函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

覆面智29 あん肝ラーメン 

f:id:hidekinghenry:20201019072725j:image

 

あん肝ラーメン…今月はあん肝か。行くしかないだろう。おやじ! 

 

火曜の神保町。ビジネスマンと明治や日大などの大学生で溢れる街。ここに、ラーメンの真髄がある。

 

次郎はそう思いながら地下鉄の階段を蹴った。

時は9時半。早朝9時から営業する覆面智に向かっていた。

 

お、外待ちはいないな。まぁこの時間だからな。

店に入るとすぐある自販機で食券を買った。

あん肝ソース100円か。よし。次郎はラーメンとしめて1400円を投入し、食券を買った。

 

こんちは。

あいよー。久しぶりだね。 

あ、ああ。

次郎は照れながら食券を渡した。

はいよ。トッピングは? 

青唐辛子、生卵、味卵で。  

はいよー。

 

チャッ、チャッ、チャ。

 

チャッ、チャッ、チャッ。

 

チャッ、チャッ、チャッ。

 

はいよ。

ごとり、目当てのものが置かれた。

f:id:hidekinghenry:20201019073302j:image

それと、あん肝ソースね。つけて食べてよ。
f:id:hidekinghenry:20201019073311j:image

くお、なんじゃこりゃ。激うまそうじゃねーか!

次郎は独りごちた。
f:id:hidekinghenry:20201019073258j:image

火曜は塩スープの日。すっきりして、キリリとした味わいのスープ。それにあん肝のコクがまみれ、どくとくの旨味が口に広がる。

ズズズズー。

くほ、うめぇ、なんじゃこりゃ。
f:id:hidekinghenry:20201019073306j:image

たまご細麺。これが最高にうまい。このコクのあるスープによく合う。コシもあり、食べ応えもある。

ズズ、ズルズルッ。 

 

ズズ、ズルズルッ。

 

よし、あん肝につけるか。
f:id:hidekinghenry:20201019073315j:image

な、なんだこりは。うまそうだ…

ズルズルッ、ズルズルッ。

くほ、うまい!このコク、うまみ、しかししつこくない。麻薬のような味だ。

 

ズズズズー。

ズルズルッ。

 

うまかったよ。おやじ。

ありがとねー。

 

また。

 

次郎は店を出た。

しかし、既に決めていた。また明日訪れることを。

 

 

翌日。

時は9時半。次郎は、神保町の地下鉄の階段を蹴っていた。自然と小走りになる脚捌き。食べたくてたまらない。口が体を動かす。

 

く、もう外待ちか。

次郎が店に着くと、店外に待ち人の列が3名。

次郎は並ぶ。

食券先買うみたいですよ。

前の客が伝えてくる。

 

ふん、お節介やろう。そんなことは知ってら〜。

知らなかった。

く、何度行ってもシステムを覚えられん。

まぁいい。

次郎は店に入り、食券を買った。

今日は、悪い奴という濃い出し汁の日。会員と顔馴染みしか入れない日。

次郎は当然顔パス。トッピングの悪い肉をつけて1400円。

ふん、楽しみだ。

 

やがて列がはけ、次郎はカウンターに座り、食券を渡す。

2日もありがとねー。

い、いや。あん肝好きなんで…

まるで意中の女子と話すかのようなか細い返答。

ふん。

 

チャッ、チャッ、チャ。

 

チャッ、チャッ、チャッ。

 

チャッ、チャッ、チャッ。

小気味良い湯切り音が静かな店内に響く。

 

お待ちど。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20201019072725j:image

ぐお、なんじゃこりゃ。

やはり、悪い奴。その名の通り、悪そうな暴力的なビジュアルだ。
f:id:hidekinghenry:20201019074452j:image

卵に味卵、さらに暴力的だ。

そう言えば、トッピング言うの忘れていたが、さすがおやじ。もはや頼まなくてもわかっていたか。

次郎はほくそ笑んだ。
f:id:hidekinghenry:20201019074447j:image

く、なんというあん肝の量だ、贅沢な。

ズズ。

くほーーー!

やはり醤油だ。塩もいいが、醤油の方が遥かに旨味が増す。コクも旨味も塩辛さも満点だ。
f:id:hidekinghenry:20201019074439j:image

この悪い肉…醤油がやばいな。

ハム。

ふほーーー!

この醤油味がスープと相まって、もはや醤油だこれは。肝機能が心配だが、病みつきになる味。

そして、この麺。
f:id:hidekinghenry:20201019074443j:image

ズルズルッ、ズルズルッ。

ぐおーーー!

うまい。今日は平打ち麺か。スープをバキュームのように吸い取る、柔らかいがコシもある。細麺がすきだが、これもまたたまらん。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ぐぐぁあぁー!

うまい。うまいよおやじ!

ありがとねー。

 

ズズズズー♪

ズルズルッ♬

ズズズズー♪

ズルズルッ、ズルズルッ♬♬♬

 

ぷはー。

ゲフッ。あっという間の時間だったな。

天国とはこのことか。

 

じゃ、またくるよおやじ。

まってるよー♬

 

ふぅ。やはり、この店は最高だな。特にあん肝。10月の火曜、水曜はあん肝。

ついつい口に出していた次郎。

 

その横を一陣の秋の風がさわやかに通り過ぎた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20201019073302j:image
f:id:hidekinghenry:20201019073311j:image
f:id:hidekinghenry:20201019072725j:image

覆面智@神保町

10月の火曜水曜はあん肝出し汁。毎月出し汁が変わるため、常に新鮮な気分になる。しかし、この、あん肝は最強の出し汁。満足感、読後感が半端ない。

4.0次郎