函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

プリムヴェール 洋食屋 弘前

f:id:hidekinghenry:20201215133658j:image

今日はなんだかハンバーグが食べたい季節だなぁ。

フォ!

次郎は窓を開けた。

昨日から降り続いた雪は、

街の景色を一変させた。

白銀に輝く世界というよりは、灰色に垂れ込めた雪景色が眼下に広がっていた。

 

ちっ、外に出づらい気分にさせるな。

しかし、そこは次郎様のいいところ、こんな日にこそ探索だ。

 

次郎は携帯にハンバーグと打ち込み、結果を待った。

 

ふーむ、なるほどなぁ。

ここにしよう。

次郎は点数には現れない微妙なニュアンスを嗅ぎ取り外に出たら。

 

フォ!

寒。吹雪いてるな。コンチクショー。

車にたどり着くとこんもりとした白い帽子を落とす。

ふぅ、痩せるな。

次郎は独りごちた。

 

ブロロロロー♪

次郎の車は駐車場を軽快に滑り出した。

 

さてと、この辺のはずだな。

吹雪で店が分かりづらい。

 

お、ここか。

次郎は車を駐車場に滑り込ませた。

11時25分。

開店は11時30分か。待つとするか。

しばらく社内でやり過ごす次郎。

5分後徐に外に出た。

 

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

 

1人だ。

こちらへ。

 

テーブル席につく。先客はなし。ふん、こんな雪の日に人がくるのか?俺のような物好き意外に?クククッ。

次郎は独りほくそ笑んだ。

 

さてと…

ランチは3種類か。パスタはなぁ。

ここは塩豚とキッシュのあるCだな。

 

おい。

はい。

Cを。

はい。

それとハンバーグを単品で。

はい、かしこまりました。

 

危ない危ない、当初の目的を忘れるところだった。

次郎はトイレに立ち、戻ってくると客が3組増えていた。

 

む。ここは人気店だったか。

俺の読みは当たったな。ふふ。

 

次から次へと客が入ってくる。

あっという間に満席になった。

やってくれるぜ。

 

はい、お待たせしました。

ここで食事が運ばれてきた。

f:id:hidekinghenry:20201215131105j:image

ほほう。どちらかというとちんまりとしているな。
f:id:hidekinghenry:20201215131100j:image

オニオンスープか。
f:id:hidekinghenry:20201215131050j:image

これがCだな。イメージと違ったが、まぁいい。

 

ズズ。

優しいオニオンスープだ。悪くない。

長芋か。うまいな。

キャベツのお浸しのようなサラダ。シャキシャキとして悪くない。

 

キッシュは、想像の通りだ。こちらも悪くない。

 

さてと、メインの塩豚。

ハム。

ふむ、甘辛の味でさっぱり目、悪くない。ナスの柔らかい食感との対比がまたいい。

しかし、すこしボリュームがすくないか。

 

はい、グラタンとハンバーグです。

なるほど、グラタンがつくんだったな。そして単品のハンバーグか。

f:id:hidekinghenry:20201215131015j:image

こーしてみると豪華だ。
f:id:hidekinghenry:20201215131054j:image

グラタンは、マカロニ、帆立と野菜か。

こちらも悪くない。
f:id:hidekinghenry:20201215131057j:image

そして、待望のハンバーグだ。シンプルだな。

次郎はハンバーグにナイフを入れた。

ギッシリ系だな。

こちらも悪くない。デミグラスソースも悪くないぞ。

 

全て、悪くない。

むしろ、丁寧な作りが感じられ好感が持てる。 

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。流石に腹が膨れてきたな。

 

食後のコーヒーでございます。

次郎はコーヒーをすする。

ちょうどいい。

 

腹一杯だな。

 

おい、会計を。

あちらでお願いします。

次郎は店舗の手前のカウンターまでむかう。

 

いかがでしたか?

うまかったよ。

ありがとうございます。

1830円です。

ほらよ。釣りはとっときな。それで新しいナプキンでも買うといい。

 

次郎はキッチリ1830円を金皿に叩きつけた。

 

コロンカラン♪

ありがとうございました〜。 

 

ふう、まだ吹雪いてやがるぜ。

次郎はいそいそと車に乗り込んだ。

 

ブブ。

次郎の携帯が揺れた。

そこの洋食屋なかなかだろ?

 

何!!

どこでみてやがる!?

しかし、吹雪の中外は灰色に覆われて何も見えなかった。

 

くそ、トコブシの野郎。初めからわかっていたようなメッセージ。しばらく弘前にいやがるってことか。味なマネを。

次郎は悪態をつきながらも、その口元は微笑んでいた。 

 

ブロロロロー♪

暖まった車が雪ぼこりを巻き上げて車道へ滑り出していった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201215133315j:image

プリムヴェール弘前

しっかりした洋食屋。料理の種類も多く迷う人気店。何を食べても外れなし。ハンバーグとパスタが一押しか。

3.4次郎