食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

メルシー 早稲田

ふー、結局早稲田まで来ちまったか…

 

夜飯を探して半蔵門線に乗ったものの、行き過ぎた神保町を避けると、結局九段下で東西線に乗り換え、早稲田で下車してしまった次郎。

 

駅をでて、東京らっきょブラザーズをチラ見し、ラーメン武道家を覗いて諦め、キッチンおとぼけのインド人を一瞥をくれ歩き回ること15分。

 

気がつくとある店の前に立っていた。

f:id:hidekinghenry:20171118145645j:image

大学生時代によく通ったラーメン屋。昔は一杯380円とめちゃ安かった。

次郎は郷愁に吸い込まれていった。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

どうぞ。テーブルに腰かけた。

f:id:hidekinghenry:20171119233259j:image

昔とほぼ変わらないメニュー。

ラーメンは400円か。20円の値上がりか。

 

よし、おばちゃん、ラーメン一つ頼む。

はいよ。

 

次郎は学生時代に想いを馳せた。

若かったな。若さだけが取り柄だった。大食らいだった。安い飯をしこたま食べることだけが人生の中心だった。

 

はいお待たせ。

おお、来たか!

f:id:hidekinghenry:20171119233537j:image

変わってねー。嬉しいぜ。

味はどうだ?

ズルズルッ

 

おお、変わってない。淡白な醤油味。少し化学調味料のきいた辛さがたまらん。ここにラー油をぶち込んで更に確変だ!

 

ズルズルッ

 

うまい。懐かしい。

 

ズルズル、ズズズズズズッ

 

 

ズルズルッ

 

ぷはー、一気に駆け抜けた。

 

汗が吹き出る。

なぜだか泣ける味。タオルで汗も涙も拭き取った。

 

ふー、ご馳走さん。

キッチリ400円を置いて席を立つ次郎。

 

おばちゃんありがとよ。

 

ガラガラ♪

 

外に出ると、現実が押し寄せる。

財布をしまう手に刻まれた皺の数が時の経過を物語る。

 

ふー。

また始めからやり直すかな。

次郎は独りごちた。

 

懐かしい町の匂い、懐かしい風が次郎のそばを吹き抜けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171119234049j:image

メルシー@早稲田

早稲田生のほぼ100パーセントが知っているラーメン屋。懐かしの中華そば。そして安い。たまに無性に食べたくなる。次はチャーハンもいこう。

3.6次郎

 

 

鯛塩そば灯花 曙橋

意外にさみーな。

次郎はひとりごちた。

 

次郎は夜な夜な自転車をこぎラーメン屋を探していた。渋谷方面は行き飽きていた。神保町のオヤジの店も遠い。今夜は渋谷と反対に四谷方面に向かった。

 

赤坂のあたりは公の場所が多く、折しもトランプ大統領が来日する前とあって物々しい警戒体制が引かれていた。

 

ふん、税金の無駄遣いをしやがって。それなら坂のない道をもっとつくれってんだっ!

次郎は上りに坂をせっせとのぼっていった。四谷三丁目の交差点を過ぎたあたりでラーメン屋がいくつかでてきた。

 

四谷三丁目は、覆面の師匠である大オヤジがやっている店黒塗りの店構えのがんこがあった。

覆面もはじめは大おやじとオヤジの二人で開店し、大オヤジのラーメン屋がんこは、次郎が学生時代、早稲田の街で毎日通ったラーメン屋だった。

 

しかし、すでに昼までに閉店している。

次郎は曙橋にむかって自転車を走らせた。

 

途中小さい道に入ると一軒の小綺麗なラーメン屋をみつけた。

f:id:hidekinghenry:20171112233802j:image

鯛塩そば灯花。

なんじゃそら。

ふん、つまり鯛出汁の塩ラーメンってことだな。こーいう店はアッサリしすぎてるのがデフォルトだからな。

 

まぁいい。ものは試しだ。

ガラガラ♪

らっしゃい。

一人だ。

次郎は普通の塩ラーメンの食券を買った。

 

こちらへ。

おうよ。

塩ラーメンだ。ユリオカでな。

ハイ、カシコマリマシタ。

 

小気味いいんだか悪いんだか。

店内は小綺麗で、柚子胡椒が置いてある。先客は2名。

まぁこんなもんかな。

次郎は目を閉じた。

 

チャッ、チャッ、

 

チャッ、チャッ、チャッ

 

はい。お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20171112234230j:image

 

ほう、スッキリしたスープだな。しなちくは長いままか。チャーシューは鶏肉か?まぁいい。

 

ズズズッ

 

ほう。スープはやはりアッサリだが少し動物系だな。なかなかだ。

 

ズルズルズルッ

 

麺はコシがある。うまいじゃねーか。少しスープが物足りんな。

次郎は柚子胡椒をかけた。 

 

おお、これはいいな。合う合う。

柚子胡椒で味が引き締まり、麺もスープも味が引き立ってきた。チャーシューもアッサリ目だがいけるな。

 

ズルズルズルズルッ

 

ズズズズー

 

ふー。

ごちそうさんと。

 

これで800円か。まぁこんなもんか。

もう少し野生的でもいいけどな。悪くはない。

 

またくるぜ。

ありがとうございましたーー!

 

ガラガラ♪

…風は寒いなやはり。

 

帰りは下り坂か。

ん?鍵がねぇな。

なんだささりっ放しじゃねーか。

日本はまだまだ平和だな。

このままいくとトランプにやられちまうなぁ。

次郎は独りごちた。

 

再び四谷三丁目から外苑に向かう次郎。

先ほどと同じ警官がつまらなそうに突っ立っていた。

 

ご苦労なこって。

そう呟いた声は夜空に吸い込まれていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171112234954j:image

鯛塩そば灯花@曙橋

四谷三丁目から北へしばらくすすんで左手の道を入ってしばらくいくとある塩ラーメンの店。他に味違いで二店舗あるらしい。スッキリ塩ラーメン。店内は小綺麗。味はすこし薄めだが中々。女性は入りやすいかも。

3.3次郎

 

 

民民 六本木

ふー。

遅くなっちまったな。

 

夜10時。この時間からうまいものにありつける店はそんなにはないんだよなー。

 

次郎は六本木を歩いていた。居酒屋やバーはあるものの、一人で気軽に入れる店は限られている。

 

どーしたもんか。

サラリーメンたちが街をたむろしている。酔っ払いたちは押し競饅頭しながら道を塞ぐ。

 

くっ、うっとおしいな。

グダグダしやがって。

 

赤信号だったのに早く渡りやがれ。

ふと見上げると赤信号の隣に赤い電飾看板が目に入った。

 

民民。

 

あれは、なんだまさかチェーンなのか。赤坂のはうまいらしいが六本木はどうなんだ?

 

よし、トライしてみるか。

次郎は独りごちた。

 

入り口は地下にあった。

ガラガラ♪

 

ガヤガヤッ

 

なんと、こんな広いのか。

店内は広く客は満杯でガヤガヤとうるさい。

これは期待できるな。

 

一人だ。

はい、どうぞ。

 

次郎は四人がけのテーブルに座った。

さてと、メニューはと。

f:id:hidekinghenry:20171104183300j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183315j:image

f:id:hidekinghenry:20171104183327j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183339j:image

いろいろあるな。六本木にしてはまぁリーズナブルだな。次郎は独りごちた。

 

よし、にいちゃん注文だ!

餃子、きゅうり、チャーハンだ。ぬかるなよ!

 

ハイカシコマリマシタ

 

次郎はガヤガヤとした喧騒を聴きながら目を閉じた。

 

ハイ、お待たせしました。

さすが中華速いな。

f:id:hidekinghenry:20171104183553j:imagef:id:hidekinghenry:20171104183605j:image

きゅうりはと。ピリ辛でいいじゃないか。

餃子はどうだ?

ほう、うまいな。食べやすい。いくらでも入るな。

 

ハイ、チャーハンです。

f:id:hidekinghenry:20171104183654j:image

餃子にチャーハン。鉄板だな。

おお、うまいな。予想通りの味だが後を引くな。

 

むしゃむしゃ

 

ふー、どんどんいけるな。

 

むしゃむしゃ。ゲフッ。

 

ふー、あっという間に完食だな。

こんな時間に…

まぁいい。

 

おい、にいちゃん会計だ。

はい、1860円です。

 

まぁそんなもんだな。

ほらよ。キッチリだ。

 

アリガトウゴザイマシター

 

ガラガラ♪

階段を上がる次郎。

 

六本木の街の喧騒は更に盛り上がってきていた。

眠らない街か…

 

今夜はフけるとするか。

 

秋の冷たい風が次郎に吹き付けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171104183605j:imagef:id:hidekinghenry:20171104184109j:image

民民@六本木

餃子が有名な下町中華。赤坂ほど有名ではないが安くてうまい。六本木でも安心して入れるサラリーメンの味方。

3.4次郎

 

 

 

ハラカラ ハンバーガー

ふー。

今日は久々にゆっくりできる一日だな。

次郎は独りごちた。

 

今日久々に天気も晴れ、予定もなく穏やかな1日を迎えられそうだった。

 

ゆっくり起きて、家事を片付けて、午後1時半。

そろそろ腹も減ってきた。

 

さてと、今日は散歩しながら決めるとするか。

次郎は自転車に乗って青山の街をゆっくりと巡った。

 

青山通り沿いに外苑を向かっていくと、新しいオフィスビルができていた。

 

なんだこりゃ。でかいな。

 

ビルの前は広めのスペースがとられている。

この辺りは青山通りから奥に折れる細い路地が何本かあった。そんな路地の奥に地下に向かう店があった。

 

ハラカラ

 

同胞ってことか?

ハンバーガー屋だった。アボカドバーガーが押しの店らしい。ハンバーガーはあまり食べない次郎だが、

 

たまにはいいか。そう独りごち、階段を地下に降りて行った。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませー。

 

一人だ。

そちらへどうぞ。

f:id:hidekinghenry:20171102001940j:image

さてさてメニューはと…

f:id:hidekinghenry:20171102001434j:image

なんだか小難しそうだな。よし、フツーのバーガーセットにアボカドトッピングだ。ドリンクは黒烏龍茶だバカヤロー文句あるか?

とメンチを切る次郎。

 

はい、かしこまりました。

完全に無視された。

 

目を閉じてバーガーを待った。

 

はい、お待たせしましたー。

f:id:hidekinghenry:20171102001624j:image

おお、いい感じだ。どれどれ?

f:id:hidekinghenry:20171102001659j:image

どーやって食ったらいいんだ?あぁ?

仕方ない。

次郎はバーガーを押し込み無理やりかぶりついた。

 

ほう!うまいやないか!

パティーが分厚く肉汁が弾ける!アボガドも甘く、このレタスがまた彩もいいが、いいアクセントだ。しょうしょう高めだか満足するな。

このサイドのポテトもかりかりで浅間もきつめだ。うまい!

 

ふー、ごちそうさんと。

よし、ねーちゃん会計だ。

 

はい、1250円です。

いい値段だ。ほらよ、釣りはとっときな。

 

きっちり1250円くれてやった。

 

ふー、青山通りは平日でも混んでやがる。しかし、気持ちいい風だ。外苑前もそろそろ色づく頃か。

 

秋がますます深まる月曜の昼下がりだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171102001624j:image

ハラカラ@青山通り

青山にはハンバーガー屋が多い。アボガドがたっぷり入ったバーガーが売り。チェダーチーズ入りにしてもよかったか。腹はあまり膨れないがなかなかいい味パティーも分厚い。

3.4次郎

 

 

 

覆面智 年に一度の…

アンガーラ。

ハロウィンの10月31日はオヤジの覆面智が年に一度オープン当時にタイムスリップする日。

 

行かないわけに行くまい。

次郎は独りごちた。

 

混雑を避け11時。店についた。

f:id:hidekinghenry:20171031114428j:image

本日は金目鯛塩ラーメン。ホタテバターディップのトッピングもあるようだ。

f:id:hidekinghenry:20171031114407j:image

 

ガラガラ♪

 

アンガーラ♪

f:id:hidekinghenry:20171031114554j:image

とともに、イノキ・ボンバイエの曲が出迎える。

 

ファイッ

 

ファイッ

 

青唐辛子ダブル、味玉で。

 

アンガーラ♪

 

ファイッ

 

ファイッ

 

チャッチャッ

 

ファイッ

 

ファイッ

 

チャッチャッチャッ

 

ファイッ

 

ファイッ

 

アンガーラ♪

f:id:hidekinghenry:20171031114646j:image

来たー!

透き通ったスープ。肉厚なチャーシュー、ホタテバターディップに味玉、黄色のちじれメン。

たまらねぇ。

 

ズルズルッ

 

う、キリリとしてうまい。

ホタテバターをレンゲの上で溶き混ぜるとまた別の味にチェンジ。

 

ズルズルッ

 

あぁ、うまい。

チャーシューが絶妙な粗雑さを醸し出し、ラーメンは野獣性を帯びる。それを荒々しく貪る贅沢。

 

ズルズルッ

 

ズズズズッ

 

う、うめぇ。

 

ズルッ、ズルズルッ

 

ズズズ、ズズズズ、ズズズズズー

 

ぷはー。

ごちそうさんと。

 

アンガーラ♪

次郎はオヤジに声をかけ、颯爽と店を出る。

 

ガラガラ♪

 

寒っ。あっ!

すぐさま店に引き返す次郎。

 

アンガーラ♪

f:id:hidekinghenry:20171031114554j:image

再びオヤジと弟子に挨拶される。

 

ジャケットを忘れちまいまして…

恥ずかしながら2回目のアンガーラを決める次郎。

 

ガラガラ♪

 

恥ずかしさで暑く、ジャケットの必要性を感じなくなっていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171031115305j:image

覆面智@神保町

今日は年に一度のハロウィン。覆面のオヤジが帰ってくる。BGMはイノキボンバイエが永遠にリピート。火曜は塩ラーメンの日。安定した旨さ。

3.8次郎

 

 

 

 

東京餃子楼からの壺焼きカレー喜楽亭 三軒茶屋

次郎は仕事で二子玉川に来ていた。どこからともなく子供達の声が聞こえ、母親たちがゆるゆると歩いている。午前中のニコタマは穏やかだった。

 

いやー、久々に晴れたな。

さてと、仕事も一つ片付いたことだし昼飯にでもするか…しかし、こんな穏やかな街では俺様の求めるようなもんはなさそうだな。

よし、駅を変えよう。

 

次郎は田園都市線に乗り三軒茶屋に降りた。

ここならいろいろとあるだろう。

むー、候補がありすぎて迷うな。世田谷通りを太子堂方面に歩くと、うまそうな文字が目に飛び込んで来た。

f:id:hidekinghenry:20171030164125j:image

く、今日はその気分じゃないんだよなー。しかしなぁ、安いし…えい、ままよ。

 

ウィーン♪

いらっしゃいませ。

 

一人だ。

 

そちらどうぞ。

次郎はカウンターに座った。

さてさて。

f:id:hidekinghenry:20171030164305j:image

安いなぁ。よし、チョイとつまんでから本命に行くか。

よし、焼き餃子2枚とスープだ。

 

以上ですか??

以上だ。何か文句があるのか?

 

オヤジが餃子に白飯を頼まないと何か問題があるのか?あぁ?

俺にはこの後が控えているんだ馬鹿たれが。

 

ふー。溜飲の下がった次郎は目を閉じた。

 

はい。おまちどーさまです。

f:id:hidekinghenry:20171030164619j:imagef:id:hidekinghenry:20171030164637j:image

うーん、うまそうな餃子だ。スープもキリッとしてそうだな!

ドボドボッ

次郎は醤油、酢、ラー油を小皿に入れ、餃子を漬け込んだ。

f:id:hidekinghenry:20171030164742j:image

そそるぜ。むしゃ。

おお、うまいな。思った通りだ。にんにく無しでも十分だ。熱い。小籠包さながらだな。

ハフハフッ

f:id:hidekinghenry:20171030164927j:image

むしゃむしゃッ

くー、うまい。止まらなねぇ。

そして、スープもキリッとして味付けと濃いめでいいねぇー。確かに飯が欲しくなるな。

しかし、ここは我慢だ次郎。

次郎は独りごちた。

 

ふー。ごちそうさんっと。

おい、会計だ。

 

640円です。

 

ほう、安いな。

ほらよ、釣りはいらねーよ。

 

キッチリ640円をカウンターに叩きつけ店を後にした。

ウィーン♪

 

さてと、ここからが本命だ。餃子屋に入る時から既に決めていたランチの本命に向かって歩きだした。

 

246号を池尻大橋に歩くこと14分。件の店、喜楽亭に着いた。

ふー、いい運動だったな。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませー。

 

一人だ。

お好きな席へどうぞ。

 

次郎はテーブルに構えた。

さてと、

f:id:hidekinghenry:20171030165410j:image

ここの壺焼きカレーは絶品だからな。

ハンバーグカレーに行きたいところだが、餃子がのしかかってきてさすがの次郎様も厳しいな。

 

よし、ビーフカレーを頼む。トマト、チーズトッピングでな。それとサラダセットだ。

 

はいかしこまりました。

 

次郎は目を閉じた。

 

はい、お待たせしました。

サラダとラッシーです。

f:id:hidekinghenry:20171030165937j:imagef:id:hidekinghenry:20171030170012j:image

ほう。意外とうまそうだな。

うん。サラダはオニオンドレッシングだな。うまい。

ラッシーもドロっとし過ぎず甘くていいな。

 

はい、カレーお待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20171030170114j:image

来たか!

これだ。

熱っ。取手が熱いぜ。

f:id:hidekinghenry:20171030170200j:image

次郎はドボドボとカレーターメリックライスの器にぶちまけた。カレーがターメリック大陸を侵食して行く。

うーん、うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20171030170304j:image

ドロっとしたチーズとトマト、それにビーフがたまらないぜ。

 

どれどれ。

ハフハフッ

次郎はカレーをかきこんだ。

ぐぉ。うまひ!

ピリッとくる味のあるカレーにチーズが絡まり、オニオンフライがそれに絶妙に絡みトマトの甘さが味を包む。

 

ぐおー!うめーー!

 

そして、このビーフだ。しっかりとした塊でありながらスプーンをいれてみるとほろっと崩れる。カレーとの相性抜群や!

 

うめーーー!

 

やはり、喜楽亭侮れん。

ひさひざにうまい飯が食えたぜ。

 

おい、ねーちゃん、会計だ。

1980円です。

 

ふん、昼の割に少し高いがくる価値はある。少し三軒茶屋から歩くのが難点だが、これも腹ごなしに丁度いいか。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。

1980円キッチリ渡し、次郎は店を出た。

カランコロン♪

 

ふー、さすがに腹が出たな。

この歩きだけでは凹まねーな。

ちょっと運動しないとな。

次郎は独りごちた。

 

びゅーっ

都内は冬の強い風が吹いている。

次郎は薄手のコートのフードを被り、池尻大橋方面に歩いて行った。

 

続く。

一軒目

f:id:hidekinghenry:20171030171054j:image

東京餃子楼@三軒茶屋

安くてうまい餃子屋。スープもうまい。一軒ならライスは必須。

 

f:id:hidekinghenry:20171030170304j:image

焼きカレーの店。洋食屋の風情もありカレー意外もうまい。おすすめはハンバーグカレー。壺にカレーが入ってサーブされ、それをターメリックライスの上にかけて食べる。これは病みつきになるうまさ。そして上品な味。なのにガッツリ。たまらん。

3.9次郎

 

 

 

 

 

HALE海'S 乃木坂

このまま帰るのもなんだしなぁ。かといって明日は早いしな。

どうしたもんか…

次郎は帰り道、西麻布を歩いていた。

 

独り飯屋はあまり無い西麻布の通り。

しかし、腹は減った。

 

この道は表参道に通ずる道。良く通っていた。そういえば、この辺は気になる店は沢山あるんだよなぁ。

 

ふと、一軒の店から漏れている光が気になった。つい、覗いてみた次郎。

中の店員と目があった。ニッコリと微笑まれてしまい、つい次郎は人差し指をあげてしまった。

 

カランコロン♪

一人だ。

 

こちらへどうぞ。

次郎はカウンターに通された。

ふむ、ここは魚の店なんだな。しかし、ウニが多いな。

次郎は唯一ウニが苦手だった。

 

よし、ここはアボガドシーザーサラダからはじめるか。

 

よし。いくぞ。

次郎は意気込んだ。

 

おい、ねーさん、

アボガドシーザーサラダを頼む。それと赤ワインもな。

 

はい、かしこまりました。

 

シーザーサラダです。

早いな。これはアボガドとドレッシングがうまくミックスされていて、普通のシーザーサラダとは違うな。うまい。

 

これは先が期待できるな。

よし、

豚とアスパラの串、モッツアレラと蟹の春巻き、甘エビのガーリック炒め、そして、最後に秋刀魚と秋茄子のパスタを頼む。

 

はいかしこまりました。

 

次郎は沢山頼んで目を閉じた。

はい、まずは豚とアスパラの串です。

f:id:hidekinghenry:20171027231139j:image

ほう、うまそうだな。

うん、味もなかなかうまいな。アスパラがきいてるな。タレはなんだか良くわからんがサッパリさてうまい。

 

甘エビのガーリック炒めです。

f:id:hidekinghenry:20171028215701j:image

ほう、これもうまそうだ。

食べ応えもあるな。ピリ辛でいい。

 

春巻きです。

f:id:hidekinghenry:20171028215737j:image

おお、これもうまそうじゃないか。

蟹が入ってるし、モッツアレラもいい。そして、このバジルがいいな。

うまい。チーズが飛び出てくるな。

 

いやー結構腹一杯だな。

かっかっかっ。 

 

最後に、秋刀魚と秋茄子のパスタです。

f:id:hidekinghenry:20171028215847j:image

ぐぉ、かなりボリュームがあるじゃねぇか。ここにきて。

ん、ケッパーがきいてるな。秋刀魚はいい味付けだ。茄子もジュワッとジューシーだな。うまい。いやー、にしてもボリューム満点だな。

 

烏龍茶が飲みたいわ。

かっかっかっ。

 

ゲフッ

うまかったな。

腹が出ちまったようだ。

 

さてと…

おい、ねーさん会計だ。

 

はい。

6430円です。

 

 

うーん、なかなかいっちまったな。一人なのに。まぁいいか。こんな夜もある。

 

 

ほらよ。お代はここにおいてくぜ!

バンッ。

次郎は金を、カウンターに叩きつけた。

 

おう、ねーさん、釣りで口紅でも買いなっ!

ご馳走さん。

 

ありがとうございましたー。

カランコロン♪

 

カウンターにはきっちり6430円置いてあった。

 

 

店を出た次郎。

ふー、食い過ぎたな。今夜は意外いい店発見したなぁ。

 

風はひんやり心地良く、表参道の駅までの遊歩も楽しめる10月の夜だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171028215701j:imagef:id:hidekinghenry:20171028220404j:image

HALE海'S@西麻布

イタリアンとアジアンが合わさったキュイジーヌ。一人でも問題ないが、二人の方が多種の料理を味わえる。魚系が売りのようだ。コスパほ普通か。

3.6次郎