函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

亜希 とんかつ 青森

f:id:hidekinghenry:20200630120152j:image

気がついたら青森まで来ちまったな。

次郎は夕方蕎麦屋を探して車を転がしていたが、気がつくと青森市に入っていたため、青森駅近くにある蕎麦屋に向かったが、休み。敢なく望みは打ち砕かれた。

 

しかし、まぁ青森で飯を食うとするか。

適当に車を止めて街を歩き出す。

 

大通りに面した十字路の角にとんかつ・ステーキと大きく看板。

こりゃぁ、どっちだろうなぁ、当たりか外れか。

えい、ままよ。

次郎は入店した。

ガラ♪

いらっしゃい。

1人だ。

カウンターどうぞ。

店内は狭い、ただ二階もあるようだ。

 

カウンターに座って、メニューを探していると、壁に写真が貼ってある。

f:id:hidekinghenry:20200630120228j:image

ロースでいいかな。

おいマスター。

はい。

ロース定食一つ。それとおつまみの唐揚げも。

はいよ。

 

一階は4名テーブルが二つと、カウンターが6席程度。帰りがけのサラリーマンや学生で埋まる。悪くなさそうだ。

 

はい、ロースね。
f:id:hidekinghenry:20200630120218j:image

来たか。ビジュアルはまぁまぁだな。
f:id:hidekinghenry:20200630120214j:image

タレが独特。

次郎は舐めてみた。

ウスターソースマスタードが混ぜてあるのか…
f:id:hidekinghenry:20200630120152j:image

迫力あるビジュアルだな。
f:id:hidekinghenry:20200630120225j:image

脂身は少なくギッシリ系だな。
f:id:hidekinghenry:20200630120221j:image

では、タレをつけて、と。

サクッ。

衣は薄めだがしっかりコーティング。ギッシリ系の肉へ食べ応えがある。タレもスッキリして好きなタイプだ。悪くない。

 

次郎は二切れ目には醤油をかけてみた。

醤油もやはりうまいが、タレが醤油に近いからこのタレでいいかもな。

次郎はたっぷりタレをつけて再び三切れ目を頬張った。

サクッ

悪くない。

 

おつまみの唐揚げね。

f:id:hidekinghenry:20200630120232j:image

揚げたてだ。うまそうだ。

ハムッ。

うむ、こちらもギッシリした肉感。熱々でうまいな。

 

ハムッ

ムシャムシャ

ハムッ

ムシャムシャ

 

ズズ、ズズズズー。

ふぅ、ご馳走さん。会計頼む。

 

1600円です。

ほらよ。これで新しいマスタードでも買いな。

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ、お、雨がまた降ってきやがったか。

梅雨だしな…今年はなんだか調子が狂うぜ。

次郎は独りごちた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200630120152j:image

亜希@青森駅

青森駅近くの大通りにあるとんかつ屋ビーフステーキもあるが、6500円と高額。大人しくとんかつで。魚の揚げ物もありそれもうまそう。ボリュームもまぁまぁあり、サラリーマン向けの店。

3.3次郎