食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智15 渡り蟹のやばい奴

お、おやじ!!

渡り蟹って…

f:id:hidekinghenry:20180117110431j:image

 こりゃあ行くしかねーだろ!

 

次郎は布団でいつものように携帯をいじり、まだボンヤリとした頭でいつものラーメン屋のツイートを見た。

 

渡り蟹のやばい奴、やり過ぎた。

 

な、何をやり過ぎたんだおやじっ!

どーいうことだっ!

 

くそっ、こんな朝早くから俺の眠りを妨げやがって。

 

次郎は布団を剥ぎ、いそいそと部屋を出た。まだ開けきらない眼に朝の冴え冴えとした空気は堪えるのだった。

駅に着く頃には、幾分寒さも和らいでいた。

 

電車に揺られること15分。神保町に到着した。

横にいる疲れたサラリーマンを尻目に次郎はエスカレーターを一段飛ばしでずんずん登った。

 

ふん、朝からシケた面しやがって。そんなんだから一生オワリーメンなんだ。まぁ俺には関わりのないことだがな。

次郎は独りごちた。

 

改札を出て地上にでると、まずはカラダすこやか茶を買う次郎。念ためな。次郎は自分に言い訳した。

 

ガラガラ♪

お、早いねにーちゃん。

 

お、おぉオヤジ。

次郎は迷わず悪い奴を選ぶ。

1000円か。まぁいい。

 

悪い肉、超悪い肉はカウンターで100円払ってください。

 

なんだ、超悪い肉ってのは!?

 

よし、いくしかねーな。

 

はいよ、弟子。悪い奴に、超悪い肉追加でな。

はいよ。

トッピングは?

青唐辛子、のり、味玉だ。

はいよ。

 

 

チャッチャッチャッ♪

 

 

チャッチャッチャッ♪

 

はいよー。

f:id:hidekinghenry:20180117111655j:image

ぐおっ!

なんだこのビジュアルは!

超悪い肉。醬油味がキツそうだ。くくくっ。

次郎は笑いが止まらない。

f:id:hidekinghenry:20180117111754j:image

ズルズルつ 。

くっ、この細縮れ麺、毎度のことながらうまい。スープが良く絡み喉ごしも小気味良い。

そして、このスープ。渡り蟹の味と匂いが口の中を溢れんばかりに満たす。

更にはこの悪い肉、スープに負けないくらいパンチの効いた豚バラ。スープと相まってもはや、ノックアウト寸前だ。

 

だ、だめだオヤジッ…

うますぎる。

 

超うまいやつ

 

じゃねーか!

 

ありがとよー。

 

ゲフッ

ご馳走さん。

 

ふー、幸せは今正にここにあった。

 

うまかったよ。また来るぜ。

待ってるよー。いってらっしゃーい。

 

オヤジの小気味良い挨拶を背中に浴びながら店を出た。

 

こりゃあカラダすこやか茶でも買わないとな。ハハッ!

 

こうして、次郎はコートのポケットに入れた一本目を忘れて、二本目のカラダすこやか茶を買うのだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180117111655j:image

覆面智@神保町

渡り蟹の悪い奴。悪い奴は水曜のみ。今月は渡り蟹の出汁を

スープは渡り蟹が効きまくっている。悪い肉を投入するとトッピングは完全体。体にも悪い奴かもしれないが、間違いなくうまさは神の領域。

4.0次郎

 

天富 天ぷら 北新地

次郎は仕事で大阪に来ていた。

今夜は会議からそのまま会食があった。

 

ふぅ。もう昼か。ホテルにチェックインする前に北新地で腹ごしらえと行くか。

さてと…

 

北新地には次郎の心をくすぐるランチ営業の店がたくさんあった。夜は値の張る料理を出す店がランチはリーズナブルに同じもの提供する。

次郎の胸は踊っていた。

 

北新地の裏道を歩く次郎。妙な看板があった。

む。

f:id:hidekinghenry:20180115122001j:image

潔ぎいいな。二種類だけか。俺の嗅覚が告げている。入れと。

一瞬逡巡したあと、次郎は店に向かった。

f:id:hidekinghenry:20180115122127j:image

密やかな店構え。期待できる。

 

ガラガラ♪

いらっしゃい。

一人だ。

どうぞ。

次郎はカウンターに案内された。中は8名ほど座れるカウンターと小上がりがあった。

 

さてと、夜は会食だしな…

 

店主、上天丼で。

迷うことなく言い切った。

 

はいよ。

店主は小気味よく素材を鍋に投入していく。

 

次郎はその手さばきを見ながら目を閉じた。

隣のオヤジたちが仕事の愚痴を言っている。

 

昼間からド阿呆が。おやじの愚痴など誰も聞きたくないわ。

 

待つこと12分。

はいよ。

ボリュームのある上天丼が着陸した。

f:id:hidekinghenry:20180115122712j:image

ぬお!さすが上!

f:id:hidekinghenry:20180115122743j:image

味噌汁と漬物も旨そうだ。

 

まずは、目玉の海老か! 

ぐ、うまい。関東風ということだか、この甘じょっぱいタレが効いてるな。衣もタレがかかっているもののサクサクしてる。海老もプリプリだ。

f:id:hidekinghenry:20180115122802j:image

うまいぞ店主!

ありがとうございます。

そして、他はなんだ?

かぼちゃ、穴子白身魚、玉ねぎ、ちくわ、ベビーコーン、もう1本海老。

すごいボリュームだ。

そして、この、タレ飯がうまいんだな。

f:id:hidekinghenry:20180115123137j:image

たまらんな。穴子白身魚もうまいな。野菜もいける。当たりだ。

 

さすが俺の嗅覚だ。

次郎は独りごちた。

 

ゲフッ

 

あぁ、さすがに満腹だな。

 

ふぅ、汗を掻いてきたぜ。

夜の会食までに腹が減るかどうか…

まぁいいか。

 

おい、店主会計だ。

1800円になります。

流石に上はランチにしては高いがこれなら仕方ないな。

 

ほらよ、釣りはとっときな!

次郎はキッチリ1800円をカウンターに叩きつけた。

 

ガラガラ♪

汗を掻いた次郎には冬の外気が心地良い。気がつけば店は満席だった。

いいタイミングで入ったようだな。これはついてるぜ。

 

さてと、ホテルにチェックインといくか。

次郎は北新地の路地に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180115123614j:image

天富@北新地

こじんまりとした夫婦経営の天ぷら屋。うまい。衣さくさく。夜は高そうだが、ランチは割安。海老と天ぷらのタレがうまい。再訪必至。

3.7次郎

 

 

米子 旬門 海鮮居酒屋

さてと、今夜は何を食うかな。

次郎ほひとりごちた。

 

既に皆生温泉のオーシャンという日帰温泉でひとっぷろ浴びた次郎。体も温まり準備万端。

 

よし、うんちゃん、米子駅まで飛ばしてくれ。

ハイ、畏まりました。

雪道は危ないからな。油断するなよ!

 

車で15分、米子駅についた。今夜は旬門という海鮮居酒屋を、見つけていた。

 

ガラガラ♪

だれもいねぇな。

 

次郎は入口のピンポンを連打した。高橋名人になっちまうぞ!おらっ!

ぴぴぴぴぴぴんぽんぴんぽんぴぴんぽん♪

 

は、はい!

予約した小野だ。

お一人で?

 

さっきそういっただろうが馬鹿野郎。

 

は、はい、では、こちらに。

カウンターに通された。

 

さてと、メニューはと、うまそうな魚と珍味が並んでるじゃねーか。

f:id:hidekinghenry:20180112225350j:image

 片っ端から頼むか。

よし、ねーちゃん、

白子の天ぷら、あん肝、のどぐろ塩焼き、猛者海老の塩焼きを頼む。それと、トップ水雷って日本酒もな!

 

は、はい、畏まりました。

 

はい、お通しです。△✖️◎貝です。

f:id:hidekinghenry:20180112225523j:image

?なんだがわからねーが、つまには良さそうだ。あじも濃そうだな。

 

トップ水雷です。

 

おう、うまそうな竹の入れ物か。さっそく!

f:id:hidekinghenry:20180112225637j:image

かー、うめー!!辛口なのに甘い。米子の地酒だ。この貝も丁度いい。

 

はい、鱈の白子の天ぷらです。

ぐお!きた!

これだよ、これ。痛風に気をつけねーとな!

f:id:hidekinghenry:20180112225812j:image

かー!うまい!白子だ!日本酒にピタリだ!

ジューシーだなー。はじけるぜ!

 

はい、のどぐろ塩焼きです。

f:id:hidekinghenry:20180112225859j:image

おお!でかい!いいなぁ。

脂のりまくりだな!うまい!柔らかい!

まるで絹の舌触りだ!

 

はい、猛者海老です!

f:id:hidekinghenry:20180112225943j:image

おぉ、丁度いい大きさだ。少し黒いな。

バリッ!

おお、食べやすい!皮も柔らかい。身もしっかり。頭も上手い。日本酒に合うなー!

f:id:hidekinghenry:20180112230045j:image

かー、うめー!竹最高だ!

 

はい、あん肝です。

f:id:hidekinghenry:20180112230110j:image

きちまったかー!

あぁ、痛風がヤバイな。しかし薬も飲んだしな。

あーーー、うめーーー!

日本酒に合うなーー!

 

ちょっと罪悪感を感じるぜ。

おい、ねーちゃん、トマトと山芋短冊頼む。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20180112230221j:image

速いな。ユリオカか!

うん、丁度いいな。

なかなかお腹と膨れてきたな。さてと…あとは…よし!大アサリ頼むねーちゃん。

 

はいよ。

 

ふー、最高の夜だな。

かっかっかっ。

 

はい、大アサリです。

f:id:hidekinghenry:20180112230336j:image

 おお!これはアサリというよりハマグリだな。梅酒というより、チョーヤですってか、下手なコピーだ。けっ。

 

おお!この透明なスープ出汁がでまくってるな!うまい!

f:id:hidekinghenry:20180112230437j:image

身もうまひひーーん!

だな!

次郎はひとりごちた。

 

ゲフッ

 

ダメだ食い過ぎたな。最後の締めラーメンの腹も残しとかないとな。このぐらいで勘弁してやろう。

 

 

おい!親父!会計だ!

はいよ。

 

5771円です!

 

なに!これだけ良い思いしたのに5771とは!流石米子だ。

ほらよ。

感謝の意を込めてこれだけおいてくぜ!

釣りはとっときな!

 

キッチリ5771円をカウンターに叩きつけた!

 

 

ガラガラ♪

さぶ!うおっと、あぶね。雪が凍って滑るぜ!

 

満足だ。

 

よし、次はあのラーメン屋だな!

 

次郎は颯爽と滑る米子の路面を駆け抜けていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180112231034j:image

旬門@米子駅

うまい海鮮居酒屋。駅前ではナンバーワンか。安い!うまい!小綺麗!三拍子揃う。

冬はあん肝、白子、牡蠣、えび、刺身。うまいものしかない。のどぐろもうまい。米子に来たらここは訪れるべし!

3.6次郎

 

 

山陰漁酒場丸善水産 米子

さてと、今夜は何にしようか…

次郎は仕事で昨日から米子に来ていた。

昨日はラーメン屋を2軒はしご、味はともかく上々の滑り出しだった。

しかし、今夜は地元の魚が食べたいところだ。

次郎はひとりごちた。

 

今夜は祝日前の日曜、店は意外と空いていた。

駅の目ぬき通りを歩いているとオヤジたちが好きそうな、小洒落ていない店を発見した。

丸善水産。

よし、今夜はここにしよう。

 

ガラガラ♪

 

いらっしゃい!何名様で?

 

一人だ。見ればわかるだろう。

 

は、はい。

では、カウンターでどうぞ。

客は案外少なかった。

 

さてと、蟹はひとりではきついな。よし、まずは握りだ!いくら、いか、マグロ赤身だ。

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20180107212332j:image

速いな!ユリオカか!

まぁまぁか。

つぎは、天ぷらだな。キス、エビ、山芋だ。

はいよ。

それと日本酒だ。

はいよ。

 

はい、天ぷら。

f:id:hidekinghenry:20180107215459j:image

でかいな。

なかなかうまい。

それと、貝の炉端焼きだ。

はいよ。

 

日本酒の名前がわからんがなかなかいけるな。月山といったか。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20180107215624j:image

サザエ、はまぐり、ホタテ、白貝ね。

ほう、豪快だな。

ぐお、なんだこりゃ!でかい!

f:id:hidekinghenry:20180107215740j:image

味はと、ほう。いけるな。苦くない。白貝はこんなでかかったとは。

 

さてと、最後は牛骨おでんだ。それとらっきょだな。

はいよ。

 

どうぞ。

速いな。ユリオカか!?

f:id:hidekinghenry:20180107215855j:imagef:id:hidekinghenry:20180107215920j:image

らっきょ多すぎるな!うまいけど。

牛骨出汁おでんはどうだ?

ん、いけるな。あっさりしてるな意外と。

 

ゲフッ

 

もう食えん。

おい、会計頼む。

 

はいよ。5680円です。

まぁまぁいっちまったな。しかたねーか。

ほらよ。釣りはいらねーぜ。

キッチリ5680円をカウンターに叩きつけ、店を出た。

 

ガラガラ♪

さぶっ。

晴れの日は、余計に冷えるな。

さてと、締めにラーメンでも食うか。

 

次郎は夜の米子に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180107215740j:image

山陰漁酒場丸善水産@米子

安くてうまい。海鮮もなかなかうまい。日本酒もいくつかある。ひとりでも入れる。

3.5次郎

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン 大和からのばんらい 米子

 

ふー、今日もよく働いたな。

次郎は米子にいた。仕事を終え、夕飯時。賑わっていた居酒屋に入り、米子の地魚の刺身などを食べ一杯ひっかけた。

 

しかし、何か物足りねーな。

ここで締めはやめとくか。次郎は店を出た。

さてと、やはり、我慢したからには締めはやはりラーメンだろうがっ。

次郎は独りごちた。

駅前で人気のある大和という店にやってきていた。

f:id:hidekinghenry:20180106221049j:image

ガラガラ♪

いらっしゃい。

ラーメンを。

はいよ。

次郎はカウンターに座った。メニューが飛び込んできたが後の祭りだった。

f:id:hidekinghenry:20180106221211j:image

しかし、ラーメンは450円と破格の安さだった。

どんなものが出てくることやら…

 

はいよ♪

f:id:hidekinghenry:20180106221255j:image

なかなかうまそーじゃねーか。

さてと。お、牛骨スープか。味もしっかりついている。うまいな。

麺はどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180106221228j:image

縮れ卵細麺。おれの好きなタイプだ。

ほう。うまくスープと絡んでいる。うまい。

450円でこれはいい。背脂もしつこくないし良いバランスだ。

ズルズルッ

あっという間に平らげてしまった。

 

おやじ、ここに置いとくぜ。

次郎はキッチリ450円を置いて店をでた。

 

ふー、しかし、やはり少し物足りないな。

次郎は駅に歩くすがら、ラーメン屋発祥の居酒屋ばんらいに入った。

 

いらっしゃいませ♪

一人だ。

こちらへ。

カウンターに通された。

 

おい、兄ちゃん。

醤油ラーメンとコークハイを頼む。

はいよ。

 

次郎は目を閉じた。

お待たせしました。

あっという間に着丼した。

f:id:hidekinghenry:20180106222218j:image

ほう。今度は醤油って感じだな。どれどれ?

む、なんだこの匂いは。魚か、バターか。うーん鼻にくるな。麺はどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180106222324j:image

こちらも細麺だな。悪くはない。

ゲフッ

しかし、梯子はさすがに無理だったか。既に腹一杯だ。

コークハイでお茶を濁そう。このコークハイ、うまいな。

しかし、水物で腹が一杯だ。悔しいがここでギブアップだな。

 

1050円です。

相変わらず安いなこの街は。失敗してもなんともないわ。かっかっかっ。

 

ゲフッ

 

次郎はキッチリ1050円をカウンターに叩きつけ店を出た。

 

ふぅ、流石に今夜は寝るか。

外に出ると雪がちらついていた。

冬真っ盛り。米子の夜は更けていった。

 

続く。

ラーメン大和@米子

f:id:hidekinghenry:20180106222643j:image

居酒屋ばんらい@米子

f:id:hidekinghenry:20180106222218j:image

それぞれ別の味わい。しかし、全体としては大和の勝ちだ。締めは大和で決まりだ。

 

大和3.5次郎

ばんらい3.0次郎

 

 

 

 

 

  

 

 

 

太平記 米子駅

さぶ。

冷えるな米子は。

f:id:hidekinghenry:20180105223445j:image

次郎は仕事で米子に来ていた。

雪が降ってはいないものの冷え切った時雨が降っていた。

 

時刻は9時。少し遅めの夕食を物色していた。

米子と言えば松葉蟹。さてと、蟹を食べさせる店はと…なんだか人がいねーな。やはり米子は駅前ではなく日の出町ってことか?

 

ふん、まぁいい。なんかあるだろう。

目ぬき通りはチェーン店の居酒屋が並んでいる。

ダメだな。入る気がしない。店からは大学生ぐらいの若そうな奴がまぁまぁ出入りしている。

ふん、思った通りだ。学生が喜ぶ店=大した店ではないってことだな。

 

さてと、少し裏手に良い店があるもんだ。

次郎は目ぬき通りから一本奥の道に入った。

うーん、静かだな。

一軒明るい店があった。太平記…なんだそりゃ?しかし蟹のマークがあるな。

えい、ままよ!

ガラガラ♪

次郎は入店した。

f:id:hidekinghenry:20180105224043j:image

お一人様ですか?

そうだ。察しがいいな、ねーちゃん。

次郎はカウンターに案内された。

よく見ると、店内はマイルドヤンキーだらけだ。皆若い。

失敗したか…まぁ仕方ない、お手並み拝見といこう。次郎は独りごちた。

狭いカウンターの上にあるボードを隣のヤンキーから取り上げた。

f:id:hidekinghenry:20180105224412j:image

ふむふむ。蟹も安いし、他も安いな。イカがうまいと聞いたが…

 

よし、ねーちゃん、蟹の焼き、イカ刺し、冷やしトマト、手羽先10本、それとハイボール頼む。

甘辛手羽先が10本で390円!!安いなこりゃ。

 

さてと、、、

次郎がドリンクメニューに目を通しているとすぐにお通しとハイボールが来た。

ユリオカだな。

f:id:hidekinghenry:20180105224324j:image

ま、ハイボールは普通か。

 

はい、冷やしトマトです。

f:id:hidekinghenry:20180105224928j:image

まずはと、、、

 

はい、イカ刺しです。

f:id:hidekinghenry:20180105224821j:image

おお、速いな。

わりと透明じゃねーか。

どれどれ、

おお、、

はい、手羽先です。

f:id:hidekinghenry:20180105225014j:image

く、さすがにユリオカが過ぎるぜ!

早すぎて追いつかん。カウンターほ狭いし。

しかし、イカ刺しも新鮮でうまい。お通しの塩辛もうまい。そしてこの手羽先もうまい。甘辛の味が絶品だな。

はい、タラバ蟹で…

 

いや、ちょっと待ってくれ!

まだ食べてるでしょーがっ!

田中邦衛かっ!

 

もう少しまってくれ。

はい。

次郎は急いでイカと手羽先をやっつけた。

ふー。

 

はい、どうぞ。

ガスコンロが置かれた。

この上に蟹を乗っけてください。

 f:id:hidekinghenry:20180105225250j:image

あ、あぁ。

どのタイミングで食べ始めればいいのやら…

おい、店主、いつ食べるんだ?

 

ほんのり白くなったらで。

 

あ、あぁ。

 

待つこと1分半。既に白くなり始めていた。

よし!もういいな。いくぞ。

殻から身を引きずり出すが、なかなか取れない。さもあろう。まぁいい。もともとこんなもんだ。

 

次郎は蟹酢につけて蟹の足を頬張った。

…うまいのかまずいのかわからん。

 

次の身も乗せるか。

f:id:hidekinghenry:20180105225256j:image

こっちの方が取りやすいな。

うん。まぁまぁか??

なんだかんだよくわからんが、疲れたな。

 

ふー。

 

さてと、おい、ねーちゃん、お会計だ。

おいらはもう疲れた。

 

はい。4080円です。

なに!

安いな!

これはヤンキーが集まるわけだ。

もう来週の土曜は一杯なんでさぁ兄貴。

店主が言った。

そうか、ふん、速い!安い!うまい!ってか。

 

まぁそんなもんだろう。

おいオヤジ、釣りはいらねーよ。このヤンキーどもに菓子でも買ってやんな。

 

キッチリ4080円をカウンターに叩きつけ、次郎は店を出た。

ふー、なんだか疲れだが、一杯口直しと行くか!

 

次郎は寒時雨の中、斜向かいのバーに吸い込まれていった。

 

続く。

 

太平記@米子駅

f:id:hidekinghenry:20180105225250j:image

やすい。速い。意外とうまい。蟹はイマイチ。しかし、イカ刺しと手羽先がうまい。

 3.5次郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田商店 函館

久しぶりだな。 

次郎は独りごちた。

 

次郎は故郷の函館に来ていた。

年末の函館はマイナス2度。雪に覆われていた。

 

今年は雪が多いようだな。空港では懐かしい函館弁が聞こえてくる。

 

朝の飛行機が早かったせいで何も食べていない次郎。

ホテルに行く前に、まずは腹ごしらえだな。

 

タクシーに乗り込む次郎。

おい、吉田商店まで頼む。

へ?それは…

 

スープカレーの吉田商店だバカ野郎。それぐらいわかれ。

は、はい。かしこまりました。

タクシーは雪道を滑り出した。

 

懐かしい景色が次郎の目を通り過ぎて行く。

あまり変わっていないようだ。

次郎が函館にいたのは10年前。吉田商店に毎日のように通っていた。次郎のスープカレーの原点だった。

 

はい、着きましたよ。

1930円です。

釣りはとっときな。

キッチリ1930円運転手に渡し店に入っていった。

 

ガラガラ♪

いらっしゃい。

一人だ。

学校の教室ような店内。

次郎は席に着くと、出席簿のようなメニューを開いた。

f:id:hidekinghenry:20180102120302j:image

ここは角煮カレーに決まりだな。それに、餃子と納豆トッピングだ。

おい、ねーちゃん。

はい。

角煮カレー、餃子、納豆、焼きチーズトッピングだ。辛さは4だ。

はい。

 

ふん。ねーちゃんはロッカーか。金髪だな。

次郎は10年前を思い出しながら目を閉じた。

 

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180102120750j:image

ぬお!ついに来たか!

ビジュアルは変わってないな。

まずはスープか。

f:id:hidekinghenry:20180102121545j:image

うーん、サラサラ系だな。うまい。変わらないうまさだ。味もしっかりついてて素材の旨さを引き出すな。

そして、納豆だ。これがまたスープの角を取りまろやかにする。飯が進むな。

f:id:hidekinghenry:20180102121617j:image

いよいよ、角煮だ。

f:id:hidekinghenry:20180102121841j:image

くー、味がタップリ染み込んで、適度な歯ごたえ。パーフェクトだ。

 

変わらぬ旨さだ。俺のスープカレーのオリジンはやはりこの店だな。

 

ゲフッ

ご馳走さんと。

 

おい、会計頼む。

はい。2250円です。

 

ほらよ。釣りでその髪をまた金髪に染めるがいい。

 

はい、ちょうど頂戴します。

 

ガラガラ♪

おおぅ、寒い。さすが函館。俺の街。

さてと、湯の川温泉にでも入るとするか。

次郎はひとりごちた。

 

路面電車に乗り、次郎は温泉街へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180102120750j:image

吉田商店@函館市

サラサラ系スープカレー。素揚げの野菜がタップリでスパイスも効いている。チキンもポーク角煮もしっかり煮込まれスープとうまく絡み合う。揚げ餃子と納豆が最高にマッチ。函館のスープカレーのオリジン。病みつきになる味。

4.2次郎