函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

MENSHO ラーメン 護国寺

f:id:hidekinghenry:20200513172807j:image

なるほど、護国寺が近いのか。

次郎は、巣鴨にいた。塩ラーメンの名店"生姜は文化"を楽しもうとしたが、なんと外に列が…。

まさか、かよ。そんな列を出すなんて。知らぬ間に出世したな。

次郎は独りごちた。

 

当てもなく白山通りを巣鴨から白山駅方面へ歩く。程なくして不忍通りに交差する。

 

ううむ、挽回の余地は俺に残されているのか。

通りを渡り左手の池袋方面に折れる。

すると都バスがやってきた。早稲田行き。

乗るか。

次郎はなんとなく乗車した。これが運命なのだろう。

車内の席に着くと同時にスマートフォンでラーメンと打ち込む。

護国寺近くにMENSHOと出てきた。匂うな。しかも、このバスの途中のバス停の近くではないか。

そうこなくちゃな。

次郎は静かに口角を上げた。

f:id:hidekinghenry:20200513172938j:image

バス音羽二丁目でバスを降り、江戸川橋方面へ歩くと程なくしてその店はあった。
f:id:hidekinghenry:20200513173008j:image

大通りに面しておりわかりやすい。お洒落な店だ。

次郎は暖簾をくぐった。
f:id:hidekinghenry:20200513172943j:image

ふむ。やはりこれは醤油だろう。1000円か。なかなかするな。しかも、この端っこチャーシュー丼が気になる。

えい、ままよ。

次郎は2つとも購入し、1400円を支払った。コロナ禍のため、席は間隔を開けられる4席しかない。それでも埋まっていない。まぁ午後2時ではあるがな。

 

次郎は食券を渡し、水を飲んだ。

全て見通せる劇場型の厨房。ここまで見えなくてもいい気はするか。

 

はい、チャーシュー丼です。

まずはチャーシュー丼が着弾した。
f:id:hidekinghenry:20200513172953j:image

なんだスプーンがデカ過ぎるな。これでは食えんではないか。

ふん、これはラーメンの汁用か。

切れっぱしもなかなかうまい。飯にたくさんタレがかかっていてうまい。

 

お待たせしました。醤油味玉付きです。f:id:hidekinghenry:20200513173001j:image

美しいビジュアル。
f:id:hidekinghenry:20200513173013j:image

淡麗スープ。

ズズ。

なかなかうまいな。激しい主張があまりないが、悪くはない。
f:id:hidekinghenry:20200513172948j:image

チャーシューはーロースト系だな。柔かいな。少し炙ってあるな。
f:id:hidekinghenry:20200513172957j:image

次は細竹だな。最近じゃこの柔らかさやにはまるな。スープを吸ってうまい。

そして、麺だな。
f:id:hidekinghenry:20200513172935j:image

細麺のストレートだな。

ズルズルッ。

お、意外とアルデンテ。スープの、真っ直ぐな感じととても良く合う。少し甘い味がしてかなりグッド。

ズルズルッ♪、ズルズルッ♪

ズズズズー。

ズルズルッ♪

 

ハムハム。パクパク。

卵はまぁ普通だな。

 

ズルズルッ♪

ズズズズー。

ズルズルッ♪

ズズズズー。

 

ズズズズー。

 

ふぅ。うまかった。もう少しパンチがあってもいいが、それは欲張りというものか。

 

またな。

次郎は暖簾をくぐった。

 

続く。


f:id:hidekinghenry:20200513172807j:image

MENSHO@護国寺

キリッとした醤油ラーメン。麺がうまい。全てが整った味。その分ややパンチが足りないようにも感じる。

3.4次郎