函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

レストラン山崎 フレンチ 弘前

f:id:hidekinghenry:20200727123000j:image

このCコースで。

かしこまりました。

 

それにしても、男二人でフレンチか。

旧友の水鏡はニヒルな顔で呟いた。

 

ふん、たまにはいいだろう、何せ10年ぶりだ。弘前の豪勢な飯にありつくこともなかなかあるまい。

 

まぁそうだな。お手並拝見といくか。

 

次郎は10年ぶりに会った大学の同級生と弘前のフレンチ、レストラン山崎に来た。

昨夜急なメールがあり、それが10年ぶり。水鏡はたまたま出張で弘前に立ち寄ることになり、次郎のことを思い出したということだった。

 

コースは4つ。5000円、7000円、9000円とスペシャルの11000円。スペシャルはりんごづくし。

 

どーする?

りんご飽きるかもしれないしな。9000円でどーか?

オーケー。そうしよう。

 

おい。

ハイ。

この9000円のCコースで。

ハイ。

 

さてと。

元気だったか次郎。

あぁ、なんとかな。

青森はいつまでいるんだ?

さてな。研究が落ち着くまでだな。

お前は?

おれは明後日には帰る。出張だしな。

そうか。

 

アミューズです。

青森の豚を使ったソーセージです。

f:id:hidekinghenry:20200727123042j:image

ほう。

次郎は楊枝をつまみ、一気に頬張った。

お、うまいじゃないか、塩加減が絶妙。少しピリ辛なのがいい。

 

食べ終わる頃前菜が運ばれて来た。

ホワグラと大根でございます。
f:id:hidekinghenry:20200727123000j:image

これは美しいビジュアル。

次郎はナイフを入れて、ホワグラと大根を同時に放り込んだ。

ほほー、ホワグラは柔らかく、甘辛いソースが味を整える。脂っこいこともなく、さらに大根が優しい甘さとさっぱりとした味わいを加える。うまい。

 

で、水鏡は何をしてるんだ?

あ、生命保険会社さ。

ほう。

青森支店にちょっと調査することがあってな。

ほう。なんだか闇なありそうな仕事だ。まぁいいか。

 

奇跡のりんごを使った冷製スープでございます。スペシャリテでございます。
f:id:hidekinghenry:20200727123053j:image
f:id:hidekinghenry:20200727123106j:image

これは美しい。

次郎は静かにスプーンを口に運んだ。

ほほーう。りんごの柔らかな甘味が口に広がる。生クリームもくどくなくそれでいてカプチーノなような泡感が口に広がる。スペシャリテだけあるな。

 

で、まだ一人なのか次郎?

ふん、それはいいだろう。俺もどーしたいのか良くわからん。

まぁ、焦る必要はない…か。そのうち出会うといいな。

ああ。

水鏡はそれ以上追求してこなかった。

この辺のさじ加減が絶妙にうまい。昔から。

 

本日のお魚料理でございます。天然の鯛とオマール海老をオマール海老のスペシャルソースでお召し上がりください。
f:id:hidekinghenry:20200727123102j:image
f:id:hidekinghenry:20200727123057j:image

これはまた素晴らしいクリエイティブ。

次郎は、オマール海老にソースをたっぷりつけて頬張った。

口に入れると広がるオマール海老の独特のにおい。そして、このプリプリの引き締まった身、優し目のソースだが複雑な味わい。

ほほう、この鯛もスプーンであっさり切れるほど柔らかいが崩した身自体は引き締まって、オマール海老のソースと溶け合って、濃厚な味わいに変化する。こりゃうまい。

 

次郎、次はこっちで会おう。もっといろいろ聞きたいこともあるんだ。昔のようにな。

そうか。お前も何かいろいろと考えているようだな。

ああ、俺たちはそろそろターニングポイントに差し掛かる年だ。

まぁな。

 

本日のお肉でございます。
f:id:hidekinghenry:20200727123049j:image

ほほう。素晴らしいビジュアル。

うまそうなステーキだ。

次郎はナイフを入れた。

ミディアムウェルダンなのに、柔らかいな。

ほほう、これまた柔らかいがきちんとした肉の歯応えがある。噛むと肉汁がソースと相まって贅沢な芳香を放つ。うまい。

付け合わせのペコロスは甘く、香ばしい。やさやえんどうは、それ自身の新鮮でシャキシャキとした歯応えに、このソースが深い味わいを足す。

ここは、当たりだ。全てに満足感が高い。

 

デザートでございます。

津軽りんごのシロップ煮キャラメリゼソース掛けとりんごのシャーベットです。f:id:hidekinghenry:20200727123037j:image

さすがりんごの街つがる。

うまい。りんごの優しい甘味とシロップの甘味が絶妙だ。りんごのアイスが柔らかな甘味を楽しませたあと、静かに舌の上で溶けていく。後味も爽やかで、スプーンが進む。

 

紅茶でございます。

ズズ。

ふぅ。

次郎、ここはいい店だな。

あぁ、俺も初めて来たが、来た甲斐があったぜ。久しぶりに楽しかったよ。

 

あぁ、満足したな。

おい、会計を頼む。

次郎、今日は俺が。

いや、そんな借りを作るわけにはいかないぜ。

ふん、いつか返してもらうさ。

…そうか。わかった。

 

ご馳走さま、また来るぜ。

コロンカラン♪

ありがとうございました。

 

次郎、焦るなよ。しかし、急げよ。

帰り際、どちらとも取れない言葉を投げかけ、水鏡はホテルへと帰っていった。

暫くそんな水鏡の後ろ姿を暫く見送ったあと、次郎は一瞬空の細い月見上げたあと、タクシーに乗り込んだ。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200728160827j:image
f:id:hidekinghenry:20200728160823j:image

レストラン山崎@弘前

フレンチの街弘前で三本の指に入るフレンチ。次郎的には今のところ第一位。全ての料理が優しいのに深い味わいで満足感がある。

3.6次郎