函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

餃子荘ムロ 中華 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20201110170724j:image

町中華が食いてえなあ。

次郎は高田馬場をぶらついていた。時間は20時

早稲田大学からの帰り道、町中華を探して街を彷徨っていた。

ん?
f:id:hidekinghenry:20201110170708j:image

ムロ…ツヨシか。餃子か。いいな。よし、今夜はここだ。

ガラ♪

いらっしゃい。 

1954創業。

ほんとか?

年季は入った店内だな。

 

一人だ。

こちらどうぞ。

カウンターに座る。

f:id:hidekinghenry:20201110170729j:image

どれどれ。メニューはすくないが気になるものが多いな。

 

よし、まずはハイボールだ。それと水。

はいよ。

 

しばらくして、レモンサワーとお通しのネギ味噌が着弾した。

f:id:hidekinghenry:20201110170655j:image

うまそうだ。

うーん、冷たくてうまいレモンサワーだな。
f:id:hidekinghenry:20201110170715j:image

うーむ、餃子の餡を包む様子が小気味いい。

よし、大将。

はいよ。

骨付き唐揚げ、それと餃子、チーズと紅。

はいよ。

しばらく待つと唐揚げが着弾。

どうぞ。
f:id:hidekinghenry:20201110170705j:image

おお、うまそうだ。
f:id:hidekinghenry:20201110170741j:image

ハム。

ジュワりとくる油、サクサクの衣、ジューシーな肉と塩加減。当たりだな。

 

はい、どうぞ。餃子です。
f:id:hidekinghenry:20201110170733j:image

ほほーう。革薄めのタレがうまく絡むタイプだな。
f:id:hidekinghenry:20201110170712j:image

うまそうだ。中は唐辛子だな。

ハム。

ジュワ♪

 

ほほーう、特製の甘じょっぱいタレと、薄めの皮、餡から溢れ出る肉汁。うまい。紅、そこまで辛くないな。
f:id:hidekinghenry:20201110170719j:image

もう一つはチーズだな。

ハム。

ほほう、これもチーズのトロトロさと甘味と塩加減。うまい。

 

大将、アサリの炒め物と焼きそば。

はいよ。

 

うーん、餃子がうまい。

 

はい、浅利です。
f:id:hidekinghenry:20201110170658j:image

おお、うまそう。

うーん、この浅利、うまい。酒とみりんだな。それに味噌か。

 

はい、焼きそばです。お酢と辛子をお好みで。

なるほど。

f:id:hidekinghenry:20201110170702j:image

お、ちょっと焦げたところがうまいな。
f:id:hidekinghenry:20201110170737j:image

優しい味だ。

 

よし。酢と辛子をかけよう。

ほほーう、これは酢が味を劇的に変化させる。こりゃうまいな。

ズルズル、ズルズルッ。

うまい。

ズルズルッ、ズルズルッ。

 

ふぅ。いやー、食べ過ぎたな。

 

おい、会計頼む。

はい。6300円です。

 

ほらよ、釣りはいらねぇよ。これで新しい餡でも作りな。

次郎はカウンターにキッチリ6300円を叩きつけた。

 

ラガ♪

 

ふう、意外と寒いな。

冬を予感させる風が次郎を取り巻いた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201110230526j:image
f:id:hidekinghenry:20201110230517j:image
f:id:hidekinghenry:20201110230522j:image

餃子荘ムロ@高田馬場

町中華の老舗。餃子がうまい。骨付き豚唐揚げも浅利もうまい。リピート確定。

3.5次郎