函館次郎のひとり飯クエスト

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

KAMIYA 洋食屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20200331122327j:image

さてと、今日は青森まで行かにゃならんのだよな。

次郎は弘前市内で車を転がしていた。昼2時から青森でアポがあった。時は11時20分。昼を食べていけば丁度いい頃だ。

 

さてと、今日は新しいところにいきたいなぁ。

弘前城をキャッスルホテル方面へ向かう。川を越えたところで車列が止まり、ふと何気なく左手を見ると、見落としてしまいそうな小洒落た店があった。おそらく洋食屋だろう。いや、喫茶店だろうか。ランチ営業と書いてある。間違いない。洋食屋だ。

 

次郎はそこまで判断すると、周囲に目をやった。近くにコインパークを見つけた。

ふん、Uターンするか。

次郎は、右手を渡ったところにある駐車場に∀ガンダムのようなUターンを決め、車を滑り込ませた。

 

さてと。

次郎が歩いて店に到着ほんのすんでのところで、店主がクローズからオープンに看板を変えた。

 

ベストタイミング。さすが俺だ。

次郎は独りごちた。

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

静かな店内。しかしセンス良く配置された家具や絵、アップライトのピアノが次郎の目を引いた。

 

お好きなところどうぞ。

次郎は4人がけのテーブルに着席した。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20200331122316j:image

黒板にはカレーやミートソースなどが書かれていたが、グランドメニューにあるオムライスに惹かれた。そしてエビフライ。

 

次郎はまだコートもかけないうちに女将を呼んだ。

おい。

はい。

オムライス、エビフライ付き。

はい。

 

次郎はゆっくりコートを掛け、トイレに赴いた。さらに持参していたアルコールを手に掛けた後で、再び着席して水を飲んだ。

途中、アポ確認の電話がかかってきて、次郎は外に出た。麗らかな日差しがコロナ騒ぎとは無縁の世界に連れてこられた錯覚に陥る。

 

ええ、2時に。予定通りで。

はい、わかりました。

 

ふぅ。わかってるっつーの!

次郎は電話を切って店内に戻った。

しばらくして、オムライスが着弾した。

 

お待たせしました。オムライスです。

f:id:hidekinghenry:20200331122319j:image

ほっほーう!これは見事なクリエイティブ。

エビフライが立体的に盛り付けられ、重厚感を増している。

 

どら。
f:id:hidekinghenry:20200331122323j:image

ほほーう。中もキッチリとしたチキンライス。卵はトロトロまではいかないがフワフワだ。

次郎はオムライスを頬張った。

うーん、チキンライスにキッチリ味がついている。中の鶏肉もゴロリとして食べ応えがある。ケチャップの味が食欲をそそる。さらには、控えめなデミグラスソースがちょうど良くチキンライスとフワフワの卵を引き立てる。こりゃあっというまに無くなっちまうぞ!

そして、エビフライは?
f:id:hidekinghenry:20200331122330j:image

ザクッ♪

次郎はエビフライを頬張った。

うー、こりゃうまい。なんてプリプリなんだ。さらにはエビの肉がぎっしりしていて、とんかつ屋に良くある大味なタイプとも一線画して、まさに洋食屋のエビフライだ。タルタルもうまい。こりゃたまらんな。

ザクッ。

うーん、うまい。デミグラスを少し付けて頂くと味変も可能か。

ハムハム。

ザクザク。

ハムハム。

ザク。

 

ふー。

ご馳走さん。これで味噌汁かなんかがついてれば完璧だな。

まぁ仕方ない。

 

おい、会計頼む。

はい、1150円です。

ほらよ。釣りはとっときな。それでエビの背ワタを抜く包丁でも買うといい。

次郎は金皿にキッチリ1150円を叩きつけて店を出た。

コロンカラン♪

 

さてと、なんだか眠くなってきたな。

次郎は駐車場までもどり、車を起動した。

 

麗らかな日差しが現実感を奪い去る春の日だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200331122327j:image

KAMIYA@弘前

センスの良い洋食屋。店内は清潔感が整っていて温かみがある。アップライトのピアノが置いてあり、いつか誰かが弾くのだろうか。

ここはエビフライが絶品。ランチはトッピングすべし。ぷりっぷりで、身も大きく満足感がある。オムライスはフワフワの卵にチキンライスがまたうまい。デミグラスも控え目だがチキンライスの味が良く丁度いい。夜も訪れてみたいところ。

 

3.4次郎

 

 

とんかつ末吉 とんかつ 赤坂

f:id:hidekinghenry:20200328122049j:image

じゃあまた、何か新たな発見がありましたらご報告いたします。

おお、頼むぞ!次郎くん。

しかし、すまんな今夜は夜ご飯一緒に行けず。

いえ、大丈夫です。また。

またな。

そういうと教授は踵を返し、いつものようにアッサリとずんずん遠ざかっていった。

ずんずんずん。

 

さてと。では、目当てのとんかつ屋に独り向かうとするか。

まぁいつも独りだがな。

次郎は自嘲気味に独りごちた。

 

赤坂のビズタワーの見附駅側の裏手にその店はあった。

「とんかつ末吉」

半二階のような形で入口は路面から階段を数段上がったところにあった。

時は18時30分。予想外に空いていた。

ここはランチが激混みなのだろうな。

 

ガラ♪

いらっしゃいませ。

カウンター奥どうぞー。

次郎は勧められるがままカウンターの奥に座した。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20200328124705j:image

やはりロースかつだよな。しかし、カキフライにも惹かれる。今日は初見だし、やはりロースか。いや、カキフライは捨てがたい…

えい、ままよ。

 

おい。

はい。

ロースかつ定食と、カキフライ単品はいけるか?

カキフライ個数単位でいけますよ。

なに!それはありがたい。では、カキフライも三個頼む。

はい、かしこまりました。お水置いておきます。

 

次郎は置かれた水を飲み干した。

ふー、もういっぱい。

はいよ。

どうぞ。

次郎は、今度はゆっくりと置かれた水を飲み干した。

ふー、もういっぱい。

はいよ。

どうぞ。

 

次郎はカウンターの隣の客を見た。かつ重を食べている。

うーむ。うまそうだな。つぎはかつ重か。

 

ふふ。常にその先を考えてしまうなんて、俺は藤井九段か。ははは。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせしました。ロースです。f:id:hidekinghenry:20200328124710j:image

ほう、値段も1300円。厚さはこんなもんだろう。しかし、衣はサクサクそうだ。

 

はい、続いてカキフライです。

f:id:hidekinghenry:20200328124656j:image

ほほーう!これはデカくてうまそうだな。
f:id:hidekinghenry:20200328122049j:image

豪華な顔ぶれだ。教授の分までいただくとしよう。

 

そして味噌汁とライス、おしんこが置かれた。f:id:hidekinghenry:20200328124713j:image

これはいい。豪華だ。

 

カキフライはやはりタルタルだよな。

ソースもかけてダブルソースだよなやはり。
f:id:hidekinghenry:20200328124717j:image

サクサクッ、ジュワー♪

うま。ほんとにサックサクだな。こりゃいい。

ザクザクッ、ジュワー♪

うまい。

 

さて、ロースカツはどうだ?

f:id:hidekinghenry:20200328124701j:image

最近は分厚いカツばかりだからな。このぐらいが食べやすくていい。まずはソースだよな。

サクッ。

うーん、うまい。

 

次は醤油だな。

サクッ。

うーん、この醤油味がまた抜群なんだよな。衣がしっとりして、噛むとその衣からまた醤油が出るんだよな。いやー、いい。

サクサクッ。

うまい。

 

また、カキフライに戻ろう。

時を戻そう。

ザクザクッ。

うーん、うまい。

 

サクサクッ。

ザクザクッ。

サクサクッ。

ザクザクッ。

 

ズズ、ズズズズー。

うーん、この豚汁うまいな。

ズズズズー♪

 

 

ゲフッ。

ご馳走様。

おい、会計頼む。

 

はい、2200円です。

ほらよ、釣りはいらねーよ。それで高いラード

でも買うといい。

次郎はきっちり2200円をカウンターに叩きつけた。

 

ラガ♪

いやー、満足だ。ロースカツだけだとすくないが、カキフライの追加は完璧だったな。さすが次郎様だ。

 

さて、と。

そういえば六本木に餃子と黒酢酢豚のうまい店があったよな。

 

うーむ。流石にないかぁ!はは。

次郎はそう言いながら六本木方面へ消えていった。

 

昼間は春を迎えつつあるはずの東京、しかし夜風はまだまだ強く冷たかった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200328233231j:image
f:id:hidekinghenry:20200328233228j:image

とんかつ末吉@赤坂

ザクザクした食感がうまい昔ながらのとんかつ屋。昼は混雑、夜は狙い目。リーズナブルな値段。

3.5次郎

黒須 ラーメン 神保町

f:id:hidekinghenry:20200327193126j:image

よぉ、寝屋川、待たせたな。

いえいえ、今来たとこっす。すす。

久しぶりだな。

そおっすね。年明けはもしかしたら初めてっすかね?

おお、そうかもな。

 

あけおめ。

ことよろっす。すす。

次郎は神保町で後輩の寝屋川と待ち合わせをしていた。

今日は次郎が久しぶりに神保町でオヤジ以外の店に行くつもりだったところ、寝屋川からたまたまラインがあり、一緒に行くことになった。

 

いやー、どおっすすか?今年は。次郎さん。

うーむ、漠然とした質問だな。

 

でもニュアンス伝わりますでしょ?

まぁな。

 

うーん、まぁぼちぼちだなぁ。ちょっと停滞気味だな。

やっぱり東京離れたからですか?

まぁ、そうだな。やはり東京に比べるとうまい飯屋の数が少ないな。

そりゃそうっすすねー。

と言っている間に件の店、黒須に着いた。

f:id:hidekinghenry:20200327193222j:image

お、ここだ。

お、良さそうっすね!

あれ?なんだれ?

 

ん?どーした寝屋川?

ほほーう。
f:id:hidekinghenry:20200327193207j:image

こりゃ列ができた時のサインか。ということは?

今はチャンスっすすね。

だな。

次郎と寝屋川は開店の、11時を10分過ぎたところで到着したが、既に外待ちが2名いた。店内でも3名程待っている様子。

 

さすがだな。

すすねー。

 

しばらく待っていると、3人程先客が出て、店員に中から声をかけられた。

 

どーぞ中へ。

 

ガラ♪

次郎と寝屋川は店に入った。カウンターが8席。昔、カウンターハッセキという競走馬がいたがな。ククク。

次郎は独りごちた。

 

食券どうぞ。

さてと。うーむ、迷うな。

やはり、定番の醤油だな。そして…うーむ、やはり焼豚醤油だな。1000円か。うまかったら次は塩も良さそうだ。

あ、それとこの焼豚丼だな。150円やすい!

ポチっとな。

次郎は食券を買った。

じゃ僕も同じっすす。

寝屋川も同じメニューを注文した。

 

さてと。

店内背後の椅子で待つこと5分。

カウンター客が3名動いた。

 

今片付けますねー♪

計ったかのように店員が机の上を掃除する。

どうぞ、おふたり。

お、おう。

二人はカウンターに座った。予め食券を渡して待っていたからか、早めの着弾だった。

 

お待たせしましたー。
f:id:hidekinghenry:20200327193126j:image

 ふほ!なんというクリエイティブ!こりゃうまそうだ。きっと前回よりレベルアップしてるな。
f:id:hidekinghenry:20200327193158j:image

この透明な醤油スープ。

ズズズ。

うーん、この醤油スープ、ちょっと甘い口当たりだが、コクがある。それに、鶏の脂が醤油をまろやかに包み込んでいる。これは当たりだ。

 

うま!

次郎さん、うまいっす。すす!

寝屋川もご満悦のようだ。

 

麺はと。

f:id:hidekinghenry:20200327193210j:image

細麺だな。いいぞ。

ズルズル、ズルズルズルー ♪

うまい!

このほどほど柔らかさ。スープと喧嘩しない上品なこし。そして、スープを吸い込む喉越し。

うまい。

f:id:hidekinghenry:20200327193213j:image

ほほーう。このチャーシュー柔らかそうだなぁ。平べったいがサイズが大きい。それが4枚も入っている。贅沢だ。

ハムハム。

ローストポークが柔らかくて、上品。まるで日本懐石の装い。

 

はい、チャーシュー丼です。

f:id:hidekinghenry:20200327193216j:image

ふお、いまチャーシューを食べたばかりだというのに、この凄まじいビジュアルに圧倒される。しかも150円!なぜこんなに安い!こりゃマストアイテムではないか!

f:id:hidekinghenry:20200327193202j:image

次郎は一口食べた。

ふほ!チャーシューと醤油、ごま油?の見事なコラボ。

ボリュームも満点。そして、こらはスープと合わせて食べるとたまらんな。

ハムハム。ハムハム。

ズズズズズー♪

うまいな。

 

すねー!最高っすす!

次郎は寝屋川の存在のことを一瞬忘れていた。

ズルズルッ、ズズズズー♪

ズズズズー♪

 

ズルズルッ♪

 

ズズズズー♪

 

ズズズズー♪

 

ハムハム。

 

ハムハム。

ゲフッ

 

ふう、食い過ぎたな。

すねー!満足っす!

 

よし、出るぞ!

はい。

 

ラガ♪

びょおおおおお!!

 

出た瞬間、すでに過ぎ去ったと思っていた北風が吹き付けた。

うお、寒!

寒いっすね!

まぁでもラーメンで汗かいてるからちょうどいいっすね。

まぁな。

 

次郎と寝屋川は行きつけの喫茶店に向かい、神保町の奥へと消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200327193126j:image

黒須@神保町

知らない間他人の評価もあがっている。しかし、実際うまい。塩味もうまそうだ。肉もしっかりしている。でも、結局はこの醤油スープがうまい。

3.7次郎

 

 

覆面智28 ラーメン 神保町

f:id:hidekinghenry:20200324212543j:image

今日は蟹出汁の日だよな。

次郎は覆面智のツイートをチェックしていた。

f:id:hidekinghenry:20200324212643p:image

ぐぉ、うまそう!

久しぶりの東京、行くしかないだろう。

次郎は神保町に向かった。

 

神保町から徒歩3分ほどで到着すると覆面智。はやる気持ちが抑えきれず、小走りになっていた。

 

はぁはぁ。

よし、並んでないな。

f:id:hidekinghenry:20200324212625j:image

ガラ♪

いらっしゃ〜い。お、元気かい?

あ、どうも。

おやじも顔を覚えてくれているようだ。

券売機を見ると、タラバ蟹出汁のほかに、今日は特別に日曜の残りの鴨と真河豚の出汁と書いてあった。

 

ぐ、迷うな、ここに来て。でも鴨と河豚なんて滅多に食べれないしな…うー、えいや!

結局土壇場で鴨と河豚の覆面にした。

 

はいよ。

塩?醤油?

醤油で。

はいよ。

 

麺を大鍋に入れるおやじ。

 

ちゃっちゃっちゃっ♪

 

ちゃっちゃっちゃっ♪

 

ちゃっちゃっちゃっ♪

 

静謐な時間がゆっくりと流れる。

次郎はこのおやじの湯切りの音が大好物だった。

 

落ち着くぜ。

 

はいよ〜。

ゴトリ。

f:id:hidekinghenry:20200324212543j:image

来た。久しぶりにオーソドックスな覆面ビジュアル。
f:id:hidekinghenry:20200324212622j:image

うーん。阿波尾鶏よりも出汁がトゲトゲしい気がするな。しかし深みのある味わい。鴨が効いてるな。
f:id:hidekinghenry:20200324212614j:image

さすが卵縮れ麺。

これがラーメンには最高だな。

ズルズルッ、ズルズルッ♪

うん、うまいなー。
f:id:hidekinghenry:20200324212617j:image

このチャーシュー、ほろほろで口に入れると溶ける。毎回感動の味。

ハムハム。うーん、うまい。

 

ズルズルッ、ズルズルッ♪

うまい。

 

そして、この味玉。

f:id:hidekinghenry:20200324212610j:image

中の柔らかな黄身。こうでなきゃな。

これがスープと一緒に食べるとまたうまいんだよなぁ。

 

ハムハム。

 

ズルズルッ。

 

ズルズルッ。

 

ズルズルズルー♪

 

ふぅ、ごちそうさん

 

どうも、また来ます。

ありがとうね〜、気をつけてね〜♪

 

ラガ♪

いやー、久しぶりにうまかったな。

 

やはり東京はラーメンの宝の山だな。

次郎は独りごちた。

 

次郎の背後から吹き付ける風は暖かく、

東京には春が高らかに到来していた。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20200326003139j:image

覆面@神保町

醤油ラーメンの殿堂。暴力的な濃い味醤油スープ、卵縮れ麺、ほろほろチャーシュー、とろとろ味玉子、最高以外のなんでしょうか。

3.7次郎

 

 

 

 

 

 

 

鳳仙花 ラーメン 新宿

f:id:hidekinghenry:20200317234152j:image

淡麗系のラーメンが食いてえなぁ…

次郎は新宿にいた。教授にフィールドワークの報告をするためだ。

 

アポは午後3時。今は午後2時。

まだ時間があるな。新宿だし、一杯行くか。

次郎はいくつか知っているラーメン屋を思い浮かべた。はやし田は混んでるしなぁ。

 

そういえば、はやし田系列で姉妹店が歌舞伎町にあったよな。

次郎は新宿駅東口から歌舞伎町に向かって歩いた。さらに西武新宿駅に向かう。靖国通りを渡り、パチンコエスパスの裏手の道に入る。

お、ここだここだ。

「鳳仙花」まだ新しい店構えのラーメンがあった。

f:id:hidekinghenry:20200317234225j:image

よし、空いてる。まだあまり知られてないのか…

 

ガラ♪

いらっしゃい。

うお、すごい鯛の匂いだ。さすが鯛出汁の店。

 

まだ新しい店内。入口の食券機を見た。まぁラーメンでいいか。

700円か。ポチっと。

 

次郎は空いたカウンター席に座り、店員に食券を渡した。

目の前にある給水機で水を注いだ。

 

同じようにうまいのに、こっちは空いてるよなぁ。不思議だ。

 

はい、お待たせしました。

お、わりと早かったな。

 

f:id:hidekinghenry:20200318000327j:image

ほう。なかなかのクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20200317234155j:image

透き通った塩スープ。

ズズ。

ほほう、かなり濃厚な鯛の風味。しかし、味は淡麗塩味。それも結構塩味が効いてるな。まるで海だ。


f:id:hidekinghenry:20200317234149j:image

麺はストレート細麺。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ストレート細麺は柔くなりがちだが、ちょうど良い茹で加減。スープとの相性もいい。合格だ。
f:id:hidekinghenry:20200317234145j:image

チャーシューは肩ロース。

かなりふんわりして、柔らかな食感を予感させる。そして、このピンクの色味がまだそそる。

次郎はチャーシューを口内に放り込んだ。

このふわふわのチャーシューが何枚も折り重なり、噛みしめると心地よい柔らかさと噛みごたえ、そして肉の甘みがふんわりと広がる。さらにこの鯛スープが口の中で混ざりあい、素晴らしいハーモニー。こりゃうまい。

 

ズルズルッ。

ズズ、ズズ、ズズズズー♪

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー♪

 

後半から大分鯛の出汁が効いてくるな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー♪

 

ズズズズー、ズズズズー♪

ご馳走さん。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ。なかなか良い闘いだったぜ。

 

さてと、行くか。

次郎は、ガードを潜り、西口方面へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200318002107j:image

鳳仙花@新宿

鯛出汁ラーメンの店。淡麗なスープ。バランスの良い味。肩ロースのふんわりチャーシューがうまい。魚出汁好きにはたまらない店。

3.5次郎

 

らあめんサンド ラーメン 盛岡

f:id:hidekinghenry:20200310142819j:image

いやー、弘前から岩手はやはり遠いな。

次郎は車で盛岡に来ていた。小岩井でフィールドワークをすることになっていた。

雨の降りしきる中、高速を1時間半強走った。

 

さてと、小岩井に行く前に腹ごしらえと行くか。確か、この青山ってあたりにうまいラーメン屋があると聞いたが…

お、あそこに人が並んでる店があるな。

f:id:hidekinghenry:20200311115822j:image

おお、ここだ。1時でこの並び。期待できるな。

次郎は近くのモールに車を停め最後尾に並んだ。

 

こりゃ30分はかかるな…まぁ仕方ない。せっかくだしな。

待つ途中変なオヤジが前に並ぶ家族に話しかけてきた。

うまいんですか?どこからきたの?

家族にとってみれば全くの余計なお世話だが、仕方なく家族は応じていた。次郎は勿論無視を決め込んだ。

しばらくしてオヤジが去った。

その間に中の客が一回転して次郎も漸く入店。しかし、店内でもまだ待合椅子があった。

f:id:hidekinghenry:20200311115845j:image

メニューは外の壁にもガラスにも貼ってあり並んでいる間に決めることができる。

鶏そばにチャーシューと味玉トッピングだな。

次郎入口すぐにある食券機で食券を買った。

1100円か。まぁこんなもんか。

 

食券を買って暫く椅子に鎮座していると、また一回転し、次郎は漸くカウンターに座った。

 

オヤジが丁寧な手つきでラーメンを作っている。正確に測る麺、既に薄くスライスされたチャーシュー。器がいくつか置かれ、そこに返しが注がれる。

 

ちゃっちゃっ。

 

ちゃっちゃっ。

 

すちゃ。

 

最後に鶏の脂が注がれる。

はい、お待ちどうさまです。

ごとり♪

f:id:hidekinghenry:20200310142819j:image

ほほー!見事なクリエイティブ。こりゃ列ができるわけだ。

f:id:hidekinghenry:20200310142912j:image

おお、やはり鶏の脂が凄いな。

ズズ。

む、うまい。淡麗な醤油と鶏ガラそして、この鶏の脂が濃厚さを加え、複雑な味を醸し出す。

秋田の比内地鶏、青森のシャモロックか。
f:id:hidekinghenry:20200310142915j:image

これはチャーシューだな。豚か。ローストしてある。柔らかく、そして甘い。この甘さが醤油スープと見事にマッチ。
f:id:hidekinghenry:20200310142858j:image

そして、鶏チャーシューか。予め胡椒と塩で下味がつけてある。こちらも柔らかくうまい。
f:id:hidekinghenry:20200310142904j:image

さてと、細麺。少々掴みづらいが。

ズルズルズルッ。

 

む、麺の茹で加減も程よくアルデンテ。津軽にありがちな茹ですぎもなく、モチモチ感がある。こりゃうまい。

 

ズル、ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズズー♪

 

うまいな、このスープ。程良い甘みもある。
f:id:hidekinghenry:20200310142919j:image

味玉は、少し硬めか。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ハムハム。

ズズズズー♪

うまいな。

ズルズルッ、ズルズルッ、

ハムハム

ズズズズー♪

 

ズズズズー♪

いやー、うまかった。こらゃ並んだ甲斐があったな。

2時か。さてと行くとするか。お、もう流石に並んでないか。ここは2時にくるのが良さそうだ。

 

ラガ♪

ふぅ。雨がやまねぇな。午後のフィールドワークは中止かもな…

次郎は独りごちた。

 

その言葉を捉えたかのように更に雨脚は強くなっていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200310142819j:image

らあめんサンド@盛岡

盛岡でいま評価の一番高そうなラーメン屋。鶏出汁のスッキリ醤油がおススメ。チャーシューのトッピングは必須。盛りも美しく、味も上品だが尖りもある。東京だともっと並ぶと思われる。

3.6次郎

 

 

 

 

長尾中華そば ラーメン 青森市

f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

うーん、ここはどこだぁ?

ん?いつのまにかもう青森駅そばか。

 

次郎は弘前から青森方面に県道7号線を流していた。いつのまにか青森駅付近まで到達していたため、交差点を青森駅方向に曲がった途端、ラーメン屋の看板が目に入った。

 

あのラーメンどっかで見た気がする…

あれはインスタントラーメンを発売していたラーメン屋と同じ名前だな。寄らないてはないか。

次郎は車を曲げ、駐車場に入った。

f:id:hidekinghenry:20200308221405j:image

やはり。長尾中華そば。青森の代表的な書き方だったよな。あのインスタントラーメンは。

よし、入ろう。

 

グイ♪

いらっしゃいませ。

先客は1組。空いている…大丈夫か。まぁいい。

 

次郎はメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20200308221408j:image

ううむ。ここはやはり基本だな。

よし。

 

おい。

はい。

このあっさりを。

はいかしこまりました。

 

店員が下がった後、次郎は目の前にあった水をジャグから注ぎ飲み干した。

 

ぷはー。

 

はい、お待たせしました。

お、早かったな。
f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

ほう。美しいビジュアル。
f:id:hidekinghenry:20200308221401j:image

スッキリ系だな。

ズズ。

ズズズズー。

あっさりだな。かなり。

すこしあっさりすぎるかもしれん。
f:id:hidekinghenry:20200308221352j:image

チャーシューもオーソドックスな。f:id:hidekinghenry:20200308221356j:image

麺は四種類選べるため、次郎は細麺で卵縮れ麺を選んでいた。

ズルズルッ、ズルズルッ。

うん、これはなかなか。食べやすい。

しかし、やはり少しあっさりすぎるかもしれん。

 

ズルズルッ

ズルズルッ

ズズズズー

ズルズルッ

ズルズルッ

ズルズルズルズルッ

ズズズズー

ズルズルズルズルッ、ズルズルズルズルッ

ズズズズーズズズズー。

 

ふぅ。ごちそうさん

あっさり過ぎて、すぐに食べきってしまうな。

 

おい、会計。

はい。入り口へどうぞ。

650円です。

ほらよ。釣りはいらん。それで新しい麺でも買いな。

次郎はキッチリ650円を、金皿に強めに叩きつけた。

 

グイ♪

ふぅ。インスタントラーメンになってるから期待していたがな…。

次郎は独りごちた。

 

さて、行くか。

次郎は車に乗り、青森駅方向に滑り出して行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

長尾中華そば@青森市

インスタントラーメンになってる有名なラーメン屋。だが、昔ながらのシンプルな煮干し中華そば。シンプル過ぎて特徴を感じない。

3.1次郎