函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ラーメンショップ ラーメン 黒石市

f:id:hidekinghenry:20190419025440j:image

ここ、なんか気になるんだよな…

次郎は弘前市内から八甲田方面に車を流していた。

途中黒石市あたりで、いつも気になるラーメン屋が左手に目に入って来る。

 

ラーメンショップ

チェーン店のラーメン屋だが、そのネーミングセンスはあまり良いとはいえず、都内では勿論素通りしていた。

しかし、青森で、なぜか車がよく止まっているため、気になってしまうのだった。

 

 

えい、ままよ!今日は挑戦だ。

次郎は車を止めた。

 

いらっしゃい。

扉は開いていた。

食券機がある。

うーむ、いろいろあるが、ここはネギチャーシュー麺に餃子という最強コンボだな。900円の250円で1150円か。まぁこんなもんか。

 

奥でも、お好きなところにどーぞ。

次郎は食券をカウンターで渡し、奥の座敷に入った。

f:id:hidekinghenry:20190419025445j:image

なんだか懐かしの風情だ。

やはり、平成というよりも昭和だな。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせー。

f:id:hidekinghenry:20190419025440j:image

おお、なかなかのクリエイティブ。脂がきつそうなのがまたいい。
f:id:hidekinghenry:20190419025506j:image

スープはドロリッチ系だな。

濃いな。いいぞこりゃ。

麺は?
f:id:hidekinghenry:20190419025459j:image

卵細麺か。ちじれていれば最高だが。

ズルズルッ

次郎は勢いよく吸い込んだ。

ふん、なかなかどーして、スープと絡んでうまいな。柔らかいが、伸びてるわけではない。f:id:hidekinghenry:20190419025502j:image

このチャーシュー、いい刺しが入ってる。明らかに野獣性を予感させるぜ。

次郎はチャーシューを一枚まるごと頬張った。

おお!やはり、野獣派だ、いやナビ派か。どっちでもいいか。噛んだ時に入って来る肉汁と濃い醤油スープ。暴力的だ。

舐めていたが、これは嬉しい驚きだ。

ズルズルッ

ズズズズズズッ

 

ズルズルッ

ズズズズズズッ

 

うまい。

ズルズルッ、ズルズルッ、

ネギがまたいいな。

 

ズルズル、ズズズ、

ズズズズズズズズズー♪

ぷはー。

 

ご馳走さん、と。

いやー、うまかった。間違えなく黒石市のフィールドワークの時に寄っちまうな。

 

ふー。

暑いぜ。

バタンッ。

次郎は車に乗った。

ブロロロー♪

 

再び八甲田に向けて車を走らせた。

雪中行軍する前のいい栄養補給だったな。

まぁ、雪はもうねーか。はは。

 

軽口をたたき、次郎はアクセルを踏み込んだ。

雪解けの津軽は、少しずつ車の量が増えていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190422211438j:image

ラーメンショップ@田舎館村、黒石市

チェーン店のラーメン屋なのか、なんだかよくわからないが、味も濃く、チャーシューも分厚く食べやすい野獣性のあるラーメン屋。

安いし、味もいいので、再訪必至。

3.5次郎

 

 

 

清水 蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20190419025650j:image

うまい蕎麦屋はないかな…

次郎は弘前市内で車を転がしていた。

ジムに行く前に腹を満たしておきたかった。

 

まぁ食ってからジムに行ってもあまり意味がなさそうだがなぁ、しかし腹は減るもんだしな。行くしかないだろう。

 

彦庵はうまいがなぁ、このところ行ったばかりだしなぁ。

 

そんな中、蕎麦屋らしき鯔背な看板が出てきた。

 

清水…

ここの蕎麦屋、車は停まってるな。

満車で停められんな。

よし。

次郎は裏道に入った。

 

意外とスペースがないな。

む、ここに停めちまうか…

 

ふぅ。抜き足差し足忍び足…だな。

次郎は独りごちた。

 

ガラ♪

お、意外と入ってるな。まぁ12時だしな。

 

いらっしゃい。

お一人?

 

見ればわかるだろう。

どうぞ、奥に。

二人席に案内された。

 

さてと。

f:id:hidekinghenry:20190419025646j:image

メニューはいろいろあるが、オススメはこの3つか。よし。

 

おい。

 

はい。

 

特性海彦そばで。

はい。

 

忙しく働く給仕係。

一人か…回ってなさそうだな。しかし混雑も一瞬か。ふん。

 

次郎は置かれた水をがぶ飲みし、目を瞑った。

隣からきつい津軽弁が聞こえてくる。

津軽弁はフランス語のようだと昔誰かが言った。

 

…どちらもわからんな。結論としては。

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

 

ほう。なかなかのビジュアル。

f:id:hidekinghenry:20190419025650j:image

海老天、かつお、山菜、うずらの卵。綺麗だな。卵を壊して、と。

f:id:hidekinghenry:20190419025712j:image

どらどら。
f:id:hidekinghenry:20190419025715j:image

ツルツル系か。

ズルズルッ

ほ、うまい。優しい味だな。

海老天はどうだ?
f:id:hidekinghenry:20190419025709j:image

ほふほふ。

シャクッ。

衣が蕎麦つゆと絡まる。

うまいな。中はプリプリだな。

しかし、優しい味だな。もう少しキツめがいいのだがな。

 

ズルズルッ

 

ズズズ

うん、鰹節と山菜がうまいな。

 

ズルズルッ

 

ズズズ。

 

あら。あっという間に完食か。

さすが蕎麦だぜ。

次郎は独りごちた。

 

まぁジム前にはちょうどいいな。

しかし、やはり値段の設定は高めだな。弘前城も近いし仕方ないか。

 

よし、会計頼む。

はい、1300円です。

 

ほらよ。釣りはくれてやる。これで新しい蕎麦粉でも買いたしな。

 

キッチリ1300円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

ふー。暑いな。温かい汁を飲んだせいか。

 

抜き足差し足忍び足、と。

次郎は車にコッソリ乗り込んだ。

 

ブォン♪

一気にアクセルをふかし、弘前城方面に車を走らせた。

 

城の桜の蕾はようやく色づき、淡い陽光が次郎の車のボンネットに優しく反射した。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190421191916j:image

清水@弘前

老舗の蕎麦屋。淡い味つけ。年配向け。

 

3.3次郎

 



 

 

浜塩と炊炉 ジンギスカン 函館

 

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

ついに、きちまったな。

次郎さん、入りますよ。

f:id:hidekinghenry:20190415220618j:image

お、おう。ま、待ちやがれ!

言葉は虚しく足元に落ちた。

次郎は後輩の二本柳あとを追って階段を上がる。

そこには、割と広めのジンギスカン屋が広がっていた。大きな縦長の吸気口が2列に並びその両側に4人ぐらいずつが座れるスペースがある。

 

とうの昔、もう10年以上前に次郎が通っていたジンギスカン屋だった。

店名は変わり、今は浜塩と炊炉(はましょーとたくろー)という変わったネーミングになっている。

f:id:hidekinghenry:20190415221036j:image

拓郎と浜省のポスターが貼ってある。

店内を見回すと、ネギ塩レモン。生ラムに挟んで食べるとうまいらしい。バターコーンも気になる。

f:id:hidekinghenry:20190415221244j:image

しかし、グランドメニューは、と。
f:id:hidekinghenry:20190415221253j:image

おお、店長相変わらずだぜ。
f:id:hidekinghenry:20190415221240j:image
f:id:hidekinghenry:20190415221237j:image
ビールと、そして、生ラム肩ロースだな。そして、ベーコン。さらに生ロース。そして野菜だな。

わかりましたー。二本柳が店員を呼ぶ。

あら、ひょっとして次郎さん?

お、おお、女将。

お久しぶりー。

覚えてたか。

少し嬉しい再会。

次郎さん、顔広いっすね。

当たり前よ小僧。

 

はい、ビールね。

来た。

乾杯!

ぐびぐび!ごくごく!

ぷひょー♪

うめー!

まずはビールで喉を潤す二人。

 

はい、肩ロースね。

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

それとベーコン。
f:id:hidekinghenry:20190415222017j:image

うまそー!

二本柳は慣れた手つきで野菜と肉をオンした。

ジュワー♪

f:id:hidekinghenry:20190415222006j:image

いい感じだ。肉の色が変わっていく。

二本柳、慣れたものだな。

はい、通ってますから。昔の次郎さんみたいにね。

ふん、歴史は繰り返される、か。

俺が二本柳の頃、ジンギスカンは安いから、かなりのヘビロテを繰り返していた。まるで坂本龍一の曲のようだ。いい曲は何度もサビがリフレインされるものだ。

 

次郎さん、次郎さん、

ん?

焼けましたよ!

お、おう。

う、うまそうだ。どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20190415222002j:image

ここは、タレが絶品なんだ。

次郎は特製のタレをつけ、肉を口の中へ放り込んだ。

くお!あの時の味と変わらない!うまい!

程よい塩加減。肉にしっかり混ざり合うタレ。醤油ベース。たまらねぇ。

そして、肉は柔らかく、ジューシー。

ジュワー♪

この野菜もうまいんよな。しんなりした頃が食べごろだ。キャベツと玉ねぎ。そして、ねぎ。

シャキシャキとしんなりのせめぎ合い。最強の盾と最強の矛。どちらが強いのか…に似ているか。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20190415222013j:image

しかし、うまい!何皿でもいけるな。

生ロースです。

うおー、来たな。これもまた柔らかそうだ。

そして、ベーコン。
f:id:hidekinghenry:20190415222022j:image

く、うめぇ。焦げ目が最高だ。

口の中で脂が溢れる。たまらねぇ。

 

生ロースもさらに柔らかい。

しかし、俺はやはり肩ロースだな。

 

おい、女将、肩ロースもう一枚。それと、ビール!

あいよ。

f:id:hidekinghenry:20190415220549j:image

くー、うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20190415222006j:image

むしゃむしゃ

ジュワー♪

むしゃむしゃ

ジュワー♪

むしゃむしゃ

 

ゲフッ。

食ったなー。

食いましたねー次郎さん。

あ、あぁ。

よし、女将、お会計頼む。

はいよ。

7200円ね。

 

やはり、リーズナブルだ。

よし、二本柳、ここは俺に胸をかりていいぞ。釣りはとっとけ。

は、はい、ありがとうございます。

次郎は4000円を二本柳に手渡した。

 

釣りって、400円多く出しただけじゃん…

二本柳は独りごちた。

 

ありがとうございました。

また来てくださいねー♪

 

次郎と二本柳は店を出た。

ふー。食ったなー。

すねー。

 

次郎さん、泊まりはどこで?

函館駅前だ。

 

そーすか、じゃ、僕は逆方向なので。

おう。またな。

 

次郎は帰る二本柳の後姿を一瞥すると、くるりと向き直り、駅とは逆に五稜郭方面に向かって歩いていった。

 

角を折れ、馴染みの塩ラーメンの店に向かっていった。

 

春の風は冷たく、ここが北国であることを次郎は鮮やかに思い出したのだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190415222002j:image

浜塩と炊炉@函館五稜郭

昔から函館にあるジンギスカン。次郎的には一番うまい。肉は柔らかいしリーズナブル、タレがめちゃうまい。これにおろしニンニクを入れるとまさに神の味

3.7次郎

 

 

つけめんやすべぇ つけめん 赤坂

f:id:hidekinghenry:20190411231321j:image

仕方ない、ここでいいか。

ガラ♪

いらっしゃい!

威勢のいい声が飛ぶ。

 

次郎は赤坂のゴッドハンドマッサージを済ませた後、次のアポへ時間がなかったが、どーにも我慢ができず、近くのつけめんやすべぇに入った。チェーン店は余程でない限り入らない次郎だが、今日はつい入ってしまったのだった。

 

俺としたことが。

ポチッ。

食券を押しながら次郎は独りごちた。

 

辛つけ麺小盛、デラックストッピング。

お手並み拝見といくか。

 

次郎はカウンターに座るやいなや、置いてあった水をがぶ飲みした。

 

はいよ。まずはトッピングです。

f:id:hidekinghenry:20190411231406j:image

ほう、メンマもサービスで。
f:id:hidekinghenry:20190411231351j:image

こりゃすごいボリュームだな。しかもうまそうじゃねーか。

 

麺お待ち。
f:id:hidekinghenry:20190411231321j:image

ほう。こうして並べてみると豪華だな。

 

さてと。
f:id:hidekinghenry:20190411231357j:image

ズルズルッ、ズルズルッ。

麺はツルツルもちもち。辛味が効いてうまい。

さらにはこのトッピングどものボリュームが半端ないから、つけ汁にいれて食べると麺とどんどん絡んでくる。
f:id:hidekinghenry:20190411231401j:image

玉子も美味そうだ。チャーシューもでかい。メンマの量も多い。こりゃ馬鹿にできんな。

 

ズルズルッ

 

ズズズッ

 

ズルズルッ

 

ズズズッ

 

うまいな!

 

ズルズルッ

 

ズズズッ

 

ズズズッ、ズズズズー。

 

ふぅ、小盛のおばちゃまだけに、

あっという間だな。なんてな!はは。

次郎のテンションは上がっていた。

これで1000円ちょっとは安いな。

 

ご馳走さん。と。

不良が空き缶を拾ったらいい人になる理論だな。期待値が低いと評価が上がるな。

 

 

ラガ♪

またな。

 

 

ありがとうございましたー!

 

ふぅ、これなら次のアポに間に合いそうだ。

そういいながら、次郎は千代田線の地下に足早に消えていった。

 

そよ風に散り行く桜の花びらが、次郎の背中をフワリと追いかけた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190412200440j:image

つけめんやすべぇ@赤坂

チェーン店のつけめんやすべぇ。侮っていた。うまい。ボリュームもあり、味もしっかりした味。安定している。

3.5次郎

 

 

 

Bolt ビストロ 牛込神楽坂

f:id:hidekinghenry:20190408095328j:image

ここの予約取れないんじゃないの!?

 

次郎は神楽坂を歩いていた。

次郎が弘前に暫く住むと聞いて、デキる法人営業マンのWと久々に都内で再会したのだった。

 

場所はの指定した店Boltという牛込神楽坂にあるビストロ。実は次郎も一度訪れてみたかったがなかなか行けていない店だった。

 

相変わらずデキるな。やはり、世の中はデキる人で成り立っているものだ。

次郎は独りごちた。

 

お、ここだな。お洒落な外観。隣は路地裏カレー侍か。これまたビックリだぜ。

f:id:hidekinghenry:20190408095551j:image

カランコロン♪

こんばんは。Wで予約してあるようなのだが…。

はい、Wさんですね。

お待ちしてましたよ。こちらどうぞ。

悪くない接客。そしてカウンター12席程度ある店内は満席。

さ、さすがだ。

 

いろいろあるな。
f:id:hidekinghenry:20190408095519j:image

うまそうだな。
f:id:hidekinghenry:20190408095540j:image

スパークリングもいいな。

 

カランコロン♪

お、次郎さん、早いっすね。

おお、来たかW。

 

いやー、バタバタしてましてね。

ふん、忙しぶりやがって。

 

まぁまぁ。

さてと、何にしますか。泡っちゃいます?

 

ふん、だな。

すいません、スパークリング二つ。

はい、かしこまりました。

 

僕もやっと来れましたよここ。

初めてなのか?

そうですよ。次郎さんの為に取りましたよ!

ふん、口のうまいヤツめ。

 

うーむ…

なんでもいいっすよ。次郎さん。

 

よし。

おい、すまん。

はい。

 

芽キャベツフリットカラスミとシラスと菜の花のサラダ、牡蠣のベニエ、ビスクとクネル、鱈白子の焦がしバター、そして…

 

いっちゃいましょーよ!

 

そして牛のステーキを頼む!

はい、かしこまりました。

 

そして、グラスのスパークリングです。

では、乾杯!!

 

ふー、プハー。

うめー。


あっという間だな。

よし、グラスの白を。セミリアンのボルドーね。

はいかしこまりました。

f:id:hidekinghenry:20190408095507j:imagef:id:hidekinghenry:20190408232443j:image

おお、うまそうやないかー!

すねー!

うーん

飲みやすいなぁ。

すねー!

 

はい、まずは芽キャベツのフリッターです。
f:id:hidekinghenry:20190408095546j:image

おお!いい焦げ具合!うまい!芽キャベツうまいよなー。

すよねー!

 

イカスミ、カラスミ、菜の花のサラダです。
f:id:hidekinghenry:20190408095447j:image

おお、うまそう!く、このカラスミうまいなぁ!シラスもいい。

すよねー!

 

ビスクです。
f:id:hidekinghenry:20190408095527j:image

来た。この濃厚なスープ。

f:id:hidekinghenry:20190408095443j:image

くお!うまい!こりゃたまらん。エビカニの旨味がクリームスープに溶け合って贅沢な味わい。見事!

 

牡蠣のベニエです。
f:id:hidekinghenry:20190408095532j:image

おお、牡蠣のフリット的なやつか。

次郎は牡蠣を口の中に頬張った。

うまい、噛んだ瞬間、牡蠣の濃厚なツユが口の中一杯に広がる。海の映像が右脳をかすめる。こりゃたまらん。見事!

 

鱈白子焦がしバターです。

くお!こりゃうまそうなクリエイティブ!f:id:hidekinghenry:20190408095535j:image

ふお、中はふっくらあつあつの白子だ。

次郎は白子を口の中に放り込んだ。
f:id:hidekinghenry:20190408095511j:image

ふおーー!こりゃヤバい。

あつあつ、トロトロ、ふわふわ、濃厚!

なんと表現すれば良いのやら。見事!!

 

す、す、すよねー!!うまいっすねー!!

隣のWも感動している。

 

はい、お待たせです。牛のステーキです。

な、なんと、この美しいビジュアル。想像と違った。
f:id:hidekinghenry:20190408095328j:image

ほう、柔らかく優しい味が包み込むか、中のステーキはジューシーで肉汁が溢れてくる。贅沢や。

 

Wよ、いやWよ。この後どーする?

そーすねー、大分行きましたけど、締めのカレーライスいっちゃいます?

間違いないね。

 

すいません、カレーライス、それと、油そーめんも!

なに、Wよ、いつからそんなにデキル男に。

次郎は感動していた。

 

はい、ハヤシライスです。
f:id:hidekinghenry:20190408095453j:image

くー、この煮込まれたカレー。たまらん。

はい、そーめんです。

f:id:hidekinghenry:20190408095523j:image

ふぉ、締めにぴったりのビジュアル。

 

f:id:hidekinghenry:20190408095502j:image

流石の細麺。これはラーメンだな。アッサリとして良い塩加減。うまい!

 

ズズズッ、ズルズルッ、ズズズー。

 

プハー。

いやー、うまかった。

 

すねー!

 

じゃ、お会計。

はい、20450円です。

まぁそんなもんだろう。

 

おい、Wここは俺が。

いや、いいっすよ、送別ですから。

 

まぁまぁそこは年の功で。

そう言いながら次郎はWにキッチリ10225円を手渡した。

 

まぁそうっすよねー笑

 

コロンカラン♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ、いやー。たまんないっすねーここ。

だね。

 

また行きましょう。

だな。

 

次郎とWは、神楽坂を青山方面に向かって歩いていった。

ワインの効果も相まって、春がもうすぐそこまで迫っている陽気に思えた。

 

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20190409114747j:image

Bolt@牛込神楽坂

ビストロの名店。そして大人気店。

夜9時以降の開始が良さそう。味とビジュアルは素晴らしい。

3.75次郎

 

 

チャーリースパイス スープカレー 函館

f:id:hidekinghenry:20190402170003j:image

おお、こんなところにあったか。

次郎はアナザースカイである函館にいた。

後輩の木古内に車を出させていた。

 

確かこの辺にあったはず…

先輩、どこっすかねー。

あ、なんか怪しい、あ、あった、これっすよ!

 

チャーリースパイス。

スープカレーの店。次郎が10年ほど前に通っていたスープカレー屋だった。

 

 

昔は単にチャーリーだったんだがな。

次郎は独りごちた。

 

さて、入るぞ。

うす。

カランコロン♪

f:id:hidekinghenry:20190402170017j:image

洒落た店内。

雨もチラついてるし、空いてるな。

 

ですね。

木古内
f:id:hidekinghenry:20190402165944j:image
f:id:hidekinghenry:20190402165925j:image

うーん、どーしよーかなー。
f:id:hidekinghenry:20190402170012j:image

迷うな若者よ。

は、はい。

 

おい、ねーさん。

はい。お決まりですか?

 

ラッシー、角煮カレー、揚げ餃子、ブロッコリーで。辛さは3番。

はい。

 

あ、私も角煮カレー、チーズトッピングの辛さは3番で。

はい。

 

お待ちくださーい♪

 

はい、ラッシーです。

ラッシーは早いな。
f:id:hidekinghenry:20190402170126j:image

 

元気か?木古内

はい、ぼちぼちっす。次郎先輩は?

まぁまぁだな。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20190402165948j:image

おお、なかなかのクリエイティブ!素晴らしい。
f:id:hidekinghenry:20190402165930j:image

ブロッコリーいれた甲斐があったな。
f:id:hidekinghenry:20190402165957j:image

ライスを半分にした甲斐があったな。
f:id:hidekinghenry:20190402170022j:image

お、そうだ、ここもシャビシャビ系だな。

うまい。スパイスの香りがいい。
f:id:hidekinghenry:20190402170008j:image

レンコンもでかい。
f:id:hidekinghenry:20190402165935j:image

ブロッコリーもでかい。この素揚げがたまらないんだよなー。サクッとしてそのあとグニャっとして、スープを溜め込むからカレー汁がでてきてうまいんだな。
f:id:hidekinghenry:20190402165952j:image

これが揚げ餃子か。イメージと違ったが、まぁまぁかな。


f:id:hidekinghenry:20190402165940j:image

そして、真打ちの登場だ。主役は遅れてくるもんだからな。

次郎は角煮を頬張った。

ほう!柔らかく、スープを吸って、うまい!うまいぞ木古内

ですね!

 

むしゃむしゃ

ズズズー

むしゃむしゃ

ズズズー

 

ゲフッ

いやー、食ったなー。うまかったなぁ。

すね!僕今後も通います!

 

そうだな、贔屓にしてやってくれよ。

わかりました!

 

おい、ねーさん。

はい。

 

いくらでい?

お二人で3370円です。

そうか。ならこれで。木古内きにするなsp

次郎はキッチリ3370円を金皿に叩きつけた。

これで新しいレンコンでも買いな。

ありがとうございましたー。

 

コロンカランコロン♪

ふー。食ったなあ。

ですね。

 

ビュー…

一陣の風が次郎と木古内に吹き付けた。

さぶっ。まだまだ春は遠いな。

 

バダン♪

次郎たちは再び車に乗りこんだ。

函館の風はまだまだ冷たかった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20190406004303j:image

チャーリースパイス@函館

シャビシャビ系のスープカレー。うまい。具もでかい。角煮がおススメ。

3.6次郎

 

 

 

元祖みそラーメン大将 ラーメン 青森県黒石市

f:id:hidekinghenry:20190404205212j:image

さてと。今日はどーするかな。

次郎はここ最近滞在している黒石市にいた。

昼時、そろそろ行くところもなくなって来たところ、目立ついかにもラーメン屋が目に入った。

どーだろ〜なー。こういうところさ案外ということが多いんだがなぁ。かといって他に目ぼしいところもないし…えい、ままよ。

次郎は駐車場に入っていった。

f:id:hidekinghenry:20190402164331j:image

元祖みそらーめん大将。

なんの元祖なんだかなぁ。まぁいい。

ガラ♪

いらっしゃい。

店内に入るとすぐ食券機。

店は案外広く、清潔感がある。

好感触だ。

 

さてと、、、むぅ。

みそバターも気になるが…

よし、サイドも無いし、みそチャーシュー大盛りだな。

ポチッと。

870円のチャーシュー麺に、大盛り100円増し。

970円か。まぁ致し方なしだ。

 

次郎はフロアに立ってるオヤジに食券を渡した。

 

はいよ。番号呼ぶんで取りに来てね。

セルフか。ま、まぁいい。

 

次郎は水を取りに行き、そのままその場で2杯飲み干し、3杯目を持ってカウンターに座った。

 

はい、16番のみそチャーシュー大できたよー。

次郎は自分の食券を確認しラーメンを受け取りに行った。

 

ほう!でかい!

f:id:hidekinghenry:20190402164714j:image

こりゃヤバいな、
f:id:hidekinghenry:20190402164316j:image

どんだけよ!

しかしなかなかのビジュアル。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20190402164336j:image

ほう。アッサリ系だな。食べやすい。しかし、あと引く味。なかなかいいぞ。
f:id:hidekinghenry:20190402164341j:image

もやしもたくさん入ってる。カイワレもいい。
f:id:hidekinghenry:20190402164326j:image

チャーシューも薄いが何枚も入ってていいな。みそは挽肉と相場が決まっているが、これもなかなかだ。

 

あとは麺だな。
f:id:hidekinghenry:20190402164321j:image

お、もちもち系の細麺か。これはいいぞ。

ズルズルッ!

ほう、なかなかうまい。このスープと良く絡まって、後を引く。勝手にチャーシューも取れてしまうが薄いから食べやすい。

ズズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ザクザクッ

 

ズズズー

 

こりゃいけるな。

アッサリしてるから大盛りも問題ない。

 

ズルズルッ

 

ズズズズズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズズズー♪

 

ゲフッ

ふう。ご馳走さん、と。

いやー、食ったな。こりゃ午後は寝ちまうな。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

なかなか良かったな。アッサリしてるがコクのあるみそスープ。

オラ、また来ちまうぞ。

次郎は独りごちた。

 

バタン。

次郎は車に乗り込んだ。

さて、と、午後のフィールドワークは八甲田だ。

帰りに酸ヶ湯温泉にでも寄ってくかな。

次郎はマイペースなフィールドワークを満喫していた。

 

背後には岩木山が綺麗に見えていた。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20190404205212j:image

元祖みそラーメン大将@青森県黒石市

オーソドックスなアッサリ系みそラーメン屋。しかし、そのアッサリ感とコクがうまいバランスで食べやすい。なんとなく後ろ髪引かれる味。

3.4次郎