函館次郎の一膳飯

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

味の札幌大西 ラーメン 青森

f:id:hidekinghenry:20200921173941j:image

たしか、この辺に…

お、あったあった。

f:id:hidekinghenry:20200921174030j:image

次郎は青森市にいた。

昼は寿司を食べ、ブラブラとやることもなく時間を潰していた。

流石に飽きてきたころ、青森で有名な味噌カレー牛乳ラーメンという代物があると昔の同僚でシニアアソシエイツの柳沢に言われたことを思い出していた。

 

たしか、大西とかいったな。

そうだ、ここだ。

店に入ることにした。

ガラ♪

特に返答はない。が、なんだか忙しい雰囲気。

夜の17時半。結構混んでいる。

次郎は空いてるカウンターにすわった。

隣には巨漢の男が一人。痩せ型の男が一人。次郎はそこに挟まった。

 

ふん、俺が真ん中の大きさか。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20200921174024j:image

メニュー、はまぁいろいろあるが、この味噌カレー牛乳ラーメンだな。

 

おい。

ラーメンを作る若目の店主に声をかける次郎。

ハイ。

味噌カレー牛乳ラーメン一つ。コーン増しで。

ハイ。

 

ふぅ。

次郎は隣でものすごい勢いでラーメンをすする巨漢の横目に置かれた水をがぶ飲みした。

 

やはり、ほかもみな味噌カレー牛乳ラーメンか。まぁそーいうことなのだろう。

 

ハイ、お待たせしました。

ごとり。巨大なラーメンが置かれた。

f:id:hidekinghenry:20200921174036j:image

ほほーう、これはインパクト大だな。コーンもどーやら正解のようだ。
f:id:hidekinghenry:20200921174053j:image

ズズ。

次郎はスープを啜った。

お、意外とくどくない。味噌、牛乳、バターが三位一体。まろやかだが濃くもあり、くどくない。バターの風味も心地いい。こりゃいいな。
f:id:hidekinghenry:20200921174049j:image

卵中太縮れ麺か。

ズルズルッ♪

ほほー、これもスープと相性がいい。卵麺はうまいよなー。黄色いから卵だろう。知らないが。まぁいいか。

ズルズルッ♪

うまい。コーンがまたいいなぁ。正解だ。
f:id:hidekinghenry:20200921174041j:image

もやしもうまいな。
f:id:hidekinghenry:20200921174045j:image

ズズズズー♪

やはり、このスープ、コクがあっていいな。満足感もある。

 

ズルズルッ、ズルズルッ♪

ズズズズー。

 

いやー、スープ飲んじまうな。味噌が効いてる。

 

ズルズルッ、ズルズルッ♪

ズズズズー♪

 

ズルズルッ♪

ズズズズー、ズズズズズズー♪

 

ぷほー。

いやー、うまかったなぁ。

 

オヤジ、ライス一つ。

く、隣の巨漢。さらに追いライスか。やるな。

 

おい、会計頼む。

ふ、ここは無理しないのが鉄則よ。

次郎は会計台に向かった。

 

巨漢が心なしかチラ見した気がするが、ガン無視を決め込む次郎。

 

1030円です。

ほらよ。釣りはいらねぇ。牛乳でもダース買いしな。

キッチリ1030円を金皿に叩きつけた。

 

ラガ♪

まいどー。

 

また、来るかもな。

次郎は店を出て青森駅に向かった。

 

ふぅ、食い倒れだな今日は。

まぁイイな、休みの日だし。

 

フラフラと歩く次郎。ラーメンの熱が汗で発散される。フワリと首筋を抜ける一陣の風は秋を思わせた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200921173941j:image

味の札幌大西@青森市

青森駅そばのラーメン屋。青森なのに名前は札幌。味噌カレー牛乳ラーメンで有名。札幌にはない味。味噌とカレーとバターの風味が調和し食欲をそそる。見た目とは違い、くどくない。

なかなかうまい。

3.5次郎