函館次郎のひとり飯グルメ

函館次郎がうまい飯を求めて彷徨い、独りごちる至福の物語。

Bistro B.V. ビストロ 新富町

f:id:hidekinghenry:20191113105956j:image

次郎は新富町に宿を取っていた。午後に銀座でアポが入っていたため、ゆっくりと起き、歩いて新富町から銀座に向かっていた。

 

ん?なんだありゃ?豚がいるな。

f:id:hidekinghenry:20191113105952j:image

歩いていると豚がいるバルのような店があった。
f:id:hidekinghenry:20191113110012j:image

ビストロか。昼は豚肉料理ばかりをだすのか。

11時27分。

ランチは11時30分からか…よし、行ってみるか。これも何かの縁だろう。

 

おい、3分前だが、やってるか?

あ、えーっと、どうぞ。

ふん、そーこなくっちゃな。

次郎は独りごちた。

 

 

次郎は開店一番の客となった。カウンターに案内された。見上げると黒板があり、夜のメニューが書いてある。意外と数は少ないな。豚料理が多いわけでもなく…まぁいいか。

f:id:hidekinghenry:20191113110009j:image

よし、豚焼き5枚で。

はい。かしこまりました。

次郎は目の前に置かれた水を飲んだ。

 

はい、セットのスープです。

f:id:hidekinghenry:20191113110713j:image

ほう。お、生姜が効いて塩味も強め。好みのタイプだ。こりゃ期待できそうだ。

 

はい、お待たせしました。豚焼きです。
f:id:hidekinghenry:20191113110002j:image

おお、なかなかのクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20191113110005j:image

かなりのボリュームだ。こりゃサラリーメンたちも喜びそうだぜ。沢山かけられた生姜ソースもうまそうだ。

 

どれ。

f:id:hidekinghenry:20191113105956j:image

ほ、ほう〜。こりゃうまそうだ。

ハム。

次郎はこの大きな豚肉を頬張った。

柔らかく、それでいて柔らかすぎず、生姜ダレが甘辛く、ピリッともしている。こりゃうまい。白飯が丁度いいぜ。

 

む、こりゃ、やるしかねーな。

とりゃ。
f:id:hidekinghenry:20191113110908j:image

うーん。間違いないな。

ほほっー。うまいなやはり。結局日本人はなんでも白飯に乗せちまう生き物なんだよな。

ハムハム。
f:id:hidekinghenry:20191113110912j:image

ハムハム。

ハムハム。

ハムハム。

 

ゲフッ。

ご馳走さん。

うまかったな。

 

おい、会計頼む。

はい。1150円です。

ほらよ。

釣りはいらねぇよ!

 

次郎はきっちり1150円を金皿に叩きつけた。

 

ふぅ、さてと、銀座はどっちだ?

あっちか。

細い路地を歩いて行く次郎。

 

次郎の後を追うように北風が一陣吹きすさんだ。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20191113163845j:image

Bistro B.V. @新富町

ランチは豚肉料理のみのビストロ。ボリュームもあり、豚焼きは満足の一品。カレーもそそられる。

 

3.4次郎

 

ciliegio② イタリアン蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20191104133128j:image

ちっ、俺としたことが。

こんなに早く来ちまうとは。

ヤキが回ったか…

次郎は独りごちた。

 

次郎は先週このイタリアン蕎麦バルciliegioに来たばかりだったが、非番の今日も結局悩んだ挙句、開店に合わせて来てしまっていた。

 

まるでファンじゃねーか!!

次郎はまたしてた独りごちた。

 

カランコロン♪

まぁいい。弘前には選択肢が少ない。仕方のないことだ。

そう言い聞かせて、席に着いた。

さてと、今日は…橙魂のかぼちゃスープは前回食べたしな。

 

日替わりはアラビアータになってます。

と店員。

 

ほう。なんだそりゃ。アラビアータ?イタリアンだしな…普通の醤油蕎麦も惹かれるが…よし、じゃ、そのアラビアータを。トッピングはオールスターで。そして、また鶏めしも頼む。

 

はい、かしこまりました。

またやっちまったぜ。蕎麦はヘルシーってことで、ダイエットの神様にお赦しを請うとするか。

 

次郎は、目の前に置かれた水を一気に飲み干した。

 

ふう。二杯目をお代わりし、それを飲み干した時、鶏めしが着弾した。

f:id:hidekinghenry:20191104133113j:image

来たか。相変わらず素朴なビジュアル。しかし、大根おろしと醤油、オリーブオイル、鶏肉が素晴らしいハーモニー。今回も飯を残し蕎麦を待つとしよう。

 

はい、アラビアータお待たせしました。
f:id:hidekinghenry:20191104133100j:image

来たな。おお、アラビアータだ。タケノコも青森特有の細いやつだ。

むぅ。うまい。シャキシャキの玉ねぎ微塵切り。トマトスープに合う。
f:id:hidekinghenry:20191104133054j:image

そして…ふほ、このチーズ、こりゃ益々アラビアータだな。
f:id:hidekinghenry:20191104133117j:image

うまいぜ。チーズはトロトロ本当にアラビアータだな。

f:id:hidekinghenry:20191105174213j:image

ズルズルッ!

ズルズルッ!

 

チーズが無くならないうちに蕎麦をかき込む次郎。

ふぅ、ナイスコラボ。ここでしか味わえない味だな。

そして、このチャーシュー、分厚い。

f:id:hidekinghenry:20191104133105j:image

うーん。うまいな。上品に感じるが噛めば肉汁もしっかり出てくる。

今日は牛チャーシューもか。
f:id:hidekinghenry:20191104133109j:image

うまい。これは牛肉だな。こっちも合うか。贅沢だぜ。ははっ!
f:id:hidekinghenry:20191104133123j:image

ズルズルッ、ズルズルッ!

ズズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー。

 

ふぅ。ご馳走さんっと。

会計頼む。

はい。

1900円です。

ほらよ。釣りはいらねーよ。

次郎は、厨房の店主をチラリと見て、キッチリ1900円を金皿に叩きつけた。

 

あばよ。

また来るぜ。

 

ありがとうございましたー。

コロンカラン♪

 

次郎は車に乗り込み、岩木山方面へ走り去った。

車が走り去った後には弘前城から流れ着いた落ち葉が舞っていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191104133100j:image

ciliegio@弘前

イタリアン蕎麦。まるでスープカレー。今日はよりイタリアンなアラビアータ蕎麦をチョイス。トマトスープが蕎麦に合う。チーズも相性良く新しい風味。今日はオールスタートッピングは牛肉ロースト。

3.5次郎

極煮干し本舗 ラーメン 弘前

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

結局入っちまったなぁ。

次郎は独りごちた。

 

八甲田でフィールドワークを終えた次郎は弘前市に入ったところで、毎回目にはするもののずっと入らなかったラーメン屋極煮干し本舗の前を通り過ぎた。

弘前に来て半年。避けては来たものの、終に入ることにした。

魔がさしたような感覚がした。後に次郎は語ったという。

いろいろあるが、そこまでドロドロの煮干し出汁ではないのもあるな。
f:id:hidekinghenry:20191104111735j:image
f:id:hidekinghenry:20191104111818j:image

うーむ、海老塩もそそるが、初回はお勧めの煮干し豚骨だな。それと餃子もいくか。

次郎は券売機に金を投入した。

しめて、1110円か。まぁいい。

 

食券を持って空いてる席につく次郎。

店員がやってきて、食券を奪う。

そういえば…シニアアソシエイツの柳沢にもらった一品サービス券があったな。これだこれだ。

おい、これで炙りチャーシューを追加だ。

はい。

 

次郎は店員が去ると、テーブルに置いてある水をがぶ飲みした。ピッチャーの水を飲み干そうかという頃、餃子が着弾した。

 

はい、餃子です。
f:id:hidekinghenry:20191104111822j:image

ほう。小さめでまぁなかなかうまそうだな。

続けざまにらーめんが着弾した。

 

ラーメンお待たせしました。

ふん、一息つく暇を与えてくれないぜ。
f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

ほう、まぁまぁのビジュアルだな。

む、やはり煮干しの匂いがキツめだ。

 

どれ。
f:id:hidekinghenry:20191104111812j:image

ズズッ。

ふむ、そこまで強烈な匂いはしないものの、豚骨と相まって濃厚だ。
f:id:hidekinghenry:20191104111807j:image

シナチクが太いな。
f:id:hidekinghenry:20191104111802j:image

麺は、やや細めのストレートか。柔さ加減はまぁまぁか。

ズルズルッ、ズルズルッ。

煮干しスープと絡み、濃厚な味になる。白米に手を出したくなるな。
f:id:hidekinghenry:20191104111815j:image

ほほう、チャーシューはなかなかのビジュアル。

次郎は大口を開けてチャーシューを頬張った。

うむ。柔らかい。なかなかの食べ応え。一つ追加はアリだったな。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズ、ズズズズズー。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズズー。

 

ふぅ。

あれ。もうなくなっちまったか。意外とあっさりなくなったな。

 

ごちそうさんっと。

次郎はそう呟くと店を出た。

まぁまぁだったな。予想通りか。

 

さて、行くか。

もうそろそろコートが必要だな。

次郎は背中を丸めて車に乗り込んだ。

 

秋はあっという間に立ち去り、厳しい冬がまさに今訪れようとしていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

極煮干し本舗@弘前

いかにもな煮干しラーメン屋。推しは煮干し豚骨。濃厚な味わい。失敗はない。が目新しさに欠けるか。

3.2次郎。

 

 

 

 

f:id:hidekinghenry:20191104111632j:image

 

ciliegio イタリアン蕎麦 弘前

f:id:hidekinghenry:20191031104830j:image

うーん、今日も休みか…

次郎は弘前城のそばにある、イタリアン蕎麦バーciliegio の前に来ていた。

もうこのところ五回程店の前を通過しているが開いていた試しなしの店だった。

しかし、弘前らしからぬお洒落な佇まい。気になって仕方がなかった。

f:id:hidekinghenry:20191031113309j:image

ん?

おお!開いた!

車から見ていた次郎の目の前で店員が出てきて、シャッターを開けた。

こ、これは行くしかないだろう。

次郎は駐車場に車を停め、そそくさと店に向かった。店の前にボードがあり、まずはそこに名前を書くようになっていた。

先客は3名、ちんまりと店の前の待合椅子に座っていた。

次郎は、ボードにハコダテと書いた。

 

人数?

一名に決まっているだろう。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20191031113348j:image

ハロウィンか。まぁいい。

 

ハコダテ様、どうぞ。

お、おう。

次郎は案内され、席についた。

店内はお洒落で清潔だった。

 

さてと。メニューが豊富だな。

f:id:hidekinghenry:20191031113316j:image
f:id:hidekinghenry:20191031113355j:image
f:id:hidekinghenry:20191031113320j:image
f:id:hidekinghenry:20191031113323j:image

f:id:hidekinghenry:20191031113306j:image

一品料理もあるんだな、さすがイタリアン蕎麦バー。

限定8食か。よし、この橙魂にしよう。

おい、女将。

はい。

 

この橙魂にオールトッピング、更に鶏めしを。

はい、かしこまりました。

 

ふう。

次郎は高まる期待とともに水をがぶ飲みした。

更にお代わりの水を飲み干し、三杯目に手を出そうかという頃、鶏めしが着弾した。

 

はい、まずはお先に鶏めしです。

f:id:hidekinghenry:20191031113342j:image

ほう。なかなか綺麗だ。
f:id:hidekinghenry:20191031113338j:image

うまそうだな。

次郎は鶏めしを頬張った。

うむ、さっぱり醤油味の鶏めしだ。オリーブ油らしきものが効いていて食べやすい。これは蕎麦も期待大だな。

 

はい、お待たせしました。橙魂です。

お野菜は全て青森県産です。
f:id:hidekinghenry:20191031113351j:image

ふお。なんというビジュアル!まるでビジュアル系バンドではないか!!美しい…これは期待は更に高まるぞ。
f:id:hidekinghenry:20191031113335j:image

紫キャベツがでかい!シャッキシャキだ。
f:id:hidekinghenry:20191031113345j:image

ほおかぼちゃのスープが濃い、もはや蕎麦だということを忘れてしまう。もはやスープカレーではないか!

ズズズ。

うーん、かぼちゃ風味の甘さが効いているが、甘すぎず濃厚だ。

肉の種類も豊富だ。オールトッピングしただけあるな。
f:id:hidekinghenry:20191031113331j:image

ローストポークか。ふむふむ。ほほう。優しい味付けだ。
f:id:hidekinghenry:20191031113327j:image

そして、赤ワインで煮た角煮チャーシューか。濃厚だ。

肝心の蕎麦はと。
f:id:hidekinghenry:20191031113313j:image

ほう、やや縮れ気味で短め、俺の好きなタイプだ。うーん、うまい。濃厚なスープとゴロゴロした野菜とよく絡み華やかで贅沢なハーモニーも奏でている。

これは、当たりだ!

 

ズルズルッ!

ズルズルズルズルッ!

 

ズズズズー♪

ズルズルズルズルッ!

ズズズズー♪

 

ズズズズー♪

くー、かなりのボリュームだ。

 

ズルズルッ!

ズルズルズルズルッ!

ズズズズー♪

ズズズズー♪

 

あ、こりゃ鶏めしの残りをスープにインリゾットの手もあるか。

次郎は食べ切ろうとしていた鶏めしのライスをスープに投入し、濃厚なかぼちゃスープとともに食らった。

ほう、こりゃイタリアンだ。締めに一口丁度いい。

 

ゲフッ。

ご馳走さんと。満腹だな。これはいい店を見つけたぜ。

 

おい、会計頼む。

はい、2005円です。

ふん、うまかったぜ。釣りはいらねーよ。それで新しいオリーブオイルでも買いな。

次郎は金皿にキッチリ2005円を叩きつけた。

 

カランコロン♪

ふぅ、食ったなー。今日は非番だし、コーヒーでも飲みに行くか。

次郎は心地よい秋の風を感じながら車に乗り込んだ。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191031113358j:image

ciliegio@弘前

イタリアン蕎麦屋。なかなか新しい。ビジュアルが美しく、ボリューム満点。蕎麦というのがまた罪悪感を減らす。味も美味しい。目も舌も満足。

3.6次郎

 

 

 

餃子とラーメン三六 ラーメン 十三湖 青森

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

すごい風車の数だな。

次郎は弘前から龍飛岬へ抜ける途中、蜆で有名な十三湖を通っていた。湖の周囲には大きな風車がいくつも設置されていたが、その姿はどこか異様で、人影もないことが影響してか、死滅した星の末路のようで、寂しい景色だった。

 

ふぅ。なんだかな。

次郎は独りごちた。

 

防風林に囲まれた道をしばらく進むと、民家の固まる集落にでた。

しばらく進むと、右手に店が見えた。

スピードを落として見ると、餃子とラーメン三六とあった。

うーむ、蜆ラーメンでもありそうだな。一生に一度しか来なそうだしな。

よし、ものは試しだ。

次郎は車を停め、店に入った。

f:id:hidekinghenry:20191029211025j:image

いらっしゃい。

中には先客が3名と、白髪の女将が一人で店を切り盛りしていた。

 

先程の風車の風景が後を引き、女将もなんだかロボットなのではないかと思わせた。

 

さてと。

次郎はメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20191029211039j:image

ふーむ、蜆入りの三六ラーメンは1100円か。ラーメンが500円なのに、倍以上か、ちょっと勇気がいるな。

 

先客を見るとみなカレーを食べていた。

いよいよ勇気が必要だ。

えい、ままよ。

おい、この三六ラーメンを頼む。

はい、かしこまりました。

女将ロボは無表情に答えた。

 

ふう。

次郎は麦茶を飲んで目を閉じた。

かすかに湖の匂いがしたような気がしたが、気のせいだろう。

 

はい、おまたせしました。

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

ほう。なんだひじきとたくあんがついている。

 

アイスコーヒーもどうぞ。

さすが1100円、アイスコーヒーまで付くのか。

まぁつけずに900円にしてもらいたいものだが…


f:id:hidekinghenry:20191029211029j:image

やはり、透明なスープ。湖を思わせるな。
どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20191029211042j:image

む、これは!

予想外に濃厚だ。蜆の出汁が素晴らしいのはわかるが、なんだこれは、バターか。ものすごく蜆と合うな。うまいぞ。

やはり、蜆が多い。そりゃそうだな。
f:id:hidekinghenry:20191029211059j:image

なかなか身がでかいな。
f:id:hidekinghenry:20191029211050j:image

うむ。アッサリとして、うまい。

麺は縮れ麺。もう少し解いて欲しいところだが、女将ロボの限界か。
f:id:hidekinghenry:20191029211034j:image

ズズズズ。

まぁ悪くないか。やはり、スープがうまいな。
f:id:hidekinghenry:20191029211054j:image

チャーシューはナカナカうまそうだ。ホロホロ系。二枚入ってるな。

ズズズズー。

ズルズル、ズルズルズルー。

 

ズズズズー。

うーん、スープがうまいな。

ズズズズー。

 

ふぅ。蜆も多いぜ。
f:id:hidekinghenry:20191029211047j:image

ズズズズー、ズズズズー♪

 

ふぅ、うまかったなー。スープを飲んじまうぜ。ホッとするが濃厚な絶妙のバランスだった。

 

さてと。

チュー♪

次郎はアイスコーヒーを一気飲みした。

 

ふぅ。

じゃお会計を。

はい、

1100円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。これで新しい蜆でも仕入れな。

次郎はきっちり1100円をカウンターに叩きつけた。

 

あばよ。

次郎は店を出た。

うーむ、予想外にうまかったが、遠いな。

 

次郎は車に乗り、さらに北へ北へと走り出した。

 

遠くで蜆が息をする音が聞こえたような気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191029210944j:image

餃子とラーメン三六@十三湖

十三湖日本海側の国道沿いにあるラーメン屋。三六ラーメンというのが蜆ラーメン。ちょっと高い。常連客はカレーを食べていた。スープにバターが効いていて、蜆なのに濃厚な満足感のある不思議なサラサラスープ。

3.3次郎

 

 

 

 

ひるがお ラーメン 東京駅

f:id:hidekinghenry:20191022111754j:image

やっと、東京かぁ。長旅だったな。

次郎は新青森から東京に上京していた。

教授と打ち合わせがあり、六本木に行く必要があった。

 

しかし、新幹線で3.5時間か。腰が痛いぜ。

ふん、まぁいい。しかし、中途半端な時間だな。

教授とのアポにはあと3時間。かといって、昼飯どきにはまだ早い。

ううむ…

 

お、ラーメンストリート。

これだ!

次郎は独りごちた。

 

東京駅にあるラーメン屋が数店舗集まるモール。きっとこの時間でもやっているだろう。

 

次郎は八重洲方面に向かった。

迷路のような地下街を歩き、件の場所に到達した。しかし、朝とはいえ人が多い。

 

さてと…ほう。斑鳩ね。すでに店の外に人か。ここは、本店に行ったこともあるし除外だな。

うーむ…

お、ひるがお。塩ラーメンか。悪くなさそうだな。よし、ここだ。

次郎は店の前に向かった。

券売機の前で外国人がちんたら選んでいる。よく見ると店員もホールは全て外国人。さすがTOKIO。国際的だ。

 

早く買え。ごちゃごちゃ言ってないで一番高いのにしろ!

次郎は心の中で前の外国人カップルに向かって念じた。

…特に効果はなかった。

 

 

ふぅ。ようやく終わったか。

さてと…何にするか…ふーむ。

次郎は悩んだ。

う、いかんいかん、これじゃ前の外国人と同じだ。よし、ここは一番高い全部盛り塩ラーメンだ。1150円か。なかなか張るな。

えい、ままよ。

 

はい、いらっしゃいませー。こちらどーぞ。

次郎はカウンターに座った。次郎は席に座ると同時に、すでに置かれた水を飲み干した。ビールジョッキ並みの大きさのカップのため、幾分ひるんだが、続けざまに二杯飲み干してやった。

ふん、おまえらとは格が違うところを見せてやったぜ。

 

オマチドサマデシタ。

ゴトリ♪

そうこうしているうちにラーメンが着弾した。

f:id:hidekinghenry:20191022111754j:image

ほう。なかなか美しいクリエイティブ。f:id:hidekinghenry:20191022111819j:image

スッキリ塩スープか。

ずずず♪

次郎はスープを啜った。

ふむ、若干優し目か。

 

麺はと。

f:id:hidekinghenry:20191022111823j:image

細麺。少し柔らかそうだな。

ズルズルッ♪

味は悪くない。が、少し茹で過ぎか、もともと柔い麺なのか…

 

ワンタンか。
f:id:hidekinghenry:20191022111815j:image

次郎はワンタンを頬張った。

あ、アツ!

ま、まぁまぁだな。
f:id:hidekinghenry:20191022111826j:image

そして、チャーシューか。

幾分厚いな。味は少しキッチリし過ぎているな。あとは柔らかさがもう少し欲しいところだな。

まぁ全体的にバランスの良いラーメンではあるがな。

お、この卵は甘めの風味があって黄身はトロトロ。

 

黄身死にたまうことなかれってか!

次郎は独りごちた。

 

ズルズルッ、

ズズズズー、

 

ズルズル、ズルズル、

ズズズズー♪

 

ズズズズー♪

 

流石は塩ラーメン、あっという間に完食だな。

ふぅ。

 

 

あばよ。また会う日まで!

アリガトウゴザイマシター、マタオネガイシマース♪ 

 

ふん、挨拶はいっちょまえだな。

そう言うと、次郎は額の汗をぬぐいながら東京駅の地下街を丸の内口に向かって歩いて行った。

 

ようやく昼時。さらに構内は混雑し始めていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191022111754j:image

ひるがお@東京駅ラーメンストリート内

せたが屋と言う会社の塩ラーメンブランドひるがお。バランス良く、女性や外国人には向きそう。パンチ力不足か。

3.3次郎

 

 

 

のもと屋② とんかつ 大門

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

もう10月だというのに東京は真夏のように暑かった。

次郎は増上寺から大門に向かって歩いていた。照りつける日射しで背中と額から汗がしたたった。

 

ちっ、なんでこんなに暑いんだ。

この温暖化野郎がっ!

次郎は太陽を睨みつけて独りごちた。

 

さてと、いい時間だ。

時は11時25分。

のもと屋の開店五分前。ちょうどいい頃だった。

次郎は大門にあるとんかつ二大巨頭の一つ、のもと屋に向かっていた。

 

当然開店まで並ぶものと思っていたが、狭い階段を登り、店に着いてみると既に開店し、先客が8名ほど。

あ、あぶなかったぜ。

いらっしゃいませ。

 

一人だ。

カウンターどうぞ。

最後のカウンター席に滑り込んだ。

 

ふぅ。次郎は置かれた烏龍茶をがぶ飲みした。続けざまに二杯お代わりを終えると、メニューを見た。

 

うーむ。特選ロースもいいが、ここはヒレとのミックスだな。

 

おい。

はい。

特選ロースのヒレミックスで。

はい、かしこまりました。

 

注文を終え、戸口をみると、見る見る間に人が並んで行く。

あぶなかったぜ。

次郎は額の汗を拭った。

 

はい、お待たせしました。

おお、来たか!

f:id:hidekinghenry:20191003195300j:image

毎度パンチのあるビジュアル。今日はヒレもついてさらにボリュームアップだ。

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

ヒレ肉はその優等生的なイメージと裏腹に野獣的だな。

 

どれ。ご開陳と。

次郎は肉を横に向けた。
f:id:hidekinghenry:20191003195309j:image

ほほーう、見事なピンクダイアモンドヘッド。

流石だぜ。
f:id:hidekinghenry:20191003195320j:image

ヒレも見事!こりゃ期待できる。

次郎は急な血糖値の上昇を抑えるため、まずはキャベツを一気に食べた。

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。さてと、ではいただくとするか。

まずは特製のわさびダレと醤油のコラボだ。
f:id:hidekinghenry:20191003195252j:image

ふほ。うまそ。

ガブリッ。

うおー!サックサク。しかし、醤油が少し衣を溶かしてその食感がたまらん。更に肉は柔らかくそれでいてヒレのぎっしり感。

そして、パリッとした醤油味と、ほのかに甘く、それでいてスパイシーなわさびが相まって至福の味を作り出す!!初めてヒレをたべたが、うまい!うまいぞ!!
f:id:hidekinghenry:20191003195305j:image

さてと。お決まりのロース。

くー、この脂がまたわさび醤油で引き締まり、それでいて口の中で脂が弾ける。これまた至高の味。たまらん!
f:id:hidekinghenry:20191003195256j:image

そして、お次のヒレはソースと辛子だ。

くー、柔らかなヒレ肉に、少し甘めのソースと和辛子が絶妙の味わいをプラスする。
f:id:hidekinghenry:20191003195314j:image

そして、ロースくんもソースと和辛子をたっぷりつけて頬張るこの贅沢。脂が深い味わいのソースに降り注ぎ、胃を満たしてくれる。

 

くー、たまらんぞ。

次郎はグビグビと烏龍茶を飲んで口をリセット。豚汁を飲んで、ポテサラを食べる。

 

そして、再びヒレかつをわさび醤油で頬張る。

この店はやはり醤油とわさびだ。

このキレのある味ととんかつがピタリとシンクロする。シンクロ率はもはや初号機とシンジくん以上だぜ!

次郎は独りごちた。

 

 

むしゃむしゃ

サクサク

ズズズー

 

むしゃむしゃ

サクサク

むしゃむしゃ

サクサク

ズズズー。

 

ふー、ごちそうさん

いやー、うまかったー。

友と女は裏切るが、食べ物は裏切らない。

名言だな。ふっ。

次郎はほくそ笑んだ。

 

 

おい、会計頼む。

はい。

2600円です。

昼から贅沢しちまったな。まぁいい。

ほらよ、釣りはとっときな。これでわさびでも買いな。

次郎は金皿にきっちり2600円を叩きつけた。

 

むお!

出口を見ると狭い階段に一階までビッシリとサラリーメンズが並んでいた。

まだ、12時10分だというのに…つくづく正解だったぜ。

ふん、オワリーメンども出直してきな!

次郎は独りごちた。

 

ありがとうございましたー。

 

しかし、暑いなぁ。

再びセミの鳴き声が聞こえてきた。一度夏は終わったと思ったんだがな。頑張って生きろよ。次郎はどこに向けて言うともなく呟いた。

 

照りつける日差しは夏のものであったが、吹き抜ける風には秋の匂いが籠っている気がした。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20191003195223j:image

のもと屋@大門

大門浜松町地区にあるとんかつ屋。あおきと双璧を成す。衣と肉の組み合わせが絶妙。わさび醤油で食べるのもまた美味。

3.7次郎