーシューがでかいな。これは好感が持てる。

ハム。ほほう、柔らかいがしっかりと歯応えもあり、味も濃い目。いいぞ。

 

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズズー♪
f:id:hidekinghenry:20201216110248j:image

お、ちゃんと煮卵が半熟だ。

ハム。うまい。

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズズー♬

 

ふぅ、ご馳走さん。まぁちょうどいいな。

これで教授から昼を食べようと言われないことを祈るのみだ。クククッ。

 

おい、会計。

はい。

800円です。

ほらよ、釣りはいらねーよ。これでトコブシでと買いな。

次郎はそう言いながらキッチリ800円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

ふぅ、さみーなしかし。

バタン、ブロロロロー♪

再び次郎の車は浪岡の街を滑り出していった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201216110238j:image

サンライズ食堂@浪岡

煮干しラーメン。とんこつなどもあり、リーマンや作業員がたくさん来る店。味濃いめ。

 

3.3次郎

 

プリムヴェール 洋食屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20201215133658j:image

今日はなんだかハンバーグが食べたい季節だなぁ。

フォ!

次郎は窓を開けた。

昨日から降り続いた雪は、

街の景色を一変させた。

白銀に輝く世界というよりは、灰色に垂れ込めた雪景色が眼下に広がっていた。

 

ちっ、外に出づらい気分にさせるな。

しかし、そこは次郎様のいいところ、こんな日にこそ探索だ。

 

次郎は携帯にハンバーグと打ち込み、結果を待った。

 

ふーむ、なるほどなぁ。

ここにしよう。

次郎は点数には現れない微妙なニュアンスを嗅ぎ取り外に出たら。

 

フォ!

寒。吹雪いてるな。コンチクショー。

車にたどり着くとこんもりとした白い帽子を落とす。

ふぅ、痩せるな。

次郎は独りごちた。

 

ブロロロロー♪

次郎の車は駐車場を軽快に滑り出した。

 

さてと、この辺のはずだな。

吹雪で店が分かりづらい。

 

お、ここか。

次郎は車を駐車場に滑り込ませた。

11時25分。

開店は11時30分か。待つとするか。

しばらく社内でやり過ごす次郎。

5分後徐に外に出た。

 

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

 

1人だ。

こちらへ。

 

テーブル席につく。先客はなし。ふん、こんな雪の日に人がくるのか?俺のような物好き意外に?クククッ。

次郎は独りほくそ笑んだ。

 

さてと…

ランチは3種類か。パスタはなぁ。

ここは塩豚とキッシュのあるCだな。

 

おい。

はい。

Cを。

はい。

それとハンバーグを単品で。

はい、かしこまりました。

 

危ない危ない、当初の目的を忘れるところだった。

次郎はトイレに立ち、戻ってくると客が3組増えていた。

 

む。ここは人気店だったか。

俺の読みは当たったな。ふふ。

 

次から次へと客が入ってくる。

あっという間に満席になった。

やってくれるぜ。

 

はい、お待たせしました。

ここで食事が運ばれてきた。

f:id:hidekinghenry:20201215131105j:image

ほほう。どちらかというとちんまりとしているな。
f:id:hidekinghenry:20201215131100j:image

オニオンスープか。
f:id:hidekinghenry:20201215131050j:image

これがCだな。イメージと違ったが、まぁいい。

 

ズズ。

優しいオニオンスープだ。悪くない。

長芋か。うまいな。

キャベツのお浸しのようなサラダ。シャキシャキとして悪くない。

 

キッシュは、想像の通りだ。こちらも悪くない。

 

さてと、メインの塩豚。

ハム。

ふむ、甘辛の味でさっぱり目、悪くない。ナスの柔らかい食感との対比がまたいい。

しかし、すこしボリュームがすくないか。

 

はい、グラタンとハンバーグです。

なるほど、グラタンがつくんだったな。そして単品のハンバーグか。

f:id:hidekinghenry:20201215131015j:image

こーしてみると豪華だ。
f:id:hidekinghenry:20201215131054j:image

グラタンは、マカロニ、帆立と野菜か。

こちらも悪くない。
f:id:hidekinghenry:20201215131057j:image

そして、待望のハンバーグだ。シンプルだな。

次郎はハンバーグにナイフを入れた。

ギッシリ系だな。

こちらも悪くない。デミグラスソースも悪くないぞ。

 

全て、悪くない。

むしろ、丁寧な作りが感じられ好感が持てる。 

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。流石に腹が膨れてきたな。

 

食後のコーヒーでございます。

次郎はコーヒーをすする。

ちょうどいい。

 

腹一杯だな。

 

おい、会計を。

あちらでお願いします。

次郎は店舗の手前のカウンターまでむかう。

 

いかがでしたか?

うまかったよ。

ありがとうございます。

1830円です。

ほらよ。釣りはとっときな。それで新しいナプキンでも買うといい。

 

次郎はキッチリ1830円を金皿に叩きつけた。

 

コロンカラン♪

ありがとうございました〜。 

 

ふう、まだ吹雪いてやがるぜ。

次郎はいそいそと車に乗り込んだ。

 

ブブ。

次郎の携帯が揺れた。

そこの洋食屋なかなかだろ?

 

何!!

どこでみてやがる!?

しかし、吹雪の中外は灰色に覆われて何も見えなかった。

 

くそ、トコブシの野郎。初めからわかっていたようなメッセージ。しばらく弘前にいやがるってことか。味なマネを。

次郎は悪態をつきながらも、その口元は微笑んでいた。 

 

ブロロロロー♪

暖まった車が雪ぼこりを巻き上げて車道へ滑り出していった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201215133315j:image

プリムヴェール弘前

しっかりした洋食屋。料理の種類も多く迷う人気店。何を食べても外れなし。ハンバーグとパスタが一押しか。

3.4次郎

 

山忠 ラーメン 弘前

f:id:hidekinghenry:20201214165845j:image

ぐお雪か!

次郎は寝起きにカーテンをあけた。

 

一面の銀世界。

心浮き立つ瞬間。東京ならば…

しかし、ここは青森。

 

本格的な冬の始まり。

むしろ憂鬱な日々への突入だった。

 

ちっ、ゆきぐに〜♪

幾三師匠だな。

次郎は独りごちた。

窓が白く濁った。

 

さてと、それにしてもこんな日は、暖かい蕎麦かラーメンだよな。

 

む、そういえば、トコブシの野郎が前に立ち寄ったラーメン屋が弘前にあったはずだ。

 

次郎は服を着替え、手袋をし、雪かき道具を持って外に出た。 

 

ふお、静かだ。

そこまで寒くない。

まだ12月だもんな。

 

く、こんもりとしやがって、俺の特盛り好きを知っての愚弄か。

次郎はサラサラした雪を車から落とし、出発した。

ふー、今日はゆっくりとすすもう。

 

街はどこもノロノロ運転。

降りはじめだからな。これも明日には飛ばす奴が出ることだろう。

人間なんてそんなものさ。

 

おっと、ここだここだ。

件の店は、ここ。「山忠」、普通の民家のような外観。

ガラ♪

いらっしゃい。

まだ開店直後。先客はそんなに多くない。

f:id:hidekinghenry:20201214170658j:image

シンプルなメニューだ。ほんとにうまいのか?

まぁいい。

 

おい。

 

はい。

 

中華そばと小チャーハンのセットで。

はい。

 

ふぅ、客は地元の奴しかいなそーだ。

 

はい、チャーハンねー。

お、早いな。
f:id:hidekinghenry:20201214170702j:image

昔ながらの然としている。
f:id:hidekinghenry:20201214165845j:image
f:id:hidekinghenry:20201214170706j:image

あつあつだ。

ほほ。うまいな。いい塩加減。まさに昔ながらのシンプルなチャーハン。しかし後引く味。悪くないぞ。

 

はい、中華ねー。
f:id:hidekinghenry:20201214170710j:image

これも昔ながらのラーメンだな。
f:id:hidekinghenry:20201214170714j:image

透き通ったスープ。

ズズ。

ほほー、かなりの煮干し、しかしすっきり。青森に多い煮干しギトギトと違って俺様の好みだ。

ズズズズー。

うまい。
f:id:hidekinghenry:20201214170654j:image

麺は細縮れ麺。柔らか目か。

ズルズルッ。

ふむ、まぁこんなもんか。

柔らかいほうがスッキリスープに合うな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ふっ、あっという間になくなりそうだ。
f:id:hidekinghenry:20201214170718j:image

チャーシューも昔ながらのチャーシューだ。味はきつめ、そして固め。

しかし、悪くない。1980年あたりで時が止まった店のようだ。

 

とはいえ、後引くスープ。

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズズー♪

ハムハム。

チャーハンもラーメンもうまい。

これで850円は安いな。

 

ズルズルッ、ズズズズー♪

ご馳走さん。

胃もたれしなそうだな。

 

おい、お勘定。

はい、850円です。

 

ほらよ、釣りはいらねーよ。

これで新しいテーブル胡椒でも買いな。

次郎はキッチリ850円を女将の掌にねじ込んだ。

 

ラガ♪

こりゃ止みそーにないな。

ますます降ってやがる。

次郎はいそいそと車に乗り込んた。

 

ブロロロロー♪

走り出した次郎の車の後にすぐに別の車が入り込んで来た。

 

繁盛してるようだな。

次郎の言葉は雪に消えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201214165845j:imagef:id:hidekinghenry:20201214170710j:image

山忠@弘前

昔ながらの街のラーメン屋。素朴だがキレのある味のラーメンとチャーハン。あっさり煮干し好きにはたまらない。チャーハンがうまくて

いくらでも食べれてしまう。

3.5次郎

 

 

蕎麦柿崎 蕎麦屋 青森市

f:id:hidekinghenry:20201208123738j:image

鴨南蛮が無性に食いてぇ。

次郎は昼寝起き一番に天井を見つめながらそう思った。

善は急げ。

この人生に食べ物以外に重要なものがあろうか?

 

答は否である。

次郎は独りごちた。心なしか空気清浄機の音が一段高くなった気がした。

ふん。

次郎はベッドから置き、空気清浄機を氷の眼差しで射抜き、息の根を止めた。

 

さてと。

着替えを済ませ、青森市で評価の高そうな蕎麦屋、柿崎に向かった。

 

弘前から1時間ほど。青森市内の中心にその店はあった。裏通りの細い小道をいくと駐車場があり、そこに駐車した。

 

ガラ♬

いらっしゃい。

開店一番乗りか。かっかっか。

 

次郎はテキトーなテーブルに座るとメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20201208123755j:image
f:id:hidekinghenry:20201208123742j:image

一品料理もたくさんあるな。こりゃいい。メニューは豊富だな。

 

迷うが…

おい。

はい。

注文だ。

山芋刺し、味噌生姜おでん、天ぷら、それかーら、お、あったあった鴨南蛮だ。

 

はい、かしこまりました。

頼みすぎたか…まぁいいな。

次郎は自らに言い聞かせた。

 

 

ほどなくして山芋が提供された。

山芋です。
f:id:hidekinghenry:20201208123759j:image

ほう。たくさんはいってるな。醤油をかけて、と。
f:id:hidekinghenry:20201208123752j:image

うまそうな色だ。
f:id:hidekinghenry:20201208123734j:image

どら。おお、トロトロだ。

ハム。

シャキシャキ♬

ほほーう、こりゃうまい。シャキシャキの山芋だがトロトロも併せ持つという神プレイ。これに醤油が味に締まりをもたらす。完璧だ。

 

味噌生姜おでんです。
f:id:hidekinghenry:20201208123747j:image

おおー、これまたボリューミーでうまそうだ。

ハム。

ほほー、この少し甘い味噌に生姜が効いている。身も体もあったまること必至だな。

 

天ぷらです。
f:id:hidekinghenry:20201208123727j:image
f:id:hidekinghenry:20201208123731j:image

きたか。

ハム。サクサクッ♬

むぅ、まぁまぁかな。悪くない。サクサクしているが、すこし衣が多めか。

 

はい、鴨南蛮です。
f:id:hidekinghenry:20201208123738j:image

来たな。いい色だ。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20201208123802j:image

細麺だな。

ズルズルッ♬

おお、やはり津軽蕎麦。柔らかい。鴨は薄切りか。

ズルズルッ♬

うん、悪くない。もう少し蕎麦に腰があるといいがな。

ズルズルッ

ズズー

ズルズルッ、

ズズーー

サクサク、

ズズー、天ぷらと蕎麦つゆのコラボもいけるな。

ズルズルッ、ズズー、ズルズル、ズズー。

ズズ〜。

ふぅ、ご馳走さん。 

 

いや、満足満足。 

おい、会計頼む。

はい、あちらのレジへ。

次郎はレジに向かった。

 

4100円です。

ほらよ。あんなに食ったのにな。

釣りはいらねぇよ、それで新しいエプロンでも買いな。

次郎はキッチリ4100円を金ザラに叩きつけた。

 

ラガ♬

さぶ、夜はだいぶ冷え込むな。

車に乗り込みエンジンをかけると、車のフロントグラスが次郎の吐息で曇って見えなくなった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201208133935j:image

蕎麦柿崎@青森市

青森駅から徒歩15分ぐらいのところ。一品料理が多く、軽い居酒屋。食べ応えあり、リーズナブルで種類が多いので満足できる。

3.4次郎

 

 

 

岩 蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20201201221455j:image

お、なんか蕎麦屋があるな。

次郎は弘前城そばを歩いていた。

時刻は11時半。

うーん、そろそろ昼飯にしてもいいなぁ。

と思ったら蕎麦屋

岩…

いわ、がん?どっちだ?

まぁいいか。よし、はいってみるか。

 

ガラ♪

いらっしゃいませ。

 

次郎はカウンターに座った。席はカウンター7、8席のみ。

f:id:hidekinghenry:20201201221446j:image

なるほど。二八蕎麦か。

天ぷらにしよう。

 

よし、あったかい天ぷら蕎麦。

はい。

 

そういうと、お新香が置かれた。

f:id:hidekinghenry:20201201221451j:image

美しい。

カリ♪

お、梅味が。うまい。あと引くな。

カリ♪

すっぱ!

いいな。

 

はい、天ぷら蕎麦です。

f:id:hidekinghenry:20201201221455j:image

おお、別盛りか。見事なビジュアルだ。
f:id:hidekinghenry:20201201221517j:image

ボリューム満点だな。

どら。

サクッ♪

サックサクだな!うま!

塩欲しいな。

 

塩ください。

はい、どうぞ。

 

サク♪

うま、塩気がまた格別。

 

どら。

f:id:hidekinghenry:20201201221514j:image

ズルズルッ♪

そばも腰がある。うまい。出し汁の塩気がうまい。俺好みだ。

ズルズルッ。

そして、天ぷらをドボン。

サク、ジュワー♪

やはり、蕎麦出し汁にこの天ぷら合うな。

 

ズルズルッ♪

 

ズルズルッ♪

 

ズズズズー♪

うまかったなぁ。当たりだ。

 

会計頼む。

1100円です。

 

ほらよ、釣りはいらないぜ。

それで新しい塩でも買いな。

キッチリ1100円を次郎はカウンターに叩きつけた。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ、お、寒いと思ったら雪か。

 

次郎の丸めた背中にふわりと雪が舞い降りた。

f:id:hidekinghenry:20201201221455j:image

岩@弘前

蕎麦屋。シンプルだがキリっとした味。天ぷらがサックサク。蕎麦は細いが腰がある。二八蕎麦。

3.5次郎