函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

パンダストリート 中華 高田馬場

f:id:hidekinghenry:20200622115707j:image

夜なのに、なんだか蒸すな。

いや、もはや6月。本来なら梅雨真っ盛りだもんな。

次郎は早稲田通りを高田馬場方面に歩いていた。

教授から資料を受け取り、渋谷のとある事務所に届けることになっていた。

 

ふん、懐かしの馬場歩きだな。

次郎は独りごちた。

 

おお、まだあるなティーヌーン。タイ国風ラーメン。酸っぱいラーメンと言えばここだった。

 

おお、まだ一風堂もあるな。

ここは確か出来たばかりで行列ができていたな。店舗も劇的に増えた20年後の今は考えられんがな。

 

ほほう。

えぞ菊か。懐かしいな。ここでくだらねぇ写真撮ったっけな…

 

ふん、センチメンタルジャーニーじゃあるまいし。俺としたことが。

次郎は独りごちた。

 

さてと、あ、とんかつひなたがあるな。夜行ったことないし。

次郎は明治通りを通り過ぎ、TSUTAYA手前の小道を折れた。

 

お、あった。夜は空いてるな。

む、中華か、こっちも良さそうだな。

 

ひなたは良く行くしな、今日はこちらにしよう。

パンダストリートか…

まぁいい。

 

カランコロン♪

いらっしゃいませ。

 

寡黙なシェフが一人でやっている店。先客はなし。まだ6時だしな。

 

お、メニューはほぼ全部ハーフがあるな。これはお一人様にはいいぞ。

 

まずは、キノコのホットサラダだな。

はい。

それと、豚角煮の唐揚げハーフ、四川風麻婆豆腐ハーフ、鶏肉の辛炒めを。あと、ビール。

 

はい。

ジャー♪

シェフは徐に中華鍋に油を入れ、調理を開始した。

ジャー♪、

ジャッジャッジャッ♪、

ガランガラン♪

 

はい、お待たせしました。キノコサラダです。

f:id:hidekinghenry:20200623131845j:image

ほう。そこまで辛そうではないがいろんなキノコがはいっているな。

皿を出すと、シェフは再び中華鍋に油を入れた。

 

ふむ。ま、なかなか。想像通りだ、悪くない。

 

ジャー♪、

ジャッジャッジャッ♪、

ガランガラン♪

 

はい、豚角煮の唐揚げです。それと麻婆豆腐です。

f:id:hidekinghenry:20200623131836j:imagef:id:hidekinghenry:20200623131840j:image

ほほう。小ぶりだがまぁ仕方ないか。

ふむ、角煮の唐揚げもこの量で丁度いいな。悪くない。

 

さて、お勧めの麻婆豆腐か。
f:id:hidekinghenry:20200623131900j:image

山椒が効いて、甘い後味だな。旨味が効いている。これもこの量で丁度いいな。

 

再びシェフが中華鍋に油を投入した。

 

ジャー♪、

ジャッジャッジャッ♪、

ガランガラン♪

 

はい、鶏肉の辛炒めです。
f:id:hidekinghenry:20200623131852j:image

お、これは辛そうだ。唐辛子がたくさん。

いや、意外とそうでもないな。もっと辛くても良かったが。まぁ悪くない。

 

ふぅ、最後はどーするか…

次郎は壁に蘭州牛肉麺のポスターが貼られてあることに気づいた。しかし、メニューにはなかった。

 

おい、シェフ。

はい。

この蘭州牛肉麺はできるのか?

はい。

ならそれを頼む。

かしこまりました。

 

なんだあるのか、メニューに書けばよいものを。まぁいいか。

 

シェフは、大鍋に麺を投入した。

ズー、ズー、ツツツツ♪

沸騰した湯が大鍋の中で踊り、麺が茹で上がる音がする。

チャッチャッチャッ♪

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20200623131833j:image

おお、これは蘭州牛肉麺だ。

f:id:hidekinghenry:20200623131849j:image

透明なスープ。

ズズ。

ほほう、サッパリ塩味。なかなかいい。
f:id:hidekinghenry:20200623131857j:image
牛肉はギッシリ固めだな。

ギュ。

うむ。中国っぽい味だ。
f:id:hidekinghenry:20200623131903j:image

麺は細麺。悪くない。

ズズ、ズズズズー。

なかなか。

 

ズズズズー。

ハムハム。

うまいな。サッパリ塩味がいい。

 

ズルズル、ズズズズー、

 

ズズズズー、ズルズル、

 

ズズズズー♪

 

ふぅ、ご馳走さん。

おい、会計頼む。

はい、4230円です。

 

まぁそんなもんか。

ほらよ。釣りはいらねーよ。

新しいメニューを書く紙でも買うといい。

 

コロンカラン♪

次郎は店を出た。

やはり、蒸している。中華の後は汗が吹き出すな。しばらく歩くか。

 

次郎は再び明治通りに向かって早稲田通りを歩いっていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200623133506j:image

パンダストリート@高田馬場

大衆中華。なかなか凝った料理。街中華にしては少し上品。お一人様でもでいろいろ食べれるのが良い。サラリーマンの夜ご飯レパートリーに入る店。

3.3次郎