食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

つなぎ 味噌ラーメン

うどんの王国高松。

そこで王位を継承することなく帰国した次郎は、フラストレーションが溜まっていた。

 

うどんはうまいが、やはりパンチが足りねぇ。俺にはやはりコテコテのラーメンだよ、オヤジ!

次郎は機上で独りごちた。

 

 

さてと、オヤジには今夜は会えねーしな。

羽田空港から飯屋不毛地帯の品川を抜け、母屋にたどり着いた次郎。

 

着替えの間も夜飯の事ばかり考えていたため、なかなかシャツの袖を手が通らない始末。

 

ええぃ、シャツなんか着てられるかっ!このクソがッ。

シャツを投げ捨て、そばに置いてあったボーダーのポロシャツに頭を突っ込み自転車の鍵を引っ掴んで外に躍り出た。

 

ふー、さてと、家は出たものの、どーするか。

やはりうどんを殲滅させるには、ラーメンしかねぇな。

 

 

今夜は恵比寿あたりに繰り出すかっ!

次郎は青山を抜け広尾から恵比寿方面に走りだした。

 

 

うー、坂ばかりだな。暑いぜ…

と独りごちた矢先に恵比寿に着いた。変な公園を抜けた先に次郎の嗅覚センサーに引っかかる店を発見した。

f:id:hidekinghenry:20170724103956j:image

つなぎ…

ん?オーバーオールのことか馬鹿野郎!?

次郎の声は弾んだ♪

 

味噌ラーメンか。

なるほど、どみそ系だな。いいじゃねぇか!

よし、今夜はここに出撃だ!

 

ガラガラ♪

 

無音だった。

いらっしゃいませ、はないのか??あぁ?

ジロリと厨房を睨み付けるもその視線を受け止める者はいなかった。

 

まぁ、いい。

次郎は券売機で辛味噌ラーメンを買いカウンターに座した。

 

しばらくして、ようやく店員が現れ食券を引き取る。

辛さは弱い方から1から3でして、どうされますか?

 

…1で。

弱気にも一番辛くないものをオーダーした。

 

次郎はそれを誤魔化すように、うやうやしく目を閉じた。

 

 

はい、お待たせしました。

多少時間がかかっていた。

どーやら作るのに手間がかかるらしい。

f:id:hidekinghenry:20170724104528j:image

ほう。濃厚そうだな!ボリュームも満点だ。匂いがいい。そして見た目もいいぞ!!

f:id:hidekinghenry:20170724104611j:image

ぐおー、この濃厚スープがうまそうだ。

ズズッ。

こ、濃い!!うまい!!

f:id:hidekinghenry:20170724104827j:image

そして、この挽肉がまたうまひ!!

これは飯が欲しい…

い、いかん、それはダメだ次郎。

次郎は自分に言い聞かせた。

 

よ、よし、麺だ麺だ。

f:id:hidekinghenry:20170724104759j:image

ほう、麺も太麺でうまいな。

ズルズルッ。うまっ!

 

くっ、チャーシューもうまい!!

 

 

 

はい、チャーシュー丼入ります。

ブォーー!

 

 

突如沈黙は破られた。

隣の客が炙りチャーシュー丼をオーダー。

店員がすかさずチャーシューに、バーナーをブチかました。

 

f:id:hidekinghenry:20170724122254j:image

 焦る次郎。

 

ラーメンは相変わらずうまいが、ソワソワしてしまう。

 

 

く、ダ、ダメだぞ馬鹿野郎!

 

……

 

おい、にーちゃん。こっちもチャーシュー丼だっ!

 

やっ、やっちまった…

ラーメンにライス。最悪で最愛の組み合わせ。

しかし、行くしかなかった。あの状況で次郎を責める奴はいまい。

f:id:hidekinghenry:20170724114944j:image

きちんとスープは残していた次郎。

最初から無理だったんだよな。思えば券売機にチャーシュー丼の文字を見た時点で負けていた。

 

はい、チャーシュー丼です♪

f:id:hidekinghenry:20170724122442j:image

くっ、うまそうに鎮座しやがって。

こうなったら、こうしてくれるわっ!

f:id:hidekinghenry:20170724122517j:image

見るも無惨。白飯とチャーシューは味噌ラーメンへダイブ!

た、たまらねぇ。うま過ぎる!

 

はい、丼の付け合わせでおしんこもどーぞ♪

f:id:hidekinghenry:20170724122634j:image

なんやそら、きたねーぞ時間差攻撃なんて。

くー、これをまたまとめてダイブさせろってのかっ!

…う、うまい。

 

完敗だった。否、完食だった。

 

後悔の念とともに清々しい気分に包まれた次郎。高松のうどんの味などとうに忘却の彼方にあった。

 

ガラガラ♪

ごちそうさん

 

うっ、相変わらず暑いな。

しかし、今日は掘り出しもんをみつけたぜ。恵比寿はアフリなんかじゃなかったな。

また来るぜ!

 

次郎が出た後には、カロリーを欲しがる若者たちが店内にどやどやと消えていった。

 

ふん、俺もまだまだだな。

恵比寿の夏夜はふけていった。

 

 続く。

f:id:hidekinghenry:20170724123052j:image

つなぎ@恵比寿

どみそ系の味噌ラーメン。辛味噌ラーメンはマスト。濃厚でうまい。ボリュームもある。しかし、ライス必至。二倍うまい。再訪必死。

3.7次郎

天ぷら 高七

あ、暑い…

次郎は独りごちた。

突然降り出した夕立ちは次郎を区営プールに繋ぎ止め、ようやく雷雨が止んだところで次郎は屋外へと駆け出したのだった。

 

蒸し暑い…

雨で少しは涼しくなるかとおもったのに、むしろ蒸し暑さが増しちまったな。

 

プールで一汗かいた体からは早くも汗の玉が浮き出始めていた。

 

夏である。

7月も半ばを迎え本格的な夏が東京に訪れていた。

 

次郎は自転車に乗り家路についた。シャワーを浴びて一息つくと、その頃には蒸し暑さも幾分和らいだようだった。

 

さてと、今夜は何を食うか…

夏。ハモ。鰻。どうもそっち側の気分だな。次郎は携帯をいじり、晩餐を模索した。

 

天ぷらってのもあるな。鰻、、、穴子

そうだ、穴子だ。

しかし、天ぷらは下町だよな…遠いな。近くにないのか。

 

ほう、高七か。若松河田…知らない駅だな。早稲田に近いのか。時間も早いしな、よし今夜はそこで天ぷらを食おう。

 

次郎は着替えをすませ、暑さの和らいだ街に出ていった。

 

しかし行きずらい駅だな。まぁいい。

次郎は二度電車を乗り換え件の若松河田に降りた。

 

なんだか下町情緒のある街だ。

f:id:hidekinghenry:20170718204404j:image

ほう、夏目坂か。

f:id:hidekinghenry:20170718204427j:image

夏目漱石ってことか??

そりゃ天ぷらもうまそうだ。

 

そうこうしているうちにお目当の店があった。

 f:id:hidekinghenry:20170718204739j:image

 ガラガラ♪

戸を開けて入ると店に先客はなく、次郎が今夜の初客であるようだった。

 

いらっしゃいませ。夫婦の妻が応じた。

一人だ。予約は無い。

 

…じゃカウンターにどうぞ。

 

次郎は席に着くとメニューを開いた。開いたが、目の前にある金魚鉢に目が奪われた。

f:id:hidekinghenry:20170718205009j:image

うぉう、生きてるじゃねーか!

きっとこの沢蟹を食うことになるのだろう。しかし、不思議と嫌な感じはしなかった。

 f:id:hidekinghenry:20170718205442j:image

さてと、まずはビールだ。そして、かき揚げ付き天ぷら定食。そして穴子だ!

 

かねてより食べたかった穴子もいってしまった。それとなくお腹に手をやる次郎。ダイエットとうまい飯、二律背反するジレンマが次郎を絡め取った。

 

ええぃ、気にするな!まだ時間は早い。

 

 

はい、まずはお通しとビールね!

突如沈黙は破られた。

板前の旦那からビールと味噌で煮込んだ枝豆、そして塩辛が出された。

f:id:hidekinghenry:20170718205422j:image

プハー!うめー!

ハートランドが胃に清涼を与えた。

そして、この枝豆、甘くてうまいな。やるなおやじ!

天ぷらへの期待が高まった。

 

 

はいよ、天ぷらね。

一口目は何もつけずにいってね。

沢蟹、大根、オクラ、エビ、サツマイモ、キス、タチウオね。

f:id:hidekinghenry:20170718205716j:image

盛りだくさんだった。そしてやはり沢蟹が一番前に鎮座していた。

 

次郎は金魚鉢を凝視しながら、沢蟹を頬張った。

パリッ、パリパリッ!

 

ほぅ!うまいなこれは!

あっという間に平らげた。

次にオクラ、大根、キスと攻めていく。

どれもサクサクで熱々だった。衣が薄く、ベタつかない。どれも美味かった。

 

これはまずいぞ!

嬉しい笑みが溢れる次郎。

 

はい、穴子ね!

f:id:hidekinghenry:20170718210020j:image

うぉ、でかい!!

食べ応えがありそうだ。

次郎はおもむろに一口目を頬張った。

ザクッ!

おぉ!サクサクで、そして中はふわふわだ!!

うめぇーー!

おやじやるな!これを待ってたんだ!

 

生醤油も合うんで食べてみて!

そう言われて次郎は醤油を付けて穴子を食べた。

f:id:hidekinghenry:20170718212039j:image

ほう!なんと!うまい!

醤油が合うなんてな!嬉しい発見だ!

 

 

ありがとね!最後はかき揚げ丼だからね。

おやじのテンションも上がった。

 

はいよ。

 f:id:hidekinghenry:20170718210235j:image

おお!セリが美しい!かき揚げの上にエビとホタテと散らされている。なんと贅沢な!

f:id:hidekinghenry:20170718210221j:image

うまそうやー!

次郎はかき揚げとご飯をかきこんだ。

ザク、ザク、サク、サクサク!

くー、うめー!!なんじゃこりゃー!!

わざわざ若松河田まで来てよかったー!

 

気がつけば店にも新たな客が入り始めていた。

 

これは再訪必至だ。いい店をみつけたぜ。

 

げふっ。

次郎は完食した。

こりゃ痩せれるわけねーな。

次郎は独りごちた。

 

さてと…おやじ、会計頼む。

 

はいよ。4000円です。

 

こんだけ食べて4000円か!

くー!おやじ!また来るぜ!

 

あいよ。お待ちしてるよ。

いい笑顔だった。

 

ガラガラ♪

店を出るとまだ明るく夕日が空を赤く染めていた。

f:id:hidekinghenry:20170718204712j:image

しかし、この町は風情があるな。なんだか明治にタイムスリップしたようだ。

ふと見ると再び道案内の碑があった。

f:id:hidekinghenry:20170718204458j:image

ほう、やはり夏目坂は漱石のゆかりだったか。猫の絵まで。我輩は猫である、か。
夏目友人帳にもにゃんこ先生が出て来るもんなぁ。なんだか妖怪が出て来そうな坂だぜ。

夏目坂はそのまま進むと早稲田に通じていた。

早稲田に出たら俺も学生になってたりしてな。

次郎はそんな空想をしながら、夕焼けを見上げ、再び歩き出した。

 

 

遠くから猫の鳴き声が聴こえた気がした。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170718211349j:imagef:id:hidekinghenry:20170718211420j:image

f:id:hidekinghenry:20170718210221j:image

天ぷら 高七@若松河田

リーズナブルな天ぷら屋。しかし、味はピカイチ。ボリュームもあり、料理に一工夫が必ずある。沢蟹も穴子もうまい。再訪必至。

3.9次郎

 

 

 

鏡花

ふん、何が華厳の滝だエラそうに。

次郎は独りごちた。

 f:id:hidekinghenry:20170625180924j:image

次郎は休日、立川にいた。時間は早いが腹が減ったためラーメン屋を探した。うまそうな店はいくつかあったが、徒歩ではやや遠く、近間にあった鏡花という店に入った。

チャーシュー麺が1100円。割高だった。

 

いらっしゃいませ♪

かわいい店員が応じた。

 

ふん、いくらかわいくたってな…

f:id:hidekinghenry:20170625180550j:image

 

…。

 

チャーシュー麺。ユリオカでな。

 

はい、かしこまりました。

ユリオカの意味をわかってなかろうに。この青二才がっ。

 

 

次郎は通常ここで目を瞑るところだが、この店の華厳の滝が見たかったため、厨房を凝視していた。

 f:id:hidekinghenry:20170625213106j:image

 

チャッチャッチャッ♪

小気味いい音だが、普通の高さだな。むしろオヤジのところより動作が小さいぞ。

 

チャッチャッチャッ♪

どうやら華厳の滝にはお目にかかれなそうだった。

 

どこに華厳の滝があるんだ?あぁ?

言葉は虚しく 雲散した。

 

 

はい、お待ち。

 f:id:hidekinghenry:20170625180858j:image

!?

お、早いな。ユリオカってことか!?

 

匂いはいいな。すっきり醤油か。俺好みだ…

f:id:hidekinghenry:20170625180550j:image

い、いかんいかん。その好みじゃねーよ!

次郎は独りかぶりを振った。

 

ズルズルッ、ズズッ!

 

ほう。麺にコシがあるな。チャーシューもうまい。

f:id:hidekinghenry:20170625181904j:image

ズズッ、ズルズルッ。

 

ほう、スープも見た目の予想通りだが、味は悪くないな。

 

ズズッ

 

ズズズッ

 

ズズズズズッ

 

ふぅー。ごちそうさんっと。

 

なかなかだな。

立川は他にもラーメン屋がたくさんあるなかなかの激戦区。

また来るかはわからんが。とりあえずは満足だ。

 

ガラガラ♪

しかし、立川は都心からは遠いな。

 

店を出た次郎を迎えたのは相変わらずの曇天だった。6月の蒸し暑さが次郎の額に髪の毛をへばりつけた。

 

しばらく梅雨は続きそうだった。

 

 

 

 続く。

f:id:hidekinghenry:20170625180858j:image

鏡花@立川

立川は意外とラーメン屋が多い。スッキリ醤油ラーメン。上品な味で食べログではなかなかの高評価。しかしパンチ力不足。

3.3次郎

 

神保町ゴールデンコース

やはり、ラーメンはオヤジの店に限るな。

次郎は神保町にある覆面智を出て黒烏龍茶を飲んでいた。

今日は鮑出し汁の濃厚な醤油ラーメン。鮑の濃厚な黒色のスープが鼻腔から脳を刺激する。そこに出し汁に煮込まれた細かな豚肉が合間って絶妙な味を醸し出していた。そして、それに覆いかぶさるようにしてホロホロと口の中で溶けるチャーシューとシャキシャキのネギ、そして隠し味の青唐辛子のハーモニーが次郎を昇天させた。

 f:id:hidekinghenry:20170619155858j:image

ありえねぇ。やはり幸せは今ココにあるんだ。

スープを飲み干してレンゲを器に置いたコトリという音で、なぜかこの前銀座で出会い丸ノ内線まで送ったフォウの顏が思い浮かんだ。

f:id:hidekinghenry:20170619162646j:image

ふん、もう二度と会うこともないのになぁ。人は失くしてから初めて気がつくもんだからな。

次郎は独りごちた。

 

 

じゃあなオヤジ!

あいよ、またねー♪

 

オヤジの声を背中に浴びながら次郎は店を出た。

 

さて、と。一杯コーヒーでも飲むか。

そういえば、文豪が通った喫茶店があるらしいときいたな。

次郎は神保町の古書店街の裏道に入った。

おぉ、あったあった。

 

ラビオリ。

ウィンナーコーヒー発祥の店と言われている喫茶店。

店内は昭和風な内装で統一されていて薄暗い。

 

カランコロン♪

一人だ。いつも一人だ馬鹿やろー!

次郎は呟いた。

 

奥へどうぞ。一人席に通された。

さてと…

 

時間は13時。隣にはランチを食べている女子大学生がいた。

ランチにはチキンカレーとナポリタンがあるようだ。うまそうだな。ペチャクチャと話に花が咲いている女子大学生のカレーをチラ見した。

 

いい匂いさせやがる。いかんいかん、危うく注文してしまうところだった。次はここのカレーを食べてもいいかもな。

次郎はひとりごちた。

 

おい、店の女、ウィンナーコーヒーを頼む。

はい、かしこまりました。

 

次郎は神保町の古書店で一冊の本を買っていた。

f:id:hidekinghenry:20170619155822j:image

銀河英雄伝説

前から気になっていた冒険ものの小説だった。

次郎はゆっくりとページを繰った。

 

プロローグで概略が語られ、帝国軍と同盟軍、両軍ともに若き天才軍略家が現れるシーンだった。

 

 

お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20170619155803j:image
ほう、うまそうなウィンナコーヒーだ。

ズズッ。

溶けた生クリームの柔らかな甘さが次郎の口に広がった。そしてその後にはコーヒーの苦味が広がった。

 

むー、絶妙のバランスだ。

 

二人の若き天才軍略家はお互いの国の老兵たちの常識に囚われない戦法で合間見え、互角の戦いをした。後の活躍が期待される緒戦だった。

まるでスターウォーズだ。

いや、またはZガンダムか。

 

Zガンダム

f:id:hidekinghenry:20170619162913j:image

ちっ。すぐにそっちにいっちまうな。

次郎は独りごちた。

 

ふー、うまかったな。コーヒーも戦い方も。

 

おい、女の店員、お代は置いてくぜ。釣りはとっときな!

ピッタリの500円だった。

 

 

カランコロン♪

ぐぉ、眩しいな。

3時の陽射しが強烈に次郎の体を射抜いた。

 

射抜かれたのは俺の心の方か…

次郎は照りつける太陽を薄目で見て、

再び前方に目を戻した。

 

さてと、帰りは半蔵門線か…

呟いて地下鉄の奥へと消えていった。

 

続く。

覆面智からの喫茶店ラビオリ。

ランチのゴールデンコース。

覆面智では毎週月曜は数量限定の鮑出し汁。とても濃厚でクセになる。3.8次郎

そして、その後ゆっくりアンティークな喫茶店ラビオリでウィンナーコーヒー。3.5次郎

至福のはしご。

f:id:hidekinghenry:20170619162343j:imagef:id:hidekinghenry:20170619162356j:image

 

 

 

 

銀座はしご 担々麺

ふん、臆病者がっ!

次郎は独りごちた。

 

次郎は久々に外国に住んでいた頃の友人と夕食を共にした。

 

それぞれ立派に成長し、気がつけば所帯を持っていないのは次郎のみ。

 

ふん、どいつもこいつも結婚か。子供か。夜泣きか。待機児童か。

俺自身が待機児童だよバカヤロー。

次郎は銀座の夜空に向かって叫んだ。

 

友人達は早々に銀座の街を後にしたが、次郎の夜は綺麗に終わる筈がなかった。

 

ふん、臆病者がっ!

なんだかムシャクシャするな。

 

金曜夜の銀座は浮かれた男女でごったがえしていた。

 

銀座駅にほど近いヒムロというラーメン屋に突っ込もうとした次郎だったが既に満席。

ちっ、舐めやがって。後悔させてやるっ!

次郎は独りごちた。

 

他のラーメン屋は…

 

……

 

 

おぉ!そういえば担々麺のうまい店があった筈だ!そして、数寄屋橋からも近かった筈だ。

 

次郎は浮かれた男女をかき分け、件の店に着いた。

 

ガラガラ♪

 

いらっしゃいませ。

扉を開けると待合客が待合席を埋めていた。

 

く、ここも満席か。いや、しかし回転は早そうだ。次郎は店にたむろする中国人たちを押しのけ待合席に座って目を閉じた。

 

 

お客様、こちらへどうぞ。

ほう、意外と早かったな。

程なくカウンター席に案内された。

 

 

排骨担々麺だ、バカヤロー!

座ると同時に注文し、再び目を閉じた。

 

 

はい、おまち。

おお、ユリオカだな!ははっ!

幾分機嫌も直ってきた。

f:id:hidekinghenry:20170617180407j:image

ほう、旨そうだ!

排骨がそそるな!

 

次郎は排骨にむしゃぶりついた。

うほー、うめー!良い辛さだ。

 

ズルズルッ!

麺にもこの濃厚なスープが絡んでうまい!

うまいぞおやじ!

 

ズルズルッ、ズズズ、ズズズズ。

 

プハー。

 

完食だった。深夜の排骨担々麺。順調に腹が出た。

 

 

釣りはいらねーよ!

次郎は千円札をカウンターに叩きつけた。

丁度1000円だった。

 

 

ガラガラ♪

 

 

店を出て空を見上げると、銀座のネオンは怪しく輝いていた。

 

ドンッ!

うぉうっ!イテっ…!?

 

大丈夫か?

Zガンダムのフォー・ムラサメを彷彿とさせる妖艶な女性が次郎にぶつかり、そのまましなだれかかる。

大分酔っているようだ。

 

お、おい、しっかりしろ…

 

んん…

次郎から離れない。そして、良い匂いがする。

今度のも!

フォーは意味不明な言葉を吐き、目を閉じた。

 

ダメだこりゃ。

次郎はフォーを連れて丸ノ内線まで彼女を送り、車内の席に座らせた。

 

ありがとう…

フォーは次郎の目を、潤んだ瞳で見つめ、再び目を閉じた。

 

 

…じゃ、じゃあなフォー。

 

 

プシュー。

無情にも電車の自動扉が閉まった。

 

口惜しさが一縷次郎の胸をついた。

しかし、電車は動き出した。

 

フォーは窓から次郎をチラリと見た。

電車は遠ざかっていく。

 

名前を聞けなかったな…

ふん、そんな夜もあるか。

 

次郎は混雑する構内を銀座線に向かって再び歩き出した。しかし、車両のいなくなったホームを振り返った。

線路とその先に暗闇だけがあった。

 

次郎は雑踏を再び歩き出した。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170617180421j:image

排骨担々麺といえば渋谷の亜寿加か銀座のはしご。濃厚なスープに食べやすいボリューミーな排骨。飲んだあとにも至高の一杯。

3.7次郎

 

 

 

札幌 ジンギスカン だるま

ガラガラ♪

 

1人だ。

深夜一時半。次郎は仕事で札幌にいた。

くだらない会食を片付けて、次郎はいそいそ件の店に来た。札幌に滞在するときは必ず3軒目に寄る店、だるま。

 

札幌では締めのラーメンという選択肢はない。あるのはこのジンギスカンスープカレーだった。今夜スープカレーはお預けだ。

 

よし、肉1枚とキムチ頼む♪

はいよ♪

 

店のおばちゃんとの何気ないやりとりを楽しむ。ふん、こんなことが嬉しいなんて、俺も歳をとったな。

次郎は独りごちた。

 

肉が出てくる前にまず大量の玉ねぎが出てくる。

f:id:hidekinghenry:20170612142500j:image

真ん中に脂身を置き油を敷く。鉄鍋の頭の部分から油が周り玉ねぎがキツネ色に色づいていく。

 

んー、いい匂いだ。

はい、肉ね。

小皿に生肉が置かれた。

次郎はそれを一枚一枚丁寧に乗せていく。

f:id:hidekinghenry:20170612142706j:image

くぁー、旨そうだ。

この間にキムチを食べて焼けるのを待つ。

待てば海路の日和ありってか!

 

ははっ!風雅なこというなおばちゃん!

言うなり次郎は焼き上がったラムを秘伝のタレにつけて頬張った。

 

ぐはぁ。タレと肉のコラボがたまらん。 

うまい!

 

おばちゃん、もう一枚!

ぐはぁ、うめー!

 

深夜二時。

札幌の夜は更けていく。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20170612142706j:image

札幌といえばジンギスカンジンギスカンといえばだるま。定番。すすきのにあるジンギスカン。タレが抜群にうまい。おすすめは3軒目。さっぱりしてて締めに最適。

3.7次郎

 

甲賀 蕎麦屋

次郎は西麻布を歩いていた。

時雨のような雨が降る夜だった。

仕事が立て込んで疲れとストレスが溜まっていたため、なんだか優しい料理が食べたかった。

 

ふと見ると、西麻布の交差点にほど近い小道に、一瞬店があるときづかない店があった。

 

他の誰かがそこの建物に入っていくのを見て、その入り口に近づくと、そば 甲賀とあった。

 

柔らかい光が店内から漏れていた。店内の優しさと蕎麦という料理の優しさが次郎の心をかきたてた。

 

気づくと次郎は引き戸を開けていた。

 

ガラガラ♪

 

いらっしゃい。ご予約は?

お上が怪訝そうな顔で覗く。

 

予約していないのだが。一人だ。

 

お上は少し逡巡したあと

 

奥のカウンターへどうぞ。

 

次郎は恐る恐る店に入った。

 

満席ではないが、静かな店だった。このあと予約が入るのだろうか。訝しげに先に座した。

 

カウンターは竹で暖簾がかかっており、その隙間からうっすら料理人が見える。

f:id:hidekinghenry:20170526204811j:image

メニューはシンプルだった。

f:id:hidekinghenry:20170526204826j:image

 

次郎は少し考えて、海老天そば、そして鮪の山かけを頼んだ。

 

待つこと10分。

 

はいお待ちどお様。

 

突如沈黙は破られた。

 f:id:hidekinghenry:20170527081903j:image

 

ほう、うまそうだな。海老天があつあつだ。

 

さてと、ズルズル。

 

む、腰もある。上品な味だ。出汁も優しい味だ。今日の俺を優しく包んでくれるな。

ホッとするぜ。

 

 

そして、この山かけだ。アッサリしてうまそうだ。俺の胃も休まるが、しかし満足できる。

 f:id:hidekinghenry:20170527081911j:image

これはいい店を見つけた。

 

 

ズルズル、ズズズ、ズルズル、ズズズ♪

 

隣の客の蕎麦をすする音が耳に心地いい。

 

次郎も自分の蕎麦をすすった。

 

ズズズズズ、ズルズル、ズズズズズ…

 

 

ズルズル、ズズズズズ、ズルズル…

 

 

ふー。

ごちそうさん

 

癒されたぜ。

 

おい、お勘定を頼む。

 

2700円です。

 

まぁ西麻布価格だな。

 

また来るぜ。

 

ガラガラ♪

次郎は颯爽と店を出た。

 

まだ時雨が夜の西麻布を包んでいた。

今はなんだかこの雨ですら優しく包んでくれているように次郎は感じた。

 

 

今夜はウィスキーがうまそうな夜だな。

次郎は独りごちた。

 

西麻布の喧騒は一時止んで静かな夜は更けていった。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20170527082053j:image

おそばの甲賀@西麻布

渋い隠れ家的な店構え。品のある店と味。

たまに寄りたくなる家のような存在。ボリュームがないため価格は割高か。

 

3.3次郎