函館次郎のお一人さまグルメ

東京と青森のうまくて一人で入りやすく並んでない店を探すグルメドラマ

長尾中華そば ラーメン 青森市

f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

うーん、ここはどこだぁ?

ん?いつのまにかもう青森駅そばか。

 

次郎は弘前から青森方面に県道7号線を流していた。いつのまにか青森駅付近まで到達していたため、交差点を青森駅方向に曲がった途端、ラーメン屋の看板が目に入った。

 

あのラーメンどっかで見た気がする…

あれはインスタントラーメンを発売していたラーメン屋と同じ名前だな。寄らないてはないか。

次郎は車を曲げ、駐車場に入った。

f:id:hidekinghenry:20200308221405j:image

やはり。長尾中華そば。青森の代表的な書き方だったよな。あのインスタントラーメンは。

よし、入ろう。

 

グイ♪

いらっしゃいませ。

先客は1組。空いている…大丈夫か。まぁいい。

 

次郎はメニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20200308221408j:image

ううむ。ここはやはり基本だな。

よし。

 

おい。

はい。

このあっさりを。

はいかしこまりました。

 

店員が下がった後、次郎は目の前にあった水をジャグから注ぎ飲み干した。

 

ぷはー。

 

はい、お待たせしました。

お、早かったな。
f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

ほう。美しいビジュアル。
f:id:hidekinghenry:20200308221401j:image

スッキリ系だな。

ズズ。

ズズズズー。

あっさりだな。かなり。

すこしあっさりすぎるかもしれん。
f:id:hidekinghenry:20200308221352j:image

チャーシューもオーソドックスな。f:id:hidekinghenry:20200308221356j:image

麺は四種類選べるため、次郎は細麺で卵縮れ麺を選んでいた。

ズルズルッ、ズルズルッ。

うん、これはなかなか。食べやすい。

しかし、やはり少しあっさりすぎるかもしれん。

 

ズルズルッ

ズルズルッ

ズズズズー

ズルズルッ

ズルズルッ

ズルズルズルズルッ

ズズズズー

ズルズルズルズルッ、ズルズルズルズルッ

ズズズズーズズズズー。

 

ふぅ。ごちそうさん

あっさり過ぎて、すぐに食べきってしまうな。

 

おい、会計。

はい。入り口へどうぞ。

650円です。

ほらよ。釣りはいらん。それで新しい麺でも買いな。

次郎はキッチリ650円を、金皿に強めに叩きつけた。

 

グイ♪

ふぅ。インスタントラーメンになってるから期待していたがな…。

次郎は独りごちた。

 

さて、行くか。

次郎は車に乗り、青森駅方向に滑り出して行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20200308221330j:image

長尾中華そば@青森市

インスタントラーメンになってる有名なラーメン屋。だが、昔ながらのシンプルな煮干し中華そば。シンプル過ぎて特徴を感じない。

3.1次郎