函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

麺創庵砂田 ラーメン 巣鴨

f:id:hidekinghenry:20201029232610j:image

ここが有名な巣鴨の商店街だな。刺抜き地蔵はどこにあるんだ?

 

次郎は巣鴨を歩いていた。

今日は生憎の雨。しかし、次郎にとっては好都合。なぜなら雨は客足を遠のかせるからだ。

これで有名店のラーメン屋の列も縮まるはずだ。

 

ここだな。

次郎は商店街を刺抜き地蔵を通り過ぎ、更に大きな神社を通り過ぎて少し歩いた先の小道を右に折れた。

 

お。

予想に反して店の前には誰もいない。

チャンス到来。

 

カランコロン♪

徐に店に入ると待ち合い席に2名分に2名座り、カウンターには席数の半分の3名が座っていた。コロナでもともとキャパのない席数が更に減っている。外待ちゼロとはラッキーだな。

 

待つ間に食券機を見ると、中華そば780円、ワンタン麺930円、日替わりセットは本日ライスがついて1000円と1150円、今日のライスは鶏節たまごかけごはんか。迷うことなくワンタン麺セットの1150円だな。別で買うと鶏節TKGは250のようだ。ルーローハン300円も気になるが売り切れか。お、チャーシュー200か。これも買おう。味卵100円か。これはいいな。

 

しめて、1450円か。

次郎は食券機に金をぶち込んだ。

 

しばらく入口付近で待つと、やがて一人帰り、待ち合い席が空いた。

更に待つこと10分、ようやく次郎に席が回ってきた。

 

食券いただきます。 

ほらよ。

次郎はいぶし銀の店主に食券を渡した。

いやがおうにも期待が高まる。

 

店主は黙々と作業をすすめている。目つきも手つきも真剣そのもの。

 

ジー

チャッチャッチャッ

 

チャッチャッチャッ

 

ごとり。

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20201029232610j:image

ほほーう。これは美しいクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20201029232654j:image

ツユが透き通った白河ラーメン。

ズズ。

ふぅ、ホッとする味だ。

f:id:hidekinghenry:20201029232658j:image

ほほう、ワンタンか、美しい。

ハム。

ほほう、皮がしっかりしてて、美味。

お次は麺だな。
f:id:hidekinghenry:20201029232709j:image

細縮れ麺か。まぁまぁだな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

お、悪くない。すこしやわらかいが。

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

もっちもちの食感たな。

 

そしてチャーシューか。
f:id:hidekinghenry:20201029232714j:image

ローストしてあって、うまそうた。

ハム。

ほほーう、うまいな。チャーシュートッピング正解だ。

 

そういえば、鶏節tkgだな。うまそうなキミだ。

f:id:hidekinghenry:20201029232704j:image

どれ。

次郎は玉子にレンゲを入れ、かき混ぜた。

f:id:hidekinghenry:20201029232649j:image

ほほー、うまそうだ。

ハムハム。

ほう、鶏も鰹節の絶妙なコラボ、こりゃたまらん。

 

ハムハム。

 

ズルズルッ、ズルズルズル。

ズズズズー♪

 

いやー、うまい。白河ラーメンは味がスッキリしていい。

 

ぷはー。

ご馳走さん。

次郎が店を出る頃には外待ちが2名。雨の中待っている。

 

いやー運が良かったぜ。タッチの差だな。

次郎は独りごちた。

天気雨のような雨粒が次郎の頬を打った。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20201029235915j:image

麺創庵砂田@巣鴨

刺抜き地蔵商店街の奥にある麺創庵砂田。白河ラーメンを出す店。スープはキリリとしてシッカリしている。具材にこだわりがあり、うまい。

脂っこくなく、リピートしたくなる味。

3.7次郎