函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

鳳仙花 ラーメン 新宿

f:id:hidekinghenry:20200317234152j:image

淡麗系のラーメンが食いてえなぁ…

次郎は新宿にいた。教授にフィールドワークの報告をするためだ。

 

アポは午後3時。今は午後2時。

まだ時間があるな。新宿だし、一杯行くか。

次郎はいくつか知っているラーメン屋を思い浮かべた。はやし田は混んでるしなぁ。

 

そういえば、はやし田系列で姉妹店が歌舞伎町にあったよな。

次郎は新宿駅東口から歌舞伎町に向かって歩いた。さらに西武新宿駅に向かう。靖国通りを渡り、パチンコエスパスの裏手の道に入る。

お、ここだここだ。

「鳳仙花」まだ新しい店構えのラーメンがあった。

f:id:hidekinghenry:20200317234225j:image

よし、空いてる。まだあまり知られてないのか…

 

ガラ♪

いらっしゃい。

うお、すごい鯛の匂いだ。さすが鯛出汁の店。

 

まだ新しい店内。入口の食券機を見た。まぁラーメンでいいか。

700円か。ポチっと。

 

次郎は空いたカウンター席に座り、店員に食券を渡した。

目の前にある給水機で水を注いだ。

 

同じようにうまいのに、こっちは空いてるよなぁ。不思議だ。

 

はい、お待たせしました。

お、わりと早かったな。

 

f:id:hidekinghenry:20200318000327j:image

ほう。なかなかのクリエイティブ。
f:id:hidekinghenry:20200317234155j:image

透き通った塩スープ。

ズズ。

ほほう、かなり濃厚な鯛の風味。しかし、味は淡麗塩味。それも結構塩味が効いてるな。まるで海だ。


f:id:hidekinghenry:20200317234149j:image

麺はストレート細麺。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ストレート細麺は柔くなりがちだが、ちょうど良い茹で加減。スープとの相性もいい。合格だ。
f:id:hidekinghenry:20200317234145j:image

チャーシューは肩ロース。

かなりふんわりして、柔らかな食感を予感させる。そして、このピンクの色味がまだそそる。

次郎はチャーシューを口内に放り込んだ。

このふわふわのチャーシューが何枚も折り重なり、噛みしめると心地よい柔らかさと噛みごたえ、そして肉の甘みがふんわりと広がる。さらにこの鯛スープが口の中で混ざりあい、素晴らしいハーモニー。こりゃうまい。

 

ズルズルッ。

ズズ、ズズ、ズズズズー♪

 

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー♪

 

後半から大分鯛の出汁が効いてくるな。

ズルズルッ、ズルズルッ。

ズズズズー♪

 

ズズズズー、ズズズズー♪

ご馳走さん。

 

ラガ♪

ありがとうございましたー。

 

ふぅ。なかなか良い闘いだったぜ。

 

さてと、行くか。

次郎は、ガードを潜り、西口方面へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200318002107j:image

鳳仙花@新宿

鯛出汁ラーメンの店。淡麗なスープ。バランスの良い味。肩ロースのふんわりチャーシューがうまい。魚出汁好きにはたまらない店。

3.5次郎