食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

Spice Post 代々木公園駅

お!まだ営業中か。行ってみるか。

 

気になっていたカレー屋。そこは夜は別の店が営業するため、昼しかやっていない。15時までの営業というものの、ほぼ13時頃には売り切れてしまう。

 

次郎は店のfacebookで営業中を確認するや否や家を飛び出した。

こりゃついてるぜ!

 

千代田線に乗り、代々木公園駅を代々木八幡側の出口から出ると、すぐ目の前左手に富ヶ谷倶楽部という赤い大きな看板が見えた。そこが件のカレー屋Spice Postだった。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ!

元気のいい声が響く。

14時ということもあり、先客は2人。次郎は奥のカウンターに腰かけた。

f:id:hidekinghenry:20180221151405j:imagef:id:hidekinghenry:20180221151418j:image

なるほど、シンプルなメニューだ。キーマがうまいと聞いたが…

 

お客様、本日はメニューにないラムカレーがありまして、注文頂いてから焼きます。限定なのでよろしければ。インド風ポテトサラダ付きで1150円です。

 

ほう。そこまで言われたら…キーマも気になるが、よし、じゃそれ頼む。ご飯は小で。

 

はいよ!

前金でお願いします。

 

お、おう。

次郎はキッチリ1150円手渡した。

前金だと調子が狂うな。

 

 

後から入店したおばはんがチキンカレーを頼む。650円です。

安いな。ラムはほぼ倍か。まぁいい。

 

 

はい、お待たせしました!

f:id:hidekinghenry:20180221151913j:image

おお!いいビジュアルだ!

盛沢山だな。ラムもうまそうだ。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180221151957j:image

ほう、ルーはシャビシャビ系だな。スープカレー好きにはたまらんな。

熱っ!

熱くてうまい。

コクと旨味が効いているな。

ラムはどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180221152106j:image

ほう、作りたてで熱々だ。うまいじゃねーか。柔らかい。カレーに合うな。

このポテサラはどーだ?

f:id:hidekinghenry:20180221152341j:image

おぉ、いい感じで酸っぱいな。口がサッパリするぜ。

 

お客さん、ご飯は400グラムまで、チキンカレールーも付ぎ足しできますんで言ってください。

 

なに!ルーまでいいのか!!

く、これはかなりの誘惑だ。

 

 

 

兄さん、ご飯100グラムとルーの付ぎ足し頼む!

はいよ!

f:id:hidekinghenry:20180221152606j:image

おお!やはり、いい色だな。はは!

次郎のテンションと体温は上がっていた。

 

うーむ。うまいな。このシャビシャビ感たまらない。

 

 

ゲフッ

 

結局白飯300グラムいっちまったな…完敗だよ。

ご馳走さん。

 

ありがとうございます!

また是非!

 

おう、またな!

次はキーマだな。

 

カランコロン♪

店を出た次郎。うっすらと汗をかいていた。

さすがはスパイスだ。とはいえ、東京もだいぶあったかくなったもんだ。

次郎は周囲を見回した。

 

ここは昔良く仕事できたっけな…懐かしいぜ。

次郎は独りごちた。

 

 

さてと。

次郎はコートを脇に抱えたまま、地下鉄を降りていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180221153321j:image

Spice Post @ 代々木公園駅

最近話題のカレー屋。シンプルなメニューだが、シャビシャビ系ルーのコクと旨味が効いている。具沢山で多種の野菜が入っている。チキン、ポーク、キーマが定番。付け合わせのサラダもサッパリしててうまい。また来たい味。

3.7次郎

 

 

 

あけぼの かつ丼

ぐ、間に合わねぇ。

次郎は永田町駅にいた。

市ヶ谷にあるチーズハンバーグの店に行こうとしたが、時刻は13:50。ラストオーダーが14時。絶望が次郎を襲った。

 

ちっ。

有楽町線永田町駅のホームに滑り込んで来た反対方面の列車に咄嗟に体を滑り込ませた。

 

ふんっ、直感的に乗っちまった。

有楽町に何かあるはずだ。

次郎は独りごちた。

 

有楽町に着いたが、慣れていないため日比谷側の何もない辺りに出た。

ちっ。

さてと、とりあえず有楽町マリオンを目指すか。

次郎は歩きだした。

 

有楽町の駅に出て、ヨドバシカメラを左に見ながら高架をくぐる。

目の前に交通会館が立ちはだかる。左右をキョロキョロし、次郎は交通会館のインフォメーションを何気なく見た。

B1、洋食屋大正軒、かつ丼あけぼの。

 

ふん、半信半疑だが、これも運命か。次郎は足早に階段を下りた。

 

地下も明るくまるで地上階のようだ。そして広い。

 

直感に従い右に曲がると、人だかりが見えた。

怪しいな。

近くまでいくと、ラーメン屋に列ができていた。さらに奥を覗くと、大正軒とあけぼのの看板が見えた。14時にもかかわらず、お互いそれなりに入っている。

 

どーするか。

ここは…かつ丼だな。

次郎はドア開けっ放しのあけぼのに突っ込んだ。

 

いらっしゃいませー♪

 

一人だ。

 

こちらへどーぞ。

ご来店ありがとうございまーす。

なんにしましょー。

 

むー、かつ丼。それとカキフライを単品で頼む。

カキフライいくつにします?

…3つ頼む。

はいよー♪

 

気づくと満席だった。

危なかったな。

 

目の前のオヤジの揚げ物捌きに吸い込まれた。

分厚い肉が、小麦粉に揉み込まれ、卵の池を潜る、そしてパン粉が大量に被せられ、熱々の油にDIVE INTO。

 

華麗だ。羽生結弦の4回転サルコからのトリプルアクセルだ。演技点は9.8か。

 

はい、かつ丼お待ち。

f:id:hidekinghenry:20180220160710j:image

おお、俺のだったのか! 

うまそうだな結弦。

f:id:hidekinghenry:20180220160734j:image

熱々だな!

衣は薄クリスピー。肉はほんのり赤い。ポーションは小さめだがボリュームは申し分なし。卵が少し少な目だがそこはご愛嬌か。

 

はい、カキフライでーす。

f:id:hidekinghenry:20180220161849j:image

ぐぉ、でかい!

どれどれっ

 

熱っ!

はふい!

しかし、うまい!

ボリューム満点だな。

 

こりゃあ混むわけだ。

 

ゲフッ

 

結局完食か。まずいな。

 

おい、会計頼む。

 

はい、1400円です。

かつ丼が1000円、カキフライが400円か。

まぁそんなもんだろう。カキフライ、なかなかだったな。

 

ほらよ。

10000円お預かりします。

 

お釣り8600円です。

おう。

次郎はおばはんから釣りを乱暴にむしりとった。

 

ご馳走さん。

 

どーもー♪

 

ふん、いい店を見つけた。

しかし隣のラーメン屋も気になるが…

 

またにするか。

 

次郎は汗をぬぐい、コートをもったまま階段を上り、有楽町から銀座の街へと消えていった。

 

街には春の足音が聞こえていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180220160734j:imagef:id:hidekinghenry:20180220162010j:image

あけぼの@有楽町駅 交通会館B1

かつ丼が有名だが、ほかの揚げ物もうまそう。カキフライでかくてうまい。値段はそれなり。

3.6次郎

 

 

 

 

 

 

 

 

SAMA SHIMOKITA

もう、行き尽くしたか…

 

次郎は田園都市線に乗りながら考えていた。

今夜はスープカレーが食べたい。

しかし、もうどこも行き尽くしたか…

早稲田のらっきょ、下北の侍とマジスパ、恵比寿のイエローカンパニー、京橋のドミニカ、原宿のシャンティ、神保町の鴻…

 

煌びやかな次郎のスープカレー友人帳。

 

新たな妖怪の名前をもらうことはできそうになかった。

仕方なく、次郎は渋谷で井の頭線に乗り換え、下北に向かった。

 

北口を降りて、ブックシェルフが欲しかった次郎は、無印良品の前にたどり着いた。

しかし、なんだかその奥に怪しげな店がたくさん見えた。

 

溶岩トロトロハンバーグ?

なんだか聞いたことあるな。ふん。

次郎はそこを通り過ぎ奥へと歩を進めた。

 

なんだ、お洒落なカフェばかりか。

そんなのかんけーねー。

海パン姿の裸男が思い浮かぶが、さらに奥へと進んだ。すると、一軒の店が見えてきた。

f:id:hidekinghenry:20180218191959j:image

カフェか?

 

??

違う、スープカレー屋だと!!

 

女子ばっかりか…いやチラホラ男も見えるな。ここは神のお導きだ、えい、ままよ!

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

こちらへどーぞ。

 

いつもの入店儀式を済ませると、次郎はカウンターに座った。

 f:id:hidekinghenry:20180218192206j:image

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180218192158j:image

定番は、このトマトスープか。

ふむふむ。なんだかボリュームがありそうだな。よし。

 

おい!

 

はい!

 

注文だ!

トマトスープ、角煮野菜カレー、トッピングは納豆、キャベチーズ、フランクフルト、辛さは5、ライス少なめ、プレーンラッシーだ。

 

はい、かしこまりました。

 

カランコロン♪

きゃっきゃっきゃっ💕

 

 

ちっ、また、女子大生か。

くそっ、オヤジパワーを見せてやる!

次郎は目を閉じた。

 

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20180218192651j:imagef:id:hidekinghenry:20180218192714j:image

うぉ!

こりゃ予想外のボリュームだ!

次郎のテンションは一気に上がった。

まずは、スープだ。

f:id:hidekinghenry:20180218192812j:image

ほう、納豆が予め混ぜられているタイプか。

これは幸先いいぞ。期待できる。

どれどれ。

ほう、濃厚ながら食べやすい。コーンが入ってるのも珍しいな。いい食感だ。

f:id:hidekinghenry:20180218192912j:image

やはりブロッコリーは素揚げだな。

うん、うまい。

キャベチーズはどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180218192953j:image

ほう、なかなかキッチリチーズが入ってるじゃないか。

そして、

f:id:hidekinghenry:20180218193058j:image

おお、胡椒もきいて、丁寧に仕上げられている。うまいぞこの角煮。

f:id:hidekinghenry:20180218203317j:image

でかいな!このフランクは!しかも熱い。うまい。

 

むぅ、このスープカレー、細部に至るまでとても丁寧に作られている。

こりゃあスープカレー会に大型新人のお出ましだな。群雄割拠だな。

ははっ!たまらんな!

 

 

ゲフッ

食ったな。

 

 

おい、会計だ!

 

あちらのレジでお願いします。

 

なんだ席じゃねーのか!

2100円です。

 

ほらよ。釣りでリポビタンDでも飲みな。

次郎はキッチリ2100円をレジに叩きつけた。

 

カランコロン♪

次郎は店の外に並び始めた女子大生をかき分け、下北の駅に向かって歩き出した。

ふん、お前らにはこのスープカレーの良さとサークルの先輩の良さが等しく見えるのだろう。

 

このド阿呆がっ!

次郎は独りごちた。

 

 

外気は冴え渡り、青々とした夜空に星が瞬いていた。

 

きゃっきゃっきゃっ💕

女子大生の黄色い声が辺りに響いていた。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20180218204322j:image

SAMA SHIMOKITA@下北沢

新たに下北沢の戦場に降りた超新星。サマ。とても丁寧に作られたスープと具材。ボリューム満点。コスパもいい。スープカレーピラミッドの頂点を脅かす存在。

3.8次郎

 

 

 

 

 

覆面智16 ホッキ貝と鮟肝ヤバい奴

全くよう、困るんだよな!

こっちの身にもなれっつーんだよ!

次郎は怒っていた。

 

痛風になるまいとLG21を飲み、体健やか茶を飲んだ次郎。準備は万端だった。

 

オヤジ!

ホッキ貝と平目、そして鮟肝!

こんなの行かないわけねーじゃねーか!!

次郎は微笑んでいた。

f:id:hidekinghenry:20180214124526j:imagef:id:hidekinghenry:20180214124537j:imagef:id:hidekinghenry:20180214124825p:image

 

ガラガラ♪

11時50分。満席。

次郎は店内で待ち、そして奥のカウンターに座った。

 

あれ、今日は休みかい?

 

そ、そうなんです…

照れ笑いする次郎。オヤジが休みを把握してくれていることが嬉しい。

 

超ヤバい肉、味玉、のり、青唐で。

はいよ〜

 

今日のスープは、濃い味、薄味どっちにする?

 

濃い味で!

被せ気味に即答した。

ふー、楽しみだぜ。

 

チャッチャッチャッ♪

 

チャッチャッチャッ♪

 

マラカスのような湯切り音が、狭い店内を湯気と共に満たしていく。

 

はい、お待ち。

f:id:hidekinghenry:20180214125233j:image

ぐぉ!このビジュアル。ヤバいな!

ヤバい奴だけにな。

次郎は独りごちた。

 

f:id:hidekinghenry:20180214125323j:image

真っ黒だな。真ん中の鮟肝、左下のほろほろチャーシュー、右上の味の濃いバラ肉、右下の味玉。

見事、としか言いようがない。

 

さてと、

f:id:hidekinghenry:20180214125435j:image

ズルズルッ!

うー、毎度この玉子縮れ麺。完璧だ。

 

f:id:hidekinghenry:20180214125512j:image

このチャーシューがほろほろなんだよなー。

うまい。

f:id:hidekinghenry:20180214125554j:image

そして、この超悪い肉。

このヤバいスープにピッタリなんだよな。

うまい!これで白飯一膳いけちまう。

 

 

ズルズルッ!

 

ズズズッ!

 

ズルズルッ!

 

ズズ、ズズズズー。

 

 

ふぅ、ご馳走さんと。

 

ダメだ。

幸せってのはやはり今ここにある。

 

オヤジ、超うまかったぜ!

また来るわ!

はいよ、行ってらっしゃ〜い♪

 

すっかり気分を良くした次郎。

本当は仕事上の問題でむしゃくしゃしていたのだった。

 

しかし、俺には神保町がある。誰にも侵されない幸せが。ふふ。

 

次郎はオヤジの店を出て神保町の街を更に奥へと歩き、一軒の喫茶店に入った。

古瀬戸。

f:id:hidekinghenry:20180214125952j:image

壁面が一面アートになっている珍しい昔ながらの喫茶店。店内は広く、適度に落とされた照明が食後の一服には心地よい。

ここの紅茶にはブランデーが付いて来る。

f:id:hidekinghenry:20180214130055j:image

これがたまらねーんだよな。ブランデーの香りが紅茶と相まって口に広がっていく。至福の時が次郎を染めていく。

 

この街があれば俺は生きていける。

次郎はそう感じていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180214125323j:image

覆面智@神保町

ホッキ貝、平目、鮟肝出汁のヤバい奴醤油ラーメン。豪奢な。ボリューム満点。肉肉しいトッピング。最高潮。

3.9次郎

 

f:id:hidekinghenry:20180214125952j:image

古瀬戸@神保町

昔ながらの喫茶店。壁面がアートになっている。店内は広く、居心地が良い。ここはウインナーコーヒーかブランデー付きの紅茶か良い。

ランチはカレーも出している。

3.5次郎

 

 

 

かおたんラーメン 西麻布

さてと、待ち合わせのバーは…あの辺だな。

しかしな…バーに行く前に、やはり腹ごしらえだ。バーにはほぼ何もないからな。

次郎は独りごちた。

 

西麻布は一人飯屋は簡単には見つからないな。皆デートか会食だ。

 

ふん、偉そーに。

 

西麻布の交差点を青山通り方面に曲がるとローソンが見えてきた。

 

この先、星条旗通りに五行とかいうラーメン居酒屋があったな…しかしあそこは味が落ちて久しいしな。

次郎が考えながら歩いてローソンまで来た。そこをさらに星条旗通り側に折れたところで、一軒の外観の汚いラーメン屋が見えてきた。

 

ん?なんだありゃ。青山墓地の入口に。

ラーメン屋か。客は皆幽霊か?あ?

 

次郎が件のラーメン屋に近づいていくと。意外にも客がたくさん入っていた。

 

 

えい、ものは試しだ、

 

ギイ♪

ハイ、イラッシャイ。

 

一人だ。

 

奥ドーゾ。

 

見ると小汚い浮浪者のようなオヤジが陣取る奥の席を案内された。

 

くそ、あんな臭そうなやつの前で飯が食えるかっ!

こりゃ出るか?

 

店員はにこやかにその浮浪者紛いと喋っている。

 

なんだ、ここは。別天地か!

仕方ない。

次郎はこの古狸の目の前に座るのを避けて斜めに座った。

 

さてと、幽霊ラーメンはどこだ?あ!?

メニューが壁に貼ってあった。

 

なんだ幽霊ラーメンがねぇじゃねぇか!

ええい、ラーメンだ!

それに焦がしネギをいれやがれ!

 

ハイよ♪

 

次郎の前に座る古狸を見ていると、やけに店員と馴れ馴れしい。更には他の客が帰ったとき、ありがとうございますと大きい声で叫んだ。

 

な、なんだ、まさか、、、

 

いらっしゃいませー(野太い声で)

ははははー(野太い声で)

 

まさか、店のオーナーなのか!

知らねーが、なんじゃそらー!

 

オ待タセシタシタ。

次郎が驚愕している間にラーメンが着弾した。

f:id:hidekinghenry:20180212151454j:image

ほう。醤油スッキリ系か。

次郎はスープを啜った。

ほう。なかなかいいぞ。合格だ。

う、すごい焦がしネギだ。こりゃ臭くなるな!はは!

 

どれどれ麺は?

f:id:hidekinghenry:20180212151628j:image

ほう。細麺だな。これも合格だ。

ズルズルズルッ!

いい腰だ。

 

なんだか食べるごとにクセになる味だ。なかなか良いぞ。

 

ズルズルッ!

ズズズー!

 

ズルズルッ!
ズズズー!

 

ズズズズズズー。

 

ふぅ、案外いけたな。

ご馳走さんと。

いくらだ?

 

850円デス。

 

意外とたけーな。

まぁいい、ここはキッチリ払わせてもらおうか。

次郎は100円玉8枚と10円玉5枚を古狸の前に叩きつけた。

ふん、それでシャンプーでも買いやがれ!

 

 

ギイ♪

 

 

ふー。

さてと、行くか♪

コートの襟を立てる次郎。

 

 

まるで東京カレンダーに出てくる外資系金融マン気取りで、西麻布界隈の怪しげなバーに向かうのだった。

 

お客さん、マフラー!(野太い声で)

 

 

うぉ!

次郎は恥ずかしい思いで振り返った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180212174916j:image

かおたんラーメン@西麻布

西麻布を根城にしているやつらの間では有名なラーメン屋。これがまた意外とうまい。サイドメニューも割といける。

たまに確かめたくなる濃い味醤油ラーメン。

3.5次郎

 

 

 

俺の空 ラーメン

昔は混んでて全然入れなかったのにな…

次郎は独りごちた。 

 

高田馬場。ラーメンの聖地。

次郎は学生時代にラーメン大戦という死闘を経験してきた。

三軒梯子の大技もしょっ中繰り出していた。

その度に強靭な胃袋にも痛みが走ったものだ。

しかし、あの頃の戦場だったラーメン屋のいくつかは戦いに敗れ、消え失せていた。

 

諸行無常の響きあり

国敗れて山河有り

…か。

次郎はまたも独りごちた。

 

 

しかし、この店は、まだ生きながらえていた。

俺の空』。

学生時代はあまりの列の長さに一度も入らず悔しい思い出だった。

 

あれから15年。

今日、もう店の前に列はなかった。

 

ふんっ。

複雑な思いがよぎる。

 

グィッ!

次郎はドアを開けた。

いらっしゃいませ!

 威勢のいい店員が声を張り上げている。

 

さてと。

やはりスタンダードなラーメンだな。

次郎は食券を買ってカウンターに座った。

 

威勢のいい店員が、店内オペの度に声を張り上げている。

ふん、少々うっとおしいな。

 

まぁいい。お手並み拝見だ。

 

 

しばらくすると着丼した。

はい、お待ち!

f:id:hidekinghenry:20180206212407j:image

ほう、魚介系だったのか。

f:id:hidekinghenry:20180206212428j:image

チャーシューは分厚いな。

f:id:hidekinghenry:20180206212503j:image

ほう、この細切れのチャーシューとメンマがそれぞれの他更に載ってるのはいいな。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180206212517j:image

麺は細麺か。

ズルズルッ!

柔らか目だな。合格だ。

 

なかなかコッテリとしたスープだ。悪くない。メンマも柔らかいな。

もう少し厚くてもいいが。

チャーシューは柔らかい。ただ、もう少しパンチがあってもいいな。

 

全体的に上品で、女性向けか。

うまいものの、期待ほどではなかったか。

値段がこれで1130円はちょっと高いか。

 

ズルズルズルッ!

 

ズズズー、

 

ズルズルズルッ!

ズズズー。

 

 

ふぅ。

ご馳走さんと。

 

 

グィ♪

次郎は店を出た。

 

 

東京に本当の空はないと智恵子は言った。

 

そして、ここは俺にとっての空ではなかったか。

安達太良山には俺の本当の空があるのだろうか…

 

 

高田馬場の曇りがちの空に小さな青が覗いていた。

 

 

サヨナラ、憧れ。

 

次郎は呟いた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180206212407j:image

俺の空@高田馬場

言わずとしれた名店。魚介系のコッテリラーメン。味と油のバランスも良い。しかし評判の高さほどの味ではない。少し割高。列はもうない。

3.4次郎

魚可津 魚定食

次郎は少し早めの昼食を探して麻布十番商店街を歩いていた。

 

いろいろ店はあり、決めかねていた。ふとしたところで一軒人がどんどん吸い込まれていく店があった。

魚可津。

麻布十番にある魚定食屋だった。

夜は酒も飲めるらしい。メニューは魚を使った定食。次郎がメニューを見ている間もどんどん人が入っていく。

 

ちっ、焦らせるな。よし、今日はここだっ!

ガラガラ♪

 

何名様で?

一人だ。

じゃカウンターでお願いします。

 

次郎は狭いカウンター席にすわった。

メニューはいろいろあったが、次郎は好きな鮭ハラスの塩焼き定食を頼んだ。そして、筋子をトッピングした。

 

はい。お茶です。

 

次郎は目を瞑った。

隣のやつはブリの定食。なかなかいいチョイスだ。

 

はい。お待たせしました。

ご飯はセルフでおかわりどーぞ。

ほう、そんなサービスがあったのか。振り向くとでかいおかまが置いてあった。

 

f:id:hidekinghenry:20180206155059j:image 

おお!なんというボリューム!何!明太子がついてるじゃねーか!これなら筋子はいらなかったか!

い、いや、筋子もうまそうだ!

f:id:hidekinghenry:20180206155124j:image

どれどれ。

うん、うまい!流石は元魚屋だ。

 こりゃ白飯に載せるしかねぇな。

f:id:hidekinghenry:20180206155153j:image

ぐぉ!やっぱりうまい!

そして、明太子も載せちまうか!

このコンボやばいな!!

うまい!!

こりゃ鮭に行く前にご飯がなくなっちまうな!ははっ!

 

そして、鮭ハラスはと。

f:id:hidekinghenry:20180206155257j:image

でかいな。

おお、脂が乗って塩加減もちょうどいい!うまい!うまいぞ!

 

次郎はテンションが上がった。

 

いやー、昼から食い過ぎたな。

こりゃ午後の打ち合わせは寝ちまうなぁ。

 

おい、会計頼む。

1400円です。

まぁそうだろうな。満足したから仕方ないな。

 

ほらよ。

キッチリ1400円をカウンターに叩きつけ、店を出た。

 

ガラガラ♪

 

ふぅ。さてと、口直しにコーヒーでも飲むか。

次郎の午後は緩やかに過ぎていく。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180206155059j:image

魚可津@麻布十番商店街

魚屋のやってる居酒屋兼定食屋。魚はどれもうまい。ボリュームもある。昼は混雑する。夜はそんなに混まないので穴場です。

3.6次郎