函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

山忠 ラーメン 弘前

f:id:hidekinghenry:20201214165845j:image

ぐお雪か!

次郎は寝起きにカーテンをあけた。

 

一面の銀世界。

心浮き立つ瞬間。東京ならば…

しかし、ここは青森。

 

本格的な冬の始まり。

むしろ憂鬱な日々への突入だった。

 

ちっ、ゆきぐに〜♪

幾三師匠だな。

次郎は独りごちた。

窓が白く濁った。

 

さてと、それにしてもこんな日は、暖かい蕎麦かラーメンだよな。

 

む、そういえば、トコブシの野郎が前に立ち寄ったラーメン屋が弘前にあったはずだ。

 

次郎は服を着替え、手袋をし、雪かき道具を持って外に出た。 

 

ふお、静かだ。

そこまで寒くない。

まだ12月だもんな。

 

く、こんもりとしやがって、俺の特盛り好きを知っての愚弄か。

次郎はサラサラした雪を車から落とし、出発した。

ふー、今日はゆっくりとすすもう。

 

街はどこもノロノロ運転。

降りはじめだからな。これも明日には飛ばす奴が出ることだろう。

人間なんてそんなものさ。

 

おっと、ここだここだ。

件の店は、ここ。「山忠」、普通の民家のような外観。

ガラ♪

いらっしゃい。

まだ開店直後。先客はそんなに多くない。

f:id:hidekinghenry:20201214170658j:image

シンプルなメニューだ。ほんとにうまいのか?

まぁいい。

 

おい。

 

はい。

 

中華そばと小チャーハンのセットで。

はい。

 

ふぅ、客は地元の奴しかいなそーだ。

 

はい、チャーハンねー。

お、早いな。
f:id:hidekinghenry:20201214170702j:image

昔ながらの然としている。
f:id:hidekinghenry:20201214165845j:image
f:id:hidekinghenry:20201214170706j:image

あつあつだ。

ほほ。うまいな。いい塩加減。まさに昔ながらのシンプルなチャーハン。しかし後引く味。悪くないぞ。

 

はい、中華ねー。
f:id:hidekinghenry:20201214170710j:image

これも昔ながらのラーメンだな。
f:id:hidekinghenry:20201214170714j:image

透き通ったスープ。

ズズ。

ほほー、かなりの煮干し、しかしすっきり。青森に多い煮干しギトギトと違って俺様の好みだ。

ズズズズー。

うまい。
f:id:hidekinghenry:20201214170654j:image

麺は細縮れ麺。柔らか目か。

ズルズルッ。

ふむ、まぁこんなもんか。

柔らかいほうがスッキリスープに合うな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ふっ、あっという間になくなりそうだ。
f:id:hidekinghenry:20201214170718j:image

チャーシューも昔ながらのチャーシューだ。味はきつめ、そして固め。

しかし、悪くない。1980年あたりで時が止まった店のようだ。

 

とはいえ、後引くスープ。

ズルズルッ、ズルズルッ、ズズズズー♪

ハムハム。

チャーハンもラーメンもうまい。

これで850円は安いな。

 

ズルズルッ、ズズズズー♪

ご馳走さん。

胃もたれしなそうだな。

 

おい、お勘定。

はい、850円です。

 

ほらよ、釣りはいらねーよ。

これで新しいテーブル胡椒でも買いな。

次郎はキッチリ850円を女将の掌にねじ込んだ。

 

ラガ♪

こりゃ止みそーにないな。

ますます降ってやがる。

次郎はいそいそと車に乗り込んた。

 

ブロロロロー♪

走り出した次郎の車の後にすぐに別の車が入り込んで来た。

 

繁盛してるようだな。

次郎の言葉は雪に消えた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201214165845j:imagef:id:hidekinghenry:20201214170710j:image

山忠@弘前

昔ながらの街のラーメン屋。素朴だがキレのある味のラーメンとチャーハン。あっさり煮干し好きにはたまらない。チャーハンがうまくて

いくらでも食べれてしまう。

3.5次郎